Top > 駆逐戦車

駆逐戦車

Last-modified: 2017-06-06 (火) 10:44:38

概要 Edit

高火力、高隠蔽に特化した対戦車用砲を備えた車両。
アイコンは下向きの三角。
基本的に隠蔽率が高く、Tierに似合わない強力な主砲を備えているのが特徴。
狙撃手としての役割を持つ反面、固定砲塔の為、射角が狭く敵を狙うのにいちいち移動しなければならない事と一か所に隠れて狙撃を行う為、鈍重な車両程自走砲の餌食になる確率が高いのが難点である。
ただアメリカ駆逐戦車M18 Hellcatの様に軽戦車並みの機動力と速度は遅いが回転砲塔を備えている車両や逆に重戦車並みの低隠蔽率を持つが重装甲のドイツ駆逐戦車Jagdtigerなど一概に高火力、高隠蔽が当てはまらない車両があるのも特徴の一つである。

車輌一覧 Edit

基本構成 かつ 基本能力 100% の搭乗員での車両特性。
パッケージの開発・購入により、数値は変わります。

緑色の太字はレア扱いの課金戦車
黄色の太字はツリーから購入可能な課金戦車

※各車両ページにある開発に必要となる経験値は最大値です。他の戦車の開発状況によっては低い値でも開発できる場合があります。

アメリカ Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
実用出力
重量比
(hp/t)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
静止
隠蔽率
補足
(販売時期等)
2T3 HMC11016/13/6--/--/--72.450/34270『無線範囲』
3T56 GMC16038/25/13--/--/--5044/28290『無線範囲』
4M8A125029/29/2538/25/255818/35370325回転砲塔
4T4027551/38/38--/--/--3844/30400265
5T6734022/19/1322/13/136116/30370325回転砲塔
5M10 Wolverine34051/19/2557/25/254817/28370395回転砲塔
6M18 Hellcat55013/13/1325/13/137216/30370325回転砲塔
6M36 Jackson560114/25/2576/25/254216/28370395回転砲塔
7T25/280076/51/3876/25/255618/30380395回転砲塔
7T25 AT84089/76/38--/--/--5626/30350395
7T28 Concept880203/102/51--/--/--2918/183705700.26課金戦車(レア)
7M56 Scorpion8201/1/1--/--/--4512/403505000.40課金戦車(レア)
8T28 Prototype1,150203/51/51203/127/1021818/18380395回転砲塔(範囲限定)
8T281,150254/51/51--/--/--1826/18370395
9T301,650102/76/51279/127/1023518/20380395回転砲塔
9T951,700305/152/51--/--/--1326/16380395
10T110E42,000254/76/38203/152/1523518/26400745回転砲塔(範囲限定)
10T110E32,050305/76/38--/--/--2426/24400745

ドイツ Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
実用出力
重量比
(hp/t)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
静止
隠蔽率
補足
(販売時期等)
2Panzerjager I12013/13/13--/--/--4044/32320265
3Marder II16530/15/15--/--/--4044/34360265
4Hetzer27060/20/8--/--/--4244/28260290
4Marder 38T27050/15/15--/--/--4726/38360265車両名が「Marder III」から変更
4StuG III Ausf. B26050/30/30--/--/--4044/32310310
5StuG III Ausf. G35080/30/30--/--/--4044/37310310
5Pz.Sfl. IVc35020/14/14--/--/--6026/44380400
5StuG IV36080/30/20--/--/--3844/443106200.37課金戦車(レア)
5The Hidden StuG III35080/30/50--/--/--4044/47320620CS版オリジナル戦車
課金戦車(レア)
6JagdPz IV60080/40/20--/--/--3844/35330415
6Nashorn60030/20/20--/--/--4032/26390400
6Dicker Max55050/20/20--/--/--4026/354006200.30課金戦車
7Jagdpanther85080/50/40--/--/--4626/26350415
7Sturer Emil85050/30/30--/--/--2526/30400265
7E 2583050/30/30--/--/--6544/443607100.44課金戦車
8Jagdpanther II1,150100/60/40--/--/--5526/28380415
8Rhm.-Borsig Waffentrager1,10020/10/8--/--/--3518/34400400回転砲塔
8Ferdinand1,200200/80/80--/--/--3026/18370415
88,8 cm PaK 43 Jagdtiger1,300250/80/80--/--/--2826/223907100.19課金戦車
8Kanonenjagdpanzer1,20030/30/8--/--/--7022/46360750課金戦車(レア)
9Jagdtiger1,800250/80/80--/--/--2826/18390415
9Waffentrager auf Pz. IV1,60080/30/20--/--/--3818/32410400回転砲塔
10Jagdpanzer E 1002,200200/120/150--/--/--3026/20400720
10Waffentrager auf E 1002,200200/120/15020/10/84024/30420720CS版オリジナル戦車
回転砲塔
自動装填装置搭載

イギリス Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
実用出力
重量比
(hp/t)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
静止
隠蔽率
補足
(販売時期等)
2Universal Carrier 2-pdr12010/7/7--/--/--4844/36320250
3Valentine AT17060/60/60--/--/--2444/34360350
4Alecto27010/10/10--/--/--5144/38390350
5AT 2450203/102/102--/--/--2026/20310400
5Archer36020/20/20--/--/--1232/40360400
6AT 8800203/102/102--/--/--2026/20330400
6Churchill Gun Carrier650152/95/51--/--/--2626/24340400
6Achilles61038/19/1957/25/254814/32370400回転砲塔
7AT 71,250203/102/102--/--/--2026/20350450
7AT 15A1,050228/152/101--/--/--2026/24350570課金戦車
7Challenger84089/51/38102/40/405214/26360450回転砲塔
8AT 151,450229/152/102--/--/--2026/18370550
8Charioteer105064/46/3830/25/305218/34370450回転砲塔
9Tortoise2,000229/152/102--/--/--2026/20390550
9FV4004 Conway150076/51/38132/95/373516/26380550回転砲塔
10FV215b (183)2,000152/51/79254/102/763416/32400750回転砲塔(旋回範囲限定)
10FV4005 Stage II185076/51/3814/14/143512/30390750回転砲塔

ソビエト連邦 Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
実用出力
重量比
(hp/t)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
静止
隠蔽率
補足
(販売時期等)
2AT-112516/15/10--/--/--3044/322503000.37
3SU-76M15525/15/15--/--/--4844/422903250.40
3SU-76I16860/30/50--/--/--5042/403003250.36課金戦車(レア)
4SU-85B26025/15/15--/--/--4344/383103250.40
5SU-8535045/45/40--/--/--5544/332803250.39
5SU-85I38060/30/50--/--/--5044/483305250.36課金戦車
6SU-10058075/45/45--/--/--5044/343503250.39
6SU-100Y70060/60/60--/--/--3526/303504400.12課金戦車
7SU-15287075/60/60--/--/--4326/203303600.29
7SU-100M183090/75/45--/--/--5044/323603250.35
7SU-122-4484090/75/45--/--/--4726/423307000.38課金戦車
7ISU-122S87090/90/60--/--/--4326/273504400.26課金戦車(レア)
8ISU-1521,01090/90/60--/--/--4326/183503600.26
8SU-101990120/90/40--/--/--5444/343805250.36
8HMH: ISU-1301,00090/90/60--/--/--3826/28380730CS版オリジナル戦車
課金戦車(レア)
9Object 7041,600120/90/90--/--/--3726/193604400.31
9SU-122-541,530100/80/45--/--/--4826/383905250.38
10Object 2681,950187/100/50--/--/--4826/303707300.29
10Object 2631,900250/80/50--/--/--5526/323907200.25

フランス Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
実用出力
重量比
(hp/t)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
静止
隠蔽率
補足
(販売時期等)
2Renault FT AC12016/16/16--/--/--2144/2832090
3Renault UE 571509/6/6--/--/--3644/28360300
3FCM36 PaK4018040/20/40--/--/--2444/37400310課金戦車
4Somua SAu-4028036/35/35--/--/--3744/28330300
5S-35 CA33056/35/35--/--/--3726/26400300
6ARL V3961070/40/60--/--/--4226/22350290
7AMX AC Mle. 1946820120/40/40--/--/--5026/24350400
8AMX AC Mle. 19481,000150/40/40--/--/--5026/26370400
9AMX 50 Foch1,550180/50/50--/--/--5026/26390400
10AMX 50 Foch (155)1,850180/50/50--/--/--5026/30400750自動装填装置搭載

スウェーデン Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
実用出力
重量比
(hp/t)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
静止
隠蔽率
補足
(販売時期等)
2Pvlvv fm/42?『耐久値』『車体正面装甲厚』/『車体側面装甲厚』/『車体背面装甲厚』『砲塔正面装甲厚』/『砲塔側面装甲厚』/『砲塔背面装甲厚』『最高速度』『砲塔旋回速度』/『車体旋回速度』『視認範囲』『無線範囲』
3Ikv 72?『耐久値』『車体正面装甲厚』/『車体側面装甲厚』/『車体背面装甲厚』『砲塔正面装甲厚』/『砲塔側面装甲厚』/『砲塔背面装甲厚』『最高速度』『砲塔旋回速度』/『車体旋回速度』『視認範囲』『無線範囲』
4Sav m/43?『耐久値』『車体正面装甲厚』/『車体側面装甲厚』/『車体背面装甲厚』『砲塔正面装甲厚』/『砲塔側面装甲厚』/『砲塔背面装甲厚』『最高速度』『砲塔旋回速度』/『車体旋回速度』『視認範囲』『無線範囲』
5Ikv 103?『耐久値』『車体正面装甲厚』/『車体側面装甲厚』/『車体背面装甲厚』『砲塔正面装甲厚』/『砲塔側面装甲厚』/『砲塔背面装甲厚』『最高速度』『砲塔旋回速度』/『車体旋回速度』『視認範囲』『無線範囲』
6Ikv 65 Alt II?『耐久値』『車体正面装甲厚』/『車体側面装甲厚』/『車体背面装甲厚』『砲塔正面装甲厚』/『砲塔側面装甲厚』/『砲塔背面装甲厚』『最高速度』『砲塔旋回速度』/『車体旋回速度』『視認範囲』『無線範囲』
7Ikv 90 Typ B?『耐久値』『車体正面装甲厚』/『車体側面装甲厚』/『車体背面装甲厚』『砲塔正面装甲厚』/『砲塔側面装甲厚』/『砲塔背面装甲厚』『最高速度』『砲塔旋回速度』/『車体旋回速度』『視認範囲』『無線範囲』
8UDES 03?『耐久値』『車体正面装甲厚』/『車体側面装甲厚』/『車体背面装甲厚』『砲塔正面装甲厚』/『砲塔側面装甲厚』/『砲塔背面装甲厚』『最高速度』『砲塔旋回速度』/『車体旋回速度』『視認範囲』『無線範囲』
9Strv 103-0?『耐久値』『車体正面装甲厚』/『車体側面装甲厚』/『車体背面装甲厚』『砲塔正面装甲厚』/『砲塔側面装甲厚』/『砲塔背面装甲厚』『最高速度』『砲塔旋回速度』/『車体旋回速度』『視認範囲』『無線範囲』
10Strv 103B?『耐久値』『車体正面装甲厚』/『車体側面装甲厚』/『車体背面装甲厚』『砲塔正面装甲厚』/『砲塔側面装甲厚』/『砲塔背面装甲厚』『最高速度』『砲塔旋回速度』/『車体旋回速度』『視認範囲』『無線範囲』

回転砲塔搭載車輌 Edit

ドイツ:Rhm.-Borsig WaffentragerWaffentrager auf Pz. IVWaffentrager auf E 100
アメリカ:M8A1T67M10 WolverineM18 HellcatM36 JacksonT25/2T28 Prototype(左右143°まで)、T30T110E4(左右90°まで)
イギリス:FV215b(183)?(左右45°まで)
ソ連:無し
フランス:無し

自動装填装置搭載車輌 Edit

ドイツ:Waffentrager auf E 100
フランス:AMX 50 Foch (155)

その他 Edit

Tier名称耐久値車体装甲厚
(mm)
砲塔装甲厚
(mm)
最高
速度
(km/h)
実用出力
重量比
(hp/t)
砲塔/車体
旋回速度
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
無線
範囲
(m)
静止
隠蔽率
補足
(販売時期等)
2T1812551/32/25--/--/--4844/28240265置き換えにより削除
3T8216013/7/13--/--/--4844/32370265置き換えにより削除
 

役割と特徴 Edit

役割 Edit

駆逐戦車の役割はTierに似合わない強力な主砲を持ってその名の通り敵を駆逐するのが役目である。
いわば攻撃の『要』になる重要な役割を持っている。
運用を行う前に視界と隠蔽についてを参照してシステムを理解して頂きたい。

 

1.後方からの狙撃。
味方の重戦車が主な壁役として前線を維持している所に姿を見せている敵戦車に強烈な一撃を浴びせる事が出来る。
これは前線の味方が視界を確保しているのでかなり強力な支援狙撃となる。
特に隠蔽率の高い戦車(ドイツのStuGIII、JagdPzIV。ソ連のSU-100等)は茂みに潜み、拡張パーツである迷彩ネット(駆逐戦車は隠蔽率+15%)、搭乗員スキルの迷彩(隠蔽率の増加)を活かす事が出来れば一方的に狙撃が可能である。
気を付けるべき点は「味方が敵を発見してくれた時に射線が通る位置」を予想して狙撃位置に移動する事。
せっかく味方が視界を確保しているのに攻撃が出来ない駆逐戦車は強力な主砲が付いた箱に成り下がってしまう。
そして経験しているプレイヤーも多いだろうが、味方がやられて前線が維持出来なくなった上に視界を失い、数台の敵戦車の砲撃を受けて撃破されてしまうのでなるべく狙撃位置を取れるように行動しよう。

 

2.待ち伏せ。
前述の後方からの狙撃に通じるものであるが、敵の侵攻ルートを予測して遮蔽物や茂みに潜んでの待ち伏せ攻撃が主な役割である。
遮蔽物は主に側背面を守る意味があるのだが、ここで気を付けたいのは自走砲の脅威である。
側背面を守っていても、上方ががら空きなのは誰もが知る所である。
待ち伏せ=それだけ場所が特定されるのが一番致命的であり、そこばかりに固執していると状況によっては自走砲の餌食になるか、最終局面まで放置されて複数の車両に砲撃を受けて撃破という事になりかねない。
待ち伏せは有効であるが、数発撃って即時移動を心がければそれだけ生存の確立や敵へのダメージソース役は果たせるだろう。

 

3.苦手な事。
駆逐戦車は固定砲塔(一部回転砲塔車両もあり)なのでかなりの制限があり、回転砲塔を備えている軽戦車、中戦車、重戦車とは勝手が違うので苦手な事はかなりある。
移動射撃は特に苦手で固定砲の為、自由な射界を得られない。
市街地戦は主に飛び出し射撃がメインになる為に回転砲塔車両がかなり有利に働くMAPである。
それに加え、機動戦が得意な軽戦車、中戦車に側背面を取られて撃破という事もしばしば・・・。

 

4.壁役。
壁役=重戦車と言うイメージがあるが、一部車両は駆逐戦車なのに重装甲という車両が何両か見受けられる。
その代表として挙げられるのが、イギリスのAT 2である。
Tier5には似合わない前面装甲203mmはTier7のAT 7に匹敵する重装甲で同Tier帯では抜ける主砲が無いと言っても大げさではないが、正面ではキューポラが100mmを抜ける主砲でようやく貫通出来る固さだが、背面下部の履帯と同じ高さに存在するエンジンがやや薄いのでそこが弱点である。
他にはアメリカのT95、ドイツのJagdPz E-100も弱点を隠せば下位の攻撃を寄せ付けない程の重装甲で味方と連携が取れれば頼もしい壁役である。

 

駆逐戦車はチームのダメージソース役であると共に優秀な狙撃手でもある。
敵を待ち伏せ、敵が移動してくるまで辛抱強く待つ忍耐力と、何処からでも敵を狙えるぞというプレッシャーを与える為の適度な移動が要求される。
自走砲と同じく縁の下の力持ち的な存在でもある。
正面切っての戦闘をしたいのであれば、中戦車、重戦車の運用を勧めたい。

特徴 Edit

コメント Edit

コメントはありません。 駆逐戦車/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White