Top > 艦載兵器のすゝめ
HTML convert time to 0.006 sec.


艦載兵器のすゝめ

Last-modified: 2018-01-13 (土) 22:21:33

概要 Edit

ここでは、艦の装備(主砲や副砲等)を換装するにあたってどの装備を選べばいいか、その基準について説明する。


装備の性能について Edit

IMG_1463.PNG
※画像は大和のもの

射程距離

砲弾(又は魚雷)が届く、最大の距離である。射程を伸ばす部品を装備していなければ、基本的にこれ以上の距離に飛ばすことは出来ない。しかし砲は、砲撃精度による砲弾のズレ、艦が傾いている場合は最大射程距離以上に届くこともあるが、それらを狙って使うことは難しい。なお、部品の効果は射程に限らず、ここの数値には反映されない。

重量

砲自体の重さと、弾薬の重さの合計である。砲や弾薬の重量はそれぞれ異なる。搭載する弾薬を減らせばある程度軽量化できる。弾薬数の調整の方法については後述。

火力

砲の1発当たりの火力である。単発火力とも言う。連装以上の砲の場合、斉射時の火力ではない事に注意。実際は装甲とか弾種によって加減があるので、いつもこの通りの火力は発揮できるとは限らない。

装填速度

発射してから再び発射できるようになるまでの時間である。単位は秒。言うまでもないと思うが斉射しようが、単射であろうが装填速度は変わらない。

弾数

弾数を調整できる。+を押せば増え、−を押せば減らせる。1発単位で減らすことはできず、砲によって単位は異なる。積める砲弾には限りがあり、例によって砲によって異なる。


主砲 Edit

説明

副砲 Edit

基本的に軽く射程が長い物を選ぼう。高角砲は精度が死んでいるので、いくら軽くて射程が長くても積んではいけない。アップデートにより高角砲の精度が改善されたため、種類によっては十分選択肢に入る性能を手に入れた。しかし強化されたとはいえ精度はいいとは言えず、単発火力が低いものも多い。

詳細

魚雷 Edit

魚雷には発射装置が甲板上などに設置される旋回式のものと、喫水線下に設置される水中魚雷がある。水中魚雷は射界が狭い上射程も短いので(日本の水中魚雷には射程が20kmあったり、H39の水中魚雷は射界が広かったりするが例外である)活用できる場面は限られる。主に駆逐艦などの接近戦において多用される。軽量化の為に外しても構わないし、装備したままでも構わない。

詳細

装甲 Edit

艦載兵器ではないが本項にて説明する。
装甲には甲板装甲と側面装甲がある。遠距離、高射角で飛んでくる砲弾は甲板装甲に当たりやすい。近距離、低射角で飛んでくる砲弾は側面装甲に当たりやすい。魚雷は側面装甲にあたる。艦によっては装甲が数値以上に働いたり、数値以下だったりする。通常は側面装甲が優先され、前部より後部の方が被弾しやすい(ガイドが表示されるビギナーでは特に)為、後部装甲を強化しておくのが無難か。

駆逐艦の場合
巡洋艦の場合
戦艦の場合

船員 Edit

本ゲームでは船員を搭乗させることにより、艦や航空機の能力を伸ばすことが可能である。
戦艦・巡洋艦・駆逐艦は5名まで、空母はそれに加えパイロットを複数名(空母によってパイロットのスロットの数は異なる)の船員を乗せることができる。
船員についての詳細



コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ーTESTー -- 2017-06-09 (金) 13:29:50
  • 空母に搭乗可能な船員(パイロット)は、5人とは限らない? -- 2018-01-10 (水) 07:55:41
  • 空母によって違うようです -- 2018-01-10 (水) 08:35:10
  • 砲の精度にX軸Y軸とありますが、縦横の散らばりで数値は小さい方が高精度という事でしょうか? -- 2018-01-16 (火) 09:09:36 New
    • 小さいほうが高精度だと思われます -- 2018-01-16 (火) 10:21:29 New
      • 解答ありがとうございます。数値は散布界の大きさと言うことですね。 -- 2018-01-16 (火) 16:50:12 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White