可愛い下僕の育て方 の変更点


*可愛い下僕の育て方 [#kdf90bc6]
-''原作:'' [[雪代鞠絵]]    ''イラスト:'' [[門地かおり]]
-''キャスト:'' (鷹野克幸) [[遊佐浩二]]×[[宮田幸季]] (佐倉みのり)/ [[平川大輔]] (久津見麗)/ [[佐藤雄大]] (中津)/ [[高森奈緒]] (鷹野粧子)/ [[村上真理子]] (女性客)
-''発売日:'' 2007年03月21日    3,000 円
-''収録時間:'' 79分06秒    トークあり
-''通信販売特典:'' メインキャスト4名による座談会CD  24分38秒
-''発売元:'' フィフスアベニュー GNCA-7067 ジェネオン・エンタテインメント / 白泉社「花丸文庫」刊
-''脚本:'' [[村上明子]] ''プロデューサー:'' [[加藤長輝]] / [[牧陽子]]
-''音響監督:'' [[吉田知弘]] ''音響効果:'' 野崎博樹 ''録音調整:'' 清本百合子
-''スタジオ:音響制作:'' スタジオマウス ''音響制作担当:'' 上田恵美香
//-''関連:''
-''関連画像(Amazon.co.jp)''
&amazon(B000N3SWG8,image); 
#region(TRACK LIST)
TRACK LIST
1 Lesson1
2 Lesson2
3 Lesson3
4 Lesson4
5 Lesson5
6 キャストコメント
#endregion
//下の空白行は削除しないでください(関連画像の位置合わせ)

**感想 [#se68c496]
-「お前に色気をつけるレッスンをしてやる」高校1年の佐倉みのりと、一学年上の生徒会副会長、鷹野克幸とは「王様と下僕」の関係だ。地味でサエないみのりが、恋をしている相手は生徒会会長の久津見麗。麗にふさわしくなれるよう、克幸はレッスンしてやると言うが!?
-フリト、宮田さん@ツンデレです。遊佐さん@自分の手にさんざんチュウをする。平川さん@目の前で遊佐さんが自分の手にたくさんキスをしていてその後ろ姿が可愛いくて微笑ましく見ていました。佐藤さん@BLでファーストキスです。一言コメント約2分半。特典フリト司会遊佐さん宮田さん佐藤さん平川さんで「下僕っていいよね」「もっと若く」「カタコト」「ガヤでパシリ」「ノー編集 」「無抵抗不服従」「ノンブレス」「宮田風創作料理」約24分半。
-本編中に[[遊佐浩二]]×[[佐藤雄大]]でキス有ります。
- 強姦シーンの宮田さんの演技は凄すぎて可哀想になってきた… --  &new{2007-11-13 (火) 04:01:09};
- か・・かわいい2人だなぁ・・・!聴いたあと、ほんわか幸せな気持ちになりました。よくある展開ながらきちんとまとまってて安心してきけました。&new{2008-03-19 (水) 07:45:52};
- すごく可愛い話です。 やっぱ宮田くんの強姦シーン上手すぎて感動。聞いたあとは幸せになれる。 --  &new{2008-04-17 (木) 07:05:22};
- 王子様な平川氏が何気にいい。おいしいポジションです。 --  &new{2008-04-21 (月) 22:36:16};
- 攻めの素直になれない態度と受けの鈍感ながらも従順な性格が交錯して、強姦シーンで一気に爆発する展開が良かった。宮田さんの演技に泣いてしまった。可愛い話だけれどせつない胸苦しさが全般に渡っている。 --  &new{2008-07-17 (木) 05:24:50};
- 遊佐さんふぁんは絶対買うべしのお勧めCD。なんたってクール低音系のツンデレ設定、しかも登場人物少ないんでしゃべりっぱなしですもん。前半のツンに大して後半の怒涛のデレは耳をダンボにしての聴き所。平川さんはノーブルな感じの声色がめっちゃカッコイイんです。そして特筆するべきは通販特典フリートークCD。こちらは平川さんが遊佐さんに手料理をご馳走してもらった話や収録時の後姿の話にコーフンしすぎて鼻血ものでした。うっかり生萌え絵するところでした。危ない危ない --  &new{2008-10-07 (火) 15:22:49};
- なんか2人ともかわいくて強姦シーンとかあった割には最後聴き終わってほんわかしちゃいました。後半攻めの方が急激にオロオロしだしてヘタレな感じになってくるのが面白いしかわいかったです。 --  &new{2008-12-21 (日) 11:36:02};
- 大好きな作品の一つになりました。遊佐さんのツンデレぶりと宮田さんの可愛さが合ってた。でも強姦シーンの宮田さんの演技がリアルでかわいそすぎて胸が締め付けられました。。 --  &new{2009-01-25 (日) 20:42:50};
- これは…主演二人の演技が素晴らしいと言わざるを得ないです。その演技力でだいぶ惹きこまれ感情移入しちゃいました。涙なしには聞けないww脇役の平川さんもいい味を出していて大満足のCD。 --  &new{2009-02-09 (月) 01:26:22};
- これまで宮田さんの他のCDもたくさん聴いてきましたがこの泣きの演技は特に良いです。強姦の後のシーンでついついもらい泣きしてしまいました。ていうか宮田さん強姦モノ多いな…笑 --  &new{2009-06-28 (日) 01:44:12};
- 遊佐さんが高校生役の作品はあまり好きではなかったのですが、これは今までに聴いた遊佐ボイスの中でも一番若々しく(笑)高校生役としても違和感がありませんでした!高校生っぽい甘さのあるツンデレがとても素敵です。遊佐ファンならそれだけでも聴く価値ありです! --  &new{2009-08-02 (日) 23:30:14};
- 攻めの性格ががすごくかわいかったです。 --  &new{2009-08-28 (金) 13:47:38};
- ヘタレツンデレ?っていうのかな、あんまり(自分の中では)みないタイプの攻めで新鮮でした。 --  &new{2009-08-28 (金) 13:49:55};
- タイトル的にアレな感じなのかと思いきや、結構しっかりした内容のお話でした。あと他の方も書かれてますが強姦シーンがとても真に迫っていて、演技だと分かっていても可哀相でしかたなかったです。無理矢理系が苦手な方には少しきついかも。でも最後はほのぼのハッピーエンドなので後味は悪くならないです。 --  &new{2009-09-01 (火) 18:51:19};
- 遊佐氏の自前バキューム音から始まるオープニングはインパクト大。典型的BLファンタジーだが薄っぺらく聴こえない出演者達の演技力はさすが。宮田氏の泣きながら訴える演技は神。 --  &new{2009-09-03 (木) 00:08:09};
- 出だしの露骨モノローグに度肝抜かれた。宮田さんの悲痛声しか記憶に残らなかったのでもう一回心して聞き返そうと思います。 --  &new{2009-10-08 (木) 06:10:54};
- 原作が好きなので、結構ガッカリしました・・・。克幸とみのりの恋の行方よりも克幸と麗の美しい友情に感動したので、そこの部分がしっかり描写されていなくて残念。原作では大変描写が綺麗で、雪代先生はこんな綺麗な情景が書ける作家さんなのかと感心していたのですが・・・残念です。克幸も、原作はもっとみのりに対する想いが丹念に描写されていて凄く感情移入できるのに、CDだと大幅カットで泣。遊佐さんと平川さんの演技も薄っぺらい演技で、とにかく原作好きにはガッカリな内容です。しかしシンデレラストーリーが好きな方は楽しめるかと思います。 --  &new{2010-03-06 (土) 03:31:22};
- 大昔の少女マンガのパターンを、主人公(受)を男の子にしただけのぺらい話。どんな話でも熱演する声優さんは凄いなあと思いました。遊佐さんの俺様暴君→恋の下僕への劇的変化が聞きどころかな。 --  &new{2010-04-14 (水) 11:03:40};
- 原作未読。あー可愛い。ツンデレ攻めの遊佐さんとけなげ受けの宮田さんがどうにも可愛かった。平川さんが正に王子様。宮田さんの「いや」の種類の豊富さに頭が下がる。色気より初々しさ。でもそれなりにエロい。克幸がみのりを麗の元へ、というシーンはいじらしさにきゅん。軽いきゅんが散りばめられていて「好きな人のために可愛く」という乙女思考もあり、王道少女漫画な流れ。登場人物も絞ってあるので聴きやすく軽く聴ける。メイン二人の演技を堪能。 --  &new{2010-06-22 (火) 17:18:39};
- キャストは◎です。健気で可愛い受けと、ちょっとSだけど受けの気持ちに気づいてないちょっとお馬鹿である意味高校生らしい攻めのすれ違い→ラブラブ過程を楽しむCD。やや子どもカップルな2人に対して、平川さんの少し大人な王子様ボイスがうまく絡んでいた気がする。薄っぺらく聴こえないのは、キャストの好演のほかに、3人の立ち位置のバランスがいいためではないかと。 --  &new{2010-06-23 (水) 00:04:05};
- 原作未読。宮田さんかわいい~。すごい良かったです。きゅんときました。原作を読んでみたくなりました。 --  &new{2010-10-21 (木) 02:08:45};
- 上の方も仰っていますが、聞いた後に幸せな気持ちになりました。すごくみのりに感情移入がしやすく、二人の思い通じるところではBLCDで初めて泣きました。演技に関しては流石プロですね!宮田さんの泣くシーンがリアルで鳥肌が立ちました。しゃっくりっぽく啜り泣く幹事の演技が素晴らしいです!遊佐さんは不器用でもみのりのことが好きっていう感情がすごくわかりやすかったです。絡みを期待される方にお勧めですが、内容もステキなので、内容重視っていう方にもお勧めです。 --  &new{2012-09-17 (月) 17:53:17};
- わたしも宮田さんのモノローグに驚き(笑)しかし主演の2人ともかわいいぃいぃぃいいい。 --  &new{2013-02-16 (土) 18:16:49};
- 原作未読。宮田さんの健気な感じの演技が切なくてとっても良かったです。お話自体はベタな感じですが、そのベタさが良かったです。 --  &new{2013-02-16 (土) 23:58:29};
- 原作未読。遊佐さん攻めですがモノローグは宮田さんと半分こな感じで、遊佐さんファンとしても嬉しかったです。いつも思いますが切ない恋心の遊佐さん、ほんとハマりますね~。宮田さんは安定のかわいらしさで、平川さんの役どころもいろいろ興味わいてくるし、いい作品でした。 --  &new{2013-11-27 (水) 13:53:08};
- 先にこちらのコメントを読んで、チラホラ「強姦」というワードが出てきていたので、いつかいつかとストーリーに集中できないほどハラハラしながら聴いていました(笑)。ですが、そんなに大変なことにならなかったのでよかったです。宮田さんの泣きの演技は流石ですね。 --  &new{2014-05-01 (木) 00:06:52};
- 宮田さんの強姦ものって本当に一級品だな~と再確認しました。遊佐さんも色っぽいしけっこうリピする作品です。 --  &new{2014-07-12 (土) 13:42:25};
- のっけから攻めの濃い自前SEと、受けのモロな単語のモノローグでおおうとなりましたが、話はよくある展開なので先が読めちゃうし、キャストの演技を堪能しながらも、内容に突っ込みながら冷静に聞いてました。が、攻めの素直になれないツンデレっぷり、攻めには常に従順だった受けが●姦後に感情をぶつけるところの演技に胸がきゅっとして、思わず涙してしまうところもあり、自分でもビックリです。聞き終わったあとにこちらの感想を見て、皆さんも結構そうだったと知って安心しました。タイトル、ストーリーのわりに割と好印象な感想が多いのも納得です。 特典座談会CDでの和気藹々とした感じも良かったです。こちらも遊佐さんののっけからのコメントにインパクトというか、ああ遊佐さんらしいなあと。佐藤さんは終始緊張気味でしたが、宮田さんの料理話にどん引きながらも突っ込む遊佐&平川さんに笑わせていただきました。--  &new{2015-09-06 (日) 21:22:31};
- 終盤の切羽詰まってきてオロオロ話す遊佐さん、声の震え具合とか、まさに職人芸というか、すごかった。好きっていう感情をこんなに切なく表現できるなんて、ほんと役者として素晴らしいなあ。宮田さんも平川さんも、それぞれ上手に役割を果たしておられて、このCDがいいものになっているなあと、感じた。 --  &new{2017-01-15 (日) 02:42:19};
- 原作未読。前半の遊佐さんのキャラの暴君ぶりに、正直聴くのがしんどかった。最後のほうでようやく改心(?)して優しくなったので何とか最後まで聴けた感じ。平川さんのキャラが大正期の華族かなんかみたいで、セリフとかがちょいちょい笑えた。キャストファンなら楽しめるかと。 --  &new{2020-03-09 (月) 17:35:22};
- さすがの宮田さん。やはりショタ萌えは宮田さんが神。遊佐さんは艶っぽい攻め様ですねー。かわゆーい。そして渋めひらりん。ああー耳が贅沢なCDですなぁ。 --  &new{2020-06-04 (木) 20:00:34};

#comment(noname)
//「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
*** [#l5222e00]

*** [#zcb3acef]