願い叶えたまえ II の変更点


*願い叶えたまえ II [#q045b666]
-''原作・イラスト:'' [[西田東]]
-''キャスト:'' (絹川祐介) [[鈴村健一]]×[[吉野裕行]] (深見光)/ [[三宅健太]] (工藤)/ [[花田光]] (有島)/ [[岩本裕美子]] (ユキ)/ [[うすいたかやす]] (祐介/父)/ [[宮下栄治]] (佐野)/ [[青森伸]] (会長)/ [[保村真]] (店員)/ [[加藤将之]] (部下)/ [[矢部雅史]] (組員)/ [[高森奈緒]] (母親)/ [[阪田佳代]] (ももか)
-''発売日:'' 2006年12月25日    3,150 円
-''収録時間:'' 76分49秒    フリートークあり
-''発売元:'' サイバーフェイズ CPCD-1078 / 芳文社花音COMICS
-''脚本:'' [[中山瑞季]]
-''演出:'' [[鈴本雅美]] ''音楽:'' 宮本空 ''効果:'' サウンドボックス
-''関連:''
--[[願い叶えたまえ I]]
--[[願い叶えたまえ III]]
--[[願い叶えたまえ完結記念全員サービスオリジナルドラマCD]]
-''関連画像(Amazon.co.jp)''
&amazon(B003O80CEE,image); 
**感想 [#v4cccfb3]
-しがない二流のピアニスト・祐介が想いを寄せるのは、暴力団幹部の深見。ピアノを教えてくれと頼まれ、彼のところへ通い始めた祐介だったが、深見たちの抗争に巻き込まれてしまう。ピアノを弾いてずっと側にいるだけでいい…そう願う祐介。だが、ある時、敵対暴力団幹部・有島の淫靡な魔の手に深見が堕ちた――!! 何とか救い出した祐介と工藤だったが、事件をきっかけに深見の中の何かが崩れはじめ、そして危うい均衡で保たれていた祐介と深見の関係もついに――!! 深見の身に迫る最大の危機。その時、祐介は、工藤は、そして有島は――!?果たして神は、彼らの願いを叶えてくれるのか!! 『神よ、願い叶えたまえ―――』
-フリト司会鈴村さん吉野さん花田さん三宅さんで「おいしい」「全部持ってってやる」8分弱。
- この作品に関してはフリト聞かない方がいいかも・・・。作品の余韻がマジで台無しです --  &new{2007-10-23 (火) 01:39:17};
- 絹川が深見を支えようとする行動に胸が痛みます。しかし、吉野さんの演技がⅠより気になりました。特に前半。 --  &new{2008-12-13 (土) 03:33:36};
- フリトでいつもふざける鈴村さんが結構語ってて感激。というか、みなさん語ってましたね。 --  &new{2010-07-15 (木) 01:50:45};
- ここで終わるの…?という感じなので、Ⅲを用意してから聴くのがベスト。鈴村さんはこの作品についてCBCラジオでも語っていたのが印象に残っている。 --  &new{2010-11-12 (金) 09:13:56};
- Iに続きまた女性の絡みがあって台無し --  &new{2011-07-22 (金) 01:23:32};
- 3トラックの祐介の有島に怒鳴るシーン、そしてまったく同じ言葉での5トラックの独白がじんと来ます。鈴村さん、熱演。メイン二人は原作のキャラとはずいぶん印象が違うが、この世界観をしっかり読み込んで演じていると思う。あと音楽、宮本さんのはいつもいい。 --  &new{2013-08-29 (木) 08:21:56};
- 話がいい!引き込まれてあっという間に聞いてしまう。絵が初心者にはとっつきづらいかもしれないけど、この人ストーリーテラーだから!と声を大にして言いたい。すごいところで終わってるので3つまとめて聞かないと早く聞きたくてウズウズする --  &new{2014-09-29 (月) 20:40:56};
- 今回は原作未読だと難解な場面が多くて、状況が分かりにくかった。私は女性の喘ぎ声よりも、深見が露骨に「××ポ」と発した台詞が辛かった(しかも二度も)聞き手は女性なんだから、言い方を変えるとかの配慮が欲しかった。ようやく絡みのシーンが登場するけど、何の色気も萌えもなかった。BL作品の中でも、かなり異質。花田さんのお声が一番エロチックだった。 --  &new{2015-04-20 (月) 11:49:35};
- 女性との絡みはカットして祐介と深見の絡みをもっと聞かせて欲しかった --  &new{2018-09-26 (水) 02:13:00};

#comment(noname)
//「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
*** [#i3b664e8]