Top > Bat.-Chatillon 25 t
HTML convert time to 0.040 sec.


Bat.-Chatillon 25 t

Last-modified: 2017-12-09 (土) 13:12:36


Tier 10 フランス 軽戦車 Bat.-Châtillon 25 t/日本語表記:バティニョール・シャティヨン25 t Edit

batcha25t-min.png

フランスのTier10軽戦車。通称『バッチャ』。
Bat.-Châtillon 25 t APから全体的な性能が底上げされている。

 

基本性能(v4.2.0) Edit

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
B-C 25 t
(Musketeer)
Xフランス軽戦車180060/40/306525.286,100,000 cra.png
 
実用出力重量比(hp/t)28.48
 

武装

自動装填砲

Tier名称連射弾数/間隔(s)弾倉装填速度(s)弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
弾倉合計攻撃力DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
弾倉/総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VIII100 mm SA471/3.0018.0AP
APCR
HE
232
263
50
310
260
350
930
780
1050
2325
1950
2625
0.362.13/30000 cra.png
000cra.png 00gda.png
000 cra.png
3,000+11°
-6°
X105 mm mle. 57(D.1504)1/3.0015.0APCR
HEAT
HE
240
295
53
310
260
380
930
780
1140
2657
2228
3257
0.361.73/30000 cra.png
000cra.png 00gda.png
000 cra.png
3,000
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
XBatignolles-Châtillon 25 t50/30/15362605,700
 
射界全周
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
XHispano-Suiza HS 110720102,100
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
XBatignolles-Châtillon 25 t28.00564,100
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:Bat.-Chatillon 25 t AP
派生先:なし

 

開発ツリー Edit

Bat.-Chatillon 25 t APBat.-Chatillon 25 t
200,000fa.png
Gun.png
100mm SA47
Gun.png
105mm mle.57(D.1504)
45,000fa.png
turret.png
Batignolles-Chatillon 25 t
engine.png
Hispano-Suiza HS 110
suspension.png
Batignolles-Chatillon 25 t
 

fa.png:必要経験値
cra.png:必要クレジット

 

解説 Edit

v4.2で追加されたフランスのTier10軽戦車。
AMX-13を発展させたバティニョール・シャティヨン社の試作戦車である。

装甲

Bat.-Châtillon 25 t APから僅かに進歩しているとはいえ、相変わらず、格下の榴弾が抜けるほど装甲は薄い。稀に急角度で当たった弾が跳弾することがあるが、このTierでは殆ど何も無い様な薄さである事には変わりはない。

砲塔が後ろ寄りにある為、後ろから飛び出し撃ちをした方がダメージを貰いにくい。照準拡散や投影面積を小さくしつつ、遮蔽物に早く退避できるなど利点が多いが、もし退避が遅れて被弾した場合、エンジンと弾薬庫を損傷する可能性がある。

 

主砲

新たに105mm砲を搭載可能。初期砲のままでは前身と何ら変わり無いため、予め開発を済ませておきたい。
発射間隔は3秒と長く2発目を撃とうとすると中戦車に反撃されてしまう。
何れの砲も仰俯角は+11°/-6°と無いに等しい。射撃の際は地形に注意を払う必要がある。

  • 105 mm mle. 57 (D. 1504)
    1マガジン3発の自動装填砲。
    Tier10としては貫通力、、発射間隔、単発共に不足している。
    100 mm SA47から貫通力が僅かに向上し、弾倉装填時間が短縮された。
    貫通力、単発火力は310と低いものの、6sで930ダメージを出す瞬間火力は健在。
    この火力を65km/hという快速で自在に提供できる点は本車の大きな強みと言える。
    ただこのTier帯になるとローダー相手に呑気に構える相手も少ないため、危険を感じた場合は無理に撃たず即下がる判断も必要である。
    折角の射撃機会を無駄にせぬよう、リロードのタイミングはよくよく考えておきたい。
 

機動性

出力重量比は28.48(hp/t)。エンジン出力が前身から大きく向上し、加速が強化されたことにより非常に高い機動性を得ている。また履帯旋回性能も優秀で、LTの名に恥じない動きが可能となっている。

 

総論

優秀な隠蔽性能などの強みを有しているが、攻撃力や防御力の低さにより持久戦闘力は低水準。
わずかではあるがObject 140をも上回る隠蔽率で無理のない範囲で視界を取っていこう。
視界性能は他国MTと大差ない、若しくはも劣る程度。
多勢相手の正面戦闘は避け、戦況を見極め、適当な場所から味方に火力支援を行っていきたい。
また、1発貰って3発撃つといったダメージ交換が有効であるため、特に試合前半は被弾を避け体力を温存すると後半、敵の数と耐久が減ってきた所で持ち前の機動力と瞬間火力を発揮できるだろう。

 

特徴 Edit

長所

  • Tierトップの機動性
  • 短縮された弾倉装填時間
  • 軽い車重の割にエンジン出力が高いので、改良型燃料や拡張パーツのエンジン強化の恩恵が大きい
  • Tierトップの隠蔽率

短所

  • 前身と異なりスポンソン(履帯上の張り出し)に当たり判定が発生する
  • 紙装甲
  • 高い味方依存性
  • 不足している火力
  • 低い貫通力
  • Tier10ワースト2位のクレジット収支
  • LTとしては物足りない視認範囲
  • 車体が軽いためラムアタックをされると大ダメージを被る
  • 相変わらず不足している仰俯角
  • 発射間隔が3秒と長い

初期の研究

  • 新たに開発するパーツは105mm砲のみ。

歴史背景 Edit

...

コメント Edit

他人を誹謗中傷する、荒らし行為を助長するようなコメントはせずモラルを尊重したコメントをお願いします。
荒らしには原則として反応せず、通報して下さい。

上記を理解の上でコメントを書き込む

 
 





*1 Nuclear-Biological-Chemical=核兵器・生物兵器・化学兵器