私説三国志 天の華・地の風 完全版 の変更点


*私説三国志 天の華・地の風 完全版 [#sb8c5bbe]
-''原作:'' [[江森備]]    ''イラスト:'' [[小林智美]]
-''キャスト:'' (周瑜公瑾) [[置鮎龍太郎]]×[[石川英郎]] (諸葛亮孔明)/ [[遠藤綾]] (フェイ妹)/ [[高塚正也]] (劉備玄徳)/ [[間宮康弘]] (関羽雲長)/ [[広田みのる]] (張飛翼徳)/ [[花田光]] (趙雲子龍)/ [[花輪英司]] (諸葛瑾子瑜)/ [[中西としはる]] (ホウ統士元)/ [[林和良]] (徐庶元直)/ [[西健亮]] (蒋幹子翼)/ [[石田嘉代]] (幼い頃の諸葛亮孔明)/ [[堀内賢雄]] (ナレーション)
-''発売日:'' 2011年10月28日    5,040 円
-''収録時間:'' 78分54秒+75分01秒 (2枚組)    トークあり
-''発売元:'' ascolto (アスコルト) KIKU-0019 / 復刊ドットコム刊
-''脚本:'' [[野中幸人]] ''音響制作:'' オンリード
-''演出:'' [[阿部信行]] ''録音:'' 佐藤敦 ''録音スタジオ:'' スタジオインスパイア
-DL参考価格:4,800円※実際の課金システムは配信サイトによって異なります。メインキャストによるリレートーク付き
-特典:ポストカード / 復刊ドットコム CD+全10巻セット購入特典: 江森備先生直筆サイン本
//-''関連:''
-''関連画像(Amazon.co.jp)''
&amazon(B005HG8T6O,image); 
#region(TRACK LIST)
TRACK LIST
-ディスク1
01 (無題)
02 (無題)
03 (無題)
04 (無題)
05 (無題)
06 (無題)
07 (無題)
08 (無題)
09 (無題)
10 (無題)
-ディスク2
01 (無題)
02 (無題)
03 (無題)
04 (無題)
05 (無題)
06 (無題)
07 (無題)
08 (無題)
09 (無題)
10 (無題)
11 (無題)
#endregion
//下の空白行は削除しないでください(関連画像の位置合わせ)

**感想 [#oaad5a7f]
-蜀の軍師・諸葛孔明は劉備の使者として、同盟を結ぶべく呉へ入国した。しかし、大都督・周瑜の陰謀に絡め取られ、呉に抑留されることに。孔明の暗い過去を盾に、関係を強要する周瑜。複雑な感情はやがて愛に変わり、二人は絆を深めていくが……。
-伝説の江森三国志、ここに!!
-フリト石川さん置鮎さんで「珍しい設定」1分半弱。
-子供の頃(女性の声)複数に蹂躙される場面有り。苦手な人注意。フェイメイの出番もそれなりに多い。青二対決。
-耽美とはいえ正統派、今作はプロローグ。姓名・字、役職、通称で呼ばれるので、人物のおさらいをしておく事。青二の総力結集である光/栄CD三國志シリーズを、赤壁の辺り中心に先行して聴いておくとより楽しめると思う。
- キャスト買いで三国志はあまり詳しくないまま聞きました。ちょっと小難しい感じだったけれど、置鮎&石川にとっても萌えた。 --  &new{2011-11-05 (土) 14:33:36};
- 原作の色っぽさには遠く及ばなかったが、主演二人の青二の役者らしい良い意味での硬い芝居と、落ち着いた美声揃いのキャスト陣の好演、阿部さんの手堅い演出で、大人の色気と壮大さが出ている。ドラマCDというよりは朗読CD風に仕上っていると思う。 --  &new{2011-11-05 (土) 20:03:48};
- 原作未読・三国志よく分からない状態で聞いたけど面白かった。演出脚本声優陣全てが良くまとまっていて歴史モノらしい重厚さがある良作。置鮎石川両氏とも色ぽかった。ただ聴く人を選びそう --  &new{2011-11-05 (土) 20:50:36};
- 原作ほぼ未読。三国志も中国史もよく分からないまま聴きました。難しい名前や地名が多く、裏切り・寝返りなども複雑で、話がいりこんでいます。わけわからん!となるんですが、それでも演技と声が素晴らしくて…。置鮎・石川両名の艶のある駆け引き・濡れ事はもちろんなんですが、堀内さんのナレーションに震えました。流水のようなうつくしくて芯のある、物語に合ったナレだと思います。「???」となりながらも演技力・演出力で評価をカバーできる素晴らしい作品だと思います。あとは聴く上で「御辺(ごへん)」っていう単語がよくでてきますが、人名ではなく「そなた」というような意味なのを留意するとよろしいかと。 --  &new{2011-11-18 (金) 01:20:48};
- 原作が好きで購入しました。三国志演義の流れを汲んでいる作品なので基本的にシリアスです。自分はどっぷり浸りたかったので1巻を開きつつCDを聞きました。かなり原作に忠実に作り込んであり驚きました。素晴らしいです!このCDはBLCDでは確かにあるのですが、先のコメの方が仰っているように朗読CDです。ただ、大人の色気と駆け引きが半端ではなく、凄く酔えます。声優さんも素晴らしいですしね! --  &new{2011-11-19 (土) 13:55:14};
- 今までBLCDはおろか私説三国志以外のやおい小説も読んだこともない私だが、このCDは佳作だと思います。濡れ場のシ-ンも多くドキマキもしましたが、歴史部分もきっちりしており安心して聴けました。全ての声優さんの演技がすばらしく原作のよさが改めてわかりました。 ジャケットの絵も小林智美氏で嬉しかったです。 続編の製作期待したいです。  --  &new{2011-11-25 (金) 10:10:51};
- 賢雄さんのナレが重厚だけれども決して重すぎず、作品に響いて効果をもたらしているのは特筆すべきことか。BLだけど遠藤さんの声が美しく可憐で、個人的に嬉しい。置鮎さん、石川さんは美しく格好よくどちらも雰囲気のある声。自分はその世代ではないが、音作りと登場人物の性格(普段つんとしているが弱い所がある等)が、ジュネを好きな層にはたまらない気がする。原作シリーズを1冊試しに手に入れたが読まずに聴いてみた身としては、ナレが効いているので、原作未読でも大丈夫かと思う。 --  &new{2011-11-27 (日) 11:32:12};
- ずっとこの作品の展開を待っていました。スタッフさんありがとう、珠玉の出来栄えです。多少原作ではしょられた部分、表現・経緯が簡単になっている部分もあるけれど、「あのエピソードを入れたらたたでさえ難解な話が原作未読の人には非常に長く・分かりにくくなるか…」と思いました。江森先生の嬉しそうなコメントもファンとして嬉しい。続き、待ってます! --  &new{2011-12-23 (金) 11:30:29};
- 原作未読。もともと三国志は好きでいろいろ読んでいたのですが、最後まで聞き終えて鳥肌がたつほど素晴らしかったです。 --  &new{2012-01-05 (木) 05:23:56};
- 原作既読。音楽やナレーション、声優さんたちの演技、すべて原作の世界観をうまく表現されていると思いました。絡みシーンもふんわり描かれているのがよかったです。こういうのが昔のJUNE時代だなぁ・・・と、しみじみ。 --  &new{2012-03-11 (日) 15:50:47};
- 原作未読。でも三国志の世界は好きということもあり、また石川さん目当てに購入しましたが、聴き応え十分でした。BL抜きにしても朗読劇のような感じで面白く、また絡みのシーンでは、さりげなくぼかしてあるにもかかわらず石川さんの喘ぎが十分色っぽく、とても満足です。音楽の効果も素敵でしたし、脇を固める声優陣たちも良かったです。こういったCDに女性が登場すると少し邪魔だなと思ってしまうこともあるのですが、この作品では違和感なく上手くなじんでいます。 --  &new{2012-11-12 (月) 09:54:24};
- 声優さんの名演技に加え、ストーリーも原作未読でも十分に堪能できます。久しぶりに重厚な作品に出会ったような気がします。原作はまだまだ続きがありますので、是非続編を期待したいと思います。それにしても、石川さんと置鮎さんは素晴らしいです! --  &new{2013-06-11 (火) 22:07:20};
- 発売から2年近くになりますが、一向に飽きがこないほど重厚で聞き返すたびに感動を覚える作品です。お二人の演技はとても色っぽく素晴らしい。こちらの作品をきっかけに原作を全巻購入しました。是非、是非続編を発売していただき、全巻音声で楽しみたいと思いました。それにしても、置鮎さんも石川さんも壮絶色っぽい!! --  &new{2013-08-25 (日) 01:13:40};
- 私もBLCDから原作を全巻購入しました。これはBLCDにしておくにはもったいない。もちろん石川さんの色気はたっぷりなのでBLCDとしても十分満足ですけど。いろいろと聞き答えがあるCDです。 --  &new{2013-09-09 (月) 14:39:08};
- 石川さん、孔明にぴったりの声艶でした。色気がだだ漏れであります。ナレの賢雄さんが物語をすすめるのにピッタリでまるで大河ドラマのようです。周瑜の置鮎さん、かっこいいです。色気あふれる孔明を包み込むような男気に惚れました。続編も是非聞きたい!! --  &new{2013-11-27 (水) 10:05:11};
- ふと再聴したところ原作への愛も思い出されてボロボロ泣きそうになりました。願いがかなうのならば魏延が聴きたい…商業的に難しいでしょうが、第二の主役と言っても過言ではない魏延編がどうしてもどうしても聞きたいです。 --  &new{2015-05-26 (火) 14:51:08};
- 原作未読。発売翌年、中国ドラマの三国志にはまった時にCDの存在を知り、(正直、諸葛亮サイドは好きでないのですが)置鮎さんと石川さんのお声は好きだったので購入しました。中国ドラマで孔明の吹き替えをされていた賢雄さんがナレーションなので、個人的にはより三国志の世界を感じました。当時BLCDに殆ど免疫はなく、濡れ場のシーンでは赤面し悶えてしまいましたが、全編何回も聞きました。そして3年ほどたった現在、聞き直してみました。ここ1年ほど濃い絡みもあるBLCDも聞いていたので、このくらい大丈夫だろうと思っていましたが、改めて聞いてみても、濡れ場は直接的な表現でないにもかかわらず、大変色っぽく、ドキドキしてしまいました。重厚な歴史ドラマとしてもしっかりとした出来だからこそ、この上品な表現の濡れ場でも効果充分というか、引き立つと思いました。そして演出が阿部さんということ気づき出来に納得しました。 --  &new{2015-05-27 (水) 03:21:55};
- まさに良作の一言。何度も何度も聞き返しても、決して飽きが来ずに重厚でありながら、すぐに世界に引き込まれてしまいます。声優さんの演技がすばらしいことは言うまでもありませんが、原作をうまくCDに載せてくれていると感じます。発売から5年が経過していますが、是非とも続編を希望します。 --  &new{2016-10-23 (日) 23:14:32};
- 何度も聞き直しているCDです。石川英郎さんの美人受けがもう素敵すぎて。冷たく強くさびしい役です。本当にはまり役です。置鮎さんの周瑜もぴったりです。すべてが重厚でBLCDにしておくにはもったいないくらいの作品ですが濡れ場が抑えてあるものの石川さんの喘ぎのせいでかなりエロく仕上がっています。 --  &new{2018-10-31 (水) 17:13:04};

#comment(noname)
//「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
*** [#iaf442f7]