第六回人気闘兵決定戦/会話

Last-modified: 2021-03-13 (土) 14:31:09

ネタバレ注意

あらすじ

(公式Twitterより引用)

1:02/25 メンテナンス明け

2:グループB 開始

3:グループC 開始

トゥアン

--祭りと喧嘩は切り離せないものだけど、
それにしても、皆気合が入りすぎじゃないか?

スーシェン

--推測。皆さま、
王子に良いところを見せたいのだと判断できます。

アトナテス

なるほどな、自分が頑張ってることを、
アピールできる機会ってことか。
戦士にとっちゃ、またとない好機に違いない、本当に。

トラム

ふふ、戦士としてだけでなく、
仲間として、もしかしたら恋心ゆえに、
皆王子に私を見てほしいって思っているのよ。

アージェ

肯定。アージェもマスターに、
アージェの活躍を観測してほしいと考えています。

スーシェン

--異議。
それはスーシェンも同様です。
人気闘兵、負けるつもりはありません。

リズリー

もしかして、張り合ってるのかな……?
んー、可愛いなぁこの子たち!

トラム

これを機に、アージェに
友だちができるといいのだけれど……。
さて、それじゃあグループCの投票を始めるわよ!

スーシェン

ふれー、ふれー、つ・わ・も・の。
--以上。

アージェ

がんばれがんばれ、つ・わ・も・の。
--ご武運を。

4:決戦闘兵 開始

ソラス

--とうとう、決戦闘兵の時がきましたね。

金光聖菩

ふふ、皆よき戦いをしておる。
実に心が躍るというものよ。

オーガスタ

自分が応援している人に、
応援してるよと伝えられる機会ですからね。
皆張り切っているのだと思いますよ。

ラピス

…………ふむ。

サナラ

そこで私は関係ない、みたいな顔してるラピスさんも、
熱心に投票してましたからね♪

ラピス

なっ……見ていたのか。
だがそういうサナラも、
山のような票を投じていただろう。

ユージュン

誰にだって、応援したい人や、
活躍を見ていてほしい人はいるものだ。
私だって……うん……。

アンブローズ

あっ、ユージュンちゃん、
それって好きな人ですか!?
それともお友だちだったり?!

ユージュン

わっ、ち、違う! 別にそういうのじゃない!!

金光聖菩

やれやれ、何とも忙しない。
さぁタチバナよ、決戦闘兵開始の宣言をするがよい。

タチバナ

はっ、女の子がきゃっきゃしている様にみとれて、
私は役割を忘れるところだった……。
 
それじゃあ決戦闘兵、いってみよーう!

5:集計結果 発表

タチバナ

はぁーい、そこまで!
これにて投票終了だよぅ?

ソニア

今回もすごい数の票が集まりましたねぇ。
ふふふ、これは開票が楽しみです♪

シノ

皆の「憧憬」と「興奮」が溢れている……。
これは妖怪たちにも、
良い食事をさせてやれそうです。

鬼刃姫

タチバナもお疲れ様!
投票会場の設営とか大変だったでしょ?

タチバナ

いえいえ--はっ、いや、とても大変だったなぁ!
これはすごーく大変だったから、
姫さまのよしよしなでなででぎゅーが必要だなぁ♪

鬼刃姫

もう、仕方ないなぁ……。
よしよし、なでなで、ぎゅー。

タチバナ

はぁ~、癒やされるぅ!

メアリ

さて、それでは開票作業を始めましょうか。
翠花の都からも、集計作業のお手伝いを呼んでいます。
皆で数えていきましょうね。

シュシュ

回を重ねるごとに、
大規模なお祭りになってますからねー。
今回も数えるのが大変そうですよぉ……。

イリオス

あっ、オークの戦士たちも呼んでいますから、
前よりも人手は多いですよ! 頑張りましょう!

サオシュ

……開拓村に、オークの戦士に、翠花の都の方に、
妖怪に東の国に鬼刃衆に、王国の兵……?
 
ふふ、この開票会場がまさに、
王国の歩んできた道のりそのものみたい、ですね。

アンナ

えぇ、そしてこれからも、
共に進んでいくかけがえのない仲間たちです。

タチバナ

ではでは、次回もお楽しみにぃ♪
みーんな! おつかれさまだよ!

10:強襲ミッション

10:開始時

シズカ

--なるほど、民に演舞を披露し、
慰労と娯楽を与えるだけでなく、
妖怪たちの糧である感情まで得てしまおうと。

タチバナ

そういうことー。
妖怪にも人間にも利点だらけ!
模擬戦ってすごくて最高だとおもうなぁ♪

鬼刃姫

こらタチバナ!
シズカ様はお姫様なんだよ!
ちゃんと敬語を使いなさい!

シズカ

いいのよ鬼刃姫。
あなたの友だちなら、私の友だちも同然でしょう?

鬼刃姫

シズカぁ!
えへ、友だちかぁ……えへへ♪

シズカ

あの魔王軍を相手に背中を預けて戦った仲です。
もはや親友といっても過言ではないはず。

鬼刃姫

うん♪
よぉし、今日も一緒に模擬戦頑張ろうね!

タチバナ

(ああ、今日も私たちの姫さまがかわいいなぁ……。
この最高の眺めをしっかり思い出に刻んでおかないと)

サキ

……ねぇ、顔に考えてること全部出てるわよ?
シノビなんだからもうちょっと気を引き締めなさいよ。

タチバナ

ふふふ、サキちゃんも好きな人が
出来たら分かると思うなぁ、この気持ち♪

サキ

なっ……そ、そんなの分かんないわよ!
好きとか……うぅ……。

タチバナ

サキちゃんも顔にでてるぞぉ?
ふふふ、かーわいーい!

サキ

も、もう! やめなさいよー!
模擬戦始まっちゃうわよ!!

タチバナ

おっとそうだった、そうでした。
さぁ皆、準備はいいかなぁ?
 
今回の模擬戦は投票も兼ねているからね。
王子率いる精鋭の防衛を突破して、
「魔法の闘兵箱」を目指そう♪
 
そして王子ちゃんは、
迫りくる皆を見事に退けて、
カッコイイところを皆にみせるのだ!

サキ

はぁ……。
タチバナさんと話してると調子が狂うわ……。

シズカ

それじゃあ、あの時の再現と行きましょう。
今度はサキも一緒に。

サキ

えっ? えっ? なに?
姫侍さまたち、いったい何を--

鬼刃姫

あてこそがぁ! 人気闘兵を勝ち抜くべく、
姫侍と並び立つ、茨木童子--鬼刃姫だぁ!!

シズカ

再び立ち上がらんとする我が祖国、
妖怪と人間が共に歩む日を目指すべく、
--姫侍、シズカ! 推して参るッ!!

サキ

あ、あたしも一緒にやるの!?
えぇと……王国と東の国の友好のため!
忍者サキ--ぶちかましてやるんだから!

タチバナ

全員気合十分!
さぁ王子ちゃん、模擬戦投票の開始だぁ!!

編集