武器/時雨

Last-modified: 2020-06-30 (火) 22:54:52

基本性能

属性初期Lv/AT最大Lv/AT装備特殊効果使用効果売価
4/178/24ターンごとにHP回復ぶつけるとダメージ2262G


付加性能

鍛冶限界(Lv/AT)付加特殊効果名称変化
15/35(回復値増加)*1無し

入手

  • アミーグ封印の遺跡B2Fの宝箱*2

鑑定

刀。東方の刀鍛冶、アマクニの中期の作品。
使用者に絶えず活をいれ続けてくる名刀。別名「慈雨」とも呼ばれる。


その他

水属性を持つ刀。いい雨だね
非常に貴重な「ターンごとにHP回復」効果を持つ武器
つまりモンスターでもMPやアイテムに頼ることのない継続的な回復が受けられるのである。
アンデッド瀕死状態でもこの効果は有効で、しかもアンデッド瀕死から立ち直らせることができる。
どういうことかというと、アンデッド瀕死状態でターンを迎えた時、
効果により回復しアンデッド瀕死が消滅・本来スキップされるはずのターンで復帰して行動が可能となる。
つまり、アンデッド瀕死に追い込まれても、追撃でとどめを刺される前に自分の番が回ってこれば絶対にとどめを刺すことが出来なくなるという訳だ。
すなわち、1vs1の状況であれば自分から手出しをしない限り絶対に死ぬことはなく実質的に不死の状態となれる*3
 
使いようによってはとんでもないことが出来るロマンを秘めた有力武器ではあるが、性能は初期・限界値共に控えめ。
攻撃力は初期性能がブレイドと大差なく、限界値も35と低い方。限界値は最後まで戦っていけないわけではないが
要の回復量も初期値では2と非常に微々たるもので、アンデッド瀕死からの立ち直りだけならともかく、純粋に回復に使おうとすると頼りない。
上手く鍛えることに成功すれば、ターンが来るたびに最大で13ものHPを回復できるようになる。
ここまでやれば手放しでは使いにくいものの、長めの空白期間の間で回復するのには堪えるようになるだろう。
流石にこれと比べるのはやめて


*1 このアイテムがレベルアップする度にランダムで上積みされる
*2 戦闘中に障害物を跳び越えるか、飛行モンスターで取りに行く必要がある
*3 自分から手を出した場合、反撃でアンデッド瀕死になる→次の敵のターンでとどめを刺されてしまい回復する間もなく死ぬ