TEKCave の変更点


|&attachref(./800px-Tek_Cave_Inside2.jpg,nolink);|
|100|400|c
|アーティファクト|なし|
|戦闘難易度|激高+|
|環境難易度|激高+|
|座標| 42.8 / 39.2|
|気温|-28℃~60℃|
|クレート|無し|
|出現する生物|攻略欄参照|

*概要 [#b953862a]
&color(Red){PS4:ローカル(シングルプレイ) の環境下にて非常に高確率で[[監視者>Overseer]]討伐後のアップロードによるキャラロストが発生します。};
&color(Red){PS4:ローカル(シングルプレイ) の環境下にて非常に高確率で監視者討伐後のアップロードによるキャラロストが発生します。};
同環境で挑まれる方は細心の注意を払って挑みましょう。バックアップやPS+のオンラインストレージを利用してみるといいかもしれません。
&br;
The Islandにのみある洞窟。ARKにおけるボスよりもエンドコンテンツであり、PvEにおける最終攻略目標でもある洞窟。
TEK洞窟を抜けた先にテレポート装置があり、テレポートするとラスボス戦が控えている。
TEK洞窟を抜けた先にテレポート装置があり、テレポートすると[[ラスボス戦>Overseer]]が控えている。
ボスと同様にガンマ、ベータ、アルファの3種類の難易度がある。
入場するにはボスと同様に材料が必要で、どの難易度もアイランド各種ボスの討伐トロフィーを要求される。(ガンマ洞窟ならガンマトロフィー)
**必要材料 [#dae6b19d]
ローカル(シングル)プレイでは、必要材料を消費しない。装置に入れるだけで良い。
サーバープレイでも素材が消費されない(公式サーバーで消費されないのを確認)。一度集めさえすれば何回でも周回可能。誰でも取れるので、開場後に開場素材はワイバーン等連れて行かない恐竜にすぐしまっておこう。
||||c
|~日本語|~Gamma|~Beta|~Alpha|h
|必要レベル|60|80|100|
|対応した難易度のブルードマザートロフィー|1|1|1|
|対応した難易度のメガピテクストロフィー|1|1|1|
|対応した難易度のドラゴントロフィー|1|1|1|
|アルファ・ユタラプトルの爪|-|1|1|
|アルファ・カルノタウルスの腕|-|1|1|
|アルファ・ティラノサウルスの歯|-|1|1|
|アルファ・メガロドンの鰭(ヒレ)|-|-|1|
|アルファ・トゥソテウティスの眼|-|-|1|
|アルファ・モササウルスの歯|-|-|1|
|アルファ・リードシクティスの脂身|-|-|1|
*攻略 [#w37ad679]
制限時間は洞窟40分、ボス40分。ボスの戦闘が始まると洞窟で消費した時間はリセットされ40分になる。ローカルプレイでは無制限。
入り口の装置を起動すると5分間扉が開く。サバイバー10人ペット50匹入場可能。
非騎乗ペットはうまく動けずにマグマに落ちてしまうことが多いので、戦闘には参加させず、入場したら待機させておいて道中の敵を掃除してから連れてきた方が安全。
中は極端に熱く、最初は44℃。中盤までは48~56℃。終盤は60℃。44℃は防熱135、48~56℃は防熱300程、60℃は防熱400程あると良いだろう。
ギリースーツ、ハザードスーツやブリードしたメレー振りカワウソなどを連れて行くと良いだろう。カワウソは極寒エリアでも有効なので特に有用。
マグマ地帯を抜けると青いエリアに到達する。極寒のエリア。テレポート装置しか無く、敵はいないが気温は-28℃。防熱で固めた装備ではとても耐えられる物ではないのですぐに着替えよう。防寒585程で対処可能。ボスエリアも-28℃。
洞窟内の敵対生物はレベル上限が極端に高い。
|ガンマ|Lv195|
|ベータ|Lv320|
|アルファ|Lv620|
ガンマは多少硬い程度でベータ・メガピテクスに挑めるようなティラノサウルスなら問題なく進める。ギガノトが最深部にLv195が
1匹だけいる。
ベータは違和感のある硬さで、攻撃力も高くなってくる。アースロプレウラの反射ダメージが洒落にならなくなる。ギガノトのLv320が最深部1匹。道中たまにレベル二桁が1~2匹いる。
アルファは異常としか言えない硬さで、ティラノサウルスに至ってはHP2万超えは当たり前、メレーも500%を軽々と超えてくる。ギガノトのLv620が最深部に1匹。道中たまにレベル二桁が1~3匹いる。

敵対生物の数は非常に多いので、敵生物の種類・注意点の項目で解説。
メガロサウルスが出るので、昼に突入すると気持ち程度楽になる。
マグマ地帯なので、落ちたら助からない。敵に押し出されないように慎重に行動しよう。
TEKヘルメットを持っていくと良い。生命探知のハイライトで小型生物の探知がしやすく、敵対している生物もひと目で分かる。
マグマ地帯に落ちたら終わりなのは敵対生物も同じなので、マグマの崖を挟んで遠距離武器で釣って落としたり、カルボネミス等の生贄を用意し、移動命令をマグマの中にやり、敵を引き連れたままドボン等も可能。
ギガノトサウルスも例に漏れずマグマの餌食になる。特に最深部の高レベルギガノトはマグマの断崖絶壁に立っており、これ見よがしに落としてくださいと言わんばかりなので落としてあげよう。
マグマを有効活用する事で被害を大幅に減らせるので、時間をかけても有効活用していきたい。厄介なアースロプレウラや、アロサウルスを落とせるとなお良い。テリジノサウルスやユウティラヌスもリンク範囲が広めなので1匹釣ると大量に落ちていく。
敵の生物同士の喧嘩は発生しないが、ダメージは通る。ペットに攻撃をしかけている敵ティラノは敵アロや敵カルノ達にもダメージを与えていたりする。



-準備したいアイテム
--防御力用防具
--高品質ギリースーツ
--高品質毛皮装備
--TEKヘルメット
--TEKライフル
--高品質ポンプアクション式ショットガン
--パラシュート
--食料、水分
--メディカルブリュー
**攻略法 、有効な生物[#b7174f80]
-ティラノサウルス、ユウティラによる堅実な攻略
言うまでもなく、全てのボス戦で基本となる攻略法。ただ、通常とは少し異なる点もある。
ユウティラヌスの咆哮は敵にも有効。防御力低下は勿論、結構な生物が逃走し、完全に無力した上で蹂躙出来る。
逃走先にマグマがあればドボン。
向かってくる生物はバフ付きティラノサウルスで正面から押さえる。
王道だが、全員騎乗がほぼ必須条件であり、サバイバー人数が多くないと成立しないのが難点。(AI任せだと結構な確率でレックスがマグマに落ちて殉職する)
ユウティラヌスは2匹以上用意したい。普段のボス戦感覚の1匹ではバフとデバフの両立は難しい。

-ロックドレイクでステルス旅
ボスには入場出来ないが、ステルスモードになってテレポ装置まで走り切る事が出来る。お手軽最速攻略。取り残すと消滅してしまうが、一部環境ではTEK洞窟内でポッドが使用不可になったため、ドレイクは使い捨てとなることも。監視者を生身で倒す人向け。スタミナ目安は3000あると安心、4000あると多少迷っても余裕。
tek装備+毛皮だけでは寒さに耐えられないのでブリカワウソを持って行こう。カワウソのメレー目安は600以上。暑さは至高ハザードグローブだけでしのげる。


-生身グライダースーツにサボテンスープ
道さえ覚えれば誰にも気付かれずテレポ装置まで駆け抜ける事ができる。
リスクは高いが、恐竜も不要で失うものが少ない。
Tekチェストにはグライダースーツ装着不可。
また、洞窟エリアではTek飛行不可。

有効な生物 

・ティラノサウルス
言うまでもなく直接戦闘のエキスパート。耐久力、攻撃力といった基礎的な戦闘スペックが非常に高く、攻撃範囲、ノックバックといった指標も全てが高水準でまとまっている。
一部の騎乗解除も届かず、生態的地位の高さ故に殆どの敵から敵対されない。基本どのような敵が相手でも対応でき、弱点もないので安定した攻略が可能。その後の監視者戦でも有効。

・ユウティラヌス
補助のエキスパート。バフで味方を強化することはもちろん、デバフで小型~中型クラスを無力化することができる。咆哮はスタミナを消費する為、スタミナには余裕を持っておこう。

・ロックドレイク
機動力とステルス機能で敵を無視して移動することができる。ティラノ&ユウティラの戦法が使えないソロだと有効。
ロックドレイクはボス戦で使えない為、その後の監視者戦ではサバイバー単身で挑むことになる。また、ポッドが使えなくなった為ロックドレイクは使い捨てとなる。

・マナガルム
弱体化はされたものの、持ち前の機動力は健在で、また遠距離攻撃もできるのが大きい。…だが、ティラノと違い騎乗解除によって袋叩きにされるので注意。その後の監視者との戦いでは範囲殲滅力等弱点が目立つ。

・持ち込めない生物
スピノサウルスや、リーパーキングは、入り口で引っ掛かる為侵入不可。ポッドが禁止された今は使えないことに注意。当然だがギガノトも持ち込み不可。
*敵生物の種類・注意点 [#daf059fb]
|150||c
|~恐竜名|~注意点・対処法|h
|アロサウルス|出血が厄介。いかにHPを上げていても問答無用で削ってくる。短期決戦かマグマに落とすと良い|
|アースロプレウラ|厄介筆頭。レベル上限が高いので反射ダメージだけで1000ダメージを超えたりする。アルファに至ってはHP1万を超えてくる。銃弾は約3倍通り、TEKライフルに至っては5倍(1200ダメージ)通るので、遠距離からTEKライフルをぶちかまそう。HSも2.5倍ある。マグマに落としてもよいだろう。武器を使う際に騎乗解除生物に襲われないように注意。|
|バリオニクス|スタン攻撃するわけでもないのであまり問題はない。|
|カルノタウルス|ユウティラのお供。咆哮バフを付けられても所詮カルノ…であったが、アップデートにより出血攻撃が追加されヘルスを高めていても油断できなくなった。稀にアルファ種がいる。ガンマ程度なら強い程度なのだが、ベータ、アルファからは異様な体力を持っている。逆襲のカルノ。アルファ・ブーストに要注意。発見したら大きく引き、他の生物を極力少なくした状態で対処しよう。|
|ディロフォサウルス|一応いる。アルファではちゃっかりHP2000を超えていたりする。|
|ギガノトサウルス|場所によっては正面衝突も有りうる。殆どの場合はマグマに付き落とせる。|
|カプロスクス|厄介。上位生物でなければ彼に騎乗解除され昇天してしまうだろう。上位生物でも降りた瞬間に飛びかかられる事も。TEKヘルメットを使って優先的に排除したい。上位生物だけで進行しているなら気にならない。|
|メガロサウルス|昼はやっぱり寝ている。戦闘力はティラノ級なのでサイズに騙されずしっかりと倒そう。|
|ミクロラプトル|厄介筆頭。ティラノサウルス等の上位生物に乗っていてもたまに敵対し、問答無用で騎乗解除させられる。マグマに蹴り落とされたり、そうでなくても他の生物に袋叩きにされてしまう。TEKヘルメットを使用し、最優先で討伐しよう。|
|プルロヴィア|厄介。上位生物でなければもれなく飛びかかってくる。また、地面に埋もれてるプルロヴィアを倒すのに降りなければならない。プルロヴィア、カプロスクスのおかげでダエオドンを連れて行くのが至難の業となっている。TEKヘルメットを使用し、事前に探知。埋まっているのはTEKライフルで遠距離から掘り起こすと良い。TEKサドルを装備したティラノサウルスなら安全に排除できる。敵対されない生物だけで進行しているなら気にならない。|
|ティラノサウルス|戦闘力が高い。ベータ、アルファは無駄に体力が高くしぶとい。特殊行動があるわけでもなく、案外サンドバッグで空気。稀にアルファ種が出現する。これが厄介の範囲を超えている。ガンマならやたら強い程度なのだが、ベータからは低レベルギガノトと同等以上。アルファに至ってはHP30万を超え、攻撃力は1000の大台に乗ってくる事も。ある意味裏ボス。いずれの難易度でもアルファ・ブーストが厄介なので討伐するなら大きく引こう。マグマに落とせば解決。TEKティラノもちゃんとポップし、アルファではLv744で、ARK最高レベルを更新した。|
|テラーバード|一応いる。アルファでは案外体力が高くて驚かされる…かもしれない。|
|テリジノサウルス|リンク範囲が広め。攻撃力と耐久力こそティラノサウルス程ではないが、サドル防御力をカットする能力と、野生特有の複数回ヒットのため、囲まれたり潜り込まれて至近攻撃を受けると危険。ノックバックを利用しつつ倒すと良い。|
|ユウティラヌス|上位生物に乗っていなければ逃走デバフをかけられてしまう事も。上位生物に乗っていればあまり気にならない生物。|
* [#u2f34f7c]
恐竜での攻略情報
|150|50|75|400|c
|~恐竜名|~侵入|~騎乗|~その他・備考|h
|[[名前>ページ名]]|侵入|騎乗|その他・備考|


*コメント欄 [#i7b697e5]
#pcomment(,10,noname,reply)