龍と竜~白露~ の変更点


*龍と竜~白露~ [#qe68b8b8]
-''原作:'' [[綺月陣]]    ''イラスト:'' [[亜樹良のりかず]]  龍と竜2
-''キャスト:'' (石神龍一郎) [[中村悠一]]×[[小野大輔]] (乙部竜城)/ [[菊池こころ]] (乙部颯太)/ [[安元洋貴]] (高科次郎)/ [[坂巻亮祐]] (黒崎)
-''発売日:'' 2008年05月23日    4,500 円
-''収録時間:'' 68分02秒+46分20秒 2枚組    トークあり
-''通販特典:'' 座談会CD (小野・中村・安元) 約30分
-''発売元:'' フィフスアベニュー FACA-0022 / 海王社「ガッシュ文庫」刊
-''ブックレット:'' 書き下ろしショートストーリー
-''関連:''
--[[龍と竜]] 1 
-''関連画像(Amazon.co.jp)''
&amazon(B0016J83KS,image); 
#region(TRACK LIST)
TRACK LIST
-ディスク1
1 不安の種
2 現実と偏見
3 龍の過去
4 的中した不安
5 命がけの愛
-ディスク2
1 颯太の誕生日
2 一家団欒…?
3 二匹の龍
4 番外編:クリスマス会
5 キャストトーク
#endregion
//下の空白行は削除しないでください(関連画像の位置合わせ)

**感想 [#l8ca8675]
-「いつでも家にいてくれよ、俺のために」他人に頼るまいと、ホストクラブで働きながら幼い弟を育てていた乙部竜城。彼は掛け持ちのバイト先で市ノ瀬組幹部の石神龍一郎と出会う。極道ながら子ども好きな龍一郎をいつしか愛するようになった竜城は龍一郎と同棲を始め、毎日貪るように身体を重ね合った。そんな折、組同士のいざこざで龍一郎の身に危険が迫る。極道の妻として生きると覚悟を決めたはずが、突然訪れた別離の予感に動揺が走り……!?
-フリト小野さん中村さん菊池さんや安元さん坂巻さんで「声が無くなって行く」「ヤってるな」約5分。特典フリト司会安元さん小野さん中村さんで「誕生日」「家」30分強。
- 前回とは打って変わってエッチばっかりしてます(そして颯太に邪魔される)中村さんの低音はかっこいいですし小野さんの青年声も可愛くてとても良かったです。颯太に話し掛ける優しい声音が好きです。今回は前回に比べ大分ヤクザ要素が濃いので苦手な方には辛いかも?そのかわり颯太に癒されます。特典は仲の良い3人ということで会話から仲の良さが凄く伝わってきてほんわかしました。やっぱり2枚組はわかりやすいです。 --  &new{2008-05-24 (土) 01:07:51};
- Hシーンが全部で6回。うち、3Pもどきが1回。 --  &new{2008-05-30 (金) 02:24:32};
- やくざものは好きじゃないけど、颯太が可愛いので和みます。 --  &new{2008-06-15 (日) 11:57:04};
- 颯太は子供だが、先が怖い・・・ぜんぜん和まなかった。 --  &new{2008-06-20 (金) 13:05:49};
- ここまでリピートして聞いている作品はないかも。颯太にメロメロな大人達がほほえましいです。 --  &new{2008-06-23 (月) 18:27:08};
- 颯太と龍ー郎が可愛らしかったです。 --  &new{2008-08-08 (金) 17:10:12};
- 小野さんエロ棒読みだったような・・・。颯太くんホント可愛いです。 --  &new{2008-10-04 (土) 15:23:19};
- 今回はシリアスかつ極道だらけで聞いてるとしんどくなりましたが、この作家さんなら仕方ないかなと。そうたが可愛いので和みます。特典フリートークは笑いました。 --  &new{2008-10-21 (火) 00:00:19};
- 最初から最後までHしてた気が…いや可愛かったですけど。でも今回一番可愛かったのはやっぱり颯太ですね!菊池さんがちん○ん言ってたのには思わずごめんなさいって思いました。中村さんの低音声もお疲れ様でした。 --  &new{2008-11-02 (日) 18:00:51};
- だめだ、私には超絶地雷だった。絡みの真最中に幼児が割って入って白々しい定番の、いかにも無邪気を強調するセリフを撒き散らすというのは、生理的に耐えられん。こんな幼児、気持ち悪いだけなのだけど最中を子供に邪魔されるというシチュ萌えもあるんだろうか。--  &new{2008-11-12 (水) 11:30:09};
- 子供絡みでは普通に可愛がるという範疇を逸脱していて特殊な趣味に踏み込んでいるんじゃないかと思える。その辺を納得の上で聞かないと、人によってはやばいと思う。 --  &new{2008-11-12 (水) 17:23:17};
- 上記書き込みを見てたからなのか、颯太関連の懸念材料は颯太の圧倒的な可愛さで微笑ましく聞き終えることが出来た。低音中村アッパレ! --  &new{2009-05-23 (土) 22:13:46};
- ほとんどHしかしていない、という感じのまるで昔のBLCDみたいでした。颯太役の声優さんも結構きわどいセリフがあって、ちょっといたたまれない気持になりましたね。他の方もおっしゃっていましたが、濡れ場が多すぎるからか小野さんの喘ぎも棒読みでした。特典のフリートークを聴くために買ったと思えばいいかなという感じ。 --  &new{2009-05-24 (日) 07:04:06};
- 聴き手を試すかのように、これでもかこれでもかと続く羞恥プレイの連続に悶絶しました。取り立てて特殊なことをしているわけではないのに、濡れ場におけるシチュエーションがこれほどまでに羞恥を掻き立てるものとは、これを聴いて初めて知りました。舎弟に何をしているかバレバレの状況下におけるHに、3PまがいのH、中でも恥ずかしさで顔を覆いたくなったのは、寝ていた幼児に情事の様子を気付かれていて、その実況を語らせる(「龍がお兄ちゃんをいじめていた」)というものでした。ヤクザものとしても斬新な切り口だと思ったが、変態プレイとしても新境地を切り拓いているんじゃないだろうか。(ま、個人的には嫌いではないが) --  &new{2009-07-30 (木) 20:02:36};
- 第一の感想、「女を何だと思ってるんだ」。やくざだしBLだし、と思ってもあの女の扱い方はどうなの?と。自分の奥さん(男)は守るけど他の女はどうでもいいんだ。どうせなら舎弟の女も同じように守る、とか言ってくれたらときめいたのに。第二の感想。子供が・・・1では気にならなかったのに、今回の2では颯太がかなり出張ってた気がします。絡みの邪魔も一度くらいならまだ可愛いで済むけれど、二度目となるといらっときました。ほのぼの、とは感じられなかったな。子供率高い(絡みの邪魔します)ので苦手な人は要注意。3Pもどきは、逆に和やか雰囲気がこわい感じ?攻め二人だけが分かり合ってて受けが取り残されてる感じ。最後に「出会ってからまだ2~3ヶ月しか経ってなかったんだ?!」たったそれだけの間に色んな覚悟をしたんだねぇ。 --  &new{2009-08-23 (日) 03:26:58};
- 受けがうざい。前作では好きになったのがたまたま極道だったとか言って自分で一緒にいるのを選んだくせにグダクダグダグダ… 子供も気持ち悪い --  &new{2009-08-23 (日) 18:48:31};
- 良くも悪くもゴクツマを思い出しました。今作は竜城が本気で覚悟を決めていく心情を描きたかったんだろうな、と。しかしイマイチ伝わって来ないのは無駄なシーンと演出のせいかな。Hシーンが多すぎる。安易に数を増やすより、要所できちんとしたものを挟んで欲しかった。やくざテーマものとしては珍しい視点で展開している作品だけに、残念。とはいえ、中村さんの低音美声、小野Dの美青年声等、キャスト萌えは十分。菊池さんもとてもかわいらしく颯太を演じられていて好感が持てました。 --  &new{2009-08-25 (火) 15:10:54};
- 何やらトラウマになったCDです・・・多分もう聴かないですorz --  &new{2009-08-25 (火) 15:12:52};
- ショタ的要素があるので苦手な人は避けたほうがいいと思います。 --  &new{2009-08-31 (月) 22:06:34};
- 他人のコメへのコメはいけないですが、あえて書きます。何がトラウマなのか、きちんと書いてほしい。何の参考にもならない悪口にしかみえません。 --  &new{2009-09-01 (火) 19:42:49};
- 上の方が仰っているように聴く人によっては苦手な部類かもしれません。前回に比べ内容は薄いですが、良い低音声@中村、青年声@小野のラブラブ具合は好み。番外編(?)は龍一郎&竜城+次郎+颯太の楽しげな雰囲気ににやけました。是非、オヤジと竜城の初対面をお願いします。全体を見回しても颯太は本気で可愛い。 --  &new{2009-09-09 (水) 02:23:02};
- 他の人も書いてますが、2枚目はかなりのショタコンCDです。明らかに性的な解釈を狙った颯太のセリフもあって、ショタもの苦手な人はちょっと注意。でもそれ以外は、中村さん・小野さん目当てならふつうに良かったです。 --  &new{2009-12-08 (火) 22:20:00};
- 好き嫌いが分かれそうな作品だと思いました。そもそも前作から、「子供に優しいエコヤクザが家族ごっこか…リアリティ無いな」と思っていましたが、今作はさらなるご都合主義のストーリー展開に少々胸やけしそうでした。「俺のワイフ」だの「ダーリン」にも何やらむず痒いものを感じます。これってコメディだったっけ?と思ってしまいました。颯太役の菊池さんが可愛いのと、黒崎役の坂巻さんの声が色っぽかった…という感想だけが残りました。キャストの皆さんの美声を楽しむCDと割り切って聴きました。 --  &new{2009-12-09 (水) 12:56:15};
- ↑でも挙げられているショタ面が強いのは人によって難点なのは確かです。でも、小野さんの大人の可愛らしさを持つ甘やかな声が聞けます。 --  &new{2010-02-08 (月) 23:52:32};
- 全作では颯太の存在が受攻2人の間の良い位置にあったんですが、これは何か間違ってるというか違う方向に行ってしまっていて残念。ちなみに原作は続いてますが更にエスカレートしてて完全に付いていけないので個人的にはもう続編はいらないし出ても買わない。第一作は良かったのになあ。 --  &new{2010-02-17 (水) 14:27:32};
- 子供好きヤクザの設定は面白いと思うんですが、必要以上の子供の乱入はウザイ。しかもこの子ただの馬鹿ガキだし。「たかが恋だろ」の子供くらい気が利いてりゃ話のスパイスにもなるんでしょうが、これでは……。まあ原作がこれならしかたないんでしょうかね。中村さんのお声はとても素敵でした。 --  &new{2010-05-02 (日) 20:36:45};
- 「獣 ~ケダモノ~」の作者なので、内容とセリフ回しで好き嫌いが分かれるのは当然かもしれない。多分原作者のデフォルト要素として、「執着攻めがすごい方向へ行く」「わりとすごいHが多い」が挙げられると思います。そこが地雷な方はスルーがおすすめ。3Pまがいのシーンは893の「兄弟」のあり方として受け入れられるし、子どもが絡むのも好きなので、わたしはこのシリーズが大好きです。反対に、子どもが中心になっている図が許せない方、ほのぼのを求める方は手を出しちゃいけません。攻めの愛情が深くてほっこりする部分もあります。あと颯太は馬鹿ではないと思います。黒崎先生がいい声で気になるし、オヤジと竜城の初対面も聴きたいので、続編がほしい。 --  &new{2010-06-08 (火) 15:49:22};
- 数え切れないBLCDを聞きましたが、Hの最中子供に邪魔されるCDは初めてでしたw子供なので声優も女性・・・なんか恥ずかしかったです。BLに女性は乱入してこないで欲しい・・・・。全体的には愛?溢れる作品でよいと思います --  &new{2010-09-22 (水) 12:54:30};
- 前作の颯太の存在はとても良いと感じましたが、今回は私的にはしんどかったです。まだ、ショタ前提ですって設定のほうがマシだったかも…。3Pはしっかり楽しませていただきましたw中村さん、小野さん、安元さんは最高でした。皆さんそれぞれキャラにピッタリですし、上手いし、とても満足でした。いやぁ、小野さんの受け作品聞くの初めてでしたが、可愛かったです。色気が半端無い。 --  &new{2011-02-12 (土) 00:07:51};
- 端々に説明が入るとはいえ所々抜けている所があり原作未読には厳しい内容かな?と。そもそも続編なので前作視聴推奨、かつ原作の重要部分を削りに削っているので未読の方は納得いかない部分が多々あるものと思います(キャラの心情などが大部分端折られているので)。メインキャスト男性陣の演技はパーフェクトですが、やはり前作同様メインの子供の声質が気に障ります。5歳児なのでキンキンした声なのは仕方ありませんが、シリアスなシーンでも一定声質演技(というより棒読みに近い)なので非常に気に障ります。ここさえ目を潰れれば良作。絡みが子供に邪魔されるのは濡れ場のシチュエーション的にむしろ邪魔が入らない方がおかしいので何とも。原作続編出てるので続編(子供はそれ程ショタでなくなってるのでキャスト変更になるでしょうし)を出して欲しい所ですが、小野さんの昨今のBLCD出演率を見るに不可能でしょうね・・・。 --  &new{2011-02-14 (月) 23:59:01};
- 小野さんが最高に可愛かったです。大満足。 --  &new{2011-02-20 (日) 01:56:22};
- 上で書かれている方もいますが、BLで女性声優が絡むのが苦手な方には颯太が割り込んだりするのは少々辛いかもしれません。 --  &new{2011-03-07 (月) 13:54:49};
- 内容はHにもってかれてる感は否めないですが全然普通に良い作品だと思いました。確かに颯太のからみは狙いすぎかなとも感じたけど許容範囲。前作同様、中村さんの低音で独特の言い回しが893っぽさを良く表現していたし、小野さんの颯太へ接する時の優しい演技に激しく萌えたwそして特典CDは聞かなきゃ損w --  &new{2011-03-17 (木) 20:29:47};
- 舌がからまってやばいと怒るのは普通でしょー --  &new{2011-04-05 (火) 04:20:02};
- ペドとヤクザとレイプ。自分個人には大地雷(泣) --  &new{2011-04-05 (火) 18:41:26};
- 小野さんがとてもかわいかったのですが、性格がちょっと。。。もう少し健気だとよかったかも。 --  &new{2011-06-29 (水) 21:39:37};
- なんか、個人的に颯太くんが苦手です。声とか演技とかは前作からとても可愛くて好きなのですが、少し登場しすぎかも?って思いました。特に石神さんが颯太くんに口移しで食べさせるのとかはドン引きしました。なんかもう、石神さんは颯太くん目当てで竜城くんと付き合っているんじゃ・・・。とか思っちゃいました。個人的にはもっと石神さんと竜城くんの絡みのシーンが聴きたかったです。(Hシーンではなく日常的な) --  &new{2011-07-19 (火) 22:36:47};
- 小野さんの喘ぎが可愛すぎる!中村さん目当てで買ったので、小野さんの受け初めてだったのですが、大収穫でした。いやぁ、小野さん可愛かった…(二度目) --  &new{2011-08-01 (月) 00:34:31};
- 1・2ともそれなりに楽しめましたがコメディタッチとはいえ絡みシーンに子供が乱入してくるのは引きました・・・設定として幼い弟がいる、というのはいいんですがここまでメインに扱われるとちょっとしつこくて子供ネタはもういいから…と思ってしまいました。 --  &new{2011-09-21 (水) 19:46:13};
- 菊地こころさんファンになりました。可愛すぎます。小野受けは初めてだったのですが可愛かったです。 --  &new{2012-02-01 (水) 15:09:35};
- 前作に引き続き、低音の中村さんもよかったし、小野さんもの受けも可愛かった!!ただかなり気になったのですが、Hの途中で颯太がたびたびHにジャマしてくるんで、萎えました。すっごくイライラしたし、わざとらしいのもムカつきました。カラミで子供使わないで欲しいです。他はわたし的にはよかったんで、そこだけが残念でならないCD。 --  &new{2012-08-26 (日) 19:59:52};
- 颯太に和みましたが、Hシーンに出てくるとは……。でも、低音の中村さん、良いですね、青年役の小野さんも可愛かったです --  &new{2013-01-08 (火) 02:02:01};
- 小野さん頑張って喘いでいて良いのですが、絡みが多くて、単調な喘ぎだからか、途中で飽きる。この「白露」よりは、「竜と龍1」のくっつくまでのエピソードとエロが、程よく混ざっている感じの方が良かった。     --  &new{2013-01-21 (月) 23:13:30};
- 颯太が出張りすぎててうんざり。子供がH中に何度も割り込み中断とか萎える。一作目は割と面白かったのに、これは話も共感できる部分が少なくイマイチだった。中村さんと小野さんの声はとても素敵なので最後まで聞けるかな --  &new{2013-03-22 (金) 11:00:39};
- 酷い女の扱い云々の893な世界の内容は仕方ないとしても・・・ただただ中村さんの声を堪能するということを重点に我慢して聴きましたー・・・というような内容?演出?脚本?の置いて行かれ感満載の作品でした。颯太自体には和めるけれど、颯太の声にかなりイラついた。前作がそこそこ良かっただけに残念。 --  &new{2013-03-23 (土) 12:58:09};
- 前作より濡れ場の数が驚くほど増えている。皆さん賛否両論あるようですが、私は良作の様に思えました。小野さんの受けも悪くないと思えた作品でした。 --  &new{2013-03-27 (水) 09:41:36};
- ちょっと受けの大輔が残念…。なんというか、いまいち役に入ってないし…… --  &new{2013-03-27 (水) 14:43:56};
- まず、濡場とすかさず入る颯太の育児あるあるイベント(夜間編)の増加にビビリました;颯太可愛いんだけど、これを演ってらっしゃる声優さんお疲れ様でしたとしか言いようがない;極道庇っているような作品で、ちょっと不快感。子ども好きなエコやくざ少子化対策やくざ・・・こんな極道はめったにいないわ!!まぁそれでも、楽しめましたが、前作と違ってリピ聴きはないですね^^; --  &new{2013-09-16 (月) 12:45:42};
- 1と2と続けて聴いた。二人のラブラブっぷりがアップしていてごちそうさま。2枚組の今作品、私には萌えという観点からすると地雷でもなければ何でもないよくわからない世界観となっていた。↑に挙げられているように子供がHシーンを目撃、大人から子供への食べ物の口移し、あわや3Pともなりえるシチュエーション。???が頭にたくさん浮かぶ。これは原作者とのBLにおける萌え要素(?)が合わないということだろう。それならば忠実に演技をしてくれた声優さんたちには何の罪もなく、ただただありがとうございましたと言いたい。最後のフリトで中村さんの地声が聞けてホッとした。人を選ぶこと間違いなし! --  &new{2015-04-14 (火) 23:48:24};
- 低音の中村さんが最高にかっこよかった。 --  &new{2018-01-02 (火) 13:28:05};
- 1枚目はとても良くて、期待していたのですが、今回は私には合わなかったみたいです。  ・子供に舌絡めながら口移しで食べさせる 子供の将来が性にオープンになりそうで怖いです。 子供の頃の影響は大人になっても結構残ってるものです。 ・3Pまがいの事をする 3人で愛し合っていたり、全員遊び感覚でとかなら別に構わないと思うんですけど、両思いなのに3Pまがいの事をするのはちょっと微妙です。  正直、2枚目のカフェに戻れた所で聴くのをやめれば良かったなと思いました。 --  &new{2018-01-02 (火) 20:44:11};
- 原作未読。受の主張や行動は身勝手な点が多く首を傾げるが、全体的にはいいと思う。攻がなぜあんなに子供大事にしてるのかはわからず不思議。噛んで食べさせるのは普通に汚いと思った。 --  &new{2018-01-04 (木) 22:41:12};

#comment(noname)
//「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
*** [#md2fbb76]