恋愛不行き届き の変更点


*恋愛不行き届き [#g9f153bc]
-''原作・イラスト:'' [[那木渡]]
-''キャスト:'' (桐島賢人) [[古川慎]]×[[佐藤拓也]] (若宮鞍馬)/ [[山下誠一郎]] (江本たける)/ [[小野友樹]] (蝶子(桐島長治)/ [[坂泰斗]] (若宮龍太)/ [[永野善一]] (若宮アキラ)/ [[関幸司]] (佐伯)/ [[中村太亮]] (須田)/ [[村上聡]] (綾野)/ [[井上雄貴]] (部員)/ [[木田祐]] (監督)/ [[中恵光城]] (看護師)/ [[中村桜]] (女性社員1)/ [[高柳知葉]] (女性社員2)
-''発売日:'' 2018年05月23日    5,400 円: 描き下ろし漫画リーフレット「ハメ撮り編」封入
-''収録時間:'' 69分18秒+64分31秒 (2枚組)    トークなし
-''公式通販特典:'' トークCD (佐藤、古川、山下) 14分20秒
-''発売元:'' フィフスアベニュー FACA-0259:通常盤 FACA-260:アニメイト限定盤 / 竹書房バンブーコミックス Qpa collection刊
-''脚本:'' [[木綿]] ''脚本監修:'' [[那木渡]]
-''音響監督:'' [[蜂谷幸]] ''音響効果:'' 八十正太 ''録音調整:'' 清本百合子
-''音響制作:'' スタジオマウス ''音響制作担当:'' 麻生真衣
-ホーリンラブブックス特典: 描き下ろし漫画リーフレット4頁 / コミコミ特典: 描き下ろし漫画カードA(表面.既存カラーイラスト・裏面.描き下ろし漫画1頁)/ とらのあな特典: 描き下ろし漫画カードB(表面.既存カラーイラスト・裏面.描き下ろし漫画1頁)/ ステラワース特典特典:ブロマイド / アニメイト限定盤特典:描き下ろしアナザージャケット封入:FACA-260
-''関連:''
--[[恋愛不行き届き]]
--[[恋愛不行き届き 完全盤>ロストバージン 恋愛不行き届きスピンオフ]]
--[[ロストバージン 恋愛不行き届きスピンオフ]]
-''関連画像(Amazon.co.jp)''  [[アルバムCDランキング]]
&amazon(B07B64T37N,image); 
#region(TRACK LIST)
TRACK LIST
DISC1
1. chapter1
2. chapter2
3. chapter3
4. chapter4
DISC2
1. chapter5
2. chapter6
3. chapter7
#endregion
//下の空白行は削除しないでください(関連画像の位置合わせ)

2018/05/21~2018/05/27のCDアルバム週間ランキング(2018/06/04日付) 170位
**感想 [#m9ea07a6]
- ――最初で最後にするから、男に抱いて欲しい--大学の演劇部で衣装製作を担当する若宮鞍馬の秘密、それはクローゼットゲイであること。そして、ろくに話したこともない一つ年下の後輩・桐島のことを、連日オナネタにアナニーしていること。ミステリアスな雰囲気を纏う桐島は、繊維問屋の息子で、鞍馬が所属する演劇部の仮部員。部の強化合宿中、恒例行事だという乱パから逃れ、頭を冷やすために海へ入った鞍馬を、自殺しようとしていると勘違いした桐島が追いかけてきて……。ふたりの歯車が噛み合い、動き出す――。
-大ボリューム!2枚組み仕様でドラマCD化!「俺とヤってくれる男なら、誰でもよかったって言っただろ」
-♂×♀の乱パあり。苦手な方はご注意を。
- 乱パを知らずに購入。最悪。気持ち悪い。一瞬で買ったことを後悔。2度と聴かない。売ろう。 --  &new{2018-05-20 (日) 15:37:43};
- 原作未読。Disc2ばかり聴いてしまう。蝶子×たける是非期待します!龍太の雰囲気と声がとても好みなので原作買ってみます。 --  &new{2018-05-22 (火) 21:26:38};
- 原作未読。しばらく佐藤さん×古川さんだと思って聴いてしまっていて、途中で、え?あれ?ってなってしまった。お二方たも普段のシチュものなどに比べて低めの声の印象。 --  &new{2018-06-03 (日) 06:57:07};
- 原作未読です。古川さんと佐藤さんは最近よく組まれることが多く、また私自身もこのお二方が好きなので期待しながら聴きました。しかし原作の内容についていけず…受けが父親からの影響で自己否定しまくり、なのに攻めから好かれることを期待してしまって、いざ相手から詰め寄られたら恐怖で拒否る、攻めをレイプ魔呼ばわり。自分勝手すぎます。詰め込みすぎて中盤以降疲れました。ただ佐藤さんは相変わらず素敵だったと思います。 --  &new{2018-06-12 (火) 04:58:37};
- ↑の方も仰ってますが古川さんと佐藤さんのカップリング作品、多いですよね。息も合ってるしお二人とも良い声でその点は素敵でした。が、原作があれこれと詰め込み過ぎな上にそれ必要?という気分の悪いエピ(乱パとか)もあり、上手くまとめきれていないように感じたので、ドラマCDも長さの割には満足感が低かったです(あくまでもお話に関してで、声優さんたちは熱演です)。桐島兄、じゃなかった(笑)姉の蝶子さんや鬼畜先輩・江本など、キャラの立っている脇も多いのですが、原作未読だとそのへんを感じられずにせっかくの声優さん熱演が勿体無い。短い尺の登場なのに蝶子役の小野友さん流石です。個人的には鞍馬弟・龍太役の坂泰斗さんの声にシビレました。メイン張って欲しいくらい。古川佐藤ファンの方にはオススメです。私は佐藤さんが好きなのでまあ、聴いてよかったかな。 --  &new{2018-06-12 (火) 08:13:39};
- 原作既読組です。正直、原作は意味が理解出来ずあまりこのみな作品ではなかったのですが小野さん目当てで拝聴しました。佐藤さんの気持ち良さげな喘ぎっぷりと小野さんのあまりお姉っぽくない美声に救われた作品だと思うけどストーリーはやっぱり糞だよなぁと思ってしまう、残念な作品でした。 --  &new{2018-06-12 (火) 10:14:22};
- なんの魅力もない登場人物たち、グダグダのつまらないだるい展開、作者の勘違いとしか思えない不快不要エピソード…BLCDもこれだけ数があれば駄作も多いが、これはワーストの部類。お金を出したことを後悔させるような駄作をしかも2枚組の高額で作るのは、メーカーの自殺行為。好きな声優さんの声を不愉快な気分を我慢しながら聞くことほど悲しいものはない。 --  &new{2018-06-12 (火) 22:53:40};
- 似たようなシーン、似たようなセリフ、代り映えしない状況を何度か繰り返すので、長く感じた。冗長なのに人物の感情変化は急でついていきにくい。上手いこと刈り取って1枚に収めた方がよかったかも? --  &new{2018-06-13 (水) 23:05:34};
- 原作既読。自分は乱パよりも、下品な単語が飛び交う方が笑えず辛かった。 親の影響で恋愛に臆病な受を表現したかったのだろうが、行動や発言が自分勝手という印象が先行するうえ、周囲も同情的でハッキリ咎める立場のキャラがいないので、面倒くさい受が得意でないと聴くのが辛いかも。言葉にするとよくある受パターンなのにいつもより労力使った。 CD化にあたり初めて読んだ作家さんだが、同人でも似たようなテイスト(しかも中の人が同じ)で描いていらっしゃるので、こういうこじらせたキャラがお好きなのかな、という印象。 Hシーンもそれなりにあるものの、フェードアウトやモノローグと被ることが多くて残念。 キャストについては安定しており、低音古川さんはかっこよく、佐藤さんがらめぇ系演技で満足でした。地雷皆無で、キャスト買いなら問題ないです。 --  &new{2018-06-14 (木) 14:33:51};
- ストーリーの重い部分と軽いノリがイマイチバランスがとれていないんですよね~。二人が再び結ばれてからのお話はおまけなかんじ。とにかく長い。ですが、佐藤さん可愛いし、古川さんは相変わらず男前。本当にこのお二人声質似てるのにCP多いですよね。安心して聴けます。小野さんのオカマちゃん上手かったです! --  &new{2018-06-16 (土) 10:55:29};
- 確かに原作はイマイチ何度か読んで理解したんですが、、BL作品の中でもやっぱり1度聞いたらええかなーって思う作品の中かも知れません。小野さんと佐藤さん古川さんの演技は流石でしたけどねー山下さんの役の江本と蝶子さんのが聞いてみたいです --  &new{2018-07-10 (火) 19:11:33};
- 原作未読。恋愛モノの醍醐味である、主役CPが結ばれるまでをヤキモキしながら聴く、という意味ではとても楽しめた。古川さんも佐藤さんも文句なしのカッコイイ声。絡みも多かった・・・。唯一、シリアスな場面にコメディを急に突っ込んでくるので、雰囲気ぶち壊しなところが何度かあって、そこだけは気になった。蝶子さんが素晴らしい。 --  &new{2018-07-16 (月) 10:04:38};
//- 正直、原作を読まずに聴いて原作の文句を言うのはちょっとお門違いでは~?と思わずにいられなかった。私自身、原作がものすごく好みというわけではありませんが、声優さんが目当てで買ったなら声優さんの声を聴いて満足しなよと思ってしまった。ストーリーにもイチャモンつけたいなら、せめて原作のあらすじとレビュー評価くらいは目を通してから買えばいいと思います。酷評してCDの売上が落ちたら、出演してる声優さんにも迷惑。 --  &new{2018-11-05 (月) 03:16:13}; コメントに対するコメントなのでNG,非表示に。
//- 原作を観てようがみてまいが皆さんの感じる評価がダメなものはダメなんだと思う。評価にいちゃもんつけるのはお門違い。 --  &new{2018-11-05 (月) 04:18:36};
-古川×佐藤CPは声質が似ているのでメリハリを感じられず。意味のわからない設定も相まってあまりにも…。な作品でした。 --  &new{2018-11-05 (月) 04:18:36};
- 原作既読。佐藤さん演じる主人公が、でもでもだってとグルグルする話。キャストの方達の演技と声を堪能するためだけのcd かと(キャスト推しならそれだけでも十分価値あり)。特に可も不可もないけど、BGM の使い回しがひどすぎてワロタw小野さん演じる蝶子さんがひたすらに素晴らしくて尊い。 --  &new{2018-12-06 (木) 22:29:08};
- 上の方も仰ってますが、小野友樹さんがいい味出してます笑笑 --  &new{2019-02-11 (月) 16:11:55};
- 受けが自分の都合で仕事が優秀な攻めをクビにしようとしたり自分勝手の自分が1番くん。「忘れてくれ」と言われても攻めは忘れられる訳もないでしょ。「桐島に抱かれるのが夢だった」と本人に告白したから桐島はそれを叶えてくれたのに想像と違くて怖いと姿を消したり全然若宮の感情は共感できませんでした。面接で酒を飲ます場面では「頭おかしい」とも思いました… こんなに拒否されても諦めずに守ってくれる桐島は「優しい人だ」と感心。。個人的に佐藤×古川 逆の方が合うかなと。佐藤さんのエロボイスで童貞の少しオドオドしてる役に違和感があり、古川さんのほうがまだ合ってるなと。二人が繋がるまでズルズルで時間が長く感じ「なぜこれを音声化したのだろうか」と疑問。佐藤さん古川さんなのに勿体ないです。若宮は不愉快でしたが佐藤さんは好きです^^  --  &new{2019-09-25 (水) 15:02:35};
- モノローグが厨二病でとっちらかってて聞き苦しいですが、佐藤さん古川さんのお芝居はよかったです。自分の気持ちを振り返る桐島のお芝居が優しくて古川さんいいなあと思いました。あとBGMもすっとこどっこい感あります、が、お二人のお芝居がいいので…原作と音響が駄目なのが…勿体ない…モノローグの量ほんとうるさいです… --  &new{2020-05-16 (土) 05:03:23};

#comment(noname)
//「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
*** [#wba6c46b]