キャラクター/【オズマ・イザヴェラ】

Last-modified: 2021-03-09 (火) 00:59:33

オズマ・イザヴェラ
(-)

概要

始祖の一人で「マナ」を司る。
魔法を生み出した。

「我が名はイザヴェラ。貴方の全てを否定し、全てを奪いましょう…」
「貴方は、私をどれだけ楽しませてくれるのかしら?」
「貴方は面白い、貴方の行動のその全てが私の好奇心を刺激します」
「我が快楽を満たすものには、私の全てを差し上げましょう…」
「さぁ、返しなさい」

プロフィール

通称
年齢外見上は20代
所属始祖
身長181cm
体重61kg
誕生日7月7日
出身地高天原
種族始祖
好きな物れんこん
嫌いな物わさび
趣味日向ぼっこ
最近の悩み誰も会いに来てくれない事

人物

容姿

黄緑色の癖毛。歯車を模した意匠が施された冠を付けている。
スタイルは良い方。

性格

極端にずぼらで面倒くさがりであり、何も楽しい事が無い世界にいるのが面倒になったため自らを魔水晶に変じ、同時に自分に関する記憶を改竄し封印した。
他者を翻弄しからかうのが好き。
どんな事が起こってもその出来事に彼女が楽しみを見出せなければ、たとえどんなに世界が苦境に陥ろうとも絶対に何もしない。逆に、どんな事でもイザヴェラが楽しそうだと思えば、それがどんなに些細なことでも本気で行う。

戦闘能力

体技

面倒臭いため一切行わない。

武技

槍技に関しては達人級。

魔法

マナと魔法の始祖であるため、無尽蔵のマナの下にあらゆる魔法を扱う事が出来る。
全ての技術に精通している。

能力

与奪

他者に賜能を与え、また奪う能力。
与えられる賜能は彼女が知っている賜能であり、自らの中で生成する事が出来る。千姫と知り合った事で全ての賜能を知っており、その為も止める者にはどんな賜能でも与える。
また賜能を奪うことで、奪われた者は一切賜能を発動する事が出来なくなる。奪われたという事実さえ認識できず、「最初から持っていなかったこと」にされてしまいそれに伴って世界の記憶も修正される為、万が一賜能を奪われてしまうと取り戻す事は彼女に何らかの変心が無い限り不可能。

武器

究極武器「テルム・アルテマ」

青白い光を放つ巨大な三日月状の刃を持つ槍。天地開闢と共に生まれたとされ、その柄を握る事はその刃の認めた者以外には不可能。
三日月の内側には青い光の円盤が浮かんでおり、振るうたびに自動で魔導光弾を展開する。魔導光弾の威力は凄まじく、一つ一つが屈強な戦士達ですらもゆうに絶命させる威力を持つ。

来歴

対人関係

関連