嫌いにならないでね の変更点


*嫌いにならないでね [#l6375d69]
-''原作:'' [[水森しずく]]    ''イラスト:'' [[蔵王大志]]
-''キャスト:'' (槇 圭介) [[緑川光]]×[[保志総一朗]] (久我美想平)/ [[遊佐浩二]] (柏木瞳一郎)/ [[鈴村健一]] (杵島大志)/ [[千葉一伸]] (津和野部長)/ [[藤田圭宜]] (春日)/ [[藤原満]] (門倉)/ [[小野徳巳]] (部員)/ [[松本保典]] (沖田透)
-''発売日:'' 2000年12月25日    2,700 円
-''収録時間:'' 69分41秒    トークあり
-''発売元:'' インターコミュニケーションズ INCD-312 / 桜桃書房エクリプスロマンス
-''脚本:'' [[芦沢ともえ]] ''音楽・効果:'' 佐藤啓 ''制作進行:'' 岩村美和子 ''キャスティング:'' [[高橋正彦]]
-''演出:'' [[阿部信行]] ''録音スタジオ:'' 整音スタジオ ''編集スタジオ:'' アルファサウンド
-''関連:''
--[[嫌いにならないでね2 悪魔の論理学1]]
--[[嫌いにならないでね3 悪魔の論理学2]]
-''関連画像(Amazon.co.jp)''
&amazon(B00067I7TI,image); 
**感想 [#ddef6298]
-久我美想平は負けず嫌いの短気者。そんな久我美が密かに憧れていたのは、同じ高校2年生で体育部総長の槇圭介。人当たりがよく、落ち着いた雰囲気の槇は、まさに久我美の理想そのものだった。そんな中、久我美は放送部の「お悩み相談」コーナーで、いつも投稿してくるブルーの便せんに槇への思いをだぶらせつつ、恋愛相談にのっていたのだが……。
-フリト司会松本さん。保志さん鈴村さん藤田さん藤原さん遊佐さん緑川さん小野さん千葉さんで「高校生」「のつもり」「熱海から」「さらばい」「SE自前」「本物には勝てない」「時々酒の匂い」高校生がやれて楽しかったですの約8分。
-緑川光さんのブラック演技は、ホワイト槇とのギャップがすごくてひょえ~って感じ。
- 絡み時の保志さんがホントに痛そう。怖い。 --  &new{2007-11-09 (金) 20:53:12};
- ドSな緑川さんのささやき声に倒れた。「黒い愛情」の低音どSな緑川さんもよかったけど、こっちもなかなか。。。☆の痛がる声は聞いててちょっときつかった。 --  &new{2008-07-20 (日) 00:35:02};
- 暴れてる保志さんの演技がすっごくかわいかったですw --  &new{2008-08-29 (金) 01:31:57};
- 緑川さんの少年受け声は苦手少しな私ですが、槇のようなどS攻めな緑川さんには毎度うっとりしてしまいます。ひそかに腹黒い感じがたまりません(笑) --  &new{2008-10-25 (土) 00:39:44};
- フリトでの★いじめが面白かったww いや、本物扱いも頷ける鬼気迫る演技でしたw --  &new{2009-05-28 (木) 09:42:39};
- 学園モノはいろいろタイプあるけど、これはちょっと他と一味違ってて引き込まれた。絡み時の苦痛状態がほんっっとに迫力というか生々しさが際立っていて、自分的にリアル感一位にしていた宮田絡み迫力と順位が入れ替わってしまった。 --  &new{2009-06-11 (木) 06:54:56};
- 痛そーな演技の今のところ私的ナンバーワンです。対して淡々と攻める緑川さんのギャップがなんだかすごい作品。ずいぶん前の作品なんだけど、リピしてしまう一枚です。 --  &new{2009-06-28 (日) 21:11:07};
- 原作既読。このシリーズはどのキャストもはまってて作品的にも原作のイメージを壊さずSE/BGM全てにおいて秀作なシリーズ。第一弾は緑川さんのS攻めが光る良作。保志さんのあわあわ演技はさすがw最近は可愛い受けが多い緑川さんだけどこのS攻めはそれ以上にはまり役で必聴です。次作CPの遊佐さんと鈴村さん、保志さんの仲良し三人のやりとりも面白くて聴き所w --  &new{2009-11-18 (水) 04:25:33};
- 私の今まで聴いてきたドラマCDの中で、絡みシーンであんなに痛がってるのはこの作品が初めてです。フリトではいろいろと誤解を招くような事を言われてる保志さんに笑いました。 --  &new{2010-04-04 (日) 15:54:48};
- 学園物としては秀作だと思うのですが、唯一の欠点は痛がるシーンだけになってしまい「気持ち良くなったシーン」を入れなかった事。そこはナレでの説明じゃなく少しでいいから演技入れて欲しかった。それだけが実に惜しい。 --  &new{2010-04-04 (日) 23:33:31};
- 絡みシーンの痛がってるのはすごいリアル(笑)でも私は嫌いじゃなかったです。ストーリーも面白かったですよ --  &new{2011-03-16 (水) 11:05:36};
- 私も痛がってるシーン嫌いじゃない、というかむしろ好き。保志さんすごくかわいい!攻めの緑川さんも素敵でした。SEとかもしっかりしていて、楽しい作品だと思う。 --  &new{2011-04-15 (金) 08:48:21};
- こちらの感想でえちシーンを心配してたんですが、痛がってるのになんか笑えちゃいました。私も嫌いじゃなかったです☆緑川さんの白・黒演技はどちらも素敵でした!最後のフリトは保志さんが遊ばれてて思わず声を出して笑ってしまいました。 --  &new{2011-09-12 (月) 11:25:20};
- ネバーエンディング馬鹿にツボりましたww緑川さんの低音は本当においしかったです。鈴村さんの関西弁も良かった。 --  &new{2012-01-21 (土) 22:17:56};
- トラック10のフェラされてるところが激萌えです。可愛い! --  &new{2012-02-23 (木) 17:10:18};
- この頃のBLCDはトンデモ展開なのに不思議な安定感がある。緑川さんがナチュラルにかっこよくて耳に気持ち良い。遊佐さんなにげに出番多くほの黒い。 --  &new{2012-03-10 (土) 02:16:05};
- あまりの痛がりように、シラけてしまいました。痛がるシーンは短かくして欲しかった。 --  &new{2012-03-30 (金) 15:41:39};
- ネバーエンディング馬鹿は暴笑しました(笑)緑川さんの黒演技(トラック13)はファン必聴。松本さんもさすがです。 --  &new{2012-04-23 (月) 22:01:01};
- 痛がる演技がハンパなかった。ここまでとは想像もしていなくて、鳥肌がしばらく収まってくれませんでした!初めて --  &new{2012-05-21 (月) 23:37:14};
- 絡みがぜんぜん気持ち良さそうじゃないのがもったいない。全力で痛がるので萎えます。 --  &new{2014-01-30 (木) 18:10:56};
- …(痛がってるシーン可愛かったと思うのは私だけか)鳥肌がすごかった…緑川さん攻めサイコー! --  &new{2014-08-31 (日) 20:29:44};
- 学園モノが大の苦手なんだけど、ふとなんでもいいから聴いてみたくなったので。ストーリーはテンポよく進み、色々なキャラクターが出てくるけどそれぞれ際立っていて面白く、そこに学園内での行事などが割り込んできて、ただただホモ展開なだけでなく面白かった。ブルーの便箋の送り主はモチのロン誰かというのはわかるんだけど、それを踏まえて聴いていくのが楽しくて、後半は両想いになったふたりがドタバタの末にHするまでという感じ。ここでも散々書かれているけど、保志さん演じる想平が初めてということで痛がるシーン。ホントにヤってるんじゃないか?というようなことをFTでも言われているけど圧巻でした!「やっぱり本物には勝てないな(by緑川さん)」でもでもただ痛がるだけでなく可愛いと思ってしまったのは私だけじゃないみたいで・・・泣き顔が目に浮かぶようだ(笑)とまあ一度は聴く価値あると思う年代モノでした! --  &new{2014-12-04 (木) 15:20:08};
- 原作未読。面白かった。古さを感じない。上手い。Hは痛がってるところが良い。AVみたいに喘がれても困る。ブラックな攻とキレ癖のある受。お似合い。FTにぎやか。 --  &new{2015-01-24 (土) 03:44:37};
- テンポよくさくさく進む学園ラブコメ。黒い緑川さんと可愛い保志さんにメロメロ。周りのキャラも立っていてとっても面白かったです。ずっとリピしてます。 --  &new{2015-04-07 (火) 17:37:28};
- 原作好きなので購入しましたが、いいシーン端折り過ぎ…受けが攻めの前で態度が変わったり、片想いしてる感じとかCDでは分りづらく残念でした。BGMも古くうるさい。今更聞かなくてもよかったな、と思いました。キャストはよかったです。 --  &new{2015-12-20 (日) 19:12:31};
- 原作未読。学園ものとして、面白かったです。トークがわいわいと楽しい。絡みはちょっと痛々しかったけど、これはこれで。 --  &new{2018-01-31 (水) 10:47:35};
- 腸が煮えくりかえる→これを『はらわた』と読まずに『ちょう』と読んだ事で遊佐さんの仕事に対する姿勢を見ました。プロ失格。 --  &new{2019-09-19 (木) 11:35:11};

#comment(noname)
//「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
*** [#b025e32e]