DOUBLE CALL 3 の変更点


*DOUBLE CALL3 [#td2c81ee]
-''原作・イラスト:'' [[緋色れーいち]]
-''キャスト:'' (塔馬巽) [[森川智之]]×[[鈴木千尋]] (風祭蒼一郎)/ [[森川智之]]×[[石田彰]] (千堂頼人)/ [[高木渉]] (風祭 礼二郎)/ [[長嶝高士]] (風祭 多一郎)/ [[岡本嘉子]] (風祭 抄子)/ [[細井治]] (波多野)/ [[小菅真美]] (萩野)/ [[若林直美]] (鴬嬢)/ [[藤田圭宣]] (レポーター)
-''発売日:'' 1999年12月30日    2,700 円
-''収録時間:'' 76分49秒    トークあり
-''発売元:'' インターコミュニケーションズ INCD-129 / 桜桃書房(GUST)
-''脚本:'' [[芦沢ともえ]] ''音楽:'' 佐藤啓 ''制作進行:'' 岩村美和子 ''キャスティング:'' [[高橋正彦]]
-''演出:'' [[阿部信行]] ''効果:'' 岡瀬晶彦 ''録音スタジオ:'' スタジオタバック ''編集スタジオ:'' アルファサウンド
-''ブックレット:'' 書き下ろしミニ漫画「ハニームーンな4コマ」
-''関連:''
--[[DOUBLE CALL 1]]
--[[DOUBLE CALL 2]]
--[[DOUBLE CALL 3]]
--[[DOUBLE CALL 4 ~放物線の彼方1~]]
--[[DOUBLE CALL 5 ~放物線の彼方2~]]
--[[DOUBLE CALL 6 ~放物線の彼方3~]]
--[[DOUBLE CALL 7 ~放物線の彼方4~]]
--[[DOUBLE CALL 特別編集CD]]
-''関連画像(Amazon.co.jp)''
&amazon(B004ND86P6,image);
&amazon(B004ND86P6,image); 
**感想 [#l339d907]
-[[鈴木千尋]]さん初受作品
-高校時代、甲子園出場を目指す塔馬は、風祭蒼一郎と出会う。生まれつき心臓が弱く、外へあまり出られない蒼一郎に、塔馬はいろいろなことを話して聞かせた。二人は惹かれ合い結ばれるのだが、ある日、蒼一郎との関係が彼の母親にバレてしまい…!!高校時代の塔馬巽の姿を描く「真夏の果実」
-フリト司会高木さん鈴木さん石田さん森川さんで「初体験」「あくまでも想像で」「プラム」「野球らしい話をしてない」7分強。
-プロ野球 夏祭り クリスマスイブイブ
-鈴木千尋さんは今作が初めてのカラミだったそうです。でもその初々しさ役柄とも重なって良かったと思います。
- 鈴木千尋さんのが初々しい演技が非常に良かったです。声がかなり高めだったけど、それも切なくて可愛いかんじがしました。 --  &new{2008-08-28 (木) 00:27:38};
- 同作品1~3を聴いて、この3が一番良かった。初々しい塔馬と蒼一郎のエピソードは青春の苦い思い出として楽しめた。蒼一郎の儚い演技も良い。別エピソードの塔馬と千堂の濡れ場、千堂のキスをされながら喘ぐ演技がかなり萌えた。素晴らしい(笑)。 --  &new{2009-02-14 (土) 19:39:14};
- 野球ということで馴染みがなくて未聴でしたが、これはすばらしかったです。鈴木千尋さん、とても初受とは思えない演技でしたし、森川さんも初々しい感じがして、BL 風味がなくても楽しめる作品だと思いました。 --  &new{2012-07-23 (月) 15:02:22};
- 千尋さん初受けを聞きたくて入手したのですが、うっかり石田さんの色香にやられてしまいました。色々と石田さんを聞きあさりましたが、このCDのトーンが1番色っぽくて好きです。トークでも、燃えてしまいました発言に激萌え! --  &new{2013-08-31 (土) 23:41:28};
- 原作未読。鈴木千尋さん、儚げな感じが出ていて良かったです。ちょっとうるっときました・・・。 --  &new{2018-06-24 (日) 19:02:34};

#comment(noname)
//↑「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。

//「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
*** [#a600b747]