Top > M22 Locust
HTML convert time to 0.011 sec.


M22 Locust

Last-modified: 2018-02-14 (水) 15:45:21

Tier 3 アメリカ 軽戦車(課金戦車) (日本語表記:ローカスト) Edit

M22HD_0-min.PNG

HD化以前

スペック(v0.8.4) Edit

車体

耐久値250
車体装甲厚(mm)25/13/13
最高速度(前/後)(km/h)64/20
初期重量(t)6.92
実用出力重量比(hp/t)27.75
本体価格900G
修理費(Cr)
超信地旋回不可
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr/G)重量(kg)俯仰角
37 mm Gun M626.2AP
APCR
HE
56
78
19
40
40
50
1,0480.411.75035
2G
35
82-10°/+30°
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
M22D125/25/25403301,000
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Lycoming O-435T19220256
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VVST787.59401,200
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
SCR 510 M239580
 

乗員

1Commander(Radio Operator)2Gunner(Loader)3Driver
 

拡張パーツ

Vertical Stabilizer×Improved VentilationClass1"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2×Rammer×
Spall LinerSmall"Wet" Ammo RackClass1Additional Grousers×Enhanced SuspensionVertical Coil Springs 1 Class
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時20.35%6.1%
移動時20.35%6.1%
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説 Edit

  • 概要
    v0.6.5パッチで追加されたTier3のアメリカ課金軽戦車
    スペックは最終強化状態のM3 Stuartと同じくらいだが、隠蔽率と車体の小柄さで勝っており、偵察能力が高い。
  • 火力
    M3 Stuart最終砲と同様の37mmGunM6を装備。
    装填時間が約2秒と非常に速く、良好な照準時間と併さって連射性能が高い。
    しかし、Tier2相当の貫通・攻撃力は同格相手にも十分と言えない。
    側面を取るにしてもHPの多い相手は火力不足で倒し切れない可能性も高いので、退路は常に意識しよう。
    また、必要な場面では惜しまず金弾を投入したい。
    アメリカ戦車らしく俯角が取れるので、側背面からの攻撃が難しい場面ではハルダウンによる小さい車体と併せて被弾面積の極限を図ることもできる。
    ただし装弾数が50発とM3 Stuartの半分ほどしかないため、気をつけないと大事な場面で弾切れになる。
  • 装甲
    M3 Stuartに比べ耐久力は高い。
    さらに車体前面上部は良好な傾斜装甲を持っており、装甲厚こそ13mmと薄いものの稜線ハルダウン時などに強制跳弾で小口径砲弾をはじいてくれる事がある。
    砲塔の装甲はほとんど頼りにならないが、防盾部分だけは機関砲を防げる程度に硬い。*1
  • 機動性
    M3 Stuartと比較して最高速で勝る一方、旋回性能では大幅に劣っている。
    全力走行中にあまり小回りが利かないため、細い道では注意が必要になる。
  • 隠蔽率
    視界範囲は標準的だが隠蔽率はかなり優秀で、機動力と併せて偵察活動に不満を感じることはないだろう。
  • 総論
    T2 Lightと同じく、高隠蔽、高機動、低火力という課金戦車である。トップクラスの隠蔽率を活かした置き偵や稜線を活かした走り偵をする、昔ながらの偵察枠軽戦車運用の適性が高い。
    自身がトップTierであっても貫通力が低く、30〜40个料甲を持つ同格軽戦車相手にも苦しむので、金弾は積むようにしておくこと。

史実 Edit

詳細

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。






*1 防盾の裏に開口部の無い構造のため、50mm前後の合計実装甲厚となっている