Carno の変更点


TITLE:Carnotaurus

|>|&attachref(carnotaurus.jpg,,50%);|
|BGCOLOR(#EEEEEE):||c
|種属|Carnotaurus pressor|
|時代|白亜紀 後期|
&br;
*基礎値と成長率 [#de79b4b6]
|150|100|100|140|120|120|c
|~能力|~基礎値|~成長率(野生)|~成長率(テイム後)[**]|~テイム完了時固定(add)補正|~テイム完了時乗算(mult)補正|h
|Health|420|+84|+5.4%|+0.07|-|
|Stamina|300|+30|+10%|-|-|
|Oxygen|150|+15|+10%|-|-|
|Food|2000|+200|+10%|-|15%|
|Weight|300|+6|+4%|-|-|
|Melee Damage|43[*]|+1.75|+1.7%|7%|17.6%|
|Melee Damage|43[*]|+2.15|+1.7%|7%|17.6%|
|Movement Speed|100%|-|+1.25%|8.5%|-|
|Torpor|350|+21|-|+0.5|-|
-テイム時のレベルが高いほどステータスは上昇します。(移動速度以外)
-個体ごとにステータスにばらつきがあります。
--Torpor以外のステータスはレベルの数だけランダムで振り分けられます。(7種にランダム、飛行生物は移動速度除く6種にランダム)
--Torporは他のステータスと違い、レベルが上がると必ず上昇します。(手動レベルアップ以外)
-[*]この基礎値に実際のゲーム内で表記されている倍率をかけたものが与ダメージとなります。(基礎攻撃力は変動しない)
-[**]テイム直後の能力値を基準として増加します。
&br;

■移動速度
|~移動タイプ|~基礎速度|~スプリント速度(野生)|~スプリント速度(テイム後)|~スタミナ消費|h
|歩行|425(492.8)|892.5|1190(892)|15|
|水泳|300(300)|-|-|-|
-これらは移動速度100%時の基礎速度です。
--()内に記載されているのは人間(サバイバー)のデフォルトの移動速度です。
*特性 [#r82ffeb8]
■行動
|150|500|c
|攻撃|主に前方、左クリック:噛みつき、右クリック:頭突き|
|採集|攻撃時に死体からRaw Meat、Prime Raw Meat、Chitin、Hide、Keratin、Peltを採集(対象により採取できるものは変化)|
|特殊行動|ユウティラヌスが近くに居る場合、ユウティラヌスが敵対した生物が上位生物であっても敵対する(Rex,Wyvernなど通常敵対しない生物であっても敵対する)|
|備考|噛みつきに30%の装甲貫通効果&br;頭突きにはノックバックと出血効果(後述)|
#br
■生態
|150|500|c
|生息域|全域の内陸部、山岳の麓、北東の島|
|気質|攻撃的|
|産卵|あり|
|ドロップ|Raw Meat , Raw Prime Meat , Hide , Keratin|
|備考|雪原などでユウティラヌスと群れを成している|
#br
■テイム
|150|500|c
|テイム・騎乗|共に可能、テイムは通常の手法、騎乗にはサドルが必要|
|テイム時の餌|Raw Meat < Cooked Prime Meat< Prime Meat < Regular Kibble(旧 [[Kibble ( Kibble (Ankylo Egg)>http://wikiwiki.jp/arkse/?Kibbles]])|
|サドル制作に必要なレベル|46|
|備考||
#br
&#9724;&#65039;コマンド
admincheat summon Carno_Character_BP_C
変種
admincheat summon Carno_Character_BP_Aberrant_C
アルファ種
admincheat summon MegaCarno_Character_BP_C
汚染
admincheat summon Carno_Character_BP_Corrupt_C
&#9724;&#65039;サドルID
CarnoSaddle
*補足 [#iac50b3e]
カルノタウルス。非常に特徴的な外見をした体長8メートルほどの大型獣脚類で、二本の角と妙に小さな前肢、そして発達した後肢が特徴。前肢は最早ただ付いているだけと言ってもいいほど退化しているが、その後肢は走行に適した物であり恐らく素早い行動が可能だったと想像されている。
&br;
''■ゲーム内では''
かなりスピードが速く、[[Raptor]]を遥かに凌駕する攻撃力を持つ。ソロの低レベルで出会った際は草食恐竜に押し付けて時間を稼ぐか地形でハメる位しか対処法が無い。&br;また頭突き攻撃はなかなか強いノックバック効果を持つので、気をつけたい。&br;[[Rex>T-rex]]以上にpop範囲が広く頻度も高いため、サバイバーたちにとってはかなりの危険生物である。

基本的には肉食動物としては中堅どころで、ある程度慣れてくれば脅威ではなくなるが、一部の雪原エリアでは[[ユウティラヌス>Yutyrannus]]の手下として再びサバイバーの前に立ち塞がる。群れを成しているうえにユウティラヌスの咆哮の援護を受けて格段に脅威度が上がっている。
ユウティラヌスに対してカルノタウルスは野生状態でもテイム済みでも特殊な挙動を示す。詳細は[[ユウティラヌス>Yutyrannus]]のページで。
 
テイムした場合、頼もしい味方となる。
プレイヤー操作で野生生物が相手であれば、多少レベルの離れた大型肉食竜にも対抗しうる戦闘力を持っており、α種やギガノトサウルスなどの”規格外”以外には脅威を感じないだろう。
加えて俊敏で小回りも利くため移動にストレスがない。積載力も低いほうではなく、非常によくまとまった、使いやすい性能を持っている。
さらに、大きすぎないため筏やコアトルなどを使った輸送も容易で、侵入できる地形も多く、一部の地底洞窟などにもちょっと無理やりだが入っていけたりする。小型竜とは比較にならない戦闘力で、蛇や昆虫レベルなら難なく蹴散らしてくれるだろう。
資源採集は得意ではないが、探索、移動、輸送、戦闘まで幅広くこなす使いやすいペットである。

&br;
攻撃範囲が案外狭く、パラサウロロフスの草むしりのような判定をしており、複数戦は苦手。
噛みつき攻撃には足元への当たり判定が弱いので、小型相手には突き上げをメインにするといいだろう。攻撃速度は両者ほぼ同じ。
また、スタミナ回復速度が非常に遅く、肝心な時にスタミナ切れを起こしやすいので注意。
必要キブルもアンキロサウルスと序盤では少し用意しにくく、テイム時間もそれなりに長く、霜降りを供給し続けたり、運良くヒツジを見つける必要がある。分布が広く、拠点の近くでテイムしやすいのが救いか。
中盤の戦闘兼肉稼ぎ用ペットとしては[[Direbear]]がおり、中々立場が危うくなっている。彼はレッドウッド生息と危険地帯にいるので、拠点近くの安全地帯でカルノをテイムしてからクマさんをテイムしにいって乗り換えるのも一つの手だろう。
ブリーディングを含めて、複数戦力育成を目指すならば手頃な戦力として手を伸ばしやすい候補となる。スポーンが多いため良質なブリーディング候補を見つけるのが比較的容易であり(特に降雪地帯ではユウティラヌスの影響でいくらでも供給される)、産卵式なので開始時間等の調節もでき、ティラノサウルスと比べると育つスピードは約2倍と速い(熊とは一緒)。
メイトもしくは3~4匹程度の群れを作りやすいサイズも利点といえる。クマは単体の能力では凌駕するが、ライダーレスの加速なしと、2匹でもしばしば詰まる体の太さにより複数運用がし難い難点を抱えている。
また、サバイバーがユウティラヌスに騎乗している場合、カルノをお供に連れていると、ターゲットを合わせてくれる。
鍛えぬいた精鋭をお供に将軍プレイもなかなかロマンがある。スタミナ効率の悪さもお供ならば気にならないため、適任かもしれない。
&br;
アップデートにより、左クリックに30%の装甲貫通効果と右クリックに''出血攻撃''を獲得した。出血攻撃は10秒間に体力の5%を削る効果で、重複はしない。体力の多い恐竜や強力なダメージカットを持つ恐竜でも必ず200秒で討伐が可能。ボスに出血攻撃は無効。出血攻撃を持つ恐竜としては、発動に条件があるが鈍足効果つきのアロサウルス、ボスに出血が有効なデイノニクス、お手軽かつ入手が比較的簡単なカルノタウルスと言ったところか。アルファカルノタウルスと汚染されたカルノタウルスは出血攻撃を持たない。
&br;
■アベレーションでは
上層と下層に出現する。見た目は喉元や体の側面が光っている。
放射線耐性を持っており、下層での活動が可能。耐性持ちの中で、ライダーレス追従に適している数少ない生物であるのが利点と言える(他は攻撃力や体躯によるスタック、足が遅いなど癖の強いタイプが多い)。未知のエリアを目指すのにあとすこし戦力がほしい、といった時に活躍してくれるかもしれない。
アップデートで変種も装甲貫通効果と出血攻撃を獲得したため、アベレーションの凶悪度がさらに増した。

*コメント [#a6f91ee8]
&color(Red){マナーを守ってコメントしましょう。};
詳しくは[[ガイドライン>コメントマナー]]を参照。
#pcomment(,10,noname,reply)