Top > Flux


Flux

Last-modified: 2018-09-25 (火) 18:56:03

flux Edit

fluxはAstroflux世界における通貨で、様々なものを購入できます。

  • 機体の購入
    • 最も重要なfluxの使いみち。日本時間で毎週金曜日の16:30分ごろから72時間ほど、
      週末セールという名目で、ランダムで選ばれた3機体が3割引で購入できます。
      6000flux近い機体の3割引は大変大きいので、できればこの機会を利用して買いたいところです。
  • 各種ブーストの購入
    • ブーストには経験値ブースト、トラクタービーム、経験値保護、カーゴ保護があります。
      経験値ブースト……ミッション達成経験値が1.3倍、敵撃破経験値が2倍になります。
      トラクタービーム……敵を倒して出てきた資源の回収範囲が広がります。
      経験値保護……死んだ時に失われる経験値がゼロになります。
      カーゴ保護……死んだ時にカーゴ内の資源が放出されなくなります。
      このうち有用なのは経験値ブーストのみで、あとは特に買う必要がありません。
  • アーティファクト最大所持数の増加
    • 初期値は250で、600flux払うことで400に増やせます。
      そこから800flux払うことで600に、さらに1000flux払うことで最大800個まで所持数を増やせます。
      しかし、カーゴの方がフル拡張してあっても、アーティファクトを300個ほどリサイクルすると
      満杯になってしまうので、実はあまり意味がありません。
      最大で2400ものfluxをつぎこむ必要はなく、初期値のままで充分でしょう。
  • アーティファクトセットアップ枠の購入
    • アーティファクトは5つまで装備できますが、たとえば純energy機体であるJudicator Prototypeと、
      純corrosive機体であるC8 Noxiumを状況によって使い分けたい時、
      あるいは、ShieldセッティングとHearthセッティングを変更したい時などに、
      この追加枠を購入することで、装備アーツをいちいち付け外ししなくても良くなります。
      1枠200fluxです。
  • クルー最大所持数の増加
    • 初期値は3で最大は5、+1で500flux、さらに+1は1000flux必要となります。
      機体を買うために貯めたい序盤ではかなりの負担となりますが、
      4人所持できるようにしておくと、アーティファクトの改造や惑星の探索ではかどります。
      一方で5人まで増やす必要は、対費用効果を考えるとイマイチと言えます。
  • クルーの雇用
    • 1人100fluxで雇用できます。こちらがクビにしない限り追加の費用は発生しません。
      アーティファクトの改造と惑星の探索に必要なので、できるだけ早い段階で3人は雇いたいところです。
      雇用はKapello,Durian,Arrenius,VibrilianにあるKantinaで行うことができます。
      Hyperionから離れるに従って(上の並び順)、クルーの初期能力値も高くなりますが、
      どのみち3項目がそれぞれ500以上、合計1500あればアーティファクト改造の期待値としては
      それ以上必要ないので、早めに雇ってコキ使った方がいいかもしれません。
  • クルーのトレーニング時間の短縮
    • 全く必要ありません。
  • アーティファクトのアップグレード作業時間の短縮
    • 全く必要ありません。
  • 惑星探索時間の短縮
    • 場合によっては買ってもよいでしょう。たとえば、Vorsran内部の惑星は行くだけでも、
      さらに惑星に着陸するのも大変なので、1度で済ませられるのは結構な時間の節約になります。
      ただし短縮するのに必要なfluxの量は固定なので、使うのなら探索を開始して即使ったほうがいいでしょう。
  • タイムミッションをパスする
    • 全く必要ありません。
  • アップグレードのリセット
    • 1回200fluxで、その機体のアップグレードをリセットできます。
      資源は全て戻ってきます。
      このゲームの武器は強化してみないと強さが判りませんが、
      強くするには相当の資源が必要となり、また、初期6段階の改造に必要な資源は、
      船単位で改造した分だけ増加し続けるので、すべての武器を最強に、は不可能どころか
      不必要な武器の強化はいずれ足かせになってしまいます。
      そのため、使えないと思った武器が溜まってきたら、このリセットを使う必要が出てきます。
  • ワープゲートの開放
    • 全く必要ありません。
  • 死亡地点へのテレポート
    • 1回3fluxで死亡地点へテレポートできます。それなりに重要です。
      いっぱい資源を拾ったけどリサイクルステーションに行く前に死んでしまった、とか、
      宇宙の遥か彼方まで行ったけど死んでしまった、とかいった場合に使うと便利です。
  • フレンドのところへのテレポート
    • 1回3fluxでテレポートできます。それなりに便利です。
      フレンドの存在理由はこの一点、と言い切ってしまうと気分を悪くする人もいるかもしれませんが、
      それくらい便利です。
      便利すぎてVorsranにいるとこれ目的のフレンド申請がバンバン飛んできます。
  • 船の塗装
    • 250fluxで機体色を変更できます。
      非常に微妙です。見た目が変わるだけだからというのではなく、
      色変更が反映されるのが「飛んでいる時だけ」というのがその理由。
      ダメージを受けたときは元の色に戻ってしまいますし、
      Pキーでプレイヤー一覧を表示させた時も機体の基本色でしか表示されません。
      それでも、見た目を変えるにはこれしかないので、
      250fluxをブラックホールに捨ててもいい覚悟ができたらKapelloに向かいましょう。
  • 名前の変更
    • 100fluxで名前を変更できます。
      基本的には必要ありませんが、KongregateとSteamはアカウント名で始まってしまう
      (itch.ioは最初に名前をつけられる)ので、変えたい人はどうぞ。
  • Podの購入
    • 1個45fluxで、10個まとめ買いができます。
      しかし1個も10個も必要ありません。一応、ここで10個まとめ買いをした時のみレアが1個保証されますが、
      レジェンダリならともかくレアでは……というのと、
      レジェンダリでさえ船が出るかどうかは確定せず、最悪アーティファクトが出て終了という、
      モニタに正拳突きを食らわしても仕方ないレベルの残念っぷりです。


      fluxは以下の方法で入手できます。
  • 現金
  • Pod
  • ミッション達成
  • 惑星発見
  • 惑星探索完了
  • 毎日のログインボーナス
  • フェースブックで褒める(1アカウント1回のみ・100flux)


    このうち主な収入源はミッション達成と惑星発見、惑星探索完了、ログインボーナスの4つ。
    さらに惑星発見と惑星探索完了は1回のみなので、
    ミッションが最大の収入源となります。
    ただしログインボーナスも5日間で40fluxと大きい(4→8→12→なし→16)ので、
    デイリーをこなす時間がなくても、ログインだけはしておくと結構差がつきます。


    また、Podは運なので期待しすぎは良くないですが、所持している機体を再度引いた場合、
    その機体の購入価格の70%に相当するfluxを獲得できるので、
    定価5980fluxのJudicator Prototypeを引けば、4186ものfluxが得られます。