Top > Cruiser II
HTML convert time to 0.003 sec.


Cruiser II の変更点


 -----
 #contents
 -----
 *Tier 3 イギリス 軽戦車 Cruiser II [#k69fddac]
 //CENTER:&ref(./画像.png,center,nolink,40%);
 //CENTER:&attachref(,nolink,zoom,500x500){[ここに車両画像を添付してね]};
 CENTER:&ref(./cruiser2-min.png,center,nolink,zoom,650x650);
 写真は%%悪名高い%%40 mm pom-pom砲を装備。
 #br
 [[イギリス]]のTier3軽戦車。Ver.4.4で実装された。
 画像は3.7インチ榴弾砲を搭載した近接支援タイプである。
 [[Valentine AT]]と同口径のワンパンキャノン、または45×4のpom-pom砲をそこそこの速力でもって前線へお届け出来るアドバンテージは測り知れないのに&color(Red){''Ver.4.4の今pom-pomの火力が何かおかしい。''};
 その代償としてエンジンが[[Cruiser I]]より据え置きの上、装甲圧が増加した為に出力重力比が英Cruiserシリーズ中最低である。
 //#br
 //性能は変更される。(確信)
 #br
 *''基本性能(v4.4.0)'' [#p4a5a2ae]
 |CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):90|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):100|c
 |車体|Tier|国籍|タイプ|耐久値&br;&size(9){(HP)};|車体装甲厚&br;&size(9){前面/側面/背面};&br;&size(9){(mm)};|最高&br;速度&br;&size(9){(km/h)};|初期&br;重量&br;&size(9){(t)};|本体価格&br;&size(9){(クレジット)};|h
 |~Cruiser II|III|イギリス|軽戦車|350~390|30/22/12|40|14.33|31,000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|
 //|~修理費&size(9){(Cr)};|情報待|
 //|~実用出力重量比&size(9){(hp/t)};|00.00|
 #br
 #shadowheader(2,''武装''); [#zb9fff94]
 砲塔:A10E1(初期)
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):30|c
 |Tier|名称|>|発射&br;速度&br;&size(9){(rpm)};|弾種|平均&br;貫徹力&br;&size(9){(mm)};|平均&br;攻撃力|DPM&br;&size(9){(HP/分)};|精度&br;&size(9){(m)};|照準&br;時間&br;&size(9){(s)};|総弾数|弾薬費&br;&size(9){(Cr/G)};|重量&br;&size(9){(kg)};|俯&br;仰&br;角|h
 |~III|QF 2-pdr Mk.IX|>|17.65|AP&br;APCR&br;HE|64&br;121&br;12|45&br;40&br;60|794&br;706&br;1059|0.34|1.9|100|25 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;1200 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 3 &ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;15 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|130|+20°&br;-15°|
 機関砲
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):30|c
 |Tier|名称|>|連射弾数/間隔(s)|弾倉装填速度(s)|弾種|平均&br;貫徹力&br;&size(9){(mm)};|平均&br;|弾倉合計攻撃力|DPM&br;&size(9){(HP/分)};|精度&br;&size(9){(m)};|照準&br;時間&br;&size(9){(s)};|弾倉/総弾数|弾薬費&br;&size(9){(Cr/G)};|重量&br;&size(9){(kg)};|俯&br;仰&br;角|h
 |Tier|名称|>|連射弾数/間隔(s)|弾倉装填速度(s)|弾種|平均&br;貫徹力&br;&size(9){(mm)};|平均&br;攻撃力|弾倉合計攻撃力|DPM&br;&size(9){(HP/分)};|精度&br;&size(9){(m)};|照準&br;時間&br;&size(9){(s)};|弾倉/総弾数|弾薬費&br;&size(9){(Cr/G)};|重量&br;&size(9){(kg)};|俯&br;仰&br;角|h
 |~IV|40 mm Pom-Pom|>|2/0.50|5.50|AP&br;APCR&br;HE|49&br;71&br;12|45&br;40&br;60|180&br;160&br;240|1661&br;1477&br;2215|0.43|1.9|4/160|30 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;800&ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 2&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;15 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|359|+20°&br;-15°|
 #br
 砲塔:Cruiser Mk.II(後期)
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):50|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):30|c
 |Tier|名称|>|発射&br;速度&br;&size(9){(rpm)};|弾種|平均&br;貫徹力&br;&size(9){(mm)};|平均&br;攻撃力|DPM&br;&size(9){(HP/分)};|精度&br;&size(9){(m)};|照準&br;時間&br;&size(9){(s)};|総弾数|弾薬費&br;&size(9){(Cr/G)};|重量&br;&size(9){(kg)};|俯&br;仰&br;角|h
 |~III|QF 2-pdr Mk.IX|>|17.65|AP&br;APCR&br;HE|64&br;121&br;12|45&br;40&br;60|794&br;706&br;1059|0.34|1.7|100|25 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;1200 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 3 &ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;15 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|130|+20°&br;-15°|
 |~V|3.7-inch Howitzer Mk.I|>|3.24|HE&br;HEAT|25&br;110|280&br;190|907&br;616|0.55|2.7|30|0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 00 &ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;0000 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|393|+20°&br;-6°|
 機関砲
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):140|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):40|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):30|CENTER:SIZE(11):100|CENTER:SIZE(11):60|CENTER:SIZE(11):30|c
 |Tier|名称|>|連射弾数/間隔(s)|弾倉装填速度(s)|弾種|平均&br;貫徹力&br;&size(9){(mm)};|平均&br;|弾倉合計攻撃力|DPM&br;&size(9){(HP/分)};|精度&br;&size(9){(m)};|照準&br;時間&br;&size(9){(s)};|弾倉/総弾数|弾薬費&br;&size(9){(Cr/G)};|重量&br;&size(9){(kg)};|俯&br;仰&br;角|h
 |Tier|名称|>|連射弾数/間隔(s)|弾倉装填速度(s)|弾種|平均&br;貫徹力&br;&size(9){(mm)};|平均&br;攻撃力|弾倉合計攻撃力|DPM&br;&size(9){(HP/分)};|精度&br;&size(9){(m)};|照準&br;時間&br;&size(9){(s)};|弾倉/総弾数|弾薬費&br;&size(9){(Cr/G)};|重量&br;&size(9){(kg)};|俯&br;仰&br;角|h
 |~IV|40 mm Pom-Pom|>|2/0.50|3.40|AP&br;APCR&br;HE|49&br;71&br;12|45&br;40&br;60|180&br;160&br;240|2455&br;2182&br;3273|0.43|1.9|4/160|30 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);&br;800&ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%); 2&ref(KV-1/gda.png,center,nolink,50%);&br;15 &ref(KV-1/cra.png,center,nolink,50%);|359|+20°&br;-15°|
 #br
 #shadowheader(2,''砲塔''); [#h6af3847]
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |Tier|名称|装甲厚&size(9){(mm)};&br;&size(9){前面/側面/背面};|旋回速度&size(9){(°/s)};|視界範囲&size(9){(m)};|重量&size(9){(kg)};|h
 |~II|A10E1|30/26/30|46|220|2,750|
 |~III|Cruiser Mk.II|30/26/30|46|230|2,750|
 #br
 |~射界|全周|
 //射界制限あり車両用
 //|~射界|左?° /  右?°|
 #br
 
 #shadowheader(2,''エンジン''); [#qd2bf4a1]
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |Tier|名称|馬力&size(9){(hp)};|引火確率&size(9){(%)};|重量&size(9){(kg)};|h
 |~I|Rolls-Royce Phantom|120|20|340|
 |~II|AEC Type 179|150|20|360|
 
 #br
 #shadowheader(2,''履帯''); [#offf5170]
 |CENTER:SIZE(11):20|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|CENTER:SIZE(11):|c
 |Tier|名称|積載量&size(9){(t)};|旋回速度&size(9){(°/s)};|重量&size(9){(kg)};|h
 |~II|A10 Mk.I|16.70|32|3,000|
 
 #br
 #shadowheader(2,''乗員'');
 +Commander
 +Driver
 +Gunner
 +Radio Operator
 +Loader
 
 #br
 #shadowheader(2,''派生車両'');
 派生元:''[[Cruiser I]]''
 //''[[名称]]''
 派生先:''[[Valentine]]''
 //''[[名称]]''
 
 #br
 
 -------------------
 *''開発ツリー'' [#vef1aed6]
 |CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|CENTER:SIZE(8):4|CENTER:SIZE(8):60|c
 |BGCOLOR(lavender):''[[開発元車両名]]''|━|BGCOLOR(lavender):''車両名''&br;?&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|━|BGCOLOR(lightcyan):&ref(車両ページテンプレート/Gun.png,nolink,50%);&br;主砲名1|━|BGCOLOR(lightcyan):&ref(車両ページテンプレート/Gun.png,nolink,50%);&br;主砲名2&br;?&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|━|BGCOLOR(lightcyan):&ref(車両ページテンプレート/Gun.png,nolink,50%);&br;主砲名3&br;?&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|━|BGCOLOR(azure):BGCOLOR(LAVENDER):''[[開発先車両名]]''&br;?&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);&br;?&ref(ソ連/cra.png,nolink,60%);|||||
 |~|~|~|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>||
 |~|~|~|━|BGCOLOR(mistyrose):&ref(車両ページテンプレート/turret.png,nolink,50%);&br;砲塔名1|━|BGCOLOR(mistyrose):&ref(車両ページテンプレート/turret.png,nolink,50%);&br;砲塔名2&br;?&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|━|BGCOLOR(mistyrose):&ref(車両ページテンプレート/turret.png,nolink,50%);&br;砲塔名3&br;?&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|||||||
 |~|~|~|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>||
 |~|~|~|━|BGCOLOR(lightyellow):&ref(車両ページテンプレート/engine.png,nolink,50%);&br;エンジン名1|━|BGCOLOR(lightyellow):&ref(車両ページテンプレート/engine.png,nolink,50%);&br;エンジン名2&br;?&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|━|BGCOLOR(lightyellow):&ref(車両ページテンプレート/engine.png,nolink,50%);&br;エンジン名3&br;?&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|||||||
 |~|~|~|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>||
 |~|~|~|━|BGCOLOR(#ccffcc):&ref(車両ページテンプレート/suspension.png,nolink,50%);&br;履帯名1|━|BGCOLOR(#ccffcc):&ref(車両ページテンプレート/suspension.png,nolink,50%);&br;履帯名2&br;?&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|━|BGCOLOR(#ccffcc):&ref(車両ページテンプレート/suspension.png,nolink,50%);&br;履帯名3&br;?&ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);|||||||
 #br
 &ref(ソ連/fa.png,nolink,60%);:必要経験値
 &ref(ソ連/cra.png,nolink,60%);:必要クレジット
 //&br;?&ref(ソ連/cra.png,nolink,60%);
 //┛┓┗┏┃━┣┳┻┫╋
 #br
 
 -------------------
 
 *解説 [#bc129893]
 Mk. Iの防御力の低さを懸念から装甲の見直しが行われ、砲塔、車体ともに正面装甲は30mm、側背面も増圧された。しかし中口径以上の敵弾を弾く事は難しいだろう。
 相変わらずの低い車高に加え、俯角が-15°も確保できるので、ハルダウンを上手く使って耐久力を上げたい。
 Pom-Pom砲は、1×3発から2×2発装填の砲となっている。
 自動で連射される2発目の精度は悪いものの、マップの狭いBlitzでは致命的な欠点にはならない。
 #br
 #shadowheader(2,''火力'');
 2pdr砲は順当に発射レートが上がり、新しく榴弾砲である3.7-inch Howiitzer Mk.1が追加された。
 Pom-Pom砲は1×3連射から2×2連射になった。
 既存の砲2種は共に装填時間と僅かだが着弾分布が改善されより取り回しがよくなった。
 追加された3.7-inch Howiitzer は弾速と精度に難を抱える代わりに威力280/貫通25个箸いη乏覆寮能を誇る。貫通すれば同格車両のHPを8割削り、重装甲の格上車両にさえ爆風ダメージで100ダメージ以上を与え得る。俯角が-5°と狭くなってしまう点には注意しなければならない。
 #br
 //nerf後ここから先を削除
 そしてPom-Pom砲だが&color(Red){''Ver.4.4の今現在何かおかしい。''};
 いやもうおかしいとか一言で片付けられる次元でない。
 一秒足らずで180ダメージを与えられる機関砲持ち自体はさして珍しくはない。しかしその弾倉交換が3.4秒で済み、実質1分間に&color(Red){''54.55発''};、AP弾のDPM換算で&color(Red){''2455''};。平均の&color(Red){&size(20){''3倍''};};である。
 
 Tier4には通常弾での貫通を見込めない重装甲車両が跋扈しているとしても高すぎる値である。
 &color(Red){''課金弾の-15%を考慮に入れてもTier4以上のDPMである''};。
 //ここまで
 #br
 #shadowheader(2,''防御力'');
 車体前面が一律30mmに、また側面にも大幅な増圧がされた。
 しかしやはり軽戦車のそれである。10cm榴弾砲の弾を非貫通で抑えられる可能性があるだけ良いだろう。
 #br
 #shadowheader(2,''機動性'');
 エンジンが[[Cruiser I]]より据え置きの上、装甲圧が増加した為に出力重力比が英Cruiserシリーズ中最低である。
 エンジンブーストや、拡張パーツの加速器を搭載しなければ鉱山の登坂にも苦労する。
 #br
 #shadowheader(2,''総論'');
 前身のCruiser Iの装甲の見直しと主砲の改良を行った車両であり、基本的な運用は変わらない……はずなのだが手抜きなのか調整ミスなのか伝説の例の[[アレ>Type 98 Ke-Ni Otsu]]を超えるDPMを持つため力押しさえも戦術の一つになってしまう。
 しかし攻撃力の代償として軽戦車の装甲と重戦車並みの機動力しか持ち合わせず、脅威度も高い事から優先攻撃目標とされやすい。慎重な立ち回りが必要だ。
 #br
 #region(紳士の出張)
 さてお疲れ。軽戦車と聞いてあの機動力。さぞ驚いただろう。
 良い知らせと悪い知らせどちらから聞きたいかい?
 #br
 
 #shadowheader(2,''良い知らせ'');
 #shadowheader(2,''火力'');
 2pdr砲は順当に発射レートが上がり、新しく榴弾砲である3.7-inch Howiitzer Mk.1が追加された。
 Pom-Pom砲は1×3連射から2×2連射になった。
 車体重量のおかげで射撃安定性が増し着弾分布が改善されるといった思わぬ副次効果もあるな。
 #br
 追加された3.7-inch Howiitzer は弾速と精度に難を抱える代わりに威力280/貫通25个箸いη乏覆寮能を誇る。貫通すれば同格車両のHPを8割削り、重装甲の格上車両にさえ爆風ダメージで100ダメージ以上を与え得る。俯角が-5°と狭くなってしまう点には注意しなければならない。
 #br
 そしてPom-Pom砲の発射速度が異常だという話は先でされただろう。弾倉交換が3.4秒、初期砲塔でも僅か5.5秒だとね。
 拡散や連続射撃をした時の挙動については前身で体験済みだろう。特に説明する事は無いよ。素直にこの発射速度を生かす運用をすればよい。
 #br
 #shadowheader(2,''防御力'');
 車体前面が一律30mmに、また側面も砲塔26仄崑22mm。例えば3.7-inch Howiitzer は貫通25弌他だって高くても30mmだ。だから垂直に側面を撃たれでもしない限り大口径榴弾が貫通する事は無くなった。
 しかしやはり軽戦車のそれだから戦車砲の徹甲弾には弱いとはいえ[[機関銃>T7 Combat Car]]程度なら防ぐことができる。
 #br
 #shadowheader(2,''悪い知らせ'');
 #shadowheader(2,''機動性'');
 エンジンが据え置きだ。
 ……「装甲が強化されたということは?」なんて察しがいいね。つまりそういうことだ。
 #shadowheader(2,''火力'');
 弾倉交換が3.4秒で済むという話をしたね?
 この3.4秒なのだが実は&color(Red){''初期砲の2pdrの装填時間が3.4秒''};なんだ。
 2pdr1発とそれをカードリッジに詰め装弾するまでの時間が同じということだね。
 #br
 つまりそういうことだよ。
 #endregion
 #br
 
 #shadowheader(2,''長所'');
 -&color(Red){&size(20){''いろいろおかしい連射力''};};。DPMは2455で[[Ke-Ni B>Type 98 Ke-Ni Otsu]]の1920をも上回る
 -弾倉打ち切り時間の短縮
 -俯角が-15°も確保できる
 
 #shadowheader(2,''短所'');
 -クルーザーにしては少し物足りない機動力
 -前身から増圧されたとはいえ薄い装甲
 
 #shadowheader(2,''初期の研究'');
 -pom-pom砲が優秀すぎるので3.7inch Hoitzerは後回しでも問題ない。
 --------
 *歴史背景 [#i2525172]
 //他サイトから引用する場合は、引用元を文章の頭に入れてください
 //''wikipediaより''
 #region(wikipediaより)
  巡航戦車 Mk.II(Tank, Cruiser Mk.II(A10))は、ヴィッカース・アームストロング社により開発され、第二次世界大戦中にイギリス陸軍が使用した巡航戦車である。175両が生産され、大戦初期に使用された。
 #br
  中戦車A9(後の巡航戦車 Mk.I)の開発計画が始まったわずか3ヵ月後の1934年5月、A10計画がスタートした。歩兵支援用に、より重装甲の戦車の開発を求められたヴィッカース社のサー・ジョン・カーデンは、手っ取り早くA9の装甲強化によって応えた。装甲はA9の最大14mmに対し、当初24mm、最終的に30mmまで増厚されたが、その増厚は、追加装甲を基本車体に鋲接する方法が採られた。厚い一枚板の装甲板を使うよりも製造が容易で、上質な装甲鋼板の節約にもなったが、防御力は一枚板のものより劣った。
 #br
  しかし、A9、A10の一方で、兵器局のエリス少将は、歩兵支援用の戦車は予想される敵対戦車砲に耐える装甲厚が必要とし、同じくヴィッカース社に小型・重装甲のA11(後の歩兵戦車 Mk.I マチルダ I)の開発を指示していた。A11は当時最新鋭のイギリスの2ポンド砲に耐えることを目標に、最大60mmを超える装甲厚を備えていた。さらに1936年には、イギリス陸軍は、主力となる戦車を軽装甲・高速の巡航戦車、重装甲・低速の歩兵戦車の2種に分けて開発を行うとの決定を下した。A9に比べれば装甲が強化されたとはいえ最大30mmの装甲しか持たないA10は、結局、A9を補佐する「重巡航戦車」として生産されることとなった。
  A10は巡航戦車 Mk.IIとして制式化され、1938年中に最初の発注が行われた。この間、本命の巡航戦車としてはアメリカのクリスティー式戦車をもとにしたA13(巡航戦車 Mk.III)も開発されており、A9、A10はそれらの数が揃うまでの“つなぎ”という位置付けであった。ただし、A10量産車の引渡しが始まったのは1939年末で、A13よりもむしろ遅かった。
 #br
  A9では操縦席の左右に.303 ヴィッカース機関銃を備えた銃塔があったが、A10では除去された。試作車A10E1は当初、中央に突出した操縦手フード以外は、よく傾斜した前面装甲を持つ車体形状であった。しかし、やはり車体銃は必要と判断され、操縦席をわずかに左に移動、右に車体銃を備えた垂直の戦闘室前面形状に改められた。これに伴い、乗員も当初の4名から5名となった。車体銃には、.303 ヴィッカース機関銃に代わり、チェコ製ブルーノVz.37重機関銃(ZB.53)のライセンス生産型である、空冷のベサ機関銃が選ばれた。しかし、砲塔の同軸機銃は.303 ヴィッカース機関銃のままで、弾薬も共通ではなかったので、結局、当初生産型は車体銃を搭載しないままだった。後に砲塔の機銃もベサに改められ、これには巡航戦車 Mk.IIAの形式名が与えられた。また、同時期の他のイギリス戦車同様、3.7インチ榴弾砲搭載のCS(近接支援)型も作られた。
 #br
  生産は、イギリスの戦車生産工場育成策に則り、開発会社のヴィッカース社で生産されたのは10両のみで、45両がメトロポリタン・キャンメル社(Metropolitan-Cammell)、120両がバーミンガム・レールウェイ・キャリッジ・アンド・ワゴン社(Birmingham Railway Carriage and Wagon Company)で行われた。内、30両がCS型であった。
 #br
  31両の巡航戦車 Mk.IIが、フランス派遣軍の第1機甲師団に配備されて、1940年のフランスの戦いに投入された。評価は、出力不足で不整地走行能力は低く、低速であると、はなはだ芳しくなかった。その後は、ギリシャ戦線や北アフリカ戦線でも1941年末まで使用された。
 //引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A1%E8%88%AA%E6%88%A6%E8%BB%8A_Mk.II
 #endregion
 -----
 *コメント [#ya3de8e8]
 #pcomment(,reply,10)
 ----