Top > ARL 44
HTML convert time to 0.004 sec.


ARL 44 の変更点


 -----
 #contents
 -----
 *Tier 6 フランス 重戦車 ARL 44 [#k69fddac]
 //CENTER:&ref(./画像.png,center,nolink,40%);
 CENTER:&attachref(./IMG_2903.JPG,nolink,zoom,500x500){[画像]};
 
 //ここには簡単な説明を入れてください(3行前後)詳しい内容は下部の解説へ
 
 #region(初期砲塔。通称ヘーベルハウス)
 CENTER:&attachref(./IMG_20170307_080205.jpg,nolink,50%);
 CENTER:\ハーイ/
 #endregion
 #br
 
 占領下のフランスで、ドイツ戦車を撃破する為に計画された戦車。
 結局配備されたのは戦争終結後の1950年、第503戦車連隊によって運用が開始されたが、わずか3年後に退役を開始した。
 #br
 初期砲塔が極めて特徴的。一体誰が乗っけたんだと言いたくなる形である。[[  既 >Pz.Sfl. IVc]][[ 視 >Churchill Gun Carrier]][[ 感  >http://wikiwiki.jp/wotblitz/?KV-2]]
 しかし、開発を全て終えたこの車輌は途端に危険な車輌として生まれ変わる。
 傾斜のある120mmの前面装甲や良好な機動性、''APで212mm''の貫通性能を持つ超強力な主砲で敵を粉砕しよう!
 
 
 #br
 *''基本性能(v3.6.0)'' [#p4a5a2ae]
 |CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):90|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):100|c
 |車体|Tier|国籍|タイプ|耐久値&br;&size(9){(HP)};|車体装甲厚&br;&size(9){前面/側面/背面};&br;&size(9){(mm)};|最高&br;速度&br;&size(9){(km/h)};|初期&br;重量&br;&size(9){(t)};|本体価格&br;&size(9){(クレジット)};|h
 |~ARL 44|VI|フランス|重戦車|900~1000|120/50/50|37|46.95|925,000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|
 //|~修理費&size(9){(Cr)};|情報待|
 //|~実用出力重量比&size(9){(hp/t)};|00.00|
 
 #br
 #shadowheader(2,''武装''); [#zb9fff94]
 砲塔:ARL 1(初期)
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):30|c
 |Tier|名称|>|発射&br;速度&br;&size(9){(rpm)};|弾種|平均&br;貫徹力&br;&size(9){(mm)};|平均&br;攻撃力|DPM&br;&size(9){(HP/分)};|精度&br;&size(9){(m)};|照準&br;時間&br;&size(9){(s)};|総弾数|弾薬費&br;&size(9){(Cr/G)};|重量&br;&size(9){(kg)};|俯&br;仰&br;角|h
 |~VII|90 mm DCA 30|>|6.67|AP&br;APCR&br;HE|135&br;175&br;45|225&br;225&br;270|1501&br;1501&br;1801|0.40|2.9|50|0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);00  &ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|2,050|+20°&br;-10°|
 |~VII|90 mm DCA 30|>|6.67|AP&br;APCR&br;HE|135&br;175&br;45|225&br;190&br;270|1501&br;1267&br;1801|0.40|2.9|50|0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);00  &ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|2,050|+20°&br;-10°|
 
 #br
 砲塔:ARL 44(後期)
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):30|c
 |Tier|名称|>|発射&br;速度&br;&size(9){(rpm)};|弾種|平均&br;貫徹力&br;&size(9){(mm)};|平均&br;攻撃力|DPM&br;&size(9){(HP/分)};|精度&br;&size(9){(m)};|照準&br;時間&br;&size(9){(s)};|総弾数|弾薬費&br;&size(9){(Cr/G)};|重量&br;&size(9){(kg)};|俯&br;仰&br;角|h
 |~VII|90 mm DCA 30|>|6.82|AP&br;APCR&br;HE|135&br;175&br;45|225&br;225&br;270|1534&br;1534&br;1841|0.40|2.7|50|0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 00 &ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|2,050|+15°&br;-10°|
 |~VII|90 mm F3|>|7.06|AP&br;APCR&br;HE|170&br;248&br;45|225&br;225&br;270|1588&br;1588&br;1906|0.39|2.7|50|0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 00 &ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|2,200|~|
 |~VII|105 mm Canon 13TR|>|5.45|AP&br;APCR&br;HE|165&br;223&br;54|310&br;310&br;400|1689&br;1689&br;2180|0.43|3.1|40|0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 00 &ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|2,400|~|
 |~VIII|90 mm DCA 45|>|7.50|AP&br;APCR&br;HE|212&br;259&br;45|225&br;225&br;270|1687&br;1687&br;2025|0.38|2.7|50|0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 00 &ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|2,750|~|
 |~VII|90 mm DCA 30|>|6.82|AP&br;APCR&br;HE|135&br;175&br;45|225&br;190&br;270|1534&br;1296&br;1841|0.40|2.7|50|0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 00 &ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|2,050|+15°&br;-10°|
 |~VII|90 mm F3|>|7.06|AP&br;APCR&br;HE|170&br;248&br;45|225&br;190&br;270|1588&br;1341&br;1906|0.39|2.7|50|0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 00 &ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|2,200|~|
 |~VII|105 mm Canon 13TR|>|4.38|AP&br;APCR&br;HE|165&br;223&br;54|310&br;260&br;400|1358&br;1139&br;1752|0.43|3.1|40|0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 00 &ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|2,400|~|
 |~VIII|90 mm DCA 45|>|7.50|AP&br;APCR&br;HE|212&br;259&br;45|225&br;190&br;270|1687&br;1425&br;2025|0.38|2.7|50|0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 00 &ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|2,750|~|
 
 
 #br
 
 #shadowheader(2,''砲塔''); [#h6af3847]
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |Tier|名称|装甲厚&size(9){(mm)};&br;&size(9){前面/側面/背面};|旋回速度&size(9){(°/s)};|視界範囲&size(9){(m)};|重量&size(9){(kg)};|h
 |~V|ARL 1|100/60/60|20|230|7,000|
 |~VI|ARL 44|110/30/30|22|240|6,500|
 #br
 
 |~射界|全周|
 //射界制限あり車両用
 //|~射界|左?° /  右?°|
 
 #br
 #shadowheader(2,''エンジン''); [#qd2bf4a1]
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |Tier|名称|馬力&size(9){(hp)};|引火確率&size(9){(%)};|重量&size(9){(kg)};|h
 |~VI|Maybach HL 230|575|20|700|
 |~VIII|Maybach HL 230 P45F|750|20|750|
 
 #br
 #shadowheader(2,''履帯''); [#offf5170]
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |Tier|名称|積載量&size(9){(t)};|旋回速度&size(9){(°/s)};|重量&size(9){(kg)};|h
 |~V|ARL 44|50.50|18|14,200|
 |~VI|ARL 44 Bis|50.50|22|14,200|
 |~V|ARL 44|50.50|15|14,200|
 |~VI|ARL 44 Bis|50.50|19|14,200|
 
 #br
 #shadowheader(2,''乗員'');
 +Commander
 +Driver
 +Gunner
 +Radio Operator
 +Loader
 
 
 #br
 #shadowheader(2,''派生車両'');
 派生元:''[[BDR G1 B]]''
 派生先:''[[AMX M4 mle. 45]]'' 
 
 
 #br
 -------------------
 *''開発ツリー'' [#vef1aed6]
 |CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|c
 |BGCOLOR(lavender):''[[BDR G1 B]]''|━|BGCOLOR(lavender):''ARL 44''&br;33,000&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|||||┏|BGCOLOR(lightcyan):&ref(車両ページテンプレート/Gun.png,nolink,50%);&br;90 mm F3&br;15,000&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|┳|BGCOLOR(lightcyan):&ref(車両ページテンプレート/Gun.png,nolink,50%);&br;105 mm Canon 13TR&br;16,350&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|
 |~|~|~|>|>|>|>|>|>|>||
 |~|~|~|━|BGCOLOR(lightcyan):&ref(車両ページテンプレート/Gun.png,nolink,50%);&br;90 mm DCA 30|━|BGCOLOR(mistyrose):&ref(車両ページテンプレート/turret.png,nolink,50%);&br;ARL 44&br;6,100&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|┫||┗|BGCOLOR(lightcyan):&ref(車両ページテンプレート/Gun.png,nolink,50%);&br;90 mm DCA 45&br;18,500&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|
 |~|~|~|>|>|>|>|>|>|>||
 |~|~|~|━|BGCOLOR(mistyrose):&ref(車両ページテンプレート/turret.png,nolink,50%);&br;ACL 1|||┗|BGCOLOR(azure):BGCOLOR(LAVENDER):''[[AMX M4 mle. 45]]''&br;47,590&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);&br;1,395,000&ref(ソ連/cra.png,nolink,60%);|||
 |~|~|~|>|>|>|>|>|>|>||
 |~|~|~|━|BGCOLOR(lightyellow):&ref(車両ページテンプレート/engine.png,nolink,50%);&br;Maybach HL 230|━|BGCOLOR(lightyellow):&ref(車両ページテンプレート/engine.png,nolink,50%);&br;Maybach HL 230 P45F&br;18,800&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|||||
 |~|~|~|>|>|>|>|>|>|>||
 |~|~|~|━|BGCOLOR(#ccffcc):&ref(車両ページテンプレート/suspension.png,nolink,50%);&br;ARL 44|━|BGCOLOR(#ccffcc):&ref(車両ページテンプレート/suspension.png,nolink,50%);&br;ARL 44 Bis&br;4,930&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|||||
 #br
 &ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);:必要経験値
 &ref(ソ連/cra.png,nolink,60%);:必要クレジット
 //&br;?&ref(ソ連/cra.png,nolink,60%);
 //┛┓┗┏┃━┣┳┻┫╋
 #br
 -------------------
 *解説 [#bc129893]
 //ここに文章による解説をいれてください。
 //#shadowheader(2,''立ち回り方'');
 //ここに文章による解説をいれてください。
 
 -ver3.6で追加されたTier6のフランス重戦車。
 -TD並の貫通力に10°の俯角を備えた非常に強力かつ地形対応力もバッチリな砲と、そこそこ堅固な車体正面装甲を持つ(ほらそこ履帯裏が弱点とか言っちゃ駄目)。さらに機動力は同格重戦車と比べてもトップクラスと、総じて扱いやすい戦車である。
 
 #shadowheader(2,''火力'');
 火砲は[[BDR G1 B]]から引き継げる90mm DCA 30に加え、非常に強力な三種類の砲が使用可能になる。
 後者二つの砲はどちらも優秀な火力を持つ一方で、照準時間や発射速度には少々問題を抱えている。特に照準時間の長さは狙撃に際して致命的であるが、本車は重戦車。芋ってはいけない。[[Enhanced Gun Laying Drive(改良型射撃装置)>拡張パーツ#y00b9c5d]]を装備するなどして少しでも改善しておきたい。
 -''90mm F3''
 三種のうち最初に開発する事となる砲だが、Tier相応といってよい性能を持つ。同格相手なら十分な貫通力を持ちつつも目立った欠点がなく扱いやすい。課金弾の貫通力の伸びが良好で248mmあり、後述の90mm DCA 45と大差ない。弱点を狙えばTier8重戦車や重駆逐戦車でも正面から貫通できる。
 -''105mm canon 13TR''
 ソ連の107mm ZiS-6に比肩する性能を持つ砲で、単発火力が高い。Zis-6に比べると精度が良好で、より確実に弱点を狙えるだろう。ただし最終砲には貫通力で劣るため、やや金弾の使用頻度が上がるのがネックである。
 -''90mm DCA 45''
 Tier6で装備できる砲としては破格の高貫通力を誇っている(Tier8課金戦車FCM50tの主砲と同じ。ただし装填時間は伸びている)。212mmの貫通力はTier8重戦車クラスの数値であり、遭遇する殆どの車両を相手にできる。これほどの性能を持ちながら弾薬費はDCA 30から据え置きである点も見逃せない。ただし、単発火力の割に照準拡散が大きいため注意。「tier6戦場なら金弾併用すれば貫通力に困らない105mm砲を搭載する」という意見もあったが、金弾の単発ダメージnerfによりこちらを採用する利点が一つ増えたことになる。
 #br
 
 #shadowheader(2,''装甲'');
 車体の正面装甲は120mmの傾斜装甲(50度180mm厚相当)というTier6にしては充分な防御力を誇る。それでも同格のソ連122mm砲を載っけた[[KV-1S]]などは乱数下振れしない限り真正面から抜いてくるので注意。
 また、車体下部や側面など他の部分は50mmと非常に頼りないので充分に注意する必要がある。当然ではあるが20°以上の昼飯はしないように。ただし薄い車体下部であるが63度もの傾斜があり、敵車両の車高が高い or 距離が近い等して撃ち下ろされる形になると大口径砲以外は強制跳弾で弾き得る。
 致命的な弱点としては[[Churchillシリーズ>Churchill VII]]のように履帯の裏に車体があり真正面からも撃ち抜かれてしまう。Tier5中戦車からも楽に抜かれるくらいには脆い上ついでに履帯も切れる。とはいえ面積は小さく履帯に覆われていてはっきりとは狙いにくいため、細かく車体を揺らしたり等の対策はできるだろう。
  
 砲塔の装甲は少々頼りなく防盾も小さいのが弱点となる。また砲塔側面は正面からも狙える上に30mmと致命的に薄く、同格の榴弾すら貫通してしまうため多少のよそ見すらも危険。真正面さえ向いていれば強制跳弾が生じるため多少はマシであるが、それでも90mmを超える口径の砲は3倍ルールで素通りしてくる。
 アメリカ車両並みの大きな俯角からハルダウンもしやすいが、この弱点を熟知したプレイヤーは砲塔を優先的に狙ってくる。その為相手車両の砲、彼我の位置関係、防ぐのではなく避けるハルダウンについて十分頭に叩き込んでおく必要がある。
 
 装甲を過信せず遮蔽物などで被弾を抑えるなどの工夫を怠らなければ、いざというときに正面の重装甲が役に立ってくれる。また本家と異なり耐久値がbuffされており他国と比べて特別撃たれ弱いと言う事はない。だが極端な装甲配置から突出し過ぎは何れにせよ厳禁である。
 #br
 
 #shadowheader(2,''機動力'');
 優秀な砲性能に引けを取らない高い機動性も見逃せない。開発完了後の優れた出力重量比は、特に坂道の登攀時に明確な差を感じる事だろう。初期状態でもやや鈍重とはいえ絶望的に遅いわけではなく、''旋回の遅さに目をつむれば''他の重戦車と変わらない程度の常識的な機動力はある。ここまでのフランス戦車に慣れているなら主砲を優先して開発するのも選択肢の一つ。
 上位エンジンは次の[[AMX M4 mle. 45]]でもお世話になるため、最終的にはここで開発しておくと次が楽になる。
 ちなみに、前進時の加速に比べ後退は非常に遅い。正面以外の装甲がまるで頼りにならないことも相まって、味方の支援を受けられない程に突出すると離脱は難しい。強力な性能の反面、立ち回りによっては脆さを露呈してしまうことを意識しておくべきである。
 #br
 
 #shadowheader(2,''総論'');
 前述のとおり車体正面は重厚だが側面装甲が非常に薄いため、本車両に乗る時は絶対に側面を見せない立ち回りが必須である。また旋回の遅さに加えDPMも高くはない事から接近戦は大の苦手だ。改良エンジン搭載後は機動力の高さから前線に出がちだが、単機での突出は他の戦車にも増してタブーである。側面を晒さない、肉薄されない堅実な立ち回りをすれば、陣地転換が容易な機動力と格上にも対抗できる強力な貫通力と攻撃力を兼ね備えた優秀な戦車となるだろう。
 #br
 
 
 -----------
 *特徴 [#h7179163]
 //ここには箇条書きでわかりやすく簡潔に入れてください
 #shadowheader(2,''長所'');
 -硬い正面装甲
 -貫通か単発で選べる2タイプの最終砲
 -良好な俯角(−10°)
 -HTにしては良好な機動力
 -スマートな見た目(改良砲塔)
 
 
 #shadowheader(2,''短所'');
 -コミカルな見た目の初期砲塔の性能が酷く、未開発は即バレし敵からは恰好の獲物になる
 -遅い照準時間
 -薄い側面装甲
 -履帯裏の弱点
 -砲塔側面装甲は薄くKV-2にワンパンされる
 
 #shadowheader(2,''初期の研究'');
 -まず砲塔。被弾率低下、装填速度、砲塔旋回速度、重量軽減……etc 利点が書き切れない程である。
 -ヘーベルハウスのまま戦場に出たりすると、味方から凄まじいバッシングを受けるのでフリー経験値などを駆使して早急に研究しよう。
 --------
 *歴史背景 [#i2525172]
 //他サイトから引用する場合は、引用元を文章の頭に入れてください
 //''wikipediaより''
 #region(クリックして表示)
 1944年にフランスが解放されると、パリに舞い戻ったフランス政府は速やかに「国産の兵器による」再軍備を模索し始めた。そんな状況の下で、米英から供与された戦車に含まれていない「重戦車」をまずは開発・生産することが決定された。
 設計開始当初は「60mmの装甲と75mm Long 44を装備する戦車」として設計されていたが、M4シャーマンに劣るこの仕様では生産する意味がないという軍側の指摘を受けて仕様が変更され、「120mmの傾斜装甲と90mm砲を搭載する戦車」として再度設計が開始された。
 戦中・および戦後の混乱と資源不足の中で計画は遅れに遅れ、最初の試作車両がロールアウトしたのは戦争がとうに終わった1946年のことであった。
 #br
 この新戦車の主砲には艦載砲を転用した90mm DCA 45が選ばれた。この砲は初速1000m/sを誇る優秀な火砲であり、火力面では当時の各国の戦車と比較しても何ら遜色のないレベルに達していた。
 エンジンは当初タルボの450馬力エンジンやパナールの400馬力エンジンが予定されていたが、仕様変更による重量増大に国産エンジンでは対応できなかったために、戦争で鹵獲したドイツのマイバッハHL230エンジンを搭載することになった。このエンジンは本来600馬力のエンジンであるが、ドイツが加熱対策に悩まされたことを加味して出力を575馬力に落として運用されたようである。
 しかしながら、足回りを今まで慣れ親しんだB1やSomua S35といった"伝統的な"フランス戦車の技術で構成してしまった結果、575馬力のエンジンをもってしても路上で37km/hしか発揮できないうえ、駆動系の信頼性は無きに等しいレベルになってしまった。
 #br
 本車は1947年から1950年の間に60両ほどが生産され、1951年の革命記念日パレードで表舞台へのデビューを果たした。しかし、そのただ一回の晴れ舞台を最後に表舞台から姿を消し、そのまま全車が退役してしまった。
 軍部はそれでもARL44の量産を望んだが、まだまだ戦争の爪跡が残るフランスにとって、40トンを超える重戦車である本車を量産・配備・運用するのは体力的に困難だったようである。
 
 &attachref(./IMG_9294.JPG,70%);
 &attachref(./images.jpg,);
 ↑最初で最後の晴れ舞台に参加するARL44。この次にARL44が人前に出るのは博物館の展示物になった時であった。
 #br
 余談だが、本ゲームにおける%%ヘーベルハウス%%初期砲塔は、第二次大戦中に開発されていた超重戦車FCM F1のものである。
 &attachref(./FCMF1-1_0.jpg);
 FCM F1の木製モックアップ。実際に生産されることは無かったが、戦後の国産第一号戦車であるARL 44とは技術的なつながりが大きいようである。
 #endregion
 -----
 *コメント [#ya3de8e8]
 
 #pcomment(,reply,10)
 
 ----
 
 #br
 //''開発ツリー''
 
 //*解説 [#f9f26c69]
 //**主砲 [#i1258189]
 //***機関砲 [#nb9c7dd7]
 //**防御面 [#q8779e8a]
 //**機動力 [#qf7059c3]
 //**開発 [#ndbdb3ae]
 
 #br