彷徨の幻獣使いツキコ

Last-modified: 2022-01-04 (火) 00:58:01


※サマー版「八咫の夏陽ツキコ

ユニット

ステータス

アイコンクラス初期HP攻撃力防御力魔法
耐性
射程コストボーナススキルアビリティ
名称上限初期下限スキル覚醒

彷徨の幻獣使い
ツキコ
幻獣使いLv1117516610810200
320
2421HP+450
攻撃力+180
コスト減少-3
霊鳥の加護導きの烏
Lv801625315200
大幻獣使いLv1156730318810240
384
288
2421HP+450
攻撃力+180
コスト減少-3
霊鳥の加護八咫烏の寵愛
Lv992145480333すべては八咫が翼の内
聖獣使いLv1202344030710288
460
345
2421HP+450
攻撃力+180
コスト減少-3
霊鳥の加護八咫烏の寵愛
Lv992730534412すべては八咫が翼の内
影獣の依代Lv1114249528110240
384
288
2421HP+450
攻撃力+180
コスト減少-3
霊鳥の加護八咫烏の寵愛
Lv991503589359すべては八咫が翼の内

編集

完全成長時の画像

第一覚醒


第二覚醒 聖獣使い


第二覚醒 影獣の依代

スキル

スキル効果LvXY再動
(秒)
初動(秒)
霊鳥の加護
一覧
X秒攻撃力と射程Y倍
攻撃対象数+2
範囲内の味方の
状態異常を回復
1601.2-----
2-----
3-----
4-----
5801.645---1-

■所持ユニット
彷徨の幻獣使いツキコ

編集

スキル覚醒

スキル効果再動初動
覚醒後すべては八咫が翼の内射程1.2倍
範囲内の敵に攻撃力に比例した防御魔耐無視の小継続ダメージ
自動発動+効果時間無限
60秒5秒
覚醒前霊鳥の加護80秒攻撃力と射程1.6倍
攻撃対象数+2
範囲内の味方の状態異常を回復
45秒1秒
覚醒スキル:0.1秒ごとに攻撃力の5%分のダメージ

編集

アビリティ

アビリティ

アビリティ名効果ユニット
導きの烏スキル中HP0になった帝国出身
味方を一定時間後に再出撃可能化
彷徨の幻獣使いツキコ
25秒で再出撃可

編集

覚醒アビリティ

アビリティ名効果ユニット
八咫烏の寵愛自身が撤退した場合短時間で再出撃が可能
スキル中HP0になった帝国出身
味方を一定時間後に再出撃可能化
彷徨の幻獣使いツキコ
自身の撤退時は10秒で再出撃可
帝国属性のHP0時は25秒で再出撃可

編集

クラス特性

クラス特性
幻獣使い防御力無視の攻撃 配置中のみ、
5%の確率で味方へのダメージを無効化
大幻獣使い防御力無視の攻撃 配置中のみ、
7%の確率で味方へのダメージを無効化
聖獣使い防御力無視の攻撃
射程1.2倍
配置中のみ、15%の確率で
味方へのダメージを無効化し
範囲内のユニットの魔法耐性+15
影獣の依代防御力無視の攻撃 配置中のみ、
10%の確率で味方へのダメージを無効化
HPが30%減少するが、スキル中、
・全敵の魔法耐性-15
・敵の遠距離攻撃の対象にならない

編集

第一覚醒素材

第二覚醒素材

交流

台詞

0%ツキコの、手をとって⋯⋯?もうあなたを、迷わせないから。
15%ツキコはね、王子さまを導くの。八咫烏の巫女だから。
30%帝国はね、もう大丈夫なの。あの人を導き終えたから。イベント1
50%未来を織ってる人に、見える人。王国の人って不思議ね。
60%私の故郷⋯⋯?うん、東の国だよ。
80%王子さまをつれて、里帰りもしてみたい、かな。
100%王子さまの未来は、ツキコと一緒。ツキコが王子さまの八咫烏だよ。イベント2
130%つらいこと、悲しいこと。全部ツキコが抱きしめてあげるね。
150%未来は、王子さまが決めてね。ツキコが導いてあげるから。
副官ツキコがお手伝いするね。お仕事も導いちゃうから。

交流クエスト

ユニットクエスト名初期コスト出撃数[敵総数]実装日備考
彷徨の幻獣使いツキコ未実装[ ]

雑感

帝国ガチャ産の幻獣使い。レアリティブラックの幻獣使いとしては二人目。
幻獣使いというクラスそのものが特徴に乏しいので、現状ではスキルとアビリティ頼りのユニットである。第二覚醒に期待したい。

アビリティは、自身のスキル中に死亡した帝国属性ユニットを再出撃可能にする効果。
永続スキル持ちなので、夜鳥ツグミと同じで属性限定の諸葛亮、といった趣。
ただし再出撃可能になるまでの時間が40秒と長いのがネックで、強敵との戦闘で死んだ味方の復帰前に敵が拠点へゴールイン…となりやすい。
死んだ味方の再利用までは考えず、うっかりミスで味方が死んでも★を落とさないお守り程度に考えておくのがよいだろう。
それでも水着メフィスト幻獣使いホリーなどライバルは多いが…。
覚醒すると、自身が撤退後10秒で再配置可能になる効果が追加される。
あまり転戦するような性質のユニットではないが、通常スキルのCT45秒を撤退によって踏み倒せるので、通常スキルを連発するのに役立つ。
なお、スキル中に自身が死亡したときは復帰に40秒掛かるので、死にそうになったら手動で撤退させよう。
(撤退支援持ちがいれば死亡からでも10秒で復帰可能。)

余談であるが、撤退再出撃アビリティ持ちの中では鷲獅騎兵リュクスと並んで再出撃待ち時間が最短なので、妖狸ヤシマをツキコに変身 (敵を5秒停止) させて即撤退…を繰り返すことで高効率の時止めが可能。

通常スキルは広範囲の味方に異常無効を与えつつ3体の敵にマルチ攻撃。
上記の通り、覚醒してアビリティを利用することで高い稼働率にできるので、永続で異常無効可能なユニットがいなければヴァンパイア等の麻痺対策として十分に有用。
ただし、攻撃面では攻撃速度が遅いこともあって大した火力にならない。異常無効が不要な場面では起用する必要はないだろう。

覚醒スキルは永続で射程内の敵にDoTを与える効果。デモンサモナーのようになるが、それとは別に通常攻撃も行う。
ダメージ効率はデモンサモナーの半分で、射程距離などにも優位性はないので、デモサモ本職を所持しているならこちらを起用する必要性は小さい。
一応、帝国料理人ユッタの実装時点では帝国属性の中で唯一のDoT持ちであるため、ユッタで強化した帝国パーティでDoTが必要な場合にはお呼びが掛かるかもしれない。

第二覚醒後は使用感が大きく改善される。
聖獣使いの場合は広範囲に異常無効やDoT (とクラス特性の魔法耐性バフ) を撒くことができる。
影獣の依代は覚醒スキル運用に向いた分岐で、「隠密のDoT持ち」というハツネコハルと類似の性能になる。それらと違い非スキル時は隠密でないので、スフィンクスのような広域麻痺の敵には要注意。