Top > 冬のマリノフカ
HTML convert time to 0.084 sec.


冬のマリノフカ

Last-modified: 2016-09-26 (月) 19:49:39
 

マップ画像 Edit

 

全体マップ Edit

malim.png nm.jpg

特徴 Edit

芋の芋ノフカ
バージョン1.5で追加されたマップ。マリノフカはロシアのカリーニングラード州に実在する街で、独ソ戦でスターリングラード攻防戦の際に激戦区となった。

南西側 Edit

アップデート2.8より、前回あった大きな池は凍ってしまい、平地と同じスピードで移動が可能。
また、少し高めの起伏が多く存在し、茂みもある為、旧マップよりは見つかりにくい。
軽〜中戦車が配置されるので、相手が東側に固まっていた場合、裏取りが狙える。
軽〜中戦車が多い場合、及び低tierの場合は、こちら側が主戦場になりやすい。
単騎で行動した場合、東西の行き来がしやすくなっており、見つかれば、あっという間に蜂の巣にされるから注意が必要。
両チームの戦車タイプと動きを確認し、可能であれば裏取りを狙ってみるのも有りだが、こちら側のルートはあまりお勧めは出来ない。
ちなみにここの凍った池には大きな魚らしき物が見える場所があり、一見の価値あり。

中央 Edit

アップデート2.8より、全体的な高低差が低減され、駆逐戦車の遠距離射線が排除された。
居住区の為、建物に隠れながら、軽〜中戦車の偵察がメインとなるエリアになる。
また、起伏が少なくなった事で、東西スポットへの行き来がしやすい。
占領エリアの教会付近から、西へ進む敵の視認→北東に敵が固まっていれば、サイドや裏取りで支援、見つけたなら相手の裏取りを防ぐなど、状況を見て各前線の援護に回ろう。
また、北西〜風車は少し高い位置となっており、強力な射撃には十分注意したい。
南東からスタートした駆逐戦車は、このエリアに止まらず、風車エリアへの援護に回るのが無難か。

北東側 Edit

アップデート2.8より、崖のような大きな岩が配置され、駆逐戦車の射線が無くなった。
軽〜中戦車の偵察・スポットも変わって来た事から、風車付近での攻防はだいぶ変わった。
とは言えど、両チームの重戦車は主にこちら側を進めてくる可能性が高い為、前線には変わりはない。
風車付近の起伏がなくなり、俯角を利用したハルダウン攻防というよりは、豚飯&飛び出し打ちの闘い。
新しいマップでは、北東全線の裏取りを絡めた、中・駆逐戦車との連携が重要となってくる。
北東全線の重戦車は昼飯等を駆使し、中戦車の支援迄、とにかく粘ろう!


セオリー Edit

ここでは車両別ではなく、役割別で説明します。
主につける役割は、壁役、偵察・裏取り役、そして狙撃役です。
(アップデート2.8よりマップが変化したので、下記セオリーも変わります。)

壁役(最低5両以上)

よくスタート時、チャットで「Windmill」と書かれる。
Windmillは風車という意味で北東の風車を指す。
以前はMTが風車へ先行し偵察→HTが到着後ハルダウン戦・TDの狙撃というパターンが多かったが、アップデート2.8よりそれは無くなった。
現在は、HTが風車へ行きます。→MTは南へ進まず、中央で偵察を!→TDはHTのカバー(come on!!)という意味になるだろうか?

 

偵察・裏取り役(ソ連MTかLTの1、2台ぐらい)

まず陣地にある教会に向かいましょう。教会の裏から少しのめり出ると、下に行ったMTや風車に登る途中の遅い戦車を一斉にスポットできます。一通りスポットが終わって、前線が築かれたら、そこから裏を取りに行きましょう。

 

狙撃役(精度の良い、もしくは装甲がダメなTD)

アップデート2.8より、以前のような狙撃の射線が無くなった。
とりあえず相手・味方のバランスを把握し、もしMTが単騎または2台程度で、南側裏取りに進んだらそちらをカバー。「Windmill」の指示が出たら、HTに付いていき火力支援。
ともに、前に出過ぎず相手の動きを見て慎重かつ大胆に攻めよう!

 

絶対にやってはいけないこと

  • 開幕(単騎)特攻
  • 全員で下レミ
  • 全員芋
    これらをしてしまうと、著しく勝利する確率が減ります。
     

このような残念な味方の場合のMTは何をするか (応用編)

応用編です。E 50Mやソ連製MTが有用です。

  • 開幕特攻
    諦めて、敵の位置を把握し次の行動を。
    • 特攻単騎を攻撃している相手を見つけられれば、逆に狙撃。
    • 見えない場合、特攻単騎のダメージの減り方を見て、相手のHT/TDの場所を把握(遅い出足)
       
  • 全員で下レミ
    教会付近の岩場から狙撃。
  • 全員芋
    教会付近の遮蔽物に隠れ、相手の動きを見ながら裏取り。

どちらにせよ、揺るぎない判断力や体力を温存する立ち回りが重要です。こういう味方で100%勝てるようになったらもうあなたは人外でしょう。


マップ画像 Edit

マップ画像

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 駆逐ポジわかりにくいな いらない所に駆逐ポジらしく物ばっか置いてるし -- 2017-01-01 (日) 16:38:42
  • 敵にhtマシマシでこっちは0とかだとあたま抱える。丘放棄もまずいし行ってもすり潰されるし -- 2017-01-06 (金) 00:29:01
  • ここってMTの良いスポット取れるポジある? -- 2017-01-29 (日) 21:58:46
    • 南西エリアなら中央の二段の丘の上からちょっと頭出して偵察してる。継続的なスポットはキツイけど -- 2017-01-29 (日) 22:23:01
  • お前のコメントも何個かあるな -- 2017-02-11 (土) 00:08:33
  • 新手の荒らしかな? -- 2017-02-11 (土) 00:11:29
    • これでどうよ(消去ポチッと) -- 2017-02-11 (土) 00:17:28
  • HT主導で風車全員レミー風車付近で包囲されて負け、のパターンが多い気がする。 いっそ全員湖面側から裏取奇襲した方が勝てる気がするんだけど、ベテランの方々の意見を聞いてみたい。 -- 2017-03-02 (木) 20:54:50
    • 御教示願います m(_ _)m -- 2017-03-02 (木) 20:56:06
    • まず全員レミ、がダメ。HTは風車直行で間違ってないけど、MTLTは必ず下の方からスポットしつつ合流すべき。そうすれば十字砲火のようなこともできるだろうし、何より敵をスポットすることが大事。 -- 2017-03-02 (木) 21:08:49
      • ありがとうございます。 皆んな風車に向かうと、せめて自分だけは教会周辺をスポットしにかかるけど、なかなか意思疎通が難しくて・・・ -- 2017-03-03 (金) 12:50:07
      • 快速MTかLTなら、いっそ風車直行で角からスポット取って戻るって手もあるが、この際発砲すると袋叩きにあって爆散するから要注意な。何台も見えるとつい撃ちたくなるけど、発砲ダメ!!絶対!! -- 2017-03-03 (金) 13:27:29
  • トレモでいいから旧マリノフカ復活して欲しい -- 2017-03-14 (火) 22:49:05
  • 最近やってないから晒すけど、風車とcapの中間あたりにあるブッシュに快速車輌入れると敵HTがHTルートに入る様が見える。15mルール使えば隠蔽も保てる。敵方が重い編成の時、「とりあえず風車を取る(あんまり意味ない)」だとか、「湖側を大きく迂回する(ちょっと遅い)」よりは余程いい仕事ができる。 -- 2017-03-15 (水) 10:29:59
    • 自分の推測と同じ場所であれば、TDの定番ポジからの射線に入らないか? それとも違う場所かな? -- 2017-03-15 (水) 11:39:31
      • 茂みに入る際にはみ出さなければ視認されないので、基本的に射線は問題でない(15mルールを使えば射撃さえできる)。確かに指摘の通りで、TDポジからは互いに射線が通るが、仮に風車に近づいたHTやMTから視認された場合であってもすぐ隣の建物の陰に入れば致命的な被弾はない。 -- 2017-03-15 (水) 20:36:53
      • 六感発動を待っていると照準されてふつうに撃たれるので、自分の第六感頼りで早い所物陰に入らなきゃいかんな。 -- 追記? 2017-03-15 (水) 20:38:09
      • 俺も同じ場所使ってるけど、風車側からの射線が通りまくってるのは注意ね。多くても2回、居場所がばれたら陣地転換をしよう。 -- 木主とは別の雑魚? 2017-03-22 (水) 19:11:54
  • 初めてここに来て「おっ?マリノフカ?下は障害物無いから教会行こー」って思って一応下行ってみたら「うほ!?障害物ありありじゃん!」とかなって一人でワロタ。PC版とはかなり違うのですね。 -- 2017-04-07 (金) 07:43:34
  • 南スタートの時、風車手前の坂でのIS-7等の頭カチコチ戦車ハルダウン(頭出し)クソ強いw -- 2017-06-14 (水) 22:18:32
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White