Therizinosaurus の変更点

|>|&attachref(800px-Therizinosaurus_Dossier.jpg,,65%);|
|BGCOLOR(#EEEEEE):||c
|種属|Therizinosaurus multiensis|
|時代|白亜紀後期|
&br;
*基礎値と成長率 [#de79b4b6]
|150|100|100|140|120|120|c
|~能力|~基礎値|~成長率(野生)|~成長率(テイム後)[**]|~テイム完了時固定(add)補正|~テイム完了時乗算(mult)補正|h
|Health|870|+174|+5.4%|+0.07|-|
|Stamina|300|+30|+10%|-|-|
|Oxygen|150|+15|+10%|-|-|
|Food|3000|+300|+10%|-|-|
|Weight|365|+7.3|+4%|-|-|
|Melee Damage|52/5[*]|+2.6/+0.25|+1.7%|7%|17.6%|
|Movement Speed|100%|-|+1%|-|-|
|Torpor|925|+55.5|-|+0.5|-|
-テイム時のレベルが高いほどステータスは上昇します。(移動速度以外)
-個体ごとにステータスにばらつきがあります。
--Torpor以外のステータスはレベルの数だけランダムで振り分けられます。(7種にランダム、飛行生物は移動速度除く6種にランダム)
--Torporは他のステータスと違い、レベルが上がると必ず上昇します。(手動レベルアップ以外)
-[*]この基礎値に実際のゲーム内で表記されている倍率をかけたものが与ダメージとなります。(基礎攻撃力は変動しない)
-[**]テイム直後の能力値を基準として増加します。
&br;

■移動速度
|~移動タイプ|~基礎速度|~スプリント速度(野生)|~スプリント速度(テイム後)|~スタミナ消費|h
|歩行|466(492.8)|978.6|1304.7999(892)|14|
|水泳|300(300)|-|-|-|
-これらは移動速度100%時の基礎速度です。
--()内に記載されているのは人間(サバイバー)のデフォルトの移動速度です。
*特性 [#ib2c1276]
■行動
|150|500|c
|攻撃|爪ひっかき、cで噛みつき(ダメージの半分の昏睡値付与)、右クリックで収穫(5ダメージ)|
|採集|左クリックで木、藁、肉類、魚肉類、皮、毛皮、レアフラワー。&br;右クリックで繊維。&br;Cキーでベリー、皮、キチン。|
|特殊行動|近寄ると敵対|
|備考||
#br
■生態
|150|500|c
|生息域|森林や林、平原や山の麓など比較的温暖な気候のエリア(いわゆる安全地帯)が中心|
|気質|テリトリー型|
|産卵|あり|
|ドロップ|Raw Meat , Raw Prime Meat , Hide , Keratin,[[Therizino Claws]](テリジノサウルスの爪)|
|備考|-|
#br


■テイム
|150|500|c
|テイム・騎乗|共に可能、テイムは通常の手法、騎乗にはサドルが必要|
|テイム時の餌|Mejoberry < [[農作物>http://wikiwiki.jp/arkse/?%BF%A9%CE%C1]] < Exceptional  Kibble(旧[[Kibble (Megalosaurus Egg)>http://wikiwiki.jp/arkse/?Kibbles]])|
|サドル制作に必要なレベル|69|
|備考|昏睡値減少が非常に速い。&br;踏破性が高く、逃走時などは高さ2の壁を超える程。&br;捕獲施設は壁の高さ3以上を推奨。|
&#9724;&#65039;コマンド
admincheat summon Therizino_Character_BP_C
&#9724;&#65039;サドルID
TherizinosaurusSaddle

*捕捉 [#j9b6265c]
テリジノサウルスは、地球に存在してきた生物の中でもっとも長い爪を持っていたといわれ、その爪は骨だけで70センチ、骨を覆うケラチン質をいれれば90センチにもなっただろうといわれる。すさまじい爪から「大型肉食恐竜である」とか「アリクイのように爪で土を掘り起こして虫を食べていた」などの説があったが、近縁のアラシャサウルスの発掘により、現在では植物食であったとみられている(直接的な証拠はなく、魚食など諸説ある)。
#br
肋骨が幅広で、当初はカメのような姿に復元されたりしていた。
原始的なテリジノサウルスの仲間の化石からは羽毛のあった痕跡も見つかっている。
鳥が羽ばたくように両手を広げることができる構造になっているが、なぜそうであったかはわかっていないなど、とにかく謎の多い恐竜。
&br;
''■ゲーム内では''
主にマップの南側にPOPする。索敵範囲は狭いが入ると敵対する。しゃがんでいれば爪先辺りにいない限り敵対しない。
移動速度、攻撃性能が高く、生身で敵対されたら地形利用しない限りまず逃げ切れないだろう。
その攻撃性から南部スタートの初心者サバイバーを一網打尽にしていたが現在はPOP数が激減し、警戒していれば回避可能な程度に収まった。
#br
敵対した場合、非常に危険。
ひっかき攻撃はサバイバーの防御力をほぼ無効化(防御力約10分の1)。その為、被ダメが大幅に増加し、防具が壊れやすく、かつ攻撃力が高く感じる。布や皮は文字通り布切れ同然だろう。
しかもサドルの防御力も激減(約1/5にして計算)する。高レベルかつメレーが優秀な個体だと、エングラムサドル程度では三桁ダメージを叩き込んでくる。TEK洞窟で出現するレベルだとティラノサウルス以上の脅威。
ひっかき攻撃はサバイバーの防御力をほぼ無効化(防御力約10分の1)。その為、被ダメが大幅に増加し、防具が壊れやすく、かつ攻撃力が高く感じる。しかもサドルの防御力も激減(約1/5にして計算)する。高レベルかつメレーが優秀な個体だと、エングラムサドル程度では三桁ダメージを叩き込んでくる。TEK洞窟で出現するレベルだとティラノサウルス以上の脅威となり得る。
また、噛みつき攻撃には騎乗者貫通ダメージがあり、ペットに乗っていても危険。控えめだが即時気絶値上昇効果もあり、あまり長く戦闘になるとサバイバーが気絶してしまう。
序盤、ユタラプトル程度の小型生物で挑むと上記の性能でサバイバー本体が返り討ちにされてしまうので、見かけてもあまり相手にしない方が良いだろう。
トリケラトプスによるノックバックを駆使すれば撃退は可能だが、運悪くサバイバーが先に倒れてしまう可能性は十分にある。
#br
ヘルス値、気絶値はそこまで高くないので罠などの対策を講じれば討伐、昏睡は難しくない。昏睡値の回復は早い。
キブルは%%メガロサウルスの卵を要求するので難易度が高い。%%キブルリワークによりExceptional  Kibbleを要求するようになったが、作成難易度(ほぼ最上位の生物の卵で作るキブル)は依然高い難易度である事に変わりがない。次点でメジョベリー/野菜なのだが、テイム時間がとにかく長い。
メジョベリー・野菜・各種ベリーはテイム時間は変わらない(餌を食べる回数は減るのでテイム効果には影響する)。
公式鯖設定ではベリー・野菜類でのテイムにLv10でも約3時間、Lv150に至っては10時間以上もかかる(キブル使用で約1/3になるが、それでも約3時間)
その代わりダウン中でも殆どの恐竜から襲われず、比較的安全にテイムする事が出来る。
#br
安全な地域で出没し、テリジノ側からふらふらと接近し、問答無用で敵対される事がある。
襲ってくる生物いないし…と油断して無抵抗のティラノサウルスやギガノトサウルスを外に置こうものなら延々と引っ掻き回して殺害してくるので要注意。
似た生物としてペゴマスタクスが存在する。

#br

''■テイム後''
最大の特徴は騎乗時の性能。上位の存在として周囲から敵対されず、小回り、スピードの利く乗り回しやすい性能。
攻撃速度も草食の中ではかなり早く、戦闘力は非常に高い。左クリックのひっかき攻撃は見た目通りの強烈なあたり判定を誇り、Cキーの噛みつきは攻撃力の半分の昏睡値を増加させる。ただし、右クリック収穫動作だけは基礎ダメージが5なので戦闘には使えない。
アルファ恐竜やティタノサウルス、ダンクルオステウスと並んで石建築を傷つける限られた恐竜の一つである。
#br
Health、Meleeともに高めで、草食であることから野菜ケーキが使えるので、ボス相手に正攻法で戦える珍しい存在。
草食でボス相手に適性があるのは、タンク役としてのガスバッグか、ドラゴンの攻撃を透かせるメガロケロスくらいのものであり、いずれも真正面からボスにぶつかる性能、使用方法ではない。
体躯が大きくない為、ノックバックに弱くサバイバーに攻撃が届いてしまう場合があるという欠点があるものの、同時に小回りが利き、狭い通路で落下しにくく、背後に周り易い。
移動速度も速く、攻撃を回避しやすいのもあって、場面次第でレックスの代わりに出場させることも可能。
#br
採取能力が突出しており、木材、わら、肉、皮、キチン、繊維、ベリー類など、採掘系を除きあらゆる素材を採取可能。
レアフラワーやレアマッシュルーム、プラントXの種も大量に収集できる。
また、コマンドの使い分けで木材とわらの量を調節可能なため、テリジノ一匹で無駄なく木材建築をその場で作ることができる。
ただし採取能力の優秀さとは逆に重量は高くなく、重量軽減もない。気が付けば木材やらベリーやらで動けなくなっていることもしばしば。
ブリーディング等で攻撃力を上げた個体は、木を一、二本ひっかけただけで重量オーバー、という事態も起こりうるため、仕事をさせない場合はEメニューから資源の採取を封じておこう。
野菜/メジョで時間をかけてでもテイムする価値のある高性能な恐竜。
#br
''特殊ステータスと採取能力について''
追加効果でテイム後のレベルアップ回数分特殊ステータスに振ることが出来る。
デリケートとパワーがあり、デリケートは右クリック(繊維、レアフラワー、プラントX等)、C攻撃(ベリー類、わら、木材等)。パワーは左クリック(木材、レアマッシュルーム、わら等)でのアイテム取得率にボーナス。
ボーナスは最大レベルで特化させた場合154%ほど。
-他で代用出来ない唯一無二の採取能力で言えば、皮が挙げられる。皮のみを目的に剥ぎ取る事が出来るのはテリジノサウルスのみ。
-繊維の採集も抜群の効率を誇る。採集行動が数回のヒット判定を持っている上、移動しながら使えるため、コンバインのごとくノンストップで採集が可能。ブリードやボーナスによっては数十秒で五桁に到達する。
-その他、機動力も相まってベリー効率も1,2位を争う効率を保っている。ブロントサウルスのような範囲は無いが、小回りが効きやすい。
-木材の採取効率は全生物中で最も高い。ただし重量軽減がないので特化させると数本、下手したら1本伐採しただけで動けなくなる。
マンモスを追従させ、マンモスをチェスト代わりにする事でマンモス単体での木材収集より高い効率を叩き出す事が出来る。
いつからかCキー単体でも木材伐採が出来る様になったため、デリケートでも木材へのボーナスを得られるようになっている。
-沼地に行けば左クリックでレアマッシュルーム、右クリックでレアフラワーやプラントXといった貴重な素材を大量に入手できる。
ただしレアマッシュルームは木材採取と併行作業になるため良し悪し。
-他にも、大量の屑鉄をTEK系の生物から手に入れることができる。
通常のTEK生物相手に肉食生物で採取しても、せいぜい10から20程度、素材が多い[[Enforcer]]でさえ40程度の屑鉄しか得られない。
しかし、十分な攻撃力やインプリンティング、メイトブーストに加え、採集ボーナスも振ったテリジノサウルスであれば、TEK生物から1匹30~40前後、[[Enforcer]]であればなんと三桁は剥ぎ取る(C採取、もしくは左+C採取)。
屑鉄は1個でメタルインゴット1個相当に製錬できるので、意外と効率がいい。
もちろん、速攻で動けなくなるのでやるなら荷物持ちは必須。

#br
''小技/小ネタ''
2コマンドで特殊な採取方法が存在する。1コマンド目の攻撃が対象にヒット判定を出す前に2コマンド目を行うと出来る。
-左+C …パワー依存でC採取。(死体に左+Cをするとひっかき攻撃でパワー依存の皮/キチンのみ剥ぎ取り)。この入力を成功すれば木を伐採せずベリー採取せず敵に攻撃する事が出来る。
-C+左…デリケート依存で肉剥ぎ取り&木からワラを多く採取。
-C+右…草から異様な量の繊維を集める。また、紫の絹の花からかなりの量を採取可能。繊維獲得量はバグ紛いで、あっという間に万単位を集められる程。

これらのテクニックを使えれば大幅に運用に幅が出来る。
また、騎乗状態とそうでない状態で採取に若干の違いがある。沼地のレアフラワーの茂みを非騎乗状態で採取させると、レアフラワーを大量に採取する。レアフラワーの効率はとびぬけて高いため、大規模養蜂をしたいならば頼りになる。
#br
以前は攻撃に複数回ヒットの判定があったが、今では2回の判定の内どちらかが当たるともう一つの判定でダメージを出すことができない。
ただし、野生には複数ヒットの判定が残っている(ダメージ表記させると分かる)。採取のほうでも、爪での採取は2回に分けて採取する。
また、以前の採取ボーナスは最大が425%というとんでもないもので、ギガノトでの肉採取以外の採取恐竜のお株を奪っていた。現在は攻撃の高さから採取量は多いが、ほかの恐竜とは主に多才さで使い分ける性能となっているといえる。
&br;
&br;
''木材採取参考表''
同じオブジェクト数を採取した際の採取量の目安。1の位四捨五入。
採取量はランダム性があるのであくまで参考程度に。
|100|50|50|50|50|50||c
|~名前|~重量|~軽減率|~Lv1|~約350%|~約700%|~備考・考察|h
|カストロイデス|300|50%減|810個|1300個|2160個|意外と採取量が多い。ただし重量と軽減力が低いのですぐに動けなくなりがち。戦闘力もあまり高くなく、ユタラプトル等に引きずり降ろされやすい。テイム難易度が低く、場所を取らないのが長所。唯一自動採取してくれるが重量の半分まで。|
|マンモス(左クリック)|500|75%減|400個|1070個|1150個|木材採取量はあまり高くはない。見た目の割に重量が低い。カストロイデスと比べると図体はでかいが戦闘力、重量、軽減力に長けるので安全に大量の木材を採取するのに向く。テリジノサウルスの荷物持ちにも活躍する。|
|テリジノサウルス(パワー60回振り)|400|無し|830個|2020個|2380個|木材採取量最高。ただし軽減が一切なく、重量も高くないので一瞬で動けなくなる。テイム難易度も高い。木材以外にも生肉や皮集め等にも活躍する万能型。4匹の中で唯一上位生物なので襲われない…がやはりすぐ動けなくなり降りるハメに。重量振りマンモスやロールラットを荷物持ちに追従させる事で大幅な採取効率上昇を見込める。|
|ロールラット|400|80%減|720個|1920個|2240個|アベ限定。重量はマンモスに劣るが軽減力で勝り、実質同等。採取量はテリジノに一歩劣るがカストロイデス以上。戦闘力もそれなりに高く、戦闘力、重量&軽減、採取量どれも隙が無く、恐らく木材採取最強。ただしレベル厳選作業、ステ厳選作業、テイム難易度どれも高く、ブリーディングで強力な個体を作りにくい。|
オブジェクトの耐久力は木の種類にもよるが、検証に使用した沼地の根っこの生えた木では高メレーでも採取量に大きな変化が見られないのが判明した。
具体的には攻撃力が過剰すぎた分だけあまり恩恵を受けられない模様。カストロイデスが基礎28と最も攻撃力が低く、350%でも過剰にならず、まだ伸びしろがあるのが分かる。次点でロールラットの基礎42なのでこの時点で過剰攻撃力になっていると思われる。(検証に使用した木の耐久値では)
*コメント [#a6f91ee8]
&color(Red){マナーを守ってコメントしましょう。};
詳しくは[[ガイドライン>コメントマナー]]を参照。
#pcomment(,10,noname,reply)