秋のリンクスロマンスフェア2007 の変更点


*秋のリンクスロマンスフェア2007 [#p50cd3ed]
-''原作:'' [[柊平ハルモ]] / [[火崎勇]] / [[霜月かいり]] / [[みろくことこ]]
-''装画:'' [[小路龍流]] / [[亜樹良のりかず]] / [[霜月かいり]] / [[みろくことこ]]
-''キャスト:''
【fleurd' interdit~禁じられた花園】: (ガブリエル) [[小西克幸]]×[[平川大輔]] (椿(カメリア)//(「アレツーサ王国」シリーズ)
【リングレス・エンゲージ】: (門倉真也) [[小西克幸]]×[[鳥海浩輔]] (華原理央)//(「最悪にして最高の抱擁」シリーズ)
【不可視の領域】: (佐々木槍) [[羽多野渉]]×[[平川大輔]] (工藤琳)//(「君を迎えに」収録作品)
【恋路小路】: (千秋) [[鳥海浩輔]]×[[柿原徹也]] (都)//(「春待蝶恋歌」収録作品)
-''発売日:'' 2008年02月07日頃着    全員サービスオリジナルCD
-''収録時間:'' 51分42秒+51分07秒 2枚組    各話後フリートークあり
-''発売元:'' 幻冬舎コミックス小説リンクス編集部 LINX-1003 リンクス全員サービスオリジナルCD(小説リンクス10月号(9/8発売)または、Comic Magazine LYNX VOL.16に応募台紙+フェア対象のコミックまたは小説の帯に付いてる応募券1つ+1800円分の小為替。)
-''脚本:'' [[クレイ・シーゴット]] ''演出:'' [[阿部信行]] ''効果:'' ディオス ''音響制作:'' オンリード
-''関連:''
--[[秋のリンクスロマンスフェア2005]]
--[[秋のリンクスロマンスフェア2006]]
-''関連画像(Amazon.co.jp)''
&amazon(4344811763,image); &amazon(434481102X,image); &amazon(4344807340,image); &amazon(4344809939,image); &amazon(4344808509,image);
&amazon(4344811763,image); &amazon(434481102X,image); &amazon(4344807340,image); &amazon(4344809939,image); &amazon(4344808509,image); 
**感想 [#p5e6cb50]
-ブティック店員で端整な容姿の華原は、同僚から恋人のフリを頼まれ、彼と共にバーに向かった。ところが、そのバーで華原は別れた恋人の門倉と偶然再会してしまう。学生時代、華原は自分と付き合いながら別の人間とも身体を重ねる門倉に遊ばれていると思い込み、一方的に別れを告げていた。門倉を避ける華原に、門倉は「まだお前が好きだ」と告げ、情熱的に口説いてくる。最低な男のはずなのに、華原は惹かれる心を止められず…。 他3作品。
-サブキャラの表記無し。
-例年の物より2枚組みの分聴き応えあり。カップルトークが充実していて興味深かった。演出GJ!!
- いずれも原作未読。【1】小西平川ペアは初絡み。ブックレットを見る限り今後の進展はなさげなCPなので残念だが、色っぽい雰囲気。【2】小西鳥海ペアは大人な雰囲気ですでにできあがってるカップルの会話を楽しんだ。鳥海さんの語りが多く、日常のちょっとしたできごとをたっぷり聴かせる作り。【3】羽多野平川ペアは個人的にさんざん聴いてきたが、新しいタイプだったので思わぬ発見だった。槍は女の子に誘われればついてってヤリまくってるキャラだが、明るくて不思議と嫌な感じはしない。いたしてるものの入りからすべてばっさりカットなのでご愛敬。【4】鳥海柿原ペアも初絡み。優しい年上敬語攻×やや高慢受で、攻の千秋がぽやっとしていて可愛い。ちょこっとだけ柿原さんの子ども声が聴ける。3同様濡れ場はまるまるカットで、事後会話に照れること必至。恐らく父は古澤さん(フリトより)でした。フリトはどの組も和やか。若手時代のまじめな話、作品について、好きな女優話、阿部さん話など盛りだくさん。どの話もうまく纏まっているので、CD化してほしい。 --  &new{2010-07-09 (金) 12:54:30};
- 鳥海柿原ペアは初めて聴いたけど、攻めなのに可愛い声の鳥海さんと上から目線(笑)の柿原さんの受けにはまりました。鳥海さんの声があんまり可愛いので、逆でもいいかなと思いました。もっと続きが聴きたいです。フリトもすごく面白かったです。この二人でまた別の作品も聴きたいと思いました。 --  &new{2012-04-09 (月) 23:33:26};
- 【1】の小西平川がもっと聴きたくなりましたが、この場面しかないCPのようですね。ドラマと同じくらいの時間のカップルトークがどれも内容が興味深く聞き応えがありました。小西さん&平川さんは、養成所時代に、一緒に自作ドラマCD作成やアフレコをしていた思い出話。これが聴けただけで、買った甲斐がありました。 --  &new{2015-02-04 (水) 21:32:58};

#comment(noname)
//↑「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。

//「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
*** [#ke0b42af]