クラスチェンジ系統別/デスウィザード系

Last-modified: 2020-07-08 (水) 23:56:24

デスウィザード系

 

簡易説明

  • 成長速度はレベルアップのしやすさ(S:ジャイアントバット系、野生ヘモジー系|C:エルク・リーザ他)
  • 見かけ上の成長値はクラスに応じて補正がかかるので、成長値表の通りになるのは補正値が"0"のもののみ
  • クラス補正値
    • 攻撃力・防御力・魔力については、補正計算を「【内部値×補正値】を内部値に加算」とみなして記載*1
      補正された値を1/5にしたもの(整数部分)が「ステータス」で表示される値となる
    • 敏捷度については補正値を1/5の値で記載((内部値+内部補正値)/5=内部値/5+内部補正値/5)
  • 成長度はセルの背景色で表示(成長度0成長度1成長度2成長度3
  • 習得特殊能力のセル内のLv表示は、登場時の特殊能力レベル(モンスターゲームのみに登場のモンスター含む)

成長値

成長速度HPMP攻撃力防御力魔力敏捷度
C230.20.20.40.2

パラメータ

No.名称属性ラヴィッシュ
確率
CC
必要Lv
CC
必要SP
クラス補正値移動力回避度防御度ダメージ補正特殊属性
正面背後
147デスウィザード1/3240128-2/16-1/16+3/16-0.842011.5飛行
アンデッド
148死神1/1640112-2/16-1/16+3/16-0.842011.5飛行
アンデッド
149デスメイジ1/1650140-2/16-1/16+3/16042111飛行
アンデッド
150デスドルイド1/6450180-2/16-1/16+3/16042111飛行
アンデッド
151デスプリースト1/12860240-2/160+3/1605130.751.25飛行
アンデッド
152リッチ070560-2/16-1/16+4/1606410.51.5飛行
アンデッド

習得特殊能力

No.名称12345678
黄泉の階段?アースクエイク?デスポイズンウィンド?キュア?ロブマインド?ディバイド?エクスプロージョン?
147デスウィザードLv1
148死神Lv1Lv1
149デスメイジLv2
150デスドルイドLv1
151デスプリーストLv1
152リッチLv1Lv3Lv2

追加特殊能力

特殊能力マインドバスター?スリープウィンド?パラライズウィンド?リザレクション?ペトロウィンド?トルネード?
Lv122333
必要Lv4056648072100

雑感

飛行系に加えてアンデッドという使いやすいモンスター。
攻撃魔法、回復、状態異常魔法と多彩な魔法を習得しているため、魔法攻撃役としてはトップクラスの使いやすさを誇る。
マジックスタッフが装備できることや、追加能力でリザレクション?を使えるのも大きい。
固有の黄泉の階段はソースが攻撃力なので、強力な武器を持たせないと使い物にならないが、
逆に強力な武器を持たせれば魔力が高くて防御力の低い術士系のモンスターに対しても有効打が与えられるようになる。
このように攻撃面であらゆる敵に対応可能な点も強み。
 
ただし自身も術士系ゆえ打たれ弱い上に飛行系なのでジャンプができない。
そのため、無闇に突っ込むと囲まれて脱出できなくなる恐れがあることだけ注意が必要。
 
最終形態は移動力6・最高の魔力補正を持つリッチが鉄板だろう。
 
非常に優秀な仲間になりうるモンスターだが、それだけに敵として見ても決して油断できない存在。
魔力の伸び幅が高い性質は終盤になるにつれて重要性が増す特殊能力の需要と合致しており、
自身が使う魔法の威力が増すだけではなく攻撃者の魔法の威力を軽減させる作用にも働く*2
低いうちはともかく、高レベルになると範囲魔法で一網打尽にするセオリーが通じにくくなる。
通常攻撃やダメージソースが攻撃力由来の特殊能力なら有効打は与えられるが、それが得意なメンバーが居ないと悲惨な展開になることも…
 
本編で現れる高レベルの個体は空中城のデスプリーストくらいだが、AMGでは危険な特殊能力を持つクラスも容赦なく現れる。
特に魔力の補正値がトップクラスで射程範囲も長いリッチは凶悪の一言。手動操作が可能などこまで勝てるかでも対策を怠ってはいけない。
まあ高移動力+デス使いよりはこれでもかなりマシなほうなのだが。冗談じゃねえ
 
逆にAMGでこちらが運用する際にも要注意。
闘技場チーム戦では飛行系有利の地形も多く、高い魔力のおかげで特殊能力のダメージに期待できるのであてになる系統なのだが、デスの存在が大きな足かせとなる。
レベル差が10も開けばまず効かない魔法だが、残念ながらAMGにおいてはその程度のレベル差は日常茶飯事。
最も人間が絡まなければこちらの方が高いということもあるが……
にもかかわらずAIは遠慮なくデスを選択するので、イライラさせてくれること請け合い。
最低でも5%が保証されるので一か八かの逆転になることもあるのだろうけど……
幸いというか、デスと抱き合わせ限定になっている特殊能力は無いので、個体の選別やクラスチェンジに気をつかえば回避できる。
他にも命令を「お前に任せる」にしなければ使用候補から外れるが、この場合は高い魔力を生かして特殊能力による攻撃と回復を両立を捨てることになる。
 
モンスターゲームではHP+62、攻撃力+12の強化を施されたデスドルイド(LV52)が3パーティ10回戦の景品として存在。
特殊能力の追加こそないものの、低めの耐久力がHPの強化により上昇しているのと、攻撃力ソースの黄泉の階段が攻撃力の強化で威力が増すのが地味にありがたいので使いたい場合は入手してもいい。
余計なものを持っていないので即戦力としても優秀。元々捕獲には手間がかかりがちなのも追い風。


*1 厳密には「内部値×(1+補正値)」
*2 この場合はダメージソースが魔力由来の特殊能力を指す