Stego

Last-modified: 2022-06-21 (火) 11:12:43
種属Stegosaurus regium
時代ジュラ紀 後期


基礎値と成長率

能力基礎値成長率(野生)成長率(テイム後)[**]テイム完了時固定(add)補正テイム完了時乗算(mult)補正
Health650+130+5.4%+0.07-
Stamina300+30+10%--
Oxygen150+15+10%--
Food6000+600+10%--
Weight500+10+4%--
Melee Damage42[*]+2.1+1.7%7%17.6%
Movement Speed100%-+2%96.4%-
Torpor500+30-+0.5-
  • テイム時のレベルが高いほどステータスは上昇します。(移動速度以外)
  • 個体ごとにステータスにばらつきがあります。
    • Torpor以外のステータスはレベルの数だけランダムで振り分けられます。(7種にランダム、飛行生物は移動速度除く6種にランダム)
    • Torporは他のステータスと違い、レベルが上がると必ず上昇します。(手動レベルアップ以外)
  • [*]この基礎値に実際のゲーム内で表記されている倍率をかけたものが与ダメージとなります。(基礎攻撃力は変動しない)
  • [**]テイム直後の能力値を基準として増加します。

■移動速度

移動タイプ基礎速度スプリント速度(野生)スプリント速度(テイム後)スタミナ消費
歩行170/76.5(492.8)607.75210.375(892)20
水泳300/135(300)---
  • これらは移動速度100%時の基礎速度です。
    • 野生とテイム後で基礎速度の変化があります。左側が野生、右側がテイム後です。
    • ()内に記載されているのは人間(サバイバー)のデフォルトの移動速度です。

特性

■行動

攻撃背面から首の向いた方向180度以上の範囲攻撃
採集通常攻撃時に木オブジェクトから木材・藁を採集、草オブジェクトからベリー類を採集(繊維の採集なし)。攻撃時のモードにより各種素材の採取量が変化する。
特殊行動
備考Melee上昇に伴い採集量増加
 

■生態

生息域全域に分布するがやや中部から東部の山岳を除く内陸側に多い
気質中立
産卵あり
ドロップRaw Meat , Raw Prime Meat , Hide , Keratin
備考
 

■テイム

テイム・騎乗共に可能、テイムは通常の手法、騎乗にはサドルが必要
テイム時の餌Mejoberry < 農作物 < Regular Kibble(旧 Kibble (Sarco Egg))
サドル制作に必要なレベル26
備考
 

◼️コマンド
admincheat summon Stego_Character_BP_C
TEK
admincheat summon BionicStego_Character_BP_C
変種
admincheat summon Stego_Character_BP_Aberrant_C
◼️サドルID
StegoSaddle

補足

ステゴサウルス、体長9メートルほどの草食恐竜でジュラ紀後期から白亜紀前期の北米、中国に生息していたとされる。非常に有名な恐竜の一体。
剣竜の由来である背中の突起は当初は肉食竜からの防御手段と見られていたが、実際は体熱の調節機能であったという説が有力で、尻尾に付いたスパイクで身を守ったと見られている。
その特徴的な背びれはしばしば創作作品のデザインに取り入れられており、日本の怪獣王「ゴジラ」の背びれは本種のデザインが元ネタとされる。


■ゲーム内では
島のいたる所に生息している。アンキロサウルスとは逆に本来の大きさより一回りほど大きくなっており、その迫力はティラノサウルスにも劣らない。
カルボネミス程ではないが移動速度が遅いためスリングショットや弓矢で引き撃ちして気絶させる戦術が有効。
しかし近くに同種が存在する場合しっかりとリンクするので、迂闊な場所で喧嘩を売ると間合いを取るのも難しくなり危険。喧嘩を売る場合は周囲の状況と自分の武器をよく見て考えよう。
テイムする際、背中の突起はダメージを低減する効果があるため、可能なら射撃系で頭を狙うといい。


■テイム後
騎乗時の性能は、移動が遅くスタミナも少ないため遠征には不向き。騎乗射撃可能。
同じ中型草食恐竜のトリケラと比較すると、攻撃動作にクセがあるがHPや攻撃などステータス面はステゴの方が高く、移動速度はほぼ同じだが旋回等の機動力で後れを取る。しかし、移動速度の伸びが高めでブリーディングやレベルアップでしっかり伸ばしてあげると目に見えて使いやすくなる。
重量、体力面は優秀で尻尾を振り回す攻撃は範囲が広い。ベリー収集などには便利だが、近くにいる生物への誤爆には気をつけたい。トリケラより一つの草から取れるベリーの量が多く、草食の中でも1,2を争う効率。ベリー採取ならば基本的な性能はトリケラを上回っていると言えるだろう。
攻撃を連打すると攻撃動作はとるが攻撃判定が出ないことがあるので注意。尻尾が元の位置に戻ってから攻撃しよう。

 

背中の突起はしっかり当たり判定を持っていて、騎乗者を包み込んで守るような配置となっているため、一部騎乗者へ直接ダメージを与えてくる攻撃から守ってくれる(ちゃんと突起で防がないといけないが)。特にユタラプトルの騎乗解除&拘束攻撃を防いでくれるのは大きい。
また突起部分には特殊能力があり、遠距離攻撃(矢や銃弾など)のダメージをカットする(30%減)。突起の盾と含め、PvP環境では有用な能力である。
前述のとおり攻撃範囲が非常に広くノックバックが強烈で、威力も中型肉食竜のそれに匹敵するため、鈍重ながら草食竜のなかでは高位の戦闘力を持っている。

 

ただし、トリケラよりテイム時間が2倍も長く、テイムが比較的困難となっている。気絶値も2倍。
トリケラのように前方に防御力はなく、ヘッドショット判定(1.67倍)もあるので2倍と言えど昏睡自体は難しくないだろう。
キブルはサルコルクス。サルコはテイム時間は短めだが危険な沼地生息なのでテイム難易度は高め。キブルの必要数も多く、テイム1倍Lv150では64個も食す。
ステゴのキブルは中盤の重要な飛行生物、アルゲンタヴィスに有効。

キブルリワークにより、好物がRegular Kibbleに変更された。サルコルクスの卵も引き続き使える他、イグアノドンなど多数の卵が材料に該当するので難易度は大きく下がっている。ちなみにステゴ自身の卵もRegular Kibbleの作成に使える。
残念ながらアルゲンタヴィスはSuperior Kibbleに変更されたため、ステゴの卵は有効ではなくなってしまった。

 

5%の確率で金属の体と光る背びれをもつTEKステゴサウルスが抽選され出現する。ステータスはステゴサウルスと同一だが、出現時にレベル×1.2倍処理されるため、上限レベルが高くなっている。
ステゴサウルスとは別種として扱われ、TEK同士でしかメイトブースト及びブリーディングが出来ない。
卵も別物だが、通常のものとしてキブル作成に使用できる。
また、死体をはぎ取ると肉と皮ではなく、くず鉄・電子基板・原油・エレメントダストをドロップするようになった。


アベレーションにも登場、上層のいたる所に出現。
見た目は背中の突起が光っていて、イベントカラーともなると色取り取りの姿を見せてくれる。
性能や運用は他マップと同様。この世界の凶悪な面々に対し攻撃範囲やノックバックのおかげで戦力としてはそこそこで、生存率も高め。
なんとカルキノスで掴んで持ち運ぶことができる。トリケラでは出来ないため、ベリー集めではこちらが上となる。
サルコは水辺に行けば普通に出会えるため、キブルの材料集めは比較的簡単。しかし、必要個数が多いので根気がいる。
アルゲンタヴィスが居ないこの世界においてステゴ卵はテイムでの活用は出来ないが、ブリーディングのキブルに指定されている。

TLC3での能力追加

見た目が変化した。背板が少し大きくなり、目立つように。目のあたりがくっきりとした。
ベリーの重量を75%軽減する能力を得た。

3種のモードチェンジ
Cキーを押すとモードが切り替わる。

  • Hardened Plated(硬化モード)
    • オレンジのアイコン。被ダメージを50%カットする。Dotダメージや騎乗者貫通攻撃の騎乗者へのダメージも軽減できる。
    • 通常攻撃でベリーを採取せず、木材を採取する。
  • Heavy Plate(ヘビーモード)
    • 青のアイコン。通常攻撃時に10秒間の鈍足効果を付与する。鈍足効果は強力で、通常攻撃のノックバックと合わさって相手を寄せ付けずに攻撃できる。
    • 通常攻撃でわらを採取する。(ベリーも少量採取する)
  • Sharpened Plate(シャープモード)
    • 黄のアイコン。通常攻撃に鎧貫通効果がつく。ダメージカットを持つ生物の鎧は貫通できない。サドル防御やサバイバーの防御を貫通する。PvP向け。
    • 通常攻撃でベリーを採取する。(わらも少量採取する)
  • 各モード共通事項
    • 初期状態は硬化モード。モード変更後は非騎乗であってもモードが維持される。低温ポッドに入れてもモードは維持される。
    • 全てのモードで騎乗解除攻撃を無効化する。スタンに付属する騎乗解除も無効化するため、ミクロラプトルにけられても落とされない。ただし、付属効果や攻撃そのものを無効化するわけではなく、騎乗したままスタンを食らう形になる。
    • 野生は常に硬化モード。変種や汚染されたステゴサウルスも被ダメージを50%カットする。

拘束攻撃
右クリックで尻尾の棘を突き刺し、小さい生物を拘束できる。拘束中はお互いに動けない。継続ダメージを与えつつ、スタミナ減少デバフを付与する。デバフは拘束終了後も10秒間続く。拘束中はスタミナを消費し続け、スタミナが切れると拘束解除。右クリックをもう1度押すことでも解除できる。継続ダメージは1秒間に拘束した対象の体力の2.35%ほどのダメージを与える。防御力やダメージカットの影響を受けるので一般的な出血効果とは違いがある。
敵の体力をある程度まで減らすと大型生物であっても拘束できる。序盤のアルファカルノタウルスなど、高体力の生物の討伐に使えなくもない…のだが、ブロントサウルスやロックエレメンタルなど大きすぎる生物は拘束できない。

総評
様々な能力を獲得したが、足の遅さと旋回の悪さは改善されなかったので、戦闘や採取に使う場合でも移動速度にある程度ステ振りすると運用しやすくなる。定点でベリー採取だけさせるなら、この限りではない。戦闘面では被ダメージ50%カットが非常に強力。騎乗射撃可能であることと、スイートベジタブルケーキによる回復でボス戦での武器で攻撃もできるタンクとして活躍できるかもしれない。採取面ではベリーの重量75%軽減が非常に優秀。重量にステ振りせずとも大量のベリーを持ち運べる。ベリー採取生物としてはトップクラスの性能と言って良いだろう。わらを採取できる点も良い。木材は木材専門の生物を獲得するまでのつなぎにはなるだろう。総じて序盤にテイムできる採取生物としては、万能かつ優秀。

コメント

マナーを守ってコメントしましょう。
詳しくはガイドラインを参照。

  • vEとしては足が遅くなるのは何とかならないかなあとか思うが、vP的には足の速いコイツとか脅威なんだろうなあ -- 2021-09-26 (日) 10:37:59
    • トリケラ&ブロント「(鈍足化からは)逃がさん」 REXとかは高速化するのにね -- 2021-09-26 (日) 11:25:35
      • トリケラトプスはTLCでスピード上がったし走れるようになったでしょ! -- 2021-09-26 (日) 11:34:14
  • ジェネの月バイオームで騎乗解除されるのはマジできつい。ロクドレから降ろされて崖下に落下された挙句戻るのにモタモタしてたら高レベルのTekレックスに殺されてた…。気をつけよ…。 -- 2021-11-03 (水) 13:59:13
    • なぜ喧嘩売ったし -- 2021-11-03 (水) 14:24:52
  • 速度の倍率も上げちゃっていいんだよ運営さん?(チラチラ) -- 2021-12-19 (日) 11:51:11
  • サドル解禁早め、気絶難度易しめ、ダメカ持ちかつ騎乗射撃可能でかなり硬いで真正面からゴリ押しできる相手が多くなりテイムもゴリ押せるようになる素晴らしい子。終盤も役立てる場面がある。ブリしたならば尚光る。たまらん・・・たまらんな!大好きだ! -- 2021-12-22 (水) 09:44:58
  • ディノピテクスキングのβ以上は騎乗貫通攻撃がかなり痛いからステゴポンショが良さげ -- 2022-01-04 (火) 18:22:07
    • 騎乗貫通保護は無いけど機動力のないステゴでいいのか?よくわからないけど -- 2022-01-05 (水) 09:46:08
      • 生身動画の人はステゴに囮役(ケーキ持ち&サドル100程度)をさせて、ブリマナのブレスとスタミナ回復待ちを利用してのポンショで撃つスタイルで動画上げてたな。ガンマのだけど、状況次第で一体に攻撃が集中してやられた場面あったからステゴ騎乗はよした方が良い予感。 -- 2022-01-05 (水) 13:34:27
      • ステゴに騎乗貫通ダメの軽減はあるよ、あと立ち回り依存の攻略法は公式環境ではオススメしないからタゲ取り用とは別のステゴで撃ち続けるのはいいと思う -- 2022-01-05 (水) 16:24:23
      • ハードプレートモードの軽減効果のことかな、寄せ付けないためのヘビーより耐久重視でハードの方が有用か -- 2022-01-05 (水) 16:29:55
      • γは大丈夫だけどβ以上はマナだと事故って騎乗者が死ぬからやめた方がいい -- 2022-01-05 (水) 19:28:10
      • むしろマナガルムは下位生物扱いでボス戦で狙われにくい&機動力ある&遠距離攻撃出来るから騎乗恐竜としては相当事故率低いんじゃね。ステゴには劣るだろうけど -- 2022-03-20 (日) 12:23:08
      • マナが悪いというかβ以上でマナブレスが効くレベルに近づくorブレス当たるレベルで前衛減らす戦法が危険過ぎる。洞窟誘導や高みの見物する分にはいいけどメイン火力は貼れない。 -- 2022-03-20 (日) 13:11:06
  • 今までベリー枠でトリケラだったけど、最近ステゴ人気ぽいのを知ったので試しにテイムしてみようかな、、 -- 2022-02-08 (火) 18:10:45
    • ちなみに今のベリー集めトレンドはプロコプトドンだぜ、それはそれとして戦闘面なんかではステゴもしっかり優秀だけどね。 -- 2022-02-08 (火) 18:26:55
    • ベリー採取なら移動速度と重量の兼ね合いからプロコプトドン、自衛と採取量・重量軽減からステゴ、攻撃範囲と背中にすり鉢置ける点からブロントあたりが優秀だと思うよ。どれを優先するかは人それぞれだけどね -- 2022-02-09 (水) 01:32:37
    • 定点はブロント、少し出たところはプロコ、ワイバーンで掴んでドーザーはステゴがそれぞれいい感じ。その他にも調理とかでなく餌箱1つ分欲しいだけとかなら万能系のテリジノやマンモスも潰しが効くね -- 2022-02-09 (水) 01:43:43
    • 使わず嫌いは良くないと言う事で拠点の電気工事が終わり次第、高レベル見かけたらテイムして使ってみます!、、個人的にプロコが合いそうだけど、、 -- 2022-02-09 (水) 23:03:22
    • 茂みにぺゴマとか自動回収ペットを置いておく手もある -- 2022-02-10 (木) 13:36:08
  • 一回だけ右クリで敵を拘束してダメージを与えつつ左クリックもブンブン自由に振るえたんだが、テリジノやバリオの小技みたいに狙ってできたりするのかね? -- 2022-03-26 (土) 18:07:38
  • 変種のイベカラー、毎回綺麗なの多くて好き -- 2022-04-12 (火) 23:21:43
  • ロスアイだと本当に大繁栄しすぎで沼地にも多いよね。そして強くて下位判定だから沼の固有種達に襲われては返り討ちに…。お陰で沼地が安全になった代わりに見つけた高レベル沼地肉食がどんどん消されていく憎しみもあるしで複雑 -- 2022-04-14 (木) 13:00:09
    • 正確にはステゴは下位じゃなくて中位なんだ -- 2022-04-15 (金) 00:32:01
  • 野生ステゴの頼もしさよ、とりあえずアルファ以外の肉食は熊かステゴに擦り付ければ大抵は何とかしてくれる -- 2022-05-29 (日) 14:11:38
    • 熊「MPK仕掛けてくるんじゃねえ!(サバイバーにクマパンチ!)」 亀ステゴトリケブロントさんは困った時の押し付け役(ブロントさんの場合は足元に密着して一発一緒に殴られる) -- 2022-06-21 (火) 11:12:42