世界のすべてが敵だとしても 1 の変更点


*世界のすべてが敵だとしても 1 [#d880230e]
-''原作:'' [[ふゆの仁子]]    ''イラスト:'' [[海老原由里]]
-''キャスト:'' (阿部崇生) [[杉田智和]]×[[鈴村健一]] (門真千裕)/ [[三木眞一郎]] (樫尾凪)/ [[小西克幸]] (堀江武寛)/ [[内田直哉]] (森野)/ [[浜田賢二]] (柴時雄)/ [[藤本譲]] (結城崇三郎)/ [[中村秀彦]] (敵A)/ [[田島裕也]] (敵B)/ [[岩村琴美]] (女性A)/ [[稲垣美和子]] (女性B)
-''発売日:'' 2004年02月15日    2,800 円
-''収録時間:'' 74分35秒   フリートークあり ''通販特典:'' 8cmミニドラマCD 特典: ポストカード
-''発売元:'' リーフ出版 LCD-025 / リーフノベルズ
-''脚本:'' [[中野睦]] ''音楽:'' 佐藤啓 ''音響効果:'' 斉藤みどり ''キャスティング:'' [[松瀬直仁]]
-''演出・プロデュース:'' [[阿部信行]] ''録音スタジオ:'' 東京TVセンター ''編集スタジオ:'' ディオス
-''制作:'' インターコミュニケーションズ
-''ブックレット:'' 書き下ろしSS 「秘密」10ページ
-''関連:''
--[[世界は二人のために 2]]
-''関連画像(Amazon.co.jp)''
&amazon(B007UXS7OG,image); 
**感想 [#fa0a4a9b]
-「世界のすべてが敵だとしても…お前のことは、俺が守る」千裕は、ひょんな縁から結城コンツェルン現当主の孫の身代わりになった上、その命を狙う犯人捜しまでやることに!だが当主の護衛である阿部に「護ってやる」の台詞と共に「色仕掛けの練習だ」と言って押し倒され──!?
-フリートーク、司会小西克幸さん。鈴村健一さん杉田智和さん三木眞一郎さんで約9分楽しく。珍しく小西さんが真面目コメント。特典ミニドラマCD11分21秒。お披露目前日 
-小西さんの扱いは可哀想すぎると思います。
-色々と無理矢理感が強かった。
-杉田×鈴村は初顔合わせ 攻め系でありながらも若さ溢れる感じ×キレイ系と元気系が混ざったような声 かなり甘いラブストーリー+アクション系の娯楽映画的 特典CDその後の杉田×鈴村なショ―トエピソード11分20秒。
- うーん、杉田キャラの行動は鈴村キャラの行動理由的にみて本末転倒な気がした。 --  &new{2008-03-14 (金) 10:04:23};
- 可愛い鈴も好きだけど、BL的には珍しい凛々しい鈴も素敵だったな。どうかなと思ったけど杉さん珍しく攻めもいいかも!三木さん・小西さん大人しくて、ちょっと残念かしら。 --  &new{2008-08-15 (金) 22:42:45};
- フリートークで鈴村健一さんも言ってましたが、出だしはアクション系のようにかっこ良く始まるけど、それ以後千裕にそうアクションシーンは無く守られてる感は強かったです。杉田智和さんの崇生かっこ良かった~!声もどちらも素敵なので台詞の一つ一つに感情が伝わってきます。タイトルから凄いですけど。(笑)絡みシーンも堪らなかったです…イイです。フリートークの三木さんの「しょうもないガキ共の後に~」の辺りに鈴村さんと杉田さんの可愛らしさを感じました! --  &new{2008-11-27 (木) 08:00:46};
- 正直あまり期待しないで聞いたけど、それなりに楽しめた(自分は、小西さんメインの続編を聞くために本作を聞いたようなもの)。海外のTVアクション物シリーズのような印象。ストーリーの結末は最初の10分で予測できたけど(笑)。元気な受の鈴が意外に爽やかで好印象。年齢がいい具合にばらけてるメンツでのフリトは、かなりいい雰囲気で楽しめた。 --  &new{2009-10-18 (日) 23:42:25};
- 唐突感とツッコミどころ満載のストーリーです。もの凄いスピードで事件も恋愛関係も進んでいく印象です。ただその分展開が早いので、細かい事を気にせず聴くのなら、退屈はせず楽しめる作品だと思います。 --  &new{2009-10-19 (月) 00:23:28};
- 特典CDはフリトと同じ4人でした。 --  &new{2010-02-21 (日) 03:35:38};
- 脚本は悪い意味でむちゃくちゃで、主人公たちの恋愛が高まる様子も描かれずにとうとつに関係が進む上に、それに対する感慨も描かれないので……そこを重視するひとにはつまんない作品です。せりふも、ラブシーンも、定番のものをかきあつめてツギハギしましたって感じで、刺激がないし。でも、杉田さんの声は、いいです!やわらかく湿っぽく色っぽくほの暗く。ただ、あんまり演技が乗れているようには聴こえませんが… 鈴村さんも凛々しく愛らしいです!でも、あまりにもキャラクタが…設定に合わずトンチキな行動や言動をとるので、がっかりです。 --  &new{2010-05-29 (土) 08:09:18};
- 杉田×鈴村目当て購入なので内容より声で萌えました。 --  &new{2010-10-19 (火) 12:13:55};
- 展開が早く、あまり記憶に残らなかったような…。でも声優さんの声はそれぞれ素敵でした。主役二人の絡みを聞きたい人にはおすすめなのかもしれません。フリートークも面白かったです。 --  &new{2010-11-07 (日) 02:50:22};
- 始まりの茶番が面白すぎるw90年代の刑事ものを聞いてる気がしました。 --  &new{2011-02-21 (月) 20:41:24};
- 杉田×鈴村とゆうキャスト目当てでしたが、フリートークも面白くよかったです。鈴村さんの低めな声もよかったと思います。 --  &new{2011-05-01 (日) 02:58:07};
- このベタさ。いや、陳腐?題名で気づくべきだった・・・・。なんじゃこりゃ。これほどの声優さんの無駄遣いはないぞレベル。 --  &new{2011-06-03 (金) 13:46:33};
- 設定が無茶苦茶。好きになる過程も意味不明。深く考えては駄目だとは思っているけど気になってしかたがない。 --  &new{2011-06-25 (土) 22:37:07};
- ↑激しく同意。ホント、意味不明。小西さんを筆頭に、声優さんの無駄遣い。タイトル言いすぎ。 --  &new{2011-12-30 (金) 01:24:37};
- 杉田さんは演技力がないから、こういうトンデモCDがちょうどよくシンプルに声を堪能できる。 --  &new{2012-09-24 (月) 13:24:03};
- 確かにタイトル言い過ぎ。原作未読だけど、これだけでも原作の質が容易に想像できる。 --  &new{2013-11-15 (金) 14:17:28};
- 原作未読。最初いきなり拳銃…ここは日本だよなぁと思った。手を出す理由はまあ分かるけど、好きになった理由は一目惚れかな?多分エピソードを色々省いているんだろう。オマケはかわいい --  &new{2014-06-26 (木) 01:03:40};
- 超展開すぎてついていけなかった。開始数分で聞いた事を後悔するレベル。声優さんに罪はない。 --  &new{2014-07-02 (水) 18:55:08};
- 豪華キャストと阿部Pの名前につられて購入。ホレボレする声には萌えられたが、ナニコレな展開とオチの為に、せっかくの耳福がぶっ飛んでしまった。じいちゃん、あんたの性的リベラルさは爆笑モノよ。 --  &new{2014-07-12 (土) 14:42:57};
- 崇生と一緒においジジイwwって思わず突っ込んだ。茶番だったとか、崇生の正体が解りやす過ぎたとかストーリーは色々ガッカリ。↑杉田さん演技力ないと言ってる方、美し○&可愛○シリーズを是非聴いて欲しい。 --  &new{2014-07-28 (月) 02:57:28};
- 細かいことを気にせず脳内補正が得意な人でも開始1分、出会ってすぐキスしあいその後何事もなかったかのように進んでいくストーリーに置いていかれること請け合い。 --  &new{2015-01-29 (木) 10:54:18};
- 聴いたCDの中でダメなやつ1位を更新してしまったくらいひどいかも。なんか何もかもひどい。でも声優さんには罪はないけど。このストーリー展開で意味のわかる人っているのかな?原作未読なので、なんとも言えませんが。がっかりでした。 --  &new{2015-01-29 (木) 17:28:23};
- 一体何を何したいのか訳わからん。極めつけはタイトル!作品中しつこいくらい連呼してるんだけどいったいなんのためなのか意味不明。声優って大変だなって感想しかないわ。 --  &new{2015-02-11 (水) 09:33:18};
- 杉田×鈴村が聞けて満足。自由な雰囲気の崇生とクールな警察官の千裕、どちらもかっこよかった。結末はすぐに予想がつくし、話の展開も早いけど、意外と楽しめた。声優さん達の美声を愛でるCD。ただ、ずっと↑の人も言ってるけど、崇生の行動は本末転倒w。それに、現当主はやっと次期当主を見つけたところだというのに、何に協力してんだかwフリト和やかで楽しい。初顔合わせと食物連鎖話。 --  &new{2015-09-03 (木) 00:25:01};
- これはひどい。 --  &new{2016-05-15 (日) 14:38:11};

#comment(noname)
//「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
*** [#d9feae71]