Allosaurus の変更点

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • Allosaurus へ行く。
|>|&attachref(800px-Allosaurus_Dossier.jpg,,65%);|
|BGCOLOR(#EEEEEE):||c
|種属|Allosaurus Therotribus|
|時代|ジュラ紀後期|
&br;
*基礎値と成長率 [#de79b4b6]
|150|100|100|140|120|120|c
|~能力|~基礎値|~成長率(野生)|~成長率(テイム後)[**]|~テイム完了時固定(add)補正|~テイム完了時乗算(mult)補正|h
|Health|630|+126|+5.4%|+0.07|-|
|Stamina|250|+25|+10%|-|-|
|Oxygen|150|+15|+10%|-|-|
|Food|3000|+300|+10%|-|15%|
|Weight|380|+7.6|+4%|-|-|
|Melee Damage|35/25[*]|+1.75/+1.25|+1.7%|7%|17.6%|
|Movement Speed|100%|-|+1%|-10%|-|
|Torpor|1000|+60|-|+0.5|-|
-テイム時のレベルが高いほどステータスは上昇します。(移動速度以外)
-個体ごとにステータスにばらつきがあります。
--Torpor以外のステータスはレベルの数だけランダムで振り分けられます。(7種にランダム、飛行生物は移動速度除く6種にランダム)
--Torporは他のステータスと違い、レベルが上がると必ず上昇します。(手動レベルアップ以外)
-[*]この基礎値に実際のゲーム内で表記されている倍率をかけたものが与ダメージとなります。(基礎攻撃力は変動しない)
-[**]テイム直後の能力値を基準として増加します。
&br;

■移動速度
|~移動タイプ|~基礎速度|~スプリント速度(野生)|~スプリント速度(テイム後)|~スタミナ消費|h
|歩行|650(492.8)|1404|1579.5(892)|22|
|水泳|300(300)|-|-|-|
-これらは移動速度100%時の基礎速度です。
--()内に記載されているのは人間(サバイバー)のデフォルトの移動速度です。
*特性 [#i00f7de5]
■行動
|150|500|c
|攻撃|左クリックで噛みつき リーダー状態の時のみ右クリックで出血噛みつき 群れリーダーのみCで咆哮(群れが唱和する)|
|採集|肉食系全判と同じ|
|特殊行動|出血噛みつきでDotダメージとスローがかかる|
|備考|三体以上が一定範囲内にいると群れになり、一番レベルの高い個体がリーダーになり、群れ全体にバフがかかる|
#br
■生態
|150|500|c
|生息域|主に内陸|
|気質|攻撃的|
|産卵|あり|
|ドロップ|Raw Meat、Raw Prime Meat、Hide、Keratin|
|備考||
#br
■テイム
|150|500|c
|テイム・騎乗|共に可|
|テイム時の餌|Raw Fish Meat<Raw Meat<Raw Prime Fish Meat<Raw Prime Meat<Raw Mutton<Superior Kibble(旧Kibble(Diplo Egg))|
|サドル制作に必要なレベル|67|
|備考||
#br
&#9724;&#65039;コマンド
admincheat summon Allo_Character_BP_C
X種
admincheat summon Volcano_Allo_Character_BP_C
&#9724;&#65039;サドルID
AlloSaddle

*補足 [#x1cdabf8]
アロサウルス。名前は「異なるトカゲ」を意味する。同じサイズの獣脚類に比べると控えめな頭部をもち、目の上には
一対の小さな角があった。「意思疎通をする能力を持ち、大型恐竜を集団で狩っていた」と考えられてきたが獣脚類が種内で友好的であったという証拠はとぼしく、またアロサウルスの肋骨に食い込んだアロサウルスの歯など共食いをした後もみつかっていることから、むしろ同種の個体とはライバル関係にあったのではないかという見方もある。
体長は殆どの種は7、8メートルほどだが、アロサウルス・フラジリスという種は10から12メートルに達する巨体。ゲームに登場するのもその大きさからフラジリス種と思われる。体格が著しく大きい割には体重は他の同格の大きさの肉食恐竜の半分以下であった。理由は骨格の各部に大幅な軽量化が見られる為。その為巨体の割りに動きは大変素早く、極めて恐ろしい殺戮者であったと考えられる。

&br;
■ゲーム内では
主に山岳付近に生息し、攻撃的で足も早く厄介な存在。
社会性を持っていた説を採用したのか、3~4匹の群れで出現する大型の肉食恐竜。2匹以上の群れになると、一番レベルの高い個体はアルファブーストがつき、背中に赤い炎が揺らめくようになる。群れが大型化しすぎると複数個体がアルファ化することも。
群れの中に最高レベルの個体が複数いた場合、アルファがコロコロ入れ替わる。
単体では左クリックの噛みつきしかできないが、アルファになった個体は出血効果のある攻撃をすることができるようになる。
この出血効果がアロサウルスの最大の魅力。出血には割合ダメージだけでなく、鈍足効果もあるのでリーダーに一度噛まれたらどんなに体力がある生物でもあっという間に溶かされてしまうことも。この鈍足がアロサウルス最大の武器であり、かかった相手は方向転換すらままならなくなるため、ひたすら後ろに回り続けて相手に反撃を許さずじわじわ弱らせることも可能。出血ダメージは上限無しの5%ダメージ。ティタノであろうが問答無用で5%削る事が出来る。ただし、ボスは状態異常無効なので効果がない。
出血を利用して、被ダメカットを持つ敵を素早く削ることができる。ロクエレ討伐にも使われる。
また、ボスアリーナへ入場可能な為、ラグナロクのボス戦でマンティコアが召喚するロクエレを処理するマウントとして利用されることがある。しかし、ステータスは主力を張るには物足りない。
群れのアルファのみCキーで吠えることができ、群れの残りのアロサウルスが合わせて吠えてくれる。

欠点としては出血は群れ運用限定なこと、単体性能だけだと格下判定のはずのカルノに劣ること、スタミナ回復が致命的に遅いことが挙げられる。

なお、調査書にはスピードを重視するものはカルノタウルスを選ぶとあるが、実際にはアロサウルスのほうがダッシュ速度は速い。
ただし移動速度にマイナス補正を受けている。

以前はケツァルでつかめず、数体いる中で目星をつけた個体を狙うのは困難であったが、アップデートでつかめるようになった。テイムは比較的楽になった。喧嘩を売りやすく、すぐ死にやすいので、素早く掴んで安全地帯へ運ぼう。
&br;
DLC:Genesisでは、火山バイオームに亜種としてXアロサウルスが登場。
アロサウルス特有の出血と足の早さ、X生物の補正、格下判定での無視ができない点などが合わさり、野生種はバイオーム中で1、2を争う危険生物と化している。

だが、テイムできればその出血効果で討伐ミッションでの運用も期待できる。
*コメント [#a6f91ee8]
&color(Red){マナーを守ってコメントしましょう。};
詳しくは[[ガイドライン>コメントマナー]]を参照。
#pcomment(,10,noname,reply)