防具/ガード(2)

Last-modified: 2020-06-30 (火) 10:44:28

基本性能

属性初期Lv/DF最大Lv/DF装備特殊効果使用効果売価
1/812/19無しぶつけるとダメージ1500G


付加性能

鍛冶限界(Lv/DF)付加特殊効果名称変化
15/49特定敵からダメージ減*1*2SS*3

入手

  • 闘技場の景品(12600セウム)

鑑定

しっかりとした作りの、からだの半分におおい被さる防具。
肉弾戦におけるダメージの軽減を主として考案されたため魔法や飛び道具に対しては効果が薄い。


その他

闘技場の景品として交換することでしか入手することのできない肩当て。
特定種族からのダメージを減少させる効果……が付与できるものの、対になるスレイヤーと違って効果は実装されていない。
一方で初期状態から高い防御力を持っており、特に限界値は肩当て中最強を誇る。しかもこの手の高性能肩当てとしては珍しく装備者を選ばず汎用性が高い。
……だがしかし。
セウム交換が唯一の入手経路となるのだが、その必要セウム数、なんと12600セウムである。
最も効率よく周回できるのは突破陣であり、一回100+100の200セウム、
つまりこれ一個を交換するのに突破陣を63回も周回しないといけない
えぇ?そんなに手間がかかるのにライトニングエルボーとほとんど性能変わらないのぉ?
…………という訳でコストパフォーマンスは肩当ての中でもワーストクラス。入手の手間を考えるとラウンドガードよりもひどい
 
肩当て系列の防具は胴体部防具と併用することが可能で大きく防御力を底上げできる、というのが特徴ではある。
その割に店売り品は性能しょぼくてしかも価格が無駄に高いというのが問題なわけだが
ということは限界強化したハードレザーに限界強化したこれを合わせれば防御力は52+49=101も上昇させられる。強そう
だがしかし、実は通常攻撃のダメージ計算の都合上、実は片方分は盛大に無駄になってしまうのである。
エルクやトッシュなど防御力が普通にあるキャラならハードレザーだけで足りてしまうし、
リーザやイーガなど防御力が低いキャラでさえ、もう一つの防具は当て方の絵巻至高の魔法のりんごの限界値で事足りてしまう。
つまり防御力だけしか能がないのに、防御力が過剰になって意味をなさないのである。酷い話だ。
だったら装備効果を持った使用アイテムやアクセサリを強化したほうが無駄は少ないという訳である。
別に限界強化したこれとアクセサリを併用するという形でもいいのだが、だったら買うだけでいいハードレザーで良く、
入手の時点で非常に面倒くさいこれを使う必要もない。
限界強化をしないのなら無駄はないので併用するだけの余地もあるのだが、やはり拾うだけでいいライトニングエルボーや戦士の守りで事足りる。
 
そもそも闘技場の景品には至高の魔法のりんごやドーピングアイテム(特にAMGで上位品が手に入らないパロの実や上位が出ても価値が薄まらないみなぎる果実)、
合成素材となるルビーともっと優先したいものがある。
また、これを入手できるだけ溜めたならもう少し頑張ってスレイヤーを入手したほうが戦力増強になる。
防御力のなさは戦術や状態異常の活用でいくらでもカバー可能なので、どうしても優先度は低いのだ。
 
別に性能自体は悪い訳ではないのだが、入手の手間が非常に面倒くさすぎてすべてを腐らせてしまった悲劇の存在であると言える。
後は特徴が環境と噛み合わなかったことも不遇の理由と言えるだろう。


*1 実際にはダメージを減少させる効果はない(スレイヤーのような【種族名】が頭に付く変化も起こらない)
*2 鍛冶屋で発生可能。特定のキャラorモンスター(トッシュ他)に装備させてレベルアップさせることでも開花可能
*3 +1~+9→SS