Maps API Keyの取得 の変更点


 Google Mapを使用する場合は、Android SDKの証明書、または配布するアプリケーションに
 付与する証明書ごとにAPI Keyを取得する必要があります。
 (申請時にはGoogleアカウントが必要です。事前に取得しておきましょう。)
 Android SDKの証明書から開発環境ごとにKeyを取得する手順を説明します。
 #BR
 開発環境毎にAPI Key を取得する手順は以下の2つです。
 ・[[SDKの証明書のMD5を取得する。>#getFingerPrint]]
 ・[[取得したMD5を元に申請し、API Keyを取得する。>#obtainKey]]
 #BR
 
 - &aname(getFingerPrint){SDKの証明書のMD5を取得する};
 SDK証明書のフィンガープリント(MD5)を取得するには、%JAVA_HOME%/binディレクトリにあるkeytoolを使います。
 コマンドプロンプトで、%JAVA_HOME%/binディレクトリに移動し、以下のコマンドを入力します。
 #BR
  keytool -list -keystore "(Androidのdebug.keysoreファイル)"
 #BR
 Android SDKをインストールすると、以下の場所にkeystoreファイルが生成されていますので、
 keytoolの引数に生成されているファイルを指定するようにしてください。
 #BR
  (Windows XPの場合)
  C:\Documents and Settings\%USERNAME%\.android\debug.keystore 
 #BR
 &REF(mapview_keytool.jpg);
 #BR
 コマンドを実行するとパスワードが要求されますが、そのままEnterキーを押します。
 実行が完了すると、"証明書のフィンガープリント (MD5): "の後に続いて、値が表示されます。
 このフィンガープリントを使って、API Keyの取得へと進みましょう。
 
 #BR
 
 - &aname(obtainKey){取得したMD5を元に申請し、API Keyを取得する。};
 keytoolでのフィンガープリントが取得できたら、以下のサイトからAPI Keyを生成します。
 (Keyの生成には、Googleアカウントでのサインインが必要です。)
 [[Maps API Key Signup>http://code.google.com/intl/ja/android/add-ons/google-apis/maps-api-signup.html]]
 #BR
  ①"I have read and agree with the terms and conditions"にチェック 
  ②"My certificate's MD5 fingerprint:"のテキストボックスにフィンガープリントを入力
  ③"Generate API Key"をクリック
 #BR
 正常に完了すると、生成されたAPI Keyと入力したフィンガープリントが表示されます。
 API Keyはアクティビティの作成時に使用するので、控えを取っておきましょう。
 #BR
 
 #BR
 ----
 #comment(below,noname)
 
 - ぴこい (//  (//  (//  (//  (..;  (..;  (..;  (..;  (^-^  --  &new{2012-09-20 (木) 09:51:53};
 - Java7を導入している場合は「-v」を付けて詳細表示させないとSH1しか出ないので注意 --  &new{2012-03-16 (金) 17:12:30};