合成

Last-modified: 2022-06-23 (木) 12:41:27

※注意
シルバーユニット以上を餌にする合成は育成を一通り終えて、ユニットが余り出してから行うものです。
課金によるガチャでいくらでも補充できるのでなければ、育成段階(例えば王城奪還前)までは必要ありません。
逆にストーリーミッションでの確定入手分を使ってしまうとクラスチェンジ用の素材が足りなくなって停滞する恐れもあります。
新規プレイヤーの方はまずクラスチェンジに必要なユニットを確保しましょう。

基本仕様

  • ユニットを合成継承することで、経験値を得られる
    • 王子以外のユニットは、合成でしか経験値を獲得できない
    • 王子は合成不可
  • 合成継承に使われたユニットはなくなる
    • 以下、継承で消える方のユニットを合成「素材」と呼ぶ
    • 取得数が限られているシルバー以上のユニットは合成素材以外にも必要なので注意
  • 素材ユニットの種類によっては、出撃コストやスキルも変化する
  • 得られる経験値は素材ユニットによって異なる
    • 合成の経験値に関しては経験値を参照のこと
  • 合成にはお金(ゴールド)が必要
    • 合成金額は、合成元のユニットレベルによって変化する
  • 戦闘に出せない合成専用ユニットもある
    • これらのユニットを素材にすると高い経験値を獲得できる
  • 1回の合成で4体まで合成可能
    • 技強化精霊や絆精霊など、一部の合成専用ユニットは1体でしか合成できない
  • 合成終了後に、素材ユニット枠をクリックすることで、連続合成が可能
  • クラスチェンジ覚醒とは異なる
    • クラスチェンジや覚醒のつもりで合成しても、ただ消費するだけなので注意

出撃コスト減少

同名ユニットを合成すると、一定確率でコストが下がる。コストは限界値に近づくほど下がりにくい。(確率
合成のレアリティがシルバー以上の場合、最初の1回目のみ100%の確率で下がる。
東方の戦士イベント以降、イベントユニットにコストが-4以上下げられるものが増え始め、
現在ではイベントユニットの下限が-5、ガチャユニットの下限は-3のものが多い。


クラスチェンジ(以下CC)後もコスト減少値は引き継がれる
CC後のユニットに、同名ユニットの未CCを合成しても、コスト減少判定はある。
これは覚醒後も第二覚醒後も同様であり、どの段階でコストダウンをはかってもデメリットは無い。
一度の合成で同名ユニットを複数枚合成した場合、その枚数分だけコスト減少判定が行われる。
ただしCCする際の素材選択時に同名ユニットを使っても、合成時とは違いコストは下がらないので注意。


ちなみに刻水晶復刻のイベントユニットの場合2回目までコストが確定で下がる。
また、時聖霊フルールを使えば下限でない限り確実にコストが下がる。

スキル強化

同じ名前のスキルを持っているユニット、もしくは技強化聖霊クリスティアを合成すると、一定確率でスキルLvがあがる。(→成功率
最初の1回目(スキルレベル1→2の時)のみ100%の確率で上がる。
刻水晶復刻のイベントユニットの場合のみ、合成成功確率が2倍になり、2回目も確定で上がる。(最大レベルが5の場合)
ただし、技強化聖霊クリスティアでの合成は対象外。
またスキルが同じなら違うユニット同士の合成でも構わない。


スキルレベルはユニットによって異なるが、最大レベルが5の場合、1/5~5/5のように表記される。
注意すべき点として、攻撃力強化Iと攻撃力強化IIなど同じ名前のスキルでもランクが違うと別スキルとして判定される。


一度の合成で同名スキル所持ユニットを複数枚合成した場合、その枚数分だけスキルレベル上昇判定が行われる。
(例:CC済Lv55スナイパーダニエラのスキルレベル3/5に対し、同名スキルを持つウィッチカリオペを一度に2枚合成すると、スキルレベルは4/5もしくは5/5になる可能性がある。)

スキルは高レベルなほど上がりにくい。
レベル3/5や5/10までは比較的確率は高いが、カンスト直前の5/5や10/10は極端に低く、相当の運が必要。
上昇率の高い技強化聖霊クリスティアは、高レアリティなユニットもしくはカンスト直前で使うのがいいだろう。

聖霊

聖霊は基礎経験値500を持ち、合成対象ユニットと同一レアリティの場合に基礎経験値が2倍となる合成専用ユニット。
聖霊女王グラディスは合成対象レアリティに関係なく、基礎経験値が2倍になる。

またクラスチェンジにも同色の聖霊が1枚必要。

聖霊の主な入手先は下記。入手手段が限られているものもある。
また緊急イベントで入手出る場合もある。

  • ※ファランクス2は巨大な敵より確率は下がるが、白聖霊と一緒に狙うことが可能。
    小人と巨人は難易度は低コストバトル3より高いが、黒聖霊のドロップ率が高い。

合成費用と節約方法

合成費用と節約方法

始めに
合成費用の計算式は、(160+現在Lv×40)×素材枚数 G になります。
合成はレベルが上がると費用が増えるので、合成費用が不足しがちです。
また必要経験値も増えるので、必要ユニット数も増えていきます。
その節約方法をまとめました。
つまり合成費用や消費ユニット数をあまり気にしないのであれば、ここから先は特に必要ありません。

  • 合成素材はなるべくまとめて合成。
    • 4体ずつ合成すると、4体とも低いレベルの時の金額で済むので節約できます。
    • レベルアップ寸前までは1体ずつにするとさらに節約が可能です。
      • 例えば次レベルまで「あと120」の場合、80を1体合成してから80を4体合成。
  • 経験値の高い素材はなるべく高レベルで使用。
    • 全部高レベル餌で育てるのがもちろん一番安く済みますが、それ以外を売っていると逆に効率は下がります。
    • 育成対象が1体だけでなければ、合成先を分けることで効率があがります。
      • これは低レベル時の差額より高レベル時の差額の方が大きくなるからです。
      • 例えば、Lv20まではアイアンのみ、Lv30から混在、Lv40からはブロンズのみ、など。
  • 同クラスボーナスが得られる組み合わせがあればそれを選ぶ。
    • 鉄ユニは+10、銅ユニは+30なので、場合によっては数割増しになる場合も。
      • 例えばアーチャーに合成する場合、鉄ソルジャーLv9と鉄アーチャーLv7は同じ80。
      • これが、銅アーマーLv13なら130、銅アーチャーLv12だと155と、逆転します。
  • 目標レベルから逆算して端数を出さないようにする。
    • 必要経験値から逆算することで、端数のための高額な合成費用を避けることができます。
    • 特に高経験値ユニットの場合は端数の金額も大きくなります。
      • 「アイギス合成sim」で検索すると色々捗ります
  • 絆聖霊や技強化聖霊は、LV1の時に合成するのが一番効率がよい。

聖霊の集め方と使い方
2022/03/31 メンテナンスより、聖霊のシステムが改訂され積極的に集める必要はなくなりました。
クラスチェンジ、あるいは経験値の端数調整には使用します。

  • 初心者の場合、聖霊はチャレンジクエストで集めるのが効率的です。
    • 初心者は好感度アイテムも不足しているので、基本的にスタミナは全てチャレンジクエストに回すと育成が早く進みます。
  • イベントマップでも入手できる場合がありますが、聖霊だけを狙うならチャレンジクエストの方が効率が上です。
  • 銀聖霊を集めるなら 低コストバトル
    • 特に最初は銀ユニットの育成が中心になるので、余ったスタミナは全部 低コストバトルに使うのが一番効率がいいです。
  • 金聖霊なら 巨大な敵
    • 金聖霊と白金聖霊が同時にドロップするファランクス2も人気ですが、ドロップ率は下がります。
  • 曜日ミッションの聖霊救出はいかにも聖霊を集めるのに向いてるように思えますが、上級者向けです。
    • 技強化聖霊を狙いつつ他の上級聖霊を稼ぐのが主流です。
    • スタミナだけでなくカリスマも消費するので、周回コストも高いです。
  • 影炎の戦巫女タツミ聖霊の友セリアが出撃メンバーに居ると聖霊ドロップ率がアップします。

聖霊の使い方は、進行速度によって変わってきます。
特に育成の段階と、イベントへの参加度合いによるスタミナの消費量で大きく変化します。

  • 初期の育成段階では、スタミナはチャレンジクエストに回せるので、銀聖霊のストックを増やしやすいです。
    • 銀聖霊はクラスチェンジや高経験値ユニットの合成だけでなく、高レベル銅ユニットに混ぜていく余裕があります。
  • 鉄聖霊はアイアンユニットを育てる必要性が限りなく低いため、ブロンズユニットやシルバーユニット以上に使っていきましょう。
  • 銅聖霊はブロンズユニットを育てている場合は、無理にシルバー以上に混ぜる必要はなく、ブロンズに使っていけば節約になります。
    • 特に初期は、コストを下げやすいブロンズ(バーガンなど)も育てておくのがお勧めです。
  • イベントの種類とドロップ設定によっては聖霊が大量に手に入る場合もありますが、大抵はチャレンジクエスト周回の方が多く入手できます。

このように、在庫とスタミナの使用先で大きく変化しますので、標準的な指標はありません。

高経験値ユニットを合成する場合の節約方法

  • シルバーユニットを餌にする場合。
    • クラスチェンジ無しのクラスのユニット(ロゼット、ヒースなど)をLv20程度まで上げて生食いするのが基本となります。
    • 未CCなら1レベル上がるごとに獲得経験値が56、CC後(またはCCのない)のユニットであれば1レベル上がるごとに160入手経験値が増えることになります。
      • 余っているなら素材にアムールを合成することで、さらに効率が高くなります。
  • ゴールドユニット以上を餌にする場合。
    • 女ユニット経験値3倍や男ユニット経験値2倍期間を待つ。
      • いつくるか分かりません。
      • ガチャユニットのみなので、ガチャから出ないユニットは効果がありません。
      • 3倍や2倍になるのはLv1での経験値のみで他のボーナスは倍増しません。
  • プラチナアーマー(白バケツ)を利用する場合。
    • プラチナアーマー4体合成が基本になります。

プラチナアーマー・高経験値ユニット合成例

  • シルバーユニット
    • CCなし男性シルバーユニットLv20x4
      同職ボーナスなし時、餌ユニット1体につきexp3674
    • CCなし女性シルバーユニットLv20x4
      同職ボーナスなし時、餌ユニット1体につきexp3509
    • CCなし男性シルバーユニットLv30(アムール使用想定)x4
      同職ボーナスなし時、餌ユニット1体につきexp4940
    • CCなし女性シルバーユニットLv30(アムール使用想定)x4
      同職ボーナスなし時、餌ユニット1体につきexp4790
  • ゴールドユニット
    • CCなし男性ゴールドユニットLv20(プレジール使用想定)x4
      同職ボーナスなし時、餌ユニット1体につきexp6040
    • CCなし女性ゴールドユニットLv20(プレジール使用想定)x4
      同職ボーナスなし時、餌ユニット1体につきexp3290
    • アレグリアx1
  • プラチナ・ブラックユニット
    • CCなし男性プラチナユニットLv20x4
      同職ボーナスなし時、餌ユニット1体につきexp12040
    • CCなし女性プラチナユニットLv20x4
      同職ボーナスなし時、餌ユニット1体につきexp4040
    • 女性プラチナ英傑ユニットLv20x4
      同職ボーナスなし時、餌ユニット1体につきexp8600
    • CCなし男性ブラックユニットLv20x4
      同職ボーナスなし時、餌ユニット1体につきexp16040
    • CCなし女性ブラックユニットLv20x4
      同職ボーナスなし時、餌ユニット1体につきexp8040
    • CCなし女性ブラックユニット(人気闘兵、みんなで大討伐イベントユニット)Lv20x4
      同職ボーナスなし時、餌ユニット1体につきexp6040
    • アイドル政務官アンナor戦場の政務官アンナLv20x4
      同職ボーナスなし時、餌ユニット1体につきexp16040
    • プラチナアーマーx4
    • 小祝福白金聖霊フロイデx1
    • 小祝福黒聖霊ファラハx1
    • ブラックアーマーx4
  • サファイアユニット

コメント

このページへのコメント

コメント欄注意書き

情報提供、ミス指摘、ページ内容が理解できない場合やゲーム内での不明点の質問等にお使い下さい。
荒れたり収拾がつかない雑談は場合によっては削除対象となります。
規約違反と思われる部分を発見された場合は該当部分のみコメントアウトしても構いません。
詳しくはコメントのガイドラインをお読み下さい。