Top > 修道院

修道院

Last-modified: 2016-01-23 (土) 09:31:06

マップ画像 Edit

abby360_v2.png

マップ解説 (World of Tanks Wiki の詳しい解説はこちら) Edit

サイズ1000m*1000m
迷彩夏季
戦闘形式通常戦、遭遇戦
天候等昼、夜

バージョン1.2で追加されたマップ。

通常戦 Edit

abby360_1_1.6.2.png

市街地が中央の丘とその西の低地に存在するほか、全体的に起伏に富んだマップ。
主に西側の1〜2ライン、中央5ライン、中央5〜6のE〜F(城館テラス)、東側のE7〜F7、8ラインが戦場になる。

敵を正面から迎え撃つのか、それとも迂回して進攻するのかによって展開が異なってくる。
中央の修道院の丘を占拠すると、マップ北側と南側の敵陣を見通すことも可能であり、さらに、マップ東側の6ライン、7ラインにも一部射線を通すことが可能になる。
マップE7、F7の丘には、マップ東側の8ライン側から登ることが可能である。
マップ西側の1〜2ラインも丘の上(C3、E2、F2、H3)から中央や敵陣を攻撃することが可能である。

迂回して進攻した場合、ルートごとに分かれた戦力差によって、お互いにフラッグの取り合いとなることが多い。
そのため、進攻中に、敵によるフラッグ占領を阻止するため、自陣フラッグの防衛に戻るのも有効である。

 

遭遇戦 Edit

abbey_1.8_encounter_2.jpg
アップデート1.7より遭遇戦が追加された。
アップデート1.8より、フラッグ位置が E/F - 6/7 に変更された。

アップデート 1.7 でのフラッグ位置
 

参考リンク・公式ページのマップ解説 Edit

http://console.worldoftanks.com/ja/content/about/game-guides/map-overview-abbey/

 

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ここのティアボトムLTはどうすればいいのか分からん -- ハゲ? 2014-06-02 (月) 15:45:16
    • 8ラインで置き偵でいいんじゃない? -- 2014-06-03 (火) 19:16:59
      • それがセオリーぽいっすね -- ハゲ? 2014-06-05 (木) 01:28:56
      • 西側はハイリスクですからねぇ・・・自分も8ラインかな。 -- アメジスト? 2014-06-11 (水) 19:19:46
      • 中央の修道院で、偵察と援護という選択肢もあるけど・・・。置き偵は無理だけどね。 -- 2014-06-11 (水) 19:26:59
  • 西側は二通りの侵攻ルートがあるのだから、東側の0ラインに河跨ぐ橋(A890&EFG0&K890)付けて欲しい気ガガガw
    但し『自走砲の安全地帯」にしないためにWoT初のトンネル実装でw -- 通りすがりの箱○ユーザー? 2014-06-19 (木) 13:56:52
    • あそこスペース的にもったいないよねw -- アメジスト? 2014-06-25 (水) 19:23:58
  • この前、E9の丘の上に敵がいたよ。あそこって渡れるのか!? -- 2014-07-19 (土) 12:26:27
  • 一見、南側が不利に見えるマップだが、実は手痛いカウンターを仕掛けるためのポイントが南側には多数用意されている。探してみよう。 -- アメジスト? 2014-09-02 (火) 14:13:38
  • 今更ながら気が付いたが、迂回ルートの西ルートと東ルートでは、東ルートの方が距離は短いんだな。(気づくの遅すぎw) -- 2014-10-21 (火) 11:54:14
  • 1.7アップで修道院の遭遇戦に初遭遇^o^/。修道院の西が白サークルで赤緑とも2ラインのB,Jあたりに初期配置ですかね。 -- 梅ちゃん? 2015-01-13 (火) 23:29:12
    • 1.8アップで遭遇戦のフラッグ位置がまた変わったようですね。 -- 2015-02-16 (月) 12:05:41
  • f5エリアでヘッツァーで待ち伏せしてたら敵ヘッツァー突進してきてワロタ その後ケツにワンパン -- 2015-02-16 (月) 10:50:16
  • F6の城館のテラスの壁って壊せるのか?油断してたら重戦車が降ってきた -- 001? 2015-06-22 (月) 10:15:27
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White