INTPの人間関係 恋愛

Last-modified: 2020-08-27 (木) 15:52:19

INTPの人間関係について

生活リズムは気ままなところがある方が多いようです。 一人で自由にしていられる時間を大切にしています。 邪魔されたくないと思うこともあるかもしれません。

もしくは、自分の関心ごとに集中しすぎて、 相手の存在に気がついていないことさえあるかもしれません。

初対面の人や、まだ知り合って間もない人にたいしては、 愛嬌がある方です。

そして、本当に信頼できる関係になると、 その相手との絆を大切にします。

懐疑的な姿勢や、 厳密さや一貫性に厳しい所が相手に理解されないと 問題が生じることがあります。

感情表現がどこかぎこちなかったり、おおげさであったりすることがあるかもしれません。

しかし、外向的感情が発達してくると他者のことによく気がつくようになり、 親密な人間関係や協力関係を重視しながら、アイデアを共有してゆこうとします。

INTPの恋愛について

大抵のINTPは、若い頃から他者よりも物事について深く考える傾向が強いため、 異性の魅力に気がつくのが遅くなります。

しかし、第四の心理機能である外向的感情(Fe)のために、 人間に強く興味を持つINTPも稀にいるようです。

心理学やMBTIに興味を持ち集中して考えようとするINTPはそれなりにいるようです。

いずれにせよ、恋愛は相手あってのことですから、INTPにとって 外向的感情(Fe)の働きは重要なファクターになります。

他者と交わってこそ、 内向的思考(Ti)と 外向的直観(Ne)の 協働による賢い理解力と問題解決能力が共有でき、 心を通じ合わせることで、恋愛関係が育まれてゆきます。

INTPは、Si-Neペアを使うことから、 物理的環境にはあまり関心がありません。 寧ろ、知的な会話や議論、 問題解決を通してなんとなく好きという感情を持つことになります。

やはり、IPタイプであるので、 外界に対する働きかけは弱くなります。 そのため、恋愛に関しては受け身になりがちでしょう。

寧ろ、自分の大切な時間を邪魔されたくないと思っているかもしれません。

INFPと違って、誰かが心を開いてくれるのを待っているという 微かな自己認識すらあるのかどうか疑わしいところです。

外向的感情(Fe)が成長してきて、 外向的直観(Ne)の働きにより 新しい人間関係に飛び込むことによって、 恋愛関係が生じることがあります。

もしくは、とても天真爛漫な人が難しいことを考えていてなかなか 気さくになれないあなたにすぅと入ってくるかもしれません。

そんなINTPも、一旦惚れ込むと、 外向的直観(Ne)の働きによる想像と 外向的感情(Fe)の絆を求める感情が暴発し、 熱心にアプローチしようとするでしょう。 その懸命な努力は、独創的なユーモアのある発言とともに表現されます。

外向的感情(Fe)の謙虚で素直な一面が魅力になることでしょう。

内向的思考(Ti)が優勢なので、一人で過ごす時間が大切です。 また、独自の思考形態に則り、客観的かつ懐疑的になることがあります。 相手の方はその点を理解する必要があります。 人仕事終えると、結び付きを求めやってくるかもしれません。

双対関係 にある ESFP ESFJ や、 活発化する関係 にある ISFJ 、 そして、 鏡像関係 にある ENTJ ENTP は少なからずいるはずなので参考までにどうぞ。

関連項目

  1. INTPの特徴
  2. INTPの美徳と限界、そして挑戦的課題
  3. INTP NeとSiの葛藤、折衷、そして統合
  4. INTPの人間関係 恋愛
  5. INTPの趣味
  6. INTPの嫌なこと、ストレスとその対処
  7. INTPのリーダーシップ
  8. INTPに向いている職業、キャリア、お仕事、役割

コメント

コメントはありません。 INTPの人間関係 恋愛/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White