Shadow Rine

Last-modified: 2021-10-27 (水) 19:37:08

ShadowRine~シャドウライン~

ジャンル:触れるアクションRPG
開発元:MM(Galaxy Laboratory)
種別:フリーソフト
フルボイス版:http://www.mm-galabo.com/sr/
攻略ウィキ:http://wikiwiki.jp/srguid/

概要

ShadowRine(シャドウライン)は、2012年9月に発表されたアクションRPG。作者はMM氏。略称は、「SR」。
「触れるアクションRPG」として、KGS社の点図ディスプレイDVⅡに対応し、また画面描画も行っている。このため、視覚、聴覚、触覚によるプレイが可能なユニバーサルデザインな作品となっている。
作品発表後は、サイトワールド等視覚障害関連イベントでの体験会の実施や、主要イベントに声優を起用したフルボイスバージョンの開発など、積極的な活動を展開している。なおフルボイスバージョンは、2014年2月、正式版1.00がリリースされた。

ストーリー

主人公はごく普通の少年。彼はある時、謎の声に導かれ、「カレシア」と呼ばれる世界へと召喚される。主人公を導いた声の主によると、その世界カレシアは現在、滅亡の危機に面しており、主人公はそれを救う救世主として召喚された、ということであった。
突然告げられた事実に驚愕しつつも、「世界を救いたい」その思いを募らせ、カレシアへと踏み出す主人公。果たして、君はカレシアを救えるか…

特徴

このゲームは、見下ろし型のアクションパートをベースに進行する。またキャラクター同士の会話などは、ノベルパートとなっている。
プレイヤーは、冒険中に出会う仲間と協力し、襲い掛かる魔物を振り払いながら、カレシアの危機に立ち向かう。

仲間との協力

作中に登場する仲間はストーリー進行によって加入する。加入した仲間は、任意のタイミングで操作キャラとして使用することができる。
全ての仲間には、固有の能力が備わっており、例えば魔物への攻撃はできないが、他のキャラクターでは飛び越えることのできない谷を飛び越える、といったものがある。また仲間の加入に伴い、水の中を移動できるなどの付加効果もあり、行動できる範囲が広がっていく。

戦闘

本作の戦闘はリアルタイムに進行する。プレイヤーは、敵の位置を見極めながら、距離を詰めて攻撃することで魔物へダメージを与えることができる。
魔物の位置については、画面上だけでなく、効果音や点図ディスプレイ上においても知ることができるように工夫されている。このため、プレイを重ねることで、より優位に戦闘を進められるようになる。

プレイヤーの強化

本作では、一般的なRPGで見られる経験値によるレベルアップは導入されていない。その代わりに、冒険中に入手できるアイテムにより、HPや攻撃力などを上昇させることができる。
また、作中に使用する武器は、魔物を倒して経験を重ねた後、特定の場所に持ち込むことで強化することができる。この際、剣の攻撃力以外にも、攻撃の飛距離などのステータスが向上することもある。

動作環境など

  • OS:Windows XP以上(DirectX8以上)
  • HDD容量:1GB以上
  • メモリー:1GB以上
  • スクリーンリーダー:PC-Talker・VDMW、NVDA、SAPI、クリップボード対応のもの
  • サウンド:音によるプレイにおいては、ステレオ再生が必須
  • 点図ディスプレイ:DV2
  • ジョイスティック利用可(振動対応)
    ※なお、ゲームを進める過程でデスクトップへのアクセスが発生する。このため、デスクトップへのデータの設置が可能なアカウントで遊ぶことが推奨される。

関連項目