Top > Edelweiss
HTML convert time to 0.009 sec.


Edelweiss

Last-modified: 2017-11-10 (金) 00:17:14

Tier 8 日本 中戦車 / 日本語表記:エーデルワイス Edit

Edelweiss_0-min.PNG

 

Edelweiss_1-min.PNG

 

スペック(v0.9.19.0.2) Edit

車体

耐久値1,400
車体装甲厚(mm)120/60/60
最高速度(前/後)(km/h)60/20
初期重量(t)32.00
実用出力重量比(hp/t)25
本体価格(Cr)
修理費(Cr)
超信地旋回
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr/G)重量(kg)俯仰角
88 mm Theimer L/408AP
APCR
HE
195
245
44
240
240
295
1,9200.382.360335
11G
280
1,400-8°/+15°
 
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
Edelweiss120/80/60383907,000
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Edelweiss800101,400
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
Edelweiss35.00426,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
Edelweiss75040
 

乗員

1Commander2Gunner3Driver4Radio Operator5Loader
 

拡張パーツ

Vertical StabilizerMk1Improved VentilationClass2"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2RammerMedium Tank
Spall LinerMedium Tank"Wet" Ammo RackClass1Additional Grousers×Enhanced SuspensionTorsion Bars 5+ t Class
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時12.65%3.16%
移動時9.52%2.38%
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説(v0.9.19.0.2) Edit

  • 概要
    v0.9.19.0.2で追加されたTier8の日本課金中戦車
    SEGAのゲームソフト「戦場のヴァルキュリア」とのコラボ戦車。
    無印版の主人公『ウェルキン・ギュンター』が搭乗したガリア公国軍の試作中戦車である。
     
    購入時の搭乗員は、専用の顔グラフィックと車長ボイス*1に加え、プライマリスキル100%かつ搭乗員スキル「戦友」*2を最初から持っている。
    また、特殊な搭乗員ゆえに兵舎に送る事や載せ替えが不可能であり、別の日本戦車の搭乗員を育成できない点には注意しよう。
    公式からの注意
     
  • 火力
    • 88 mm Theimer L/40
      Edelweissの原作ゲームでの搭載砲。
      Tier8中戦車としては平凡そのものといった性能で、通常弾でも貫通200mm超えが珍しくない昨今の課金Tier8中戦車事情としてはやや見劣りする。
      また、通常弾の弾速がやや遅く、遠距離狙撃は少し不得手。課金弾の貫通力も凡々なので、後述の快速を生かした近距離戦や回り込みが重要となる。
       
  • 装甲
    全体的に格下相手には有効に機能する程度の装甲は持っている。
    後述の快速っぷりから考えるとそれなりに優秀な部類だと言える。
    • 砲塔
      実厚120mmに加え複雑な形状が目立つが、砲塔の傾斜がきつい部分は実装甲厚が薄いため、全体的な換算装甲厚はおよそ150mm〜180mm前後と過信はできない。
      一部にある硬い部分や、その形状による強制跳弾がたまに起こる程度である。
      俯角が8度とれることに加え投影面積も小さいので、ハルダウンを積極的に行う価値はある。
       
    • 車体
      正面120mmはTier8中戦車としてはなかなかだが、傾斜が緩いので同格以上の弾はあまり弾かない。
      上部に行けば行くほど傾斜がきつくなっていくためハルダウン時などはそこそこ頼りになるが、正面の最上部には全く傾斜のかかっていない面が存在するため、過信はしないほうが無難である。
      側面は60mmと頼りないが、一応きつい豚飯で強制跳弾が狙える程度ではある。また、履帯のある部分はおよそ30mm〜40mmの空間装甲となっており、意外なところで跳弾が発生することもある。
      だが、脚を生かすタイプである本車においてそれが役立つ場面がどれほどあるかというと微妙なところ。
      とはいえ、快速中戦車にこの程度でも装甲があるのは大きい。飛び出し撃ち等で身を隠す際に、相手のとっさ撃ちを弾く可能性がある、と考えたらそのありがたみが分かるだろうか。
       
  • 機動性
    Tier8中戦車でもトップクラスの快速が本車最大の持ち味。
    最高速60kmはあのAMX CDCを抜き去り同格中戦車トップ。出力重量比25もそのAMX CDCに次ぐ堂々の2位*3と、その機動力は折り紙つき。
    少し平地で加速するだけですぐに60kmに到達し、きつめの坂もグイグイ登る。
    ただし、旋回性能が平凡で本車の機動力に少々追い付いておらず、トップスピードだと曲がりきれずにコースロスやクラッシュの危険がある。この点には注意しよう。
     
    戦場を駆けつつ敵の脇や裏からいやらしく差し込んだり、いち早く橋頭堡に辿り着き万全の昼飯豚飯で待ち構えるといったプレイも可能。
    戦略面・戦術面の両方から見ても、本車最大の武器といって差し支えない。
     
  • その他
    視界は390mと満足なラインだが、代わりに隠蔽がやや低い。
    さすがに「出たら見つかる」レベルではないが、茂みのない場所では十分に注意しよう。
    乗員スキルの隠蔽効果によって体感が変わる程度には確保されているので、気になるようなら優先的に習得するのも手である。
     
  • 総論
    紙装甲ばかりのTier8快速中戦車において、更なる快速を追求しつつ最低限の装甲を備えてきた異色の車両である。
    とはいえ装甲は本当に最低限程度であり、代償として主砲の性能はあまり頼れない程度に仕上がっている。
    快速を生かした立ち回りはもとより、それらの「無いことはない」装甲や主砲をどれだけうまいこと活用するかが本車の鍵である。
     
    先述の通り、乗員育成には全く使えないので注意。優遇もなく弾の性能も平凡なので稼ぎもそれほど良いわけではない。
    課金戦車として見るとあまり魅力がないので、性能面をよく吟味してから購入を考えた方が良い。
     

史実 Edit

セガより発売されたゲームソフト、戦場のヴァルキュリアに登場する創作戦車。

義勇軍第3中隊第7小隊が運用する戦車。第1次ヨーロッパ大戦時に製造された。
傾斜装甲や自動装填機構を採用し、通常の戦車離れした機動力など、現代の戦車とも渡り合える性能の高さを誇る。
複雑な構造とコストの高さから、量産されることはなかった。
コストもさることながら、軽量駆逐戦車が主体のガリア軍において攻勢仕様の中戦車は珍しい存在である。
当時のガリアで中型以上の戦車を運用していたのは後に記録として残された第7小隊と、記録には意図的な理由で残されていない正規軍422部隊のみである。

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。






*1 主人公ウェルキン・ギュンター(CV:千葉進歩)の録り下ろしボイス
*2 この「戦友」は0個目のセカンダリスキル扱いであり、スキルリセットできない。
*3 あちらの出力重量比が装甲を投げ捨てた上での35.29と桁外れなだけであり、最低限の装甲を持つ本車の25も極めて優秀であると断言してよい。