Top > 中型ヴァイス

ヴァイス対策(中型)

Last-modified: 2019-11-11 (月) 17:05:25

小型ヴァイス / 中型ヴァイス / 大型ヴァイス / ヴァイス生態

中型ヴァイスについて Edit

公式には大型と小型の分類しかないそうだが、ユーザー間で中型とされているものをこちらにまとめる。
主に「ヴァイスワーカー(VW)」と呼ばれるものをメインに扱う。

プクラオ Edit

フグやハリセンボンを思わせる外見のヴァイス。
耐久力は低いが、HPに応じて体を膨らませる第一形態~第三形態までがあり、形態毎に与えられるダメージに上限がある。また、形態移行時に無敵もつく。
そのため、高火力攻撃一撃で撃破という事は出来ない。
瀕死(第三形態)になると範囲の広い自爆攻撃をしかけてくる。

第一形態、第二形態では感知範囲(40m)に居るアクトレスに向かって踏み込み、十分に接近(20m以内)した後レーザーサイトを照射、3秒後にプリ系などと同様のダウン付き砲撃を行う。砲撃時に反動で転倒し一定距離後退する。第一、第二形態間での挙動に差は無し(?)

第三形態ではアクトレスに急接近し、自爆する。自爆は転倒付き、属性ダメージは無し。接近が十分でない場合は隣接するかHPが0になるまで接近の動作を取り続ける。
形態移行完了→接近(無敵解除)→膨張(無敵化)→自爆という具合に行動し、即座に爆発するわけではない。爆風が届く範囲には円形のエフェクトが発生する
また、第三形態移行時にアクトレスが隣接していると無敵を解除する接近モーションなしで自爆に繋がる。
第三形態でHPを0にしても必ず自爆は行うため、プクラオが撃破対象に指定されいてる場合などはわざと近くに居座って素早く自爆してもらうのもいいかもしれない。

ヴァイスワーカー系列 Edit

人型ロボットのような外見。いわゆる箱。略称はVW。
分類上は大型ヴァイスだが、(他種のヴァイス含め)複数同時に出現する。
基本的に無属性であることが多く、弱点をつきにくく見た目以上にタフ。
さらに、先読み弾や距離感を意識した軌道を取るなど、小型ヴァイスよりも撃破しづらい動作を行う。
一部のVWはたまに強敵指定される。この際、強敵指定ではない同レベル、同型の個体より高いステータス(特にHP)を持つ傾向がある。

  • 共通の特徴
    ダッシュ移動を行いながら出現する。
    格闘の3段目など一部の攻撃で大きくノックバックする。
    一部のキャラクターは強力なチャージ攻撃を持っている。*1
    チャージはノックバックか大ダメージを受けるとリセットされる。
    格闘攻撃にダウン効果あり。
    一部の攻撃(チャージショットや各種スキル等)に対して、ステップで回避しようとする事がある。

ヴァイスワーカー Edit

基本型。右手に剣、左手にライフルを持っている。
精度の高い偏差撃ちと踏み込みの大きな斬りつけでジワジワ削ってくる。

VWシールド Edit

盾持ち型。透明の防御膜を張ってダメージを減少させる。左手のライフルは射程と精度、一発あたりの火力がやや強化されているが3発までしか連射出来ない。
格闘攻撃は盾での殴打。予備動作が短く、その割に火力も侮れない。
時折盾を構え直し一定時間無敵化する。
出現直後は防御膜がないので、早めにダメージを与えておくと手早く処理できる。
出現後~防御膜の展開動作はスーパーアーマーがついているのでキャンセルすることは出来ない。だが、その特性が仇となって各種ビームキャノンや怜のトップススキル等の普通は吹き飛んでフルヒットしない攻撃が直撃する。

VWスプレッド Edit

バズーカ型。無印から耐久が上昇している。
バズーカの見た目通り、射撃は大型弾を単発かせいぜい2連射。無印やシールド等の先読み射撃とは異なり、発射後の弾自体がホーミング性能を持っている。誘導精度は先読み射撃に比べればかなり緩く、弾が目視しやすくなったこともあってかわしやすくはなったが、威力は大きく上がっている。
放っておくとチャージショットを撃ってくる。チャージショットは、射撃時に若干の先読み+弾自体のホーミングや射程、威力が強化+多段ヒット+そこそこな範囲と大きく強化されるので油断し過ぎないように。
単体であればVWの中では被害を受けずに御しやすい部類だが、複数体が同時に(特にマルチでボスの取り巻きとして)出現する場合は話が別。「画面に捉えていればかわしやすい」という弱点が実質なくなり、死角からやりたい放題に高威力弾をばらまくとんでもない邪魔者と化す。わざわざ倒しに行くほどかは悩ましいところだが、いずれにせよ注意は怠らないように。

VWハンマー Edit

ハンマー型。殴られるとかなり痛い。近接に耐性持ち。射撃は短射程かつ精度が甘いので、無印に比べるとブースト移動だけで格段に避けやすい。
チャージ攻撃があり、ハンマーを振り回しながら3回踏み込んでくる。踏み込み1回辺りはさほど移動距離を持たないが、間隔が短いため高機動装備でもダッシュorステップでないと逃げ切れない事も。威力は即死級。

VWソード Edit

両手剣型。こちらも殴られると痛い。射撃武器のマシンガンは集弾性がやや低めで射程も短い。
近寄らなければ微妙な斬撃を飛ばすだけの存在。
チャージ技は縦斬り→横斬りの2連撃。横斬りは範囲も狭めな上にほとんど踏み込まずその場で行うため、距離を取っていれば届かない。チャージの縦斬りと同時に斬撃も飛ぶ事があるが、通常の斬撃飛ばしと精度、火力ともに大差はない。
単体での脅威度は低いが複数のワーカー系と一緒に出てくる事が多い。

VWスナイプ Edit

スナイパー型。盾も持っており、被弾すると無敵化する事がある。
通常攻撃はやや誘導性のある実弾スナイパー。発射前にレーザーサイトをアクトレスへ照射する。
チャージ攻撃は、5発のホーミングレーザーに分裂する弾を3発発射。1発あたりの威力が高い、複数ヒットしやすい、誘導精度も非常に高い、複数弾が連続で襲い来るため半端な無敵時間ではかわしきれない、と4拍子揃った大変危険な攻撃。
対処せずに居ると複数回連続で繰り返す。連続発射の際は銃口を別の方向へ向けて、ただでさえバラけて飛ぶホーミングレーザーをさらにバラけさせる。
チャージ開始を見てからでも、攻撃が速いクロスギアやビームキャノンなどのギアスキルならチャージキャンセルを狙える。
また、アクトレスが急激に接近するとチャージや連続発射を中止することがある。
もし発射されてしまったら、スキルや交代などの各種無敵時間で対処しよう。もしそれらが使えない場合、多少の被弾は覚悟でVWスナイプに近づくようにステップするといい。逆に逃げるようにステップすると発射位置がばらけるホーミングレーザー共通の仕様上、弾道が重なり同時ヒット、連続ヒット(=ほぼ即死)になりやすい。
基本的には爆風が残る機雷を3つ連続発射した後、こちらの出方を伺いチャージ技を使うか判断している模様。
真正面にいると機雷の直撃×3で事故死する事もあるので注意。必ず左へ(プレイヤーから見て右)初弾を発射する為、格闘を仕掛ける場合は左側へステキャンすると安定しやすい。
スナイパーだが何故かかなり近づいてくる*2ので反撃出来ない場所から一方的に攻撃してくるようなことはない。ノックバックでエリア外に行ってしまった時は思いっきり距離を取ってみよう。
クロスレンジだと狙撃もホーミングもしてこず、ふわふわと機雷ばら撒きに終始するので、
距離を20前後保ってチビチビとショットしてるとほぼ完封できる。それ以上近づくと機雷に触れるので距離感に注意。

VWスキャッター Edit

曲剣とスキャッターガン(散弾銃)を装備したVW。
名前にもなっている散弾銃は、精度が凄まじく低いものの、至近距離では同時ヒットにより致命的な火力を発揮し得る。散弾銃は2連射行う事もある。
チャージ攻撃こそ持っていないが、ジャミング+回り込み→斬撃2連のコンボや、被ダメージ後短時間無敵化した後カウンターを放つなど多彩な格闘攻撃を仕掛けてくる。
至近距離で真価を発揮する武装を揃えているが、幸い、距離を詰める行動パターンの優先順位は低めらしく、こちらから近づかない限りは遠くから精度の低い散弾銃を撃っている事が多い。(距離が遠いとジャミングも無敵化も使わない)
ちなみに、距離を詰めようとする行動は出現時などと同様の、ロケットを用いたダッシュで行うため、ロケットの効果音が聞こえたら接近の合図。
散弾銃は、ある程度離れたアクトレスを狙っている場合、アクトレスが一切動かないと命中しないという弱点がある。VWスキャッターが単独の場合は距離を取って射撃攻撃で仕留めるのが良いだろう。
複数のVWと同時に出現した場合は、VWスキャッターから距離を取って、他のVWから撃破してしまおう。VWスキャッターを優先撃破しようとすると、ジャミングによりターゲットが分散しやすく撃破に手間取り、より危険。

VWキャノン Edit

曲剣と5連射可能な高弾速バズーカ(!)を装備したVW。
背中には垂直ミサイルランチャーを2門背負っており、焼夷弾(後述)の使用等も行う。
曲剣は2連撃のコンボのみで、スキャッターに見られたようなジャミング等は確認されていない。重武装から来る大質量を活かしてのロマン溢れる体当たり攻撃(2回連続使用)も行う。
遠距離からの支援爆撃に特化したVWであり、見てから回避するのが難しいバズーカ、弾道を目視出来ない垂直ミサイル(転倒付き)、隙は大きいが火力も大きな焼夷弾と、多彩な武装を使い分ける。
焼夷弾は、ターゲット方向へ連鎖的に火柱が上がる。狙いは甘い上に範囲も狭いが、次の火柱が上がるまでの間隔は短めで、火力も高い。右腕で投げている。アクトレスとの距離が遠い時に剣を振っているように見えたら、焼夷弾を使用したという事。もしVWキャノンの正面に居た場合は速やかに左右いずれかへ退避しよう。
耐久力自体は特別高いわけではないので、スキルを使って手早く処理してしまおう。また、接近してしまえば剣と体当たりしか使わなくなる。剣よりも体当たりの方が高火力であり、転倒効果もある。
体当たりの命中判定は楔形のオーラを纏った瞬間から発生するため、格闘攻撃を仕掛ける際は特に注意。
前述の通り、耐久力自体は高くないので、スキルを温存しつつ被弾も避けたい場合は至近距離からショットで処理するのも一考の価値あり。

VWヘヴィ Edit

ヴァイスワーカーにしては少し大型。基本的にAreaボス枠
ほぼ固定かつ残り体力によって切り替わる行動パターン、チャージゲージと技名称が表示されるチャージ攻撃など、大型ヴァイス同様の扱い

短射程弾から時間をおいて分裂する複数の追尾弾、判定の厚い連続切りなど凶悪な攻撃が多数
ブーストが切れると絶大なダメージを受けやすいためブースト管理が重要
メンバーチェンジやギアの無敵時間を駆使して回避するのも手

【チャージ攻撃:サージアヘッド】
テレポートして十字斬りを複数回行う。
高難度級だとほぼ即死攻撃となるため、こちらも無敵時間なり急いで離れるなり対処が必要

 

状態異常 Edit

敵が付与してくる悪性状態異常について。

  • 麻痺と気絶
    麻痺はオクパドに代表される、付与されるとキュイキュイという音がするもの。
    対して、気絶はオベリスクのミサイルなどに付与され、かかるとピョロロピョロロといった音がする。
    • 効果は同じだが、それぞれ治療や耐性は別なので注意。
  • 猛毒
    ポイゾネルモス系などが付与してくる継続ダメージ。
  • 侵食
    アクトレスが受けるものとしては未実装。猛毒を超える強力な継続ダメージ。
  • 凍結
    高難度作戦op.バルサミーナにて実装、移動系ステータスが低下する模様。特にブースト自体が使用不能となる。 ※要検証
  • 焦熱
    ラモラの自爆などを受けると付与される継続ダメージ。

コメント Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • vwヘヴィがすごい苦手なのですがなにか攻撃を避けるのにコツとかありますか? -- 2019-10-29 (火) 10:31:01
    • 最初の誘導弾はちょっと離れたところで誘導開始するまで待って、球がこっちに来だしたら一気にヘヴィに密着すれば全部かわせる。めんどくさかったら特異セルケトのスタンニードルみたいにキャラチェンジすれば全部誘導持っていってくれる。その後の連続攻撃はおもむろに近づいて来るのが予備動作。振りかぶりに合わせてバックステップでかわしてやるといい。一番いいのはさっさと火力ブッパでゴリ押し -- 2019-10-29 (火) 10:56:09
      • おお、分かりやすくありがとうございます! -- 2019-10-29 (火) 11:17:27
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 チャージ時のエフェクトは球状のエネルギーフィールドが収束していくもの。収束しきるとチャージが完了し即座に発動する
*2 距離10以内まで来る事もある。急接近からの機雷散布は危険なので注意