MAP の変更点


**アルティス [#a3aa921d]

#ref(map_altis_small.png,nolink,right,around,50%);
270K㎡の面積を持つArma3のメインマップ。丘に広がる広大な都市、風力発電所とソーラー発電所。南の平原を戦車で走破するか、北の山岳地でゲリラ戦を展開するか。Altisの風景は詳細なロケーションと多様な戦いの舞台に適している。
-[[高解像マップ(外部リンク)>http://assets.tacticalgamer.com/images/Altis-UltraHigh.png]]

***モデルになった場所 [#j37e39f8]
Altisのモデルになったリムノス(Limnos)島はエーゲ海にあるギリシャ領の島。またStratisのモデルになったアイオス・エフストラティオス(Agios Efstratios)島も実在する。島は戦略上重要な位置にあるためギリシャ軍の軍事基地がある。

&attachref(./map_altis_earth.jpg,60%);

開発初期の頃は実名で登場していた(ストーリーもギリシャ軍vsイラン軍という設定)が、2012年9月に現地を取材していたBIの社員2名がスパイ容疑で拘束されたことで変更を余儀なくされ、架空の島という形になった。
#br

縮尺は実物よりやや小さいが、景観はかなり詳細に再現されている。

&attachref(./map_myrina.jpg,40%);

&attachref(./map_bis_02.jpg,40%);
&attachref(./map_bis_03.jpg,40%);
//&attachref(./map_bis_04.jpg,40%);
//&attachref(./map_bis_05.jpg,40%);
//&attachref(./map_bis_06.jpg,40%);
//&attachref(./map_bis_07.jpg,40%);

#clear

**ストラティス [#ze330c11]

#ref(map_stratis_small.png,nolink,right,around,60%);
険しい地形、広大な森林と人工の空軍基地。Stratisには戦争を行うための豊富な機会がある。この近未来の戦場を攻撃ヘリで飛び回るか、20K㎡の島全域を徒歩で行くか。選択は君次第だ。
#clear

**タノア ([[Apex>DLC#m9ddc565]]コンテンツ) [#q82e00b7]

#ref(map_tanoa_small.jpg,nolink,right,around,50%);
熱帯地域の豊かな植生、地域特有のランドマーク、長きに渡る歴史、そして現代工学における人工的な巨大建造物の数々を有した総面積100キロ平方メートルのこの南太平洋に浮かぶ島々は、巨大なスケールでのリアルな戦闘を生み出すために作られました。熱帯雨林や火山、貧しい村々、サトウキビ工場、工業港など、タノアでは多様な環境のおかげで色んなタイプのシナリオに対応可能。正面切っての強襲、少数精鋭による隠密作戦、密林での戦闘、その他南太平洋に適したあらゆる状況にピッタリのロケーションです。さあ、次の冒険があなたを待っています。
#clear

**モルデン 2035 ([[Malden>DLC#c7750b8e]]コンテンツ) [#jab7f1a3]

#ref(malden_map.png,nolink,right,around,60%);
Malden 2035 は初代 Arma ゲームに登場した Malden のオリジナル地形を作り直した再録版です。Malden では Arma 3 の Vanilla 版の建造物や草木、その他類似するアセットを数多く再利用していますが、色付きの建物、ブドウ畑、納屋などの追加要素も含まれています。Malden 2035 は当初、Bohemia Interactive の無料タクティカル多人数シューター「Argo」用に開発されたマップであり、同ゲームの歩兵重視のシステムを大いに活用しています。そのため今回の新たな Malden では、各ロケーションにおけるゲームの流れに力が入っており、近接戦闘(CQC)に理想的な地形となっています。
#clear

**バーチャル リアリティ [#c0eecef5]
バーチャル リアリティはブートキャンプ アップデートにより実装された、訓練用のマップ。オブジェクトは一切設置されておらず、灰色の無機質な世界が広がっている。

**リヴォニア ([[Contact>DLC#i182cd3a]]コンテンツ) [#x5237965]
#ref(livonia_map.jpg,nolink,right,around,30%);
群生する森林、広く開けた野原、いくつもの目を惹くランドマーク的な建物――諸兵科連合を繰り出すのにピッタリとなる穏やかな夏の季節の世界を探索しましょう。『Arma 3 Contact』の全 163 平方キロメートルに及ぶ東欧の地形は、ポーランド語圏に位置する国リヴォニアの一部無人化したナドボル地方の一部を形作っています。この NATO 加盟国はロシアの領土であるカリーニングラード、CSAT 連盟国ベラルーシを含む 4 か国に囲まれており、その地政学的な重要度は計り知れません。森林地帯は完全新規な建造物やプロップ、自然オブジェクトなどで構成され、さらに他の Bohemia 地形からのオブジェクトも登場します。
#clear

**Weferlingen ([[Global Mobilization>DLC#xf794903]]コンテンツ) [#h101b401]
#ref(weferlingen_map.jpg,nolink,right,around,30%);
ドイツ北部の平野に位置するWeferlingenは、これまでにリリースされた最大のArma地形である419平方キロメートルの使用可能なエリアを提供しています。 1983年の実世界の場所をモデルにしており、まったく新しいアセットを使用しており、Arma 3にまったく新しいルックアンドフィールを提供するユニークなエクスペリエンスを提供します。 西ドイツと東ドイツの両方で50近くの完全に破壊可能な集落を探索したり、散在する森林地帯から待ち伏せを準備したり、戦車を農地で遠く離れた場所で戦わせたりします。

#clear


#br
#comment(below)