全職業簡易まとめ の変更点


//バーサーカー盾化アプデに備えて順序入れ替え
//盾→ハイブリッド→近中遠火力→回復
//
このページは&color(Red){''「使用者の体感」というような主観的なもの''};を含みます。
十分なメディア・リテラシーを身につけている方のみ、あくまでもちょっとした参考程度にご利用ください。
#br
※コメントを書く際やページを編集する際は、具体的かつ信憑性のある客観的な内容を心がけてください。
○○は最強など曖昧な表現は誤解を招く恐れがありますので注意してください。
#br

***職業毎のステータス(公式設定) [#q2f02f60]
//防御力は高い順に重鎧>軽鎧>ローブ。また、近接より遠距離のほうが防御力が低い傾向にある。
//ただし[[2016/3/9に被ダメ計算式が変更>https://tera.pmang.jp/notices/693#etc]]されたので、現在は大きな被ダメ差はないと思われる。
|~クラス|~PTでの役割|~操作難度|~守護性能|~攻撃性能|~回復性能|~補助性能|
|||80|80|80|80|80|c
|~[[ランサー>#m7edf2f7]]|盾職|★★★|★★★★★|★||★★★|
|~[[ファイター>#haee184e]]|盾職|★★|★★★★|★★★★★||★★★|
|~[[ウォーリアー>#u348de25]]|近接火力/盾職|★★★★★|★★★|★★★★||★★★|
|~[[バーサーカー>#x40e952e]]|近接火力/盾職|★★|★|★★★★||★★|
|~[[スレイヤー>#h24e2dfb]]|近接火力職|★★★||★★★||★★★★|
|~[[ソウルリーパー>#qa6c9c36]]|近接火力職|★★★★||★★★★★|★|★★★|
|~[[くノ一>#le68e6ea]]|近接火力職|★★★★||★★★★||★★★★|
|~[[ムーングレイバー>#valkyrie]]|近接火力職|★★★||★★★★★||★★★★|
|~[[ソーサラー>#ob7e08d0]]|遠距離火力職|★★★||★★★★★||★★|
|~[[アーチャー>#v3fa8759]]|遠距離火力職|★||★★★||★★|
|~[[ヘビーガンナー>#s14fdff0]]|遠距離火力職|★★★||★★★★★|★||
|~[[プリースト>#u1758d62]]|回復職|★★★||★★|★★★★★|★★★★|
|~[[エレメンタリスト>#wd2da713]]|回復職|★★★★★||★★|★★★★|★★★★★|
|>|>|>|>|>|>|CENTER:&color(Blue){※上記のステータス表はキャラ作成画面にも表示される公式評価ですが、実際の性能とは異なる場合があります。};|
----
#include(ダンジョン/各職の基本的な動き方,notitle)
//----
//&size(16){各クラスの詳細な立ち回りやスキル回し等については[[クラス講座]]に&br;職別装備の可変OPの種類については[[装備オプション>アイテム強化/装備オプション]]に記載されています。};

//***クラス別の強弱ランク [#ac1b3795]
//TERAの場合、職性能よりも中の人のPSのほうがDPSに大きく影響します。
//「職バランス調整」により、強職や弱職が定期的に入れ替わるので、好きな職を選ぶのが一番です。
//海外勢が実戦時のデータを集計して決めた、現在の職評価リストは[[「こちら(外部サイト)」>https://www.essentialmana.com/tier-list/]]

//***クラス使用率一覧(運営集計) [#qbeca9e7]
//#region(60Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(14.09.21~14.09.27))
//ソースはテラライブ第一回のお知らせコーナー
//https://tera.pmang.jp/notices/130
//■60Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(14.09.21~14.09.27)
//&attachref(./20140926235422d05.png,nolink,70%);
//----
//#endregion
//----
//#region(65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(15.03.21~15.03.27))
//ソースはテラライブ第七回のお知らせコーナー
//https://tera.pmang.jp/notices/333
//■65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(15.03.21~15.03.27)
//&attachref(./20150327.jpg,nolink,55%);
//----
//#endregion

//#region(65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(15.05.20~15.05.26))
//ソースはテラライブ第九回のお知らせコーナー
//https://tera.pmang.jp/notices/397
//■65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(15.05.20~15.05.26)
//&attachref(./lv65-3.jpg,nolink);
//----
//#endregion

//#region(65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(15.10.30~15.11.06))
//ソースはテラライブ第13回のお知らせコーナー
//https://tera.pmang.jp/notices/578
//■65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(15.10.30~15.11.06)
//&attachref(./tera_classes1106_0.png,nolink,73%);
//----
//#endregion
//----
//#region(65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(16.01.13~16.01.20))
//ソースはテラライブ第20回のお知らせコーナー
//https://tera.pmang.jp/notices/972
//■65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(16.01.13~16.01.20)
//&attachref(./160113.jpg,nolink);
//----
//#endregion

//#region(65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(16.08.31~16.09.07))
//ソースはテラライブ第20回のお知らせコーナー
//https://tera.pmang.jp/notices/972
//■65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(16.08.31~16.09.07)
//&attachref(./160831.jpg,nolink);
//----
//#endregion

//#region(65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(16.10.19~16.10.26))
//ソースはテラライブ第20回のお知らせコーナー
//https://tera.pmang.jp/notices/972
//■65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(16.10.19~16.10.26)
//&attachref(./161019.jpg,nolink);
//----
//#endregion

//#region(65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(16.12.07~16.12.14))
//ソースはテラライブ第20回のお知らせコーナー
//https://tera.pmang.jp/notices/972
//■65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(16.12.07~16.12.14)
//&attachref(./161207.jpg,nolink);
//----
//#endregion
//----

***中級者~上級者向け情報まとめ [#u541b410]
:&size(16){[[職バランス調整まとめ>全職業簡易まとめ/職バランス調整]]};|&size(13){職バランス調整パッチのまとめ};

//:&size(16){[[装備オプション>装備強化一覧/装備オプション]]};|&size(13){可変OPの種類や各職のお薦めOPまとめ。};

:&size(16){[[クラス講座]]};|&size(13){各クラスの詳細な立ち回りやスキル回し等&br;現在は情報が古い場合が多い。};

:&size(16){[[TIPS]]};|&size(13){その他、様々な情報についてはTIPsなどを参照。};
----
//2011-07-10 pcommentに変更
//編集用
//★★★★★
//★★★★
//★★★
//★★
//★
*ランサー [#m7edf2f7]
>パーティーではモンスターのターゲットを自分に固定し続けるという役割がある。
固定できなかった場合はひと目でわかる上に、メンバーが死ぬ確率が高まるため、
&color(crimson){アタッカー};と比べると責任は高くなりがちで、%%%初心者が1stキャラとして選ぶには難易度が高め。%%%

CENTER:&attachref(./lancer_symbol.png,nolink,ランサー);
:特色|
''安定性の高いスタンダードな&color(Coral){タンク職};''。「スタミナシステム」による連続回避も特徴。
//強力なヘイトスキルと、適正レベルのMobの攻撃をほぼ全て防御するガードスキル「スタンドファスト」が売り。
長射程スタン、自己回復など戦線維持や妨害に長けたスキルも持ち、あらゆる状況に対応しやすい。
純盾職なだけあって、敵の固定だけに留まらずに味方の能力上昇など多彩な補助スキルがある。

:ダンジョンの進行|
タンク職ということもあり、インスタンスダンジョンでは進行役を任される。
そのため、初心者はわからなければ経験者のアドバイスを受けよう。
上記の理由からプレイヤー人口は少なめだが、パーティーでは必須の職業なので需要はかなり高い。

:操作難易度|
当然火力職よりは難易度が高いが、盾職の中では一番簡単な部類。
ヘイト獲得量が多いので、装備が揃ってない頃から一番重要な「タゲ維持」の役目を果たしやすい。
また、補助スキルを使うだけで、自分の装備関係なく味方のDPSを向上させれるのもランサーの大きな利点。
また、補助スキルを使うだけで、自分の装備関係なく味方のDPSを向上させられるのもランサーの大きな利点。

:クラス覚醒|
65Lvになってから条件を満たすと新スキルを獲得する。覚醒で職により難易度が大きく変化することがある。
ランサーの覚醒は強力なバリア、どんな攻撃も一度は絶対に防げる盾、防御付き攻撃スキルとなっている。
盾職として順当な強化となっており、覚醒前より使いやすくなる。より様々な状況に対応できる。

#br
もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
[[ランサー(新規・初心者向け)>ランサー]]・[[ランサー講座(中級~上級者向け)>ランサー講座]]
----
#region(%%%''ランサーのコメントを開く''%%%)
#pcomment(noname,コメント/ランサーコメント,5,reply)
#endregion
*ファイター [#haee184e]
>パーティーではモンスターのターゲットを自分に固定し続けるという役割がある。
固定できなかった場合はひと目でわかる上に、メンバーが死ぬ確率が高まるため、
&color(crimson){アタッカー};と比べると責任は高くなりがちで、%%%初心者が1stキャラとして選ぶには難易度が高め。%%%

CENTER:&attachref(./fighter_icon100_1.png,nolink,100x100,ファイター);
:特色|
''ガード効果付きの攻撃が多い&color(Coral){タンク職};''。ヒューマン及びエリーン/ポポリ専用職。
盾職にしては攻撃力が高いが、補助スキルが殆ど無い。代わりに一般/小型Mobを纏める能力が優秀。
タゲ維持力がランサーよりもかなり低いので、盾職をプレイしたいなら先にランサーで慣れたほうが良いと思われる。

:ダンジョンの進行|
タンク職ということもあり、インスタンスダンジョンでは進行役を任される。
そのため、初心者はわからなければ経験者のアドバイスを受けよう。
上記の理由からプレイヤー人口は少なめだが、パーティーでは必須の職業なので需要はかなり高い。

:操作難易度|
「ダメージによってヘイトを獲得する」というコンセプト上、装備が揃うまではタゲ維持がかなり難しい。
更にタゲ維持だけではなく、高DPS維持も求められやすい職のため、初心者にはオススメできない。
だが裏を返せば、装備を強くすればするほど恩恵があるという事なので、極めることが好きな上級者向け。

:クラス覚醒|
65Lvになってから条件を満たすと新スキルを獲得する。覚醒で職により難易度が大きく変化することがある。
ファイターの覚醒は全て攻撃に関するスキルを習得する。また一部は移動にも応用できる。
操作難易度は覚醒前とは殆ど変化しない。逆に考えると、盾に便利なスキルも獲得しないということになる。

#br
もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
[[ファイター(新規・初心者向け)>ファイター]]・[[ファイター講座(中級~上級者向け)>クラス講座/ファイター講座]]
----
#region(%%%''ファイターのコメントを開く''%%%)
#pcomment(noname,コメント/ファイターコメント,5,reply)
#endregion
*ウォーリアー [#u348de25]
>&color(crimson){アタッカー};と&color(Coral){タンク};の役割を臨機応変に切り替える事ができる職
どちらもこなせるハイブリッド職という関係上、アタッカーとタンクの両方の役割を求められやすい。
PS次第で大きくDPSが変わる事やハイブリッドと言う事で、%%%初心者が使うには難易度が高め。%%%
//だが[[15/10/07に&color(Coral){タンク};性能が弱体化>全職業簡易まとめ/職バランス調整]]され、現在は&color(Coral){タンク};としては殆ど見かけない。
//連携次第で大きくDPSが変わるため、初心者が1stキャラに使うには若干難易度が高め。



//>職性能的に&color(crimson){アタッカー};と&color(Coral){タンク};の役割を臨機応変に切り替える事を要求される。
//装備も&color(crimson){アタッカー用};と&color(Coral){タンク用};のものを別個に揃える必要があるため、
//%%%初心者が1stキャラとして選ぶには難易度が高い。%%%

CENTER:&attachref(./warrior_symbol.png,nolink,ウォーリアー);
:特色|
''近接&color(crimson){アタッカー};/&color(Coral){タンク};職''。1発のダメージは小さく、多彩な手数で攻めていくタイプ。スキルの数が多い。
「ストックシステム」の管理も必要で、連携前提のスキルも多く、操作難易度は高め。PS次第で強弱が大きく変わる。
以前はストックがPT共有だったのでヲリ被りが嫌われていたが、[[17/02/01のアプデ>./職バランス調整]]で改善され、問題なくなった。
//ストックシステムの関係上、ウォーリアーが既に居るPTには入れない(嫌がられる)事も多いのが難点。
//ただし、[[2月の職リニューアルでこの問題は解決される>https://tera.pmang.jp/blue/974]]ので、それ以降は職被りを気にする必要はなくなる。


:ハイブリッド|
//ハイブリッド職だが、両用の半端なクリスタル/紋章構成にすると他職の完全な劣化版となる。
//盾時/火力時でハッキリ紋章構成を分け、スタンスや装着クリスタルも含め設定を切替えていく作業が必須。
//基本的に&color(crimson){火力時にはブレードスタンス};、&color(Coral){盾時にはディフェンススタンス};を使用することになる。
ハイブリッド職のため、&color(crimson){アタッカー};としてではなく&color(Coral){タンク};としても動かなければいけない時もある。
また、両用の半端なクリスタル/紋章構成にすると他職の完全な劣化版となってしまうので注意が必要。
&color(crimson){火力時にはブレードスタンス};、&color(Coral){盾時にはディフェンススタンス};を使い、役割に応じてクリスタルや紋章を切り替えよう。

//:スタンス|
//2種のスタンスを切り替えることによって、それぞれの役割に適したステータスに変更できる。
//基本的に''&color(crimson){アタッカー役はブレードスタンス};、&color(Coral){タンク役はディフェンススタンス};''を使用することになる。
//ブレードスタンス時には一二を争うクリティカル率を誇り、ディフェンススタンス時にはガードも使用可能。
//上手く運用すればハイブリッドを名乗れるだけのポテンシャルを秘めている。

:回避性能|
大きな特徴としては回避スキルが豊富で、「スタミナシステム」を利用した連続回避(3~4回)も可能。
MPを消費せずに回避を多用できるので、後方に回り込みやすく、ソロでの対中型性能はずば抜けている。
//そのため後方に回り込みやすくなっており、ソロでの対中型性能はずば抜けている。
ちなみに、MPの代わりにスタミナを消費して回避を多用できるのは、ランサーとウォーリアーのみ。
//MPを消費せずに回避を多用できる、唯一の職。

:クラス覚醒|
65Lvになってから条件を満たすと新スキルを獲得する。覚醒で職により難易度が大きく変化することがある。
ウォーリアーの覚醒は使い勝手の良い連係攻撃スキル、回避しながら攻撃するスキルなどを獲得する。
覚醒後も全職トップクラスの火力を発揮するが、依然として操作難易度は高め。

#br
もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
[[ウォーリアー(新規・初心者向け)>ウォーリアー]]・[[ウォーリアー講座(中級~上級者向け)>ウォーリアー講座]]
----
#region(%%%''ウォーリアーのコメントを開く''%%%)
#pcomment(noname,コメント/ウォーリアーコメント,5,reply)
#endregion
*バーサーカー [#x40e952e]
>覚えるスキルも少なくガード持ちなため、初心者向けの近接火力としてお薦め。
以前は回避に独特の癖があり、回避発動までに若干の手間が必要だったが、
回避スキルが追加され操作難易度が改善されたため、使いやすくなった。
ガードもあり回避もあり使用スキルは少なく、高火力が出る。
//現在のカンスト基準だと、回避が必要な場面が多いため初心者向けとはいいづらい。//

CENTER:&attachref(./berserker_symbol.png,nolink,バーサーカー);
:特色|
''近接&color(crimson){アタッカー};''。
チャージ系のスキルにより、重い一撃を叩き込むタイプの職業。広範囲攻撃なども備える。
65Lvからは簡易的とはいえ&color(Coral){タンク};も可能になるのだが、&color(Coral){タンク};としては殆ど見かけない。
//高火力単発攻撃以外にも、状況によって使い分けることが可能。

:ガード|
ランサーやウォーリアーほどの防御性能はないが、ガードスキル持ちの重鎧装備なので生存性も高い。
また、バーサーカーのみガードの時間制限がなく、延々とガードした状態で居ることも可能。
ただし、後半のIDからはガード不可の攻撃や防御不足による貫通も増えてくるため、過信は禁物。

:操作難易度|
使用スキルも少なく、ガード持ちの火力なので、育成中はダンジョンを含めてとても楽。
//しかし、回避スキルに癖がありスキル使用中/棒立ち時で回避スキルを使い分ける必要があるので
//しかし、回避スキルが1つしか無く回避発動までに若干の手間がかかるため
ただし、回避性能が高いとは言えない為、ガード貫通の即死攻撃が増えてくる後半のIDからは、
操作難易度の高い職になる場合がある。
//ただし、チャージ系近接攻撃という性質上、入力に独特のクセがあることや、攻撃頻度が減るため一発必中を心がけねばならないことなど、操作には慣れを要求する面も多い。

:クラス覚醒|
65Lvになってから条件を満たすと新スキルを獲得する。覚醒で職により難易度が大きく変化することがある。
バーサーカーの覚醒は20秒間、防御を犠牲にして、攻撃に特化するベルセルク系のスキルを獲得する。
瞬間火力は全職中1,2位を争うレベルになり、バーサーカーの名にふさわしい戦いを見せてくれる。

#br
もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
[[バーサーカー(新規・初心者向け)>バーサーカー]]・[[バーサーカー講座(中級~上級者向け)>クラス講座/バーサーカー講座]]
----
#region(%%%''バーサーカーのコメントを開く''%%%)
#pcomment(noname,コメント/バーサーカーコメント,5,reply)
#endregion
*スレイヤー [#h24e2dfb]
>常に弱職の筆頭。"床"の二つ名は伊達じゃない
2018年10月の2次覚醒アップデートでやや巻き返すものの、
その後のクラスバランス調整でぶっちぎりの弱職筆頭に。
''&color(red){これから始める人にはまずおすすめしない};''
育成中はスキル威力の低さや回避性能の乏しさから難易度が高めな傾向にある。
61Lvから回避性能は上がり多少楽になるものの、スキル威力は延長線上。
突出した特徴はない、可もなく不可もない堅実なバランスタイプ%%で、比較的初心者向けな職業。%%
//14/11/19現在は%%%カンスト基準だと、火力職の中で一番初心者向けな職と言われる。%%%

CENTER:&attachref(./slayer_symbol.png,nolink,スレイヤー);
:特色|
''近接&color(crimson){アタッカー};''。
%%攻撃力もそこそこあり、%%手数もそれなりに多いバランスタイプ。
「これぞ」というスキルこそないが、所謂「死にスキル」も少ない。良くも悪くも平凡な職。


:スキル|
張り付きながらスキルを連発することで真価を発揮する。
しかし、スキル威力が低めなために序盤から苦労しやすい。
61Lvから入手可能な「必殺紋章3種」の入手がスタートラインと言われる。

:操作難易度|
軽装備で防御力が低く、後半になるまで回避手段が少ないため攻撃を受けやすく苦労する。
61Lvまで回避性能が著しく低く難易度が高いが、61Lvから回避性能も攻撃性能も上昇するので多少楽になる。
良くも悪くも平凡な職%%なので比較的扱いやすいが%%、全般的にMPの消費量が多いのが欠点となる。
//軽装備で防御力が低く、後半になるまで回避手段が少ないため攻撃を受けやすく苦労する。
//回避性能に乏しい間は、パーティーでの対中型戦で公式評価に反して高い技量を要求される。
//61Lvからは回避性能も大幅に上昇しとても楽になるが、全般的にMP消費が高いのが欠点。

:クラス覚醒|
65Lvになってから条件を満たすと新スキルを獲得する。覚醒で職により難易度が大きく変化することがある。
現在、この項は編集中です。

#br
もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
[[スレイヤー(新規・初心者向け)>スレイヤー]]・[[スレイヤー講座(中級~上級者向け)>スレイヤー講座]]
----
#region(%%%''スレイヤーのコメントを開く''%%%)
#pcomment(noname,コメント/スレイヤーコメント,5,reply)
#endregion
*ソウルリーパー [#qa6c9c36]
>回避スキルが多く、微量ながら回復効果付きのスキルもあるため死亡率は低めだと思われる。
スキルの数も少なめだが、操作難易度については人によって評価が分かれる。
//「死なない」だけなら楽かもしれないが、熟練度次第ではDPS差が付きやすい。

//>回避スキルが多く、微量ながら回復効果付きのスキルもあるため死亡率は低め。
//スキルの数も少なめで生存率も高く、比較的初心者向け(人次第では難しいと感じる意見も)。
//連携が前提のスキルが多く、慣れない頃は低めのDPSしか出せないかもしれない。

//>回避スキルが多く、回復スキルなども持ち合わせているため死亡率は低い。
//スキルの数も少なめで生存率も高いので、%%%DPSを度外視すれば初心者向けの職業。%%%
//DPSを出しづらい職業のため、この職を極めようとする場合は難易度が一気に高くなる。

CENTER:&attachref(./Reaper_symbol.png,nolink,ソウルリーパー);
:特色|
''中距離&color(crimson){アタッカー};''。2014/03/12に新しく追加されたエリーン専用職。
公式では中距離アタッカーと銘打たれているが、実際のスキルの判定は近接型。
トリッキーな動きが特徴のエリーン専用職。攻撃力も手数もそこそこなバランスタイプ。

:キャラクター作成|
作成の際は40Lv以上のキャラクターが別に存在している必要がある。
ソウルリーパーは50Lvからのスタートとなり、この職のみ58Lvまでは専用ストーリーが用意されている。
また、専用ストーリーはソウルリーパー専用MAPで進行するので、58Lvまでは他のエリアへは出ることが出来ない。

//:生存率|
//防御力は皮職の中でもとても低いが、HPが高め。
//その代わりに生存に長けたスキルが多いので、使いこなせれば生存率は高め。
//--合計10.5%のHPを回復することが出来る攻撃スキル「スピニングエッジ」があるためHPも回復しやすい。
//回避スキル「フラッシュスプリング」、カウンタースキル「カウンターアタック」等、回避スキルも豊富。
//クールタイムが5分とかなり長いが、一度だけ死亡を回避出来るパッシブスキル「冥府の幕」も強力。

:操作難易度|
皮職の中では一番防御力が低いが、代わりにHPが少し高めで、生存に長けたスキルが多い。
スキル連係を意識しないと攻撃速度が遅くなるスキルが多いので、回避が強制されるような動きの多いMobは苦手。
そのため、生存するだけならば簡単だが、DPSを出す時に操作しやすいかどうかは人によって意見が分かれる。

:クラス覚醒|
65Lvになってから条件を満たすと新スキルを獲得する。覚醒で職により難易度が大きく変化することがある。
ソウルリーパーの覚醒は他のスキルと連携して使用するスキル2種、強力な大ダメージスキルを獲得する。
覚醒後は操作難易度が上昇する。またスキルエフェクトが激しいため、他の人の邪魔になることがある。

#br
もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
[[ソウルリーパー(新規・初心者向け)>ソウルリーパー]]・[[ソウルリーパー講座(中級~上級者向け)>クラス講座/ソウルリーパー講座]]
----
#region(%%%''ソウルリーパーのコメントを開く''%%%)
#pcomment(noname,コメント/ソウルリーパーコメント,5,reply)
#endregion
*くノ一 [#le68e6ea]
//>2016年3月9日に実装予定のエリーン専用の新職。
>ローブ職のため防御力が低いので、慣れない内は死にやすい。
//しかし回避系や防御系のスキルが多いため、うまくスキルを使えば生存率は高くなる。
しかし回避系や防御系のスキルが多く、使いこなせれば他職と比べてもグンと生存率は高くなる。
スキル回しも簡単で、機動力の高さや回避スキルの多さから初心者にオススメな職。
//現在は[[お手軽スキル回し>クラス講座/くノ一講座]]でそれなりのDPSが出るので、初心者にも扱いやすい職業。
//スキル回しが確立されていないので、人によっては扱いづらいと感じるかもしれない。

CENTER:&attachref(./kunoichi_100.png,nolink,くノ一);
:特色|
''近接&color(Crimson){アタッカー};''。2016/03/09に新しく追加されたエリーン専用職。
//攻撃速度が爽快で、おそらく全クラス中で一番の爽快さ。
機動力がかなり高く、殆どのスキルが前スキルの硬直をキャンセルしてスムーズな連携を繋ぐことができる。
ローブ職のため被ダメは高いが、無敵スキルが4種類あるので使いこなせれば生存率はグンと上がる。

:スキル|
//くノ一は他の職と違い、[[スキル回しが多彩だと開発が言及>https://tera.pmang.jp/blue/700]]しています。
どの職でも死にスキル扱いの「連撃」がくノ一では死にスキルでは無かったり、[[自由なスキル回しが特徴>https://tera.pmang.jp/blue/700]]。
「チャクラシステム」があり、チャクラゲージを貯めることで連射スキルやバーストスキル*を発動することができる。
敵の後方に回り込みやすい上に回避も多いので、初心者がTERAの基本動作を覚えるのにオススメ。

:操作難易度|
//高火力を出すには、「極功術」の特性上、転倒付きの攻撃を避けるPSが求められます。
防御力は低いが回避性能が高く、スキル回しも比較的簡単で一定のDPSは出るので初心者向け。
ただし初心者向けという特性上、ある程度のDPSを出すのは簡単だが、DPSの上限値は低いのが欠点。
そのため、難易度の高いIDへ行く場合は、他職よりも多くの消耗品を用意する必要が出てくる場面が少し多い。

:クラス覚醒|
65Lvになってから条件を満たすと新スキルを獲得する。覚醒で職により難易度が大きく変化することがある。
くノ一の覚醒は強力なブーストスキルや遠距離攻撃スキルなどを獲得する。
覚醒後は全職中トップクラスの瞬間火力を手に入れる。操作難易度も大きく変化せず、初心者向け。

#br
もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
[[くノ一(新規・初心者向け)>くノ一]]・[[くノ一講座(中級~上級者向け)>クラス講座/くノ一講座]]
----
#region(%%%''くノ一のコメントを開く''%%%)
#pcomment(noname,コメント/くノ一コメント,5,reply)
#endregion
*ムーングレイバー [#valkyrie]
>ブーストスキル*とバーストスキル*を両方習得可能で、職専用システムが3つもある欲張りな職。
システムを把握するまでは使いづらいかもしれないが、難易度が高いというわけでもない。
ただくノ一のように初心者向けというわけでもなく、操作難易度的には真ん中あたり。

CENTER:&attachref(全職業簡易まとめ/valkyrie.png,nolink,ムーングレイバー);
:特色|
''近接&color(crimson){アタッカー};''。2017/04/12に実装されたキャスタニック♀専用職。
主力スキルのクリティカル率が高いので、装備が揃ってない頃からもそれなりな威力を出せる職。
ブーストスキル*とバーストスキル*の両方を持っているため、ポテンシャルはかなり高い。

//職専用システムが多いので、慣れるまでにはある程度の時間がかかるかもしれない。
//主力スキルのクリティカル率が高いので、慣れさえすれば装備が整ってない頃からでもある程度のDPSを出しやすい。

:職専用システム|
「月光痕」・「ルナティックゲージ」・「完全回避」など、職専用システムが3つもある。
「月光痕」を溜めて高威力スキルを使ったり、「ルナティックゲージ」を消費して一時的に強化状態になれる。
敵の攻撃範囲内で回避を行う「完全回避」を成功させると、次のスキルが100%クリティカル化する効果もある。
//また、敵の攻撃を回避して「完全回避」を成功させると、次に使用するスキルが100%クリティカル攻撃化する。

:操作難易度|
職専用システムが多いため、スキル性能やスキル回しを把握するまではDPSを出しづらいかもしれない。
ただ把握さえすれば、クリティカル率が高いので装備が整ってない頃からDPSが出しやすく、上限値も高い。
回避が2連続で行える上に、敵の後方へ回り込むスキルのCTが他職より短いので、回避性能もそれなりにある。

:クラス覚醒|
65Lvになってから条件を満たすと新スキルを獲得する。覚醒で職により難易度が大きく変化することがある。
現在、この項の詳しい情報は編集中です。
2018/10/31時点で、最も使用率の低い職となり、めったに見かけることがなくなった。

//:スキル|
//''近接&color(crimson){アタッカー};''。
#br

もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
[[ムーングレイバー(新規・初心者向け)>ムーングレイバー]]・[[ムーングレイバー講座(中級~上級者向け)>クラス講座/ムーングレイバー講座]]
----
#region(%%%''ムーングレイバーのコメントを開く''%%%)
#pcomment(noname,コメント/ムーングレイバーコメント,5,reply)
#endregion
*ソーサラー [#ob7e08d0]
>遠距離のローブ職という事で、防御力がかなり低いので、慣れないうちは死にやすい。
//>アーチャーと比べると防御力が低いため、慣れない内は死にやすい。
しかし回避系や防御系のスキルが多いため、うまくスキルを使えば生存率はトップクラス。
PS次第で生存率やDPSが大きく変わるので、比較的上級者向けな火力職。
//PS次第だが、生存率だけで言えばダンジョンによってはアーチャーより楽かもしれない。

CENTER:&attachref(./sorcerer_symbol.png,nolink,ソーサラー);
:特色|
''遠距離&color(crimson){アタッカー};''。
高威力のスキルが多く、範囲攻撃も出来るかなり強力な職。
//中盤からは「ヘイストコントラクト」を覚えることで高速攻撃も可能。

:生存率|
遠距離のローブ職なので被ダメージが高く、慣れないうちは死にやすい。
だが回避スキル3種類と防御バリアを纏うスキルもあるので、PS次第で生存率も大きく変わる。
DPSを高める場合は「メテオインパクト」を可能な限りねじ込む必要があり、状況に合わせた判断力が問われる。
//DPSを高める場合は近接攻撃も必要になるため、如何に回避&防御するかが鍵となる。

//対人戦では妨害スキルは多いものの、ローブ職特有のダウン率から張り付かれるのは苦手。

:操作難易度|
「スキル回し」が全ての生命線を握るクラスとなっており、高火力の反面、MPの消費量が多いのが欠点。
//高火力の反面MP消費が多く、「スキル回し」が全ての生命線を握るクラスとなっている。
遠距離職の中では一番スキルの数が多く、使いこなすには相応の熟練が必要。
PS次第でDPSの強弱や生存率が大きく分かれる、操作難易度の高い職。

:クラス覚醒|
65Lvになってから条件を満たすと新スキルを獲得する。覚醒で職により難易度が大きく変化することがある。
現在、この項は編集中です。

#br



もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
[[ソーサラー(新規・初心者向け)>ソーサラー]]・[[ソーサラー講座(中級~上級者向け)>クラス講座/ソーサラー講座]]
----
#region(%%%''ソーサラーのコメントを開く''%%%)
#pcomment(noname,コメント/ソーサラーコメント,5,reply)
#endregion
*アーチャー [#v3fa8759]
>スキル回しも簡単な部類で防御力もそこそこ、回避スキルが2種類あるので生存率も高め。
//モンスターから距離をとることで攻撃も受けにくく、防御力もそこそこあるので生存率は高め。
遠距離職の中では一番操作が簡単な職なので、遠距離職を使ってみたい初心者にオススメな職。
アーチャーは火力職全体から見ても、操作難易度はかなり簡単な部類に入る。

CENTER:&attachref(./archer_symbol.png,nolink,アーチャー);
:特色|
''遠距離&color(crimson){アタッカー};''。主力スキルのクリティカル率が高いので、安定したDPSを出しやすい職。
//%%アーチャープルーフというスキルの関係上、アーチャーが既に居るPTには入りづらい(嫌がられる)のが難点。%%
//2016/11/30の職調整でアーチャープルーフの欠点は改善され、アチャ被りを気にする必要はなくなった。
//対人戦ではスタンや攻撃速度減少スキルなど妨害スキルにも長けており、フィニッシャーに君臨する。

:スキル|
覚えるスキルのバランスが良く、範囲攻撃スキルやチャージスキルの他に、連射スキルも習得可能。
遠距離職は基本的に敵の後方へ張り付きづらい欠点があるが、アーチャーにはそれを補うスキルも存在する。
ただし、チャージスキルが主力スキルの1つなので、チャージ中の回避行動で攻撃が中断される欠点もある。

:操作難易度|
HPが少ない弱点を抱えるが、軽鎧装備可能のためそれなりの防御力があり、回避スキルも2つある。
スキル回しは簡単な部類に入るが、ある程度は臨機応変なスキル回しや動きが求められる。
「くノ一」よりも張り付き性能や回避性能は劣るが、DPSの上限が高めなので、DPSを出したい初心者向け。
//クリティカル率が高いので安定したDPSを出しやすく、初心者向けの職にしてはDPSの上限も高め。

:クラス覚醒|
65Lvになってから条件を満たすと新スキルを獲得する。覚醒で職により難易度が大きく変化することがある。
アーチャーの覚醒は強力なブーストスキル、長射程を持つスキル、移動に優れるスキルなどを獲得する。
どんな状況でも安定して火力が出る職になる。操作難易度も低めなため、初心者にもお勧めできる職。

//:操作感|
//HPが少ない弱点を抱えるが、軽鎧装備可能のためそこそこの防御力があり、回避スキルも2つある。
//遠距離型なのでボスの攻撃も見極めやすく、序盤~終盤まで安定した生存率の高さを誇る。
//ただしチャージスキルが主力スキルの1つなので、回避によって攻撃が中断させられることもしばしば。
////しかし近/遠の両スキルを使う職のため、終盤に増えてくる動きの多いMOBに対しての相性は悪い。
//
//:スキル|
//大器晩成型であり、主力スキルを覚えるのが60Lvからと割と遅め。代わりに補助スキルが優秀である。
//ソーサラーと比べるとスキル回しが簡単だが、ある程度臨機応変なスキル回しや動きが求められる。
//主力スキルのクリティカル率が高いので、装備が整ってない頃からでもある程度のDPSを出しやすい。

#br
もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
[[アーチャー(新規・初心者向け)>アーチャー]]・[[アーチャー講座(中級~上級者向け)>クラス講座/アーチャー講座]]
----
#region(%%%''アーチャーのコメントを開く''%%%)
#pcomment(noname,コメント/アーチャーコメント,5,reply)
#endregion
*ヘビーガンナー [#s14fdff0]
>クセの強い遠距離職。ソーサラーと同等かそれ以上に難易度が高いと思われる。
攻撃の反動でキャラが後退したり、この職だけ回避スキルを攻撃用途でも使える効果がある。
「小技」もかなり多い職のため、ヘビーガンナーを扱いきれていると思われる人は少ない。

//>2015年3月12日実装の新職。
//実装したばかりで評価は様々なので参考程度にとどめておいてください。

CENTER:&attachref(./Gunner_symbol.png,nolink,ヘビーガンナー);
:特色|
''遠距離&color(crimson){アタッカー};''。2015/03/12にキャスタニック♀/ハイエルフ♀専用職として追加され、
その後、エリーンも選択可能となっている。
クリティカル率補正の高いスキルが多いが、癖がかなり強いので慣れるまではDPSを出しづらい。
アルケインエネルギーを貯めることで「アルケインスキル」という必殺技的なスキルが使用可能。

:生存率|
遠距離職では初の重鎧職。防御力が一番高いので、生存に徹すると他の遠距離職よりは死にづらい。
CTは長いが、一度だけ死亡を回避するパッシブスキルが存在するため、さらに生存率は上がる。
ただ、無敵回避スキルが主力スキルと密接に絡んでいるため、慣れてないと死亡率は高まりやすい。

:操作難易度|
回避スキルを使うと一部攻撃スキルのCTが初期化されるため、回避を攻撃用途で使う事もある。
攻撃スキルを初期化すると、回避がCT中で攻撃を回避できなかったりするため、使いこなすには熟練が必要。
ガンナーにはDPSを出すための小技がかなり多いため、仮にも初心者向けとは言えず、かなり難易度の高い職。

:クラス覚醒|
65Lvになってから条件を満たすと新スキルを獲得する。覚醒で職により難易度が大きく変化することがある。
現在、この項は編集中です。

//スキル数が少ない割にクールタイムがとても長く、円滑にスキルを回す場合はCT初期化が必要になってくる。
//攻撃スキルを初期化すると回避がCT中で攻撃を避けれなかったりと、使いこなすには相応の熟練が必要。
//DPSに拘らない場合は回避スキルも多くて楽だが、最大限のDPSを発揮する場合の操作難易度はかなり高い。
#br

もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
[[ヘビーガンナー(新規・初心者向け)>ヘビーガンナー]]・[[ヘビーガンナー講座(中級~上級者向け)>クラス講座/ヘビーガンナー講座]]
----
#region(%%%''ヘビーガンナーのコメントを開く''%%%)
#pcomment(noname,コメント/ヘビーガンナーコメント,5,reply)
#endregion
*プリースト [#u1758d62]
>味方の生死に直結する職業なため、&color(crimson){アタッカー};と比べると責任は高くなりがち。
ただし味方が被弾を抑えることで解決するため、その点は&color(Coral){タンク};よりは楽かもしれない。
%%%&color(RoyalBlue){ヒーラー};同士で比較するとこちらのほうが回復が簡単で初心者向き。%%%

CENTER:&attachref(./priest_symbol.png,nolink,プリースト);
:特色|
''安定性の高いスタンダードな&color(RoyalBlue){ヒーラークラス};''。
持続回復・即時回復・バリアなど、効果範囲も広く扱いやすいものが多い。
補助スキルを使うことで、味方のステータス上昇や、敵の耐久力の減少なども行える。
//多彩で強力な回復スキルが特徴の職業。
//HP回復スキルの多さ・状態異常解除範囲の広さから対人戦(PvP)では重要なポジションを担う。

:回復性能と補助性能|
味方への補助内容は攻撃力・攻撃速度・耐久力の上昇や、HP持続回復効果の付与となる。
耐久力を上昇させる効果が高く、HP持続回復バフも付与できるので、「死亡しない事」に長けた回復職。
他にも味方を自分の位置まで引き寄せるスキルがあるため、移動が遅れた味方を安地へ引っ張る事もできる。
//持続回復、瞬間回復、状態回復なんでもござれ。効果範囲も広く扱いやすいものが多い。
//基礎ステータスを長時間アップさせるバフも持ち、PTの安定性を格段に高めてくれる。
//レベル58以上から紋章の効果を利用したMP回復能力や自己蘇生スキルも習得できる。

:ソロ性能|
アプデにより[[フィールドでの攻撃性能が上昇>https://tera.pmang.jp/notices/639#Skill]]したので、火力職ほどではないがフィールドでのソロ性能も高い。
ただしダンジョンでは攻撃性能が著しく低下するため、ダンジョンでの攻撃に参加する事は殆ど無い。
//ダンジョンで攻撃する場面は、せいぜいギミック用のオブジェクトを破壊する程度。
//パニッシュメントハンドやスカージングハンドなど攻撃手段にも長けており、ソロ性能も優秀。
//[[2016/01/13のアプデ>https://tera.pmang.jp/notices/639#Skill]]でダメージ補正が増加され、フィールドソロ性能がさらに上昇した。

:クラス覚醒|
65Lvになってから条件を満たすと新スキルを獲得する。覚醒で職により難易度が大きく変化することがある。
プリーストの覚醒は既存スキルの強化、新回復スキル、強力なバフをPTに付与するスキルなどを獲得する。
ヒーラーとして順当な強化がされる。回復、補助能力がさらに上がったため、PTの安定に大きく貢献する。

#br
もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
[[プリースト(新規・初心者向け)>プリースト]]・[[プリースト講座(中級~上級者向け)>クラス講座/プリースト講座]]
----
#region(%%%''プリーストのコメントを開く''%%%)
#pcomment(noname,コメント/プリーストコメント,5,reply)
#endregion
*エレメンタリスト [#wd2da713]
>味方の生死に直結する職業なため、&color(crimson){アタッカー};と比べると責任は高くなりがち。
ただし味方が被弾を抑えることで解決するため、その点は&color(Coral){タンク};よりは楽かもしれない。
%%%&color(RoyalBlue){ヒーラー};同士で比較するとこちらは上級者向き。%%%

CENTER:&attachref(./mystic_symbol.png,nolink,エレメンタリスト);
:特色|
&color(RoyalBlue){''ヒーラークラス''};。バフやデバフの種類が多彩だが、終盤のIDでは通用しないスキルも多いのが欠点。
エネルギー玉の設置が特徴的で、エネルギー玉を撒く事で、PTメンバーは好きな時に玉を拾って回復できる。
状態異常解除やHP回復用の「ヒールエネルギー」と、MP回復用の「マナエネルギー」の2つが存在する。
//&color(RoyalBlue){''ヒーラークラス''};。エネルギー玉設置と、多彩なデバフスキルが特徴。
//エネルギー玉をフィールドに設置し、タンクやアタッカーは好きなときに拾って回復することができる。
//状態異常解除やHP回復用の「ヒールエネルギー」と、MP回復用の「マナエネルギー」の2つが存在する。

:回復性能と補助性能|
回復性能が低めで「PT全員の技量を要求する職」になっているので、「良くも悪くも上級者向け」である。
代わりに討伐速度を上げる能力に長けており、敵の耐久力減少の効果がプリーストよりも強力。
攻撃力の上昇効果は少し劣るが、クリティカル発生の上昇効果があるため、満遍なく攻撃性能を上げる事が可能。
//プリーストと比較すると回復能力が低め。デバフスキルは多いが、終盤のIDの敵へは9割通用しない。
//「本人の技量と他のメンバーの技量を要求する職」となっているので、「良くも悪くも上級者向け」である。
//範囲内の味方に効果を与える特有のスキル「オーラ」によってMP回復やクリティカル発生上昇等を付与する。
//--回避スキルがテレポートのみなので、基本移動での素早い立ち回りが要求される。

:ソロ性能|
攻撃性能自体がプリーストよりも高い上、4種類の精霊の中から1体~2体を召喚して支援させる事も出来る。
ただ、プリーストと同じようにダンジョンでは攻撃性能が著しく低下するため、ダンジョンで攻撃する事は殆ど無い。
精霊の性能もダンジョンで使うには弱すぎるので、ダンジョンの中で攻撃目的の精霊召喚をする事は無い。
//%%ソロ能力が低く中盤から一般モンスターにも苦戦を強いられることも。%%
//自身の火力、自己回復能力を補うため、4種類の精霊の中から1体を召喚して支援させることが出来る。
//精霊の性能が一新されたことで、性能が大幅上昇しているのでソロ能力はかなり向上した。
//[[2016/01/13のアプデ>https://tera.pmang.jp/notices/639#Skill]]でダメージ補正が増加されたので、エレ自体のソロ性能もかなり向上。

:クラス覚醒|
65Lvになってから条件を満たすと新スキルを獲得する。覚醒で職により難易度が大きく変化することがある。
エレメンタリストの覚醒は精霊召喚にバフを付け加えるスキル、回避スキル、新精霊などを獲得する。
回避スキルが2つに増えたことで、ヒーラー本人の生存率はプリーストより高くなる。
また新たなバフも手に入れたため、PTへの攻撃支援も依然として強力。

#br
もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
[[エレメンタリスト(新規・初心者向け)>エレメンタリスト]]・[[エレメンタリスト講座(中級~上級者向け)>クラス講座/エレメンタリスト講座]]
----
#region(%%%''エレメンタリストのコメントを開く''%%%)
#pcomment(noname,コメント/エレメンタリストコメント,5,reply)
#endregion
*コメント [#l4f969e9]
#Pcomment(reply)