ハッピー・オブ・ジ・エンド

Last-modified: 2021-12-30 (木) 12:27:53

ハッピー・オブ・ジ・エンド

  • 原作・イラスト: おげれつたなか
  • キャスト: (ケイト) 立花慎之介×江口拓也 (柏木千紘)/ 松田健一郎 (加治亮平)/ 斉藤壮馬 (前田駿一)/ 劉セイラ? (ケイトの母)/ 伊藤健太郎 (マツキ)/ 相馬康一? (千紘の父)/ 蒔村拓哉? (カメラマン)/ 書上春菜? (りょうの母)/ 藤村花音? (カメラ専門店の客)/ 長谷徳人? (カメラ専門店の店員)
  • 発売日: 2021年10月29日    3,300 円
  • 収録時間: 74分40秒    トークあり
  • 発売元: CROWN WORKS CRWS-0068 ラビットゲート Azure collection / 竹書房バンブーコミックスQpaコレクション刊
  • 脚本: 小早川淳平?
  • 音響監督: 蜂谷幸 選曲: 鈴木潤一朗(スワラ・プロ) 効果: 和田俊也(スワラ・プロ)
  • スタジオ: デルファイサウンド エンジニア: 田中直也 アシスタントエンジニア: 杉野美結
  • マスタリング: MSG(渋谷サウンドスタジオ) 音響制作: デルファイサウンド 担当: 大坪絢
  • ステラワース特典: ブロマイド / 公式通販予約特典: サイン色紙・サイン入りA3クリアポスター・25mm缶バッジ2個セット(各抽選)/ アニメイト渋谷特典: サイン色紙・サイン入りA3クリアポスター・25mm缶バッジ2個セット(各抽選)
  • 関連:
  • 関連画像(Amazon.co.jp)   アルバムCDランキング
    B0971KFLSR 

    TRACK LIST

    TRACK LIST
    track01 ep.01
    track02 ep.02
    track03 ep.03
    track04 ep.04
    track05 free talk(江口拓也、立花慎之介)

2021/10/25~2021/10/31のCDアルバム週間ランキング(2021/11/08日付) 162位

感想

  • 「おめでとう、生きてる」昼下がりのゴミ捨て場、見覚えのある男の声で目が覚めた。空腹で金もない千紘は新しい"家"探しに訪れた行きつけのバーで、ド好みの男・ケイトに目を奪われ声をかけると好感触。まさかのホテルに誘われ、いい雰囲気になったところで突然電マでボコボコに殴られたのが1日前――。全てを思い出すも、仲間を呼ぶケイトの様子を見て今度こそ殺されるかもしれないと思いつつ回収された先はアパートの一室。ケイトの目的はとある探し物で、自分が用無しだとわかるとあっさり「消えて」と言い放たれるが帰る"家"もない千紘で……。
  • 未読組。これはいい。脚本・演出・演者のバランス力がある。メインキャストさんもですが、脇の面々が凄く活きてる。想像より斜め上の重厚な展開で続きが気になる、早々決定した次巻楽しみ。 -- 2021-12-19 (日) 23:59:59
  • 原作未読。独特の雰囲気のある作品で、は/ら/だ作品を思い出す。特に立花さんの謎めいたケイトがすごくハマっていた。千紘のクズ男だけど憎めない感じや、俊一が爽やかボイスでゲスな男なのも、ストーリーの生々しさを醸し出していて良かった。加治が全体のバランサーとしてコメディっぽく絡んでくるので、物語の背景の割りにそれほど重苦しくはない。主役二人の気持ちがついたり離れたりにやきもきした。これからどうなるのか気になる。個人的には伊藤さんのマツキが最高だった。 -- 2021-12-30 (木) 11:15:04