Top > Pudel
HTML convert time to 0.014 sec.


Pudel

Last-modified: 2017-08-12 (土) 16:16:47

Tier 6 ポーランド 中戦車 (課金戦車) / 日本語表記:プーデル Edit

Pudel-min.PNG
ツィンメリットコーティング*1が施されたPanther Ausf.G*2である。
このコーティングは初期状態から塗布された迷彩として扱われており、隠蔽が向上している。
車体正面には大きなポーランドの国籍マークに加え、ポーランド国内軍を示す「Polska Walcząca*3を図案化したマークも描かれている。
ボール型銃架とキューポラのMG34は撤去されている。鹵獲時の武装解除が反映されているのだろうか。

スペック(v0.9.19.1) Edit

車体

耐久値840
車体装甲厚(mm)85/50/40
最高速度(前/後)(km/h)55/20
初期重量(t)44.235
実用出力重量比(hp/t)15.82
本体価格??
修理費(Cr)??
超信地旋回
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr/G)重量(kg)俯仰角
7,5 cm Kw.K. 42 L/7014.29AP
APCR
HE
150
194
38
135
135
175
1,9290.352.382109
5G
98
955-8°/+20°
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
Pz.Kpfw.V Ausf.G100/45/45303707,760
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Maybach HL 230 TRM P30700201,400
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
Pz.Kpfw.V Ausf.G483015,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
FuG7A71070
 

乗員

1Commander2Gunner3Driver4Radio Operator5Loader
 

拡張パーツ

Vertical Stabilizer×Improved VentilationClass2"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2RammerMedium Tank
Spall LinerMedium"Wet" Ammo RackClass1Additional Grousers×Enhanced SuspensionTorsion Bars 5+ t Class
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時10.94%2.56%
移動時8.61%2.01%
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示
 

解説 Edit

  • 概要
    v0.9.19.1で追加されたTier6のポーランド課金中戦車
    1944年8月のワルシャワ蜂起で鹵獲されたPz.Kpfw. V Pantherである。
    本ゲーム初のポーランド戦車であり、通常ツリーに先駆けて先行実装された。
     
  • 火力
    俯角は-8°とそこそこ優秀であり、ハルダウンを活用していきたい。
    • 7,5 cm Kw.K. 42 L/70
      Pantherの史実砲。
      通常弾のAPは貫通力150mm、課金弾のAPCRは貫通力194mmとTier6中戦車相応である。
      同格・格上の重装甲車両には弱点狙撃や課金弾を用いたり、側背面への回り込みを駆使して貫通力を補っていこう。
      なお、VK 30.02 (M)の7,5 cm Kw.K. 42 L/70とは基本性能は同一だが、総弾数はこちらが僅かに多い。
       
  • 装甲
    • 砲塔
      防盾外縁部の二重部分は十分な防御力を発揮する。
      しかし、主砲横の開口部がVK 30.02 (M)よりも広く、その装甲厚は110〜120mm程度しかないので安心できない。
      Pz.Kpfw. V Pantherの初期砲塔と同じである為、VK 30.02 (M)よりもキューポラの投影面積が若干小さくなっている。
       
    • 車体
      VK 30.02 (M)よりも側面が強化されており、Pantherと同等。
      正面装甲は昼飯の角度を取る事により、同格以下の通常弾には一定の防御力を発揮する。
      側面上部は50mmと豚飯時の強制跳弾が狙いやすくなっており、VK 30.02 (M)のような側面後方底部の出っ張りが無いという長所もある。ただし履帯裏は40mmなので口径120mm超の砲には履帯ごと射貫される可能性が高い。Tier6では口径120mmを超える主砲を持つ車輌はそれほど多くは無いので、相手をよく見極めよう。
       
  • 機動性
    最高速度は55km/hと十分だが、本家同様に加速力は鈍い。
    なお、VK 30.02 (M)と比べて重量が増加しており、出力重量比はやや劣化している。
     
  • その他
    視認範囲は370mとまずまずの性能。
    隠蔽性能はPanther系列ゆえに劣悪である。
    初めから迷彩が施されており、塗装の変更・削除はできない。
     
  • 総論
     

史実 Edit

詳細

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ重複内容が無いか確認し、考えてから書き込みをしましょう。
アーカイブ1

 
上記を理解した上でコメントを書き込みます





*1 ツィンマー社が開発した吸着地雷対策のコーティングの事
*2 なお、防盾のショットトラップが改善されておらず、G型の中でも初期生産分だと思われる
*3 「戦うポーランド」を意味するポーランド国内軍のシンボル。頭文字のP・Wと「Kotwica=錨」をモチーフにしている