今宵、君に酔う。 の変更点


*今宵、君に酔う。  [#f252fe3b]
-''原作・イラスト:'' [[日輪早夜]]
-''キャスト:'' (永岡熙生) [[石川英郎]]×[[鳥海浩輔]] (碓氷成政)/ [[千葉一伸]] (津久井直也)/ [[新垣樽助]] (戸倉泰介)/ [[岡林史泰]] (社員)/ [[宮坂俊蔵]] (社員)/ [[吉田聖子]] (元カノ)
-''発売日:'' 2009年12月25日    3,000 円
-''収録時間:'' 66分59秒    キャストコメントあり
-''通販特典:'' トークCD (鳥海、石川、千葉) 15分34秒
-''発売元:'' フィフスアベニュー FACA-0058 / 芳文社「花音コミックス」
-''脚本:'' [[酒井克彦]] ''音響制作:'' スタジオマウス ''音響制作担当:'' 大坪絢
-''音響監督:'' [[みさわあやこ]] ''音響効果:'' 野崎博樹 ''録音調整:'' 三田英登
-''ブックレット:'' 描きおろし漫画「今宵、君を呼びません!」
//-''関連:''
-''関連画像(Amazon.co.jp)''
&amazon(B002U4GKD0,image); 
#region(TRACK LIST)
TRACK LIST
1. 今宵、君に酔う。前編
2. 今宵、君に酔う。後編
3. 今宵、君を待つ。
4. 今宵、君に泳ぐ。
5. 今宵、君と酔う。前編
6. 今宵、君と酔う。後編
7. キャストコメント
#endregion
//下の空白行は削除しないでください(関連画像の位置合わせ)

**感想 [#bdac22f0]
-広告代理店に勤める碓氷は失恋してヤケ酒した翌朝、全裸で見知らぬ男のベッドにいた。唇には、ベッドの主・永岡とのキスの感触が残っていて……。思わず逃げ出した碓氷だが、サウンドクリエーターである永岡と仕事の場で偶然再会してしまう。「取引先の相手とは寝ない主義だ」警戒する碓氷に、そう告げる永岡だったが……。
-フリト鳥海さん石川さん千葉さんで「艱難辛苦」3分半弱。特典フリト司会鳥海さん石川さん千葉さんで「後から来た」「使える?」「ケースバイケース」約15分半。
- 原作未読ですが、受けはノンケなのに抵抗なさすぎ。話の展開もありきたり。キャスト買いするなら、フリト付きを買うべき。唯一トークは面白かった。 --  &new{2009-12-27 (日) 23:03:25};
- 話は王道ですが、鳥海さんが可愛いくて石川さんもカッコイイ感じでお二人ともに素敵に演じていると思いました。可愛い大人な鳥海さんがお好きな方にはオススメ。ただ、BGMが残念過ぎるのだけが気になりましたが…。フリトも面白かったです! --  &new{2009-12-28 (月) 16:47:31};
- ↑に同意。王道には王道たる所以があるんだなぁ、と思いました。あと「キスして」じゃなく「ちゅうして」と言ったのがすごく可愛かったです。 --  &new{2009-12-28 (月) 19:28:08};
- 原作未読。大人しい受けは苦手だったがこの作品の受けはよかった。恋愛に対して積極的なところと、相手を思ってひくところのバランスがとてもいい。絡みもよかったし、メイン二人がラブラブだったのでとても満足。攻めが電波でもなく、話が予想の斜め上に展開することもなかったので安心して萌えられた。 --  &new{2009-12-30 (水) 16:35:04};
- 目新しさはないものの地味な王道で安心して聞ける一枚。ただ攻のキザ台詞は悪いが苦笑してしまった、それもBLドリームならではの味ですが。「ちゅー」は個人的にはいい年した男がちゅーとか言うなよ!と思ってしまいそこはちょい萎え、キャラ的にもちゅーとか言わないっぽい気がしたんですが。大当たりでもないけど大ハズレでもない平均点な作品。 --  &new{2009-12-30 (水) 21:01:22};
- 話は、先が全く気にならないほど退屈なものでした。王道とも思いません。原作に興味がわくことはありません。その分、声に集中できるので、メイン+脇の3人の声が大好きな私にとっては意外と満足度が高いものになりました。鳥海さんの声がかなりかわいい感じなので、もうちょっと渋ければ(地声くらいであれば)なおいいのに…と思いました。 --  &new{2010-01-05 (火) 13:42:18};
- 原作未読。王道というよりはありきたりなストーリー。救いは碓氷が勘違い嫉妬男系じゃ無く落ち着いた可愛らしいキャラだったことぐらいかと。それでも最後まで聴けたのはひとえに鳥海さんと石川さんが素敵だったから。声優さんは偉大だ。 --  &new{2010-01-05 (火) 16:28:21};
- 集中して真剣に聞き耳立てていなくてもさらりとかけ流して置けるから、ちょっと雰囲気楽しみたい時に良いような感じです。ポヤンとしてる受け、うじうじ勝手に自己完結する描写が苦手だとちょっと合わないかもしれない。 --  &new{2010-01-22 (金) 13:47:50};
- 「似たようなストーリー展開、何か別のBLCDで聴いたな…しかも何度も。」と思う作品でした。それが悪いという訳ではないのですが、類似作品との差別化が図れるような特長を感じられる部分が無いので、全体の印象が薄かったです。(ファンの方には申し訳ないのですが…。)でも、主要キャラが少ないせいか、キャストの声と演技はじっくり堪能出来ると思います。 --  &new{2010-04-25 (日) 21:53:03};
- 原作未読のせいか、さらりと聴けた。石川さんの攻めが意外と格好良くてびっくり。格好つけすぎ感もあるけど、3枚目的な表情もあるので嫌味なく聴ける。受けは、鳥海さんにしては可愛い系の声。可愛くて萌えた。大した障害もないので、ドラマチックではないが穏やかに聴ける。途中に入るピアノの音も落ち着いていて良い。一伸さんが良い声。「ねっとり」と来そうで来ないのが良いのか悪いのか。フリトでもその男気が話題になっていた。個人的には一伸×鳥海シーンも聴きたかった。Hシーンは少なめながら、鳥海さんの喘ぎ声が久々に可愛い系で萌えました。ちょっと高い声で喘ぐ鳥海さんはセクシーすぎる。でもH時間短かい・・・ --  &new{2010-05-09 (日) 00:16:01};
- 原作既読。可愛い鳥海さん声が聴けたので特にストーリーは気になりませんでした。 --  &new{2010-05-12 (水) 15:23:14};
- [[千葉一伸]]×[[鳥海浩輔]]でがっつりキスあり。なんだが可愛らしい話。格好いい爽やか低め声@石川さんとぽやぽや可愛い声@鳥海さんの組み合わせが耳に心地よい。話はありがちっぽいが雰囲気がよくて適度に気を抜いて聴けるのでお気に入り。一伸さんの出番量は脇としては普通くらい。 --  &new{2010-11-24 (水) 13:32:57};
- 正直微妙~な話。ゲイ×ノンケの中途半端なドロドロ話といったかんじなのでそういうのが苦手な方にはオススメできません。個人的にはまったく萌える場所がありませんでした。特にうじうじした受にはイライラさせられっぱなし。 --  &new{2011-09-26 (月) 11:18:36};
- 通販特典て今もらえるのかな?正直本編より通販フリトが面白かった。 --  &new{2011-11-11 (金) 03:40:43};
- うすらぼんやりとしたような鳥海さんの役が可愛いのだけど… --  &new{2013-02-14 (木) 16:16:54};
- 受けが終始うじうじしていて、どうでもいいことでいちいち攻めに絡んで・・・女の私が言うのもなんですが、「お前はうざい女か!」と横っ面をはたいてやりたくなりました。こんな設定なら、受けが男である意味はない。 --  &new{2014-08-18 (月) 10:32:05};
- 「抱いた」っていじわるで言ったのかな?ってセリフおかしいよ。抱かれた側ならお尻に異物感あるはずじゃん。あれ?未遂だったの?謎が残った… --  &new{2014-12-24 (水) 19:03:14};
- 話の展開はありきたり。だが頭使わずにさらっと聞ける。石川さんは個性の薄い二枚目半みたいな、かえって演じづらそうな役どころを爽やかなイケボで好演。耳に心地良い声だった。受けは思考が時々女性的で、正直こういうキャラは個人的に苦手なんだが、鳥海さんが女々しくならないギリギリラインで演じてくださったのでイラッとせず聞けた。濡れ場は短いしさらっとしてたけど、回数は多かった気が。数えてないけど4回くらい有った?鳥海さんは挿入される時の声が上手いよなーと、いつも思う(笑) --  &new{2016-08-26 (金) 10:40:06};
- 原作未読。ぶっちゃけストーリーぶっ飛びすぎ。ノンケものなのに全く障害もないし、2人の惹かれ合うスピードが早すぎる。20分で結ばれるって…。元カノが登場するくだりは必要だったのかとても謎。ノンケ設定が活きてなさすぎる。もはやBLである必要性をあまり感じない…。これだけつまらないストーリーに展開を起こそうとした結果、特に碓氷が情緒不安定になる→だがあっという間に起きた展開を回収。これが原作通り音声化されているなら原作がちょっと残念すぎるのでは?という感じ。 ただまあ、お二人の演技はとてもキャラクターを掴んでいると思ったのでそこは聞けたというかんじ。 --  &new{2017-06-17 (土) 21:53:19};
- 同じ感想をお持ちの方もいらっしゃるようですが、まさに私も「女の私が言うのもなんですが」受けに対して「オンナの腐ったような奴」と言ってやりたくなりました。 こんなに後ろばっかり向いてて、勝手に嫉妬して確認もせずに相手に絡んで嫌な思いをさせて。聞いてるうちにどんどん苛々が募ってくる作品でした。鳥海さんと石川さんの声でなければ、とても聞きとおすことはできませんでした。 --  &new{2018-04-13 (金) 06:57:21};
- ちゅうがかわいかった --  &new{2018-04-17 (火) 10:45:18};
- 面白かったです! --  &new{2019-05-30 (木) 18:07:35};

#comment(noname)
//「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
*** [#ld81dac7]