Pteranodon の変更点

TITLE:Pteranodon

|>|&attachref(pteranodon_.jpg,,50%);|
|BGCOLOR(#EEEEEE):||c
|種属|Pteranodon wyvernus|
|時代|白亜紀 後期|
&br;
*基礎値と成長率 [#de79b4b6]
|150|100|100|140|120|120|c
|~能力|~基礎値|~成長率(野生)|~成長率(テイム後)[**]|~テイム完了時固定(add)補正|~テイム完了時乗算(mult)補正|h
|Health|210|+42|+3%|+0.07|-10%|
|Stamina|150|+7.5|+4%|-|-|
|Oxygen|150|+15|+10%|-|-|
|Food|1200|+120|+10%|-|15%|
|Weight|120|+2.4|+3%|-|-|
|Melee Damage|18/50[*]|+0.9/+2.5|+1.275%|9.1%|17.6%|
|Movement Speed|100%|-|-|35%|-|
|Torpor|120|+7.2|-|+0.5|-|
-テイム時のレベルが高いほどステータスは上昇します。(移動速度以外)
-個体ごとにステータスにばらつきがあります。
--Torpor以外のステータスはレベルの数だけランダムで振り分けられます。(7種にランダム、飛行生物は移動速度除く6種にランダム)
--Torporは他のステータスと違い、レベルが上がると必ず上昇します。(手動レベルアップ以外)
-[*]この基礎値に実際のゲーム内で表記されている倍率をかけたものが与ダメージとなります。(基礎攻撃力は変動しない)
-[**]テイム直後の能力値を基準として増加します。
&br;

■移動速度
|~移動タイプ|~基礎速度|~スプリント速度(野生)|~スプリント速度(テイム後)|~スタミナ消費|h
|歩行|260(492.8)|-|-|6|
|水泳|-|-|-|-|
|飛行|600|1649.9996|1897.5|0.325|
-これらは移動速度100%時の基礎速度です。
--()内に記載されているのは人間(サバイバー)のデフォルトの移動速度です。
*特性 [#u69af0de]
■行動
|150|500|c
|攻撃|前方|
|採集|なし|
|特殊行動|小型動物を足で掴むことができる。掴んだまま飛翔移動可能|
|備考||
#br
■生態
|150|500|c
|生息域|全域の沿岸、河川部|
|気質|臆病|
|産卵|あり|
|ドロップ|Raw Meat , Hide|
|備考||
#br
■テイム
|150|500|c
|テイム・騎乗|共に可能、テイムは通常の手法、騎乗にはサドルが必要|
|テイム時の餌|Raw Meat < Cooked Prime Meat< Prime Meat < Regular Kibble(旧 [[Kibble (Dodo Egg)>http://wikiwiki.jp/arkse/?Kibbles]])|
|サドル制作に必要なレベル|38|
|備考|騎乗時スペースキーで着陸、その状態から騎乗のまま歩行可|
#br
&#9724;&#65039;コマンド
admincheat summon Ptero_Character_BP_C
&#9724;&#65039;サドルID
PteroSaddle

*補足 [#a4d22f40]
プテラノドン、所謂『翼竜』の代表的存在。
あまりに代表的すぎてティラノサウルスと同時期に居たように扱われたり、大きな翼開長から人を持ち上げるような描写が見受けられるが、実はティラノサウルスとは同じ白亜紀でも大きな時代の隔たりがある。
翼開長こそ大きなものの、魚食性で獲物は嘴で摂取しており、後肢はかなり貧弱。
飛翔力の低さは軽い体重で補っており、地上に降りた際は画像の様に可愛く歩行していたと想像されている。
ゲーム内では歯があるが、実際は歯は一本も生えていない。
#br
''■ゲーム内では''
能力的には何といっても飛行が可能と言うの最大の特徴。
サドルを付ければ大空を自由に行き来…と、言いたいところだが、ステータス面はリアル寄りの貧弱なステータスで、飛行系の中では最弱を争う。
ヘルス、スタミナ、ウェイトが軒並み低く、プテラに乗って移動するときはあまり荷物が持てないのが欠点。
他の生物を掴んで飛ぶことができるが、やはりウェイトの低さのせいですぐ重量オーバーになってしまい、掴める生物の種類も少ない。
スタミナ切れも起こしやすいため過信は禁物。
#br
同じ飛行生物としては[[アルゲンタヴィス>Argentavis]]よりスピードが速く、サドル解禁がLv38と飛行生物の中では[[Lymantria]]の次に早い。
特にこだわりがないのなら実質的な入門用飛行生物となるだろう。次の飛行生物サドルはアルゲンタヴィスのLv62。
テイムの際は、[[Bola]]で動きを封じておくことを推奨。昏睡後のテイム時間は長め。
#br
飛行中の操作は地上時と同じく「向いている方向へ移動」とシンプル。上空へ向かいたい時は上を見ながら前進させればそちらへ向かって飛んでくれる。
地上へ降りたい時、飛び立ちたい時は「SPACE」キー。「X」キーで空中に静止することも可能。プテラ以外の飛行生物もこれらの操作はだいたい同じなので覚えておこう。
攻撃力は低すぎるということもなく、空を飛べることを利用すれば強力な動物とも充分渡り合える。
飛行中に「C」キーを押すことで、ローリング攻撃ができる。この攻撃は比較的高威力で広範囲の当たり判定がある。
ただしスタミナ消費が大きく、連発は出来ないので注意。強敵相手にスタミナ切れを起こしてしまうと致命的なのでスタミナ管理をしっかりしよう。
地上攻撃は割りと判定が強く、ノックバックもあり、サドルの防御力も相まって意外と敵対生物を倒す事が出来る。ユタラプトルは勿論、低レベルプテラでなければカルノタウルス程の相手でも倒して肉にする事が出来るだろう。
因みに、プテラを含む殆どの飛行生物はXキーで空中静止が出来る。
かなりのスピードで飛び回りながら戦うため、命令を無抵抗にしておかないと戦闘になった際にどこかへ飛んで行ってしまい、そのまま迷子になる事も多い。
&br;
-掴める恐竜は[[掴んで運べる恐竜リスト]]を参照&br;
#region(対人戦闘について)
①プテラノドン 対 人間
-プテラノドン側
滑空による攻撃で相手を捕獲し高所より落として落下ダメージで倒す。この際に水に落とすと落下ダメージが軽減されるため注意。
1度捕まえれば勝てるため、ヒットアンドアウェイを重視。
-人間側
滑空してきたところを横に大きくよけて弓矢で横っ腹を打つ。
追い払うことが最終目標となり、1度つかまれると即死であると考えたほうがいい。
プテラノドンは捕獲時に左右に大きく動けないため、この戦法がもっとも有効である。
#endregion

&br;
*コメント [#a6f91ee8]
&color(Red){マナーを守ってコメントしましょう。};
詳しくは[[ガイドライン>コメントマナー]]を参照。
#pcomment(,10,noname,reply)