Top > ROM焼き
HTML convert time to 0.025 sec.


ROM焼き

Last-modified: 2017-06-05 (月) 02:30:37
 

カスタムROMの種類 Edit

  • MIUIベース
    • xiaomi.eu
    • sMIUI
    • ECRMod
  • AOSP/CyanogenModベース
    • AOSP
    • AOSP Extended
    • AICP(Android Ice Cold Project)
    • LineageOS(CyanogenModの後継)
    • BlissRoms
    • MoKee
    • Resurrection Remix
    • SlimRoms
    • SudaMod

公式ROMの導入手順 Edit

  • System Update
  • Recovery Update
  • Fastboot Update

の手順がそれぞれ記載されているので一度目を通してみましょう。
なおROMの解凍ソフトはWINRARか7-zipを使うのがお勧めです。
lhaplusなどでは上手く解凍できないのかROM焼き中に失敗します。

OTAアップデート(公式ROMを使用している場合) Edit

  • Updaterアプリを起動して「Check for update」を実行。

ZIPファイルを選択して更新(公式ROM、xiaomi.eu、ショップROM等でUpdaterアプリがある場合) Edit

  • 公式サイトからダウンロードしたROMファイルを、内部ストレージ直下に「downloaded_rom」フォルダを作成しておき保存。
  • 標準Updaterアプリを起動して右上のメニューから「Choose update package」を選択。先ほど保存したROMファイルを選択すると自動で再起動、リカバリが起動して更新が適用される。

Fastboot用ROMを焼く方法 Edit

「USBデバッグ」をONした後に電源OFFする。
「電源」+「ボリュームダウン」長押しで起動してPCと接続。
PCのMiFlashを起動して「Browse」からFastboot用ROMを指定後、「Flash」をクリックする。


  • リカバリーモードで起動する方法
     [Power]+[Vol+]
  • Fastbootで起動する方法
     [Power]+[Vol-]
  • EDLモードで起動する方法
     [Power]+[Vol+]+[Vol-] (画面は真っ暗です)
  • ADBを用いてEDLモードへ入る方法
    PCと接続してコマンドプロンプトで「adb reboot edl」を実行。
    ドライバはMiFlash用が使える
  • Gapps
    http://opengapps.org/

ROMのアップデート方法 Edit

  • いずれの方法でもユーザデータ及びアプリが消える事はありません。
  • ただし/systemパーティション以下については初期化されるため、SuperSUやXposed、gps.conf等の
    改変を行っている場合はROMの更新後に改めて入れ直しが必要です。
  • 万一の場合に備えて事前にバックアップは取得しておきましょう。

リカバリーから更新ROMを焼く(Dirty Flash) Edit

  • カスタムリカバリ(TWRP)を起動したら Wipe>Advanced Wipe で「Dalvik Cache」と「Cache」にだけチェックを入れてWipeを実行。
  • Backで元の画面に戻りInstallから更新ROMを選択しインストール。

TWRP導入 Edit

  • 【TWRP】Team Win Recovery Project(チームウィンリカバリプロジェクト:TWRP)の起動と操作・使用法
    http://andmem.blogspot.jp/2014/08/twrp-boot.html?m=1
  • TWRPが起動しない
    再度電源OFF→電源+VOLUP長押しすると「USB繋げ」的な画像と「pcsuite.mi.com」って出るだけでTWRPに入れない。
    • 電源+VOLUPを長押しでは短く押せばTWRPに入ることがある。
    • それでもダメならPCからコマンド入力して起動

バックアップと復元 Edit

  • ロム焼くときの簡単な注意点
    • カスタムロム焼くならTitaniumBackup入れてアプリとデータをバックアップ
      この時必ずバックアップ先はマイクロSDにしておく事
      TWRPでバックアップしてもリストアで失敗することもある
    • マイクロSDに入れたいカスタムロムとgapps(google使う場合必須)
      opengappsから落とす時は出来るだけpicoを選ぶ事
      nano以上だと起動時にフレームワークや開発者サービスがエラーを吐き続けたりする為
    • 焼いたロムが起動したらチタを入れて変わってしまったandroid idを戻しておく

※画面ロックを設定している場合には以下も注意

Wipe(消去) Edit

  • Rom焼くときはフルワイプしないと動きませんか?
    基本的に同じROMの「アップデート」時のみワイプ無しでOKです。
    異なるカスタムROMを導入するときなどはシステムアプリのデータ構造が異なるため、リカバリでデータ領域を消去(wipe)する必要があります。(フルワイプ)
  • 同じROMのアップデートの場合…
    1. 上書きインストールして試す。
    2. 何か問題が出たらDalvikとcacheのワイプ
    3. それでもダメならdataのワイプ
    4. それでもダメならフルワイプ (Internal Storage以外をすべてWipe)
    5. それでもダメならROMの問題  …など切り分けて試すのが基本です。