ILI法律事務所 の変更点

ILI法律事務所は、高田康章弁護士が代表である。2022年6月8日に設立し、東京都千代田区に事務所を構える。メインのサービスとして、職場を辞めたいのにやめられないという悩みを持つ方へ向けた「退職代行NEXT」がある。

*高田康章弁護士PROFILE [#w66d3195]
**経歴 [#nf48c20a]
-2002年 明治大学法学部 卒業
-2004年 早稲田大学大学院法学研究科修士課程修了(法学修士)
-2008年 明治大学法科大学院法務研究科法務専攻修了(法務博士)
-2010年 司法試験合格、最高裁判所司法研究所入所
-2011年 弁護士登録(東京弁護士会 45188)
-2015年 都内法律事務所勤務を経て「浅草橋法律事務所」設立
-2022年 ILI法律事務所開設

**所属 [#ede96be5]
-東京弁護士会 法曹養成センター 委員
-明治大学 教育補助講師
-日本弁護士連合会 法科大学院センター

*ILI法律事務所概要 [#ycb1df42]
-〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20-13Y’Sコーラルビル3階
-TEL 03-6823-4098/FAX 050-3164-9899
-設立 2022年6月8日
-代表 高田康章(弁護士)

**ILI法律事務所の退職代行NEXT [#l2e8163d]
相談金無料、電話・メール・LINEにて簡潔、日本全国どこでも即日対応が自慢の退職代行NEXT。サービス立ち上げより現在まで100%の退職率を継続中。
NHKのクローズアップ現代+にて特集された。(2018年11月28日オンエア)

**サービスの特徴 [#rd201758]
-法律の専門家である弁護士が退職を代行
退職や内定辞退に関する法律の専門家である高田康章弁護士が、退職の手続きをフルサポートしていく。弁護士事務所より会社に連絡を入れることで、依頼主へ連絡がいくことは無い。
-退職内容に合わせた金額でリーズナブル
弁護士を雇うこと=費用が高い というイメージを持つ方が多いため、退職代行NEXTでは、大手代行業者と同等の内容をリーズナブルな費用での依頼が可能。
-退職以外のサポートも充実
退職に際して、未払い給料、残業代、退職金の請求に残っている有休処理などの法的な問題が生じる場合もある。そういった場合にも相談可能となっているが、対応の際は別途報酬が必要である。

**ILI法律事務所の退職代行を利用する人が急増中 [#t9e4ecb4]
-上司に過酷な待遇の改善を申し入れたら、逆に罵声を浴びせられてしまった
-退職したいと訴えたところ、損害賠償を払えと言われてしまった
-退職日には間に合わない量の仕事を振られるなどといった嫌がらせを受けた
-内定を辞退しようとしたら、過剰な引き留めにあった
-退職届を上司に提出したが、受理してもらえない
-過酷な労働環境にも関わらず、退職をほのめかしたら強引な引き留めにあった

このような例が多く、この国全体の労働環境の見直しが必要となってきている。
ストレス社会を生きる層に退職代行は需要があり、高田康章弁護士が代表を務めるILI法律事務所の退職代行NEXTのサービス利用率も高まっている。

性格上、面と向かって退職の意思を伝えられないという人にも利用されている。

*高田康章弁護士の想い [#z435acff]
退職したい、それなのになかなか「辞める」を言い出せない。会社が辞めさせてくれないという職場環境に居る場合、退職希望者に代わって退職意思を専門弁護士を通じ、退職を実現させる。
モラルの低い上司や、コンプライアンス意識の低い企業。こうした場合の退職はスムーズにいくことは困難を極める。未払いの残業代、賃金の未払いなどにより退職を先延ばしにされるケースも。
面と向かって退職意思を伝えることが厳しい方も少なくない中で、こうした退職代行を利用するメリットがあると考えている。