Top > 花婿候補セリフ > ヒナタ > 挨拶・会話

花婿候補セリフ/ヒナタ/挨拶・会話

Last-modified: 2019-03-10 (日) 15:37:16

挨拶 Edit

    • 友人期間
      • 「よっ、(主人公)。…ん? 朝から元気だねって? 朝だから元気出すんだよ。元気のない人に、自分の元気を分けてあげられるようにな。」
      • 「よう、(主人公)。オレの今日は、いい一日になりそうだよ。お前もがんばれよ。」
        男主人公
      • 「おお、(主人公)。ねむそうな顔してるぞ。牧場仕事は、朝が早いから大変だな。」
      • 「よう、(主人公)。…ふぁ。」
        「おいおい、お前のあくびがオレにまでうつったじゃねえか。」
  • 恋人期間
    • 「(主人公)、おはよう。お前の足音って、とくちょう的だよな。すぐに分かるよ。」
    • 「(主人公)、おはよう。朝から顔を見れるなんて、ついてるぜ。一日がんばれそうだよ。」
      好感度が青以下
    • 「ああ、お前か。こんなところでなにしてるんだ?」
  • 夫婦期間
    • 「おはよう、(主人公)。ちょっとの間だけ、だきしめてもいいか? 今日も一日がんばれるように。」
    • 「毎日いっしょに朝をむかえられて こうして、朝一番に顔が見れる。結婚して良かったって思うよ。」
      好感度黄色以下
    • 「そういえば、お前うなされてたぞ。仕事のしすぎじゃないのか?」

    • 友人期間
      • 「牧場をがんばってるお前を見てると、オレも負けてられねえなって思うよ。」
      • 「牧場仕事は一息ついたってところか?せっかくこっちまで来たんだからみんなに会って行けよ。」
        男主人公
      • 「さっき、おなかの音が鳴ったのを通りすがりの人に聞かれて笑われたよ。…あれは、はずかしかったな。」
      • 「ヒマだったら、(主人公)と 釣りがしたいと思ったんだけど… 今日は予定が入ってるからな。残念だ。」
  • 恋人期間
    • 「(主人公)の笑顔が好きだよ。昼間のお天道さまみてえでキラキラしてるんだ。」
    • 「今日は、いい日だな。こうして(主人公)と話せるんだから。」
      「このまま夜まで、ずっといっしょにいれたらいいのにな。」
      好感度が青以下
    • 「仕事いそがしいんだろ。オレに構ってる時間なんてあるのか?」
  • 夫婦期間
    • 「あのなあ、(主人公)。朝からほかのことに集中しすぎだぞ。」
      「あいさつは大事なんだから わすれんなよ。」
    • 「うん。やっぱり、(主人公)の声がないとオレの一日が始まらないみたいだ。」
      「明日は、朝いちでお前の声を聞かせてくれよ。」
      好感度黄色以下
    • 「ああ…おそくなったけど、おはよう。今日は、朝から一言も口きいてなかったしな。」

    • 友人期間
      • 「暗いと仕事がしにくいだろ?今日はもう、ほどほどに切り上げとけよ。」
      • 「今日も大変だったのか?来る日も来る日も大変そうだな。今夜は、ゆっくり休めよ。」
        男主人公
      • 「うーん…。今日はねる前に何か本でも読もうかな。なあ、おすすめとか教えてくれよ。」
      • 「おつかれ、今日の仕事は終了か?オレも今日はクタクタだよ。」
  • 恋人期間
    • 「(主人公)のことだから今日もがんばって働いてたんだろ?いつも、ほんとにおつかれさま!」
    • 「お前に会えなかった日は一日が無事に終わった気がしないんだ。明日も会えるといいな!」
      好感度が青以下
    • 「もうこんな時間か。夜道はあぶないから、帰った方がいいぞ。送れないけど、気をつけて帰れよ。」
  • 夫婦期間
    • 「夫婦なのに夜が初めての会話ってのは ちょっとさびしいな。」
    • 「くだらないことかもしんねえけど、好きで好きでいっしょになった女とこんな時間まで話せないのは、いやだな。」
      好感度黄色以下
    • 「夜に今日初めての会話か…。オレたち、いっしょに暮らしてる意味あるのかな?」


  • 好調
    • 友人期間
      • 「おう、(主人公)!調子はどうだ?オレは絶好調だぜ~♪」
      • 「ふふ~ふん~ふんふん~。」
        「気分がいいと、鼻歌が出ちまうよな。今日はずっといい気分だぜ。」
  • 恋人期間
    • 「(主人公)、どうした?オレに会いに来てくれたのか?うれしいなあ。」
      「今日は気分がいい上に(主人公)と会えたんだから言うことなしだぜ。」
    • 「(主人公)、いいところに来たな。手を出せよ。」
      「オレは、今日いいことがあったからすげえ幸せなんだ。だから、お前にも分けてやるよ。」
  • 夫婦期間
    • 「(主人公)、今日もきれいだな!さすがはオレのヨメさんだ。」
      「うん?…今日はきげんがいいんだねって?」
      「(主人公)がオレの名前をねごとでつぶやいていたからな。もう、うれしくってしかたないんだよ。」
    • 「結婚してから、独身だったころよりも気分よく過ごせる日が多くなったな。今日も幸せに過ごせそうだ。」

    • 「よし、今日も売って売って売りまくるか!」
      「(主人公)も、うちの店で1品くらい買ってけよ。」

  • 不調
    • 友人期間
      • 「ふぁ…。さっきからあくびが止まんないんだよ。つかれてんのかな、オレ。」
      • 「特になにかあったわけじゃないけど 今日は、ゆううつだな。 つい、ため息が出そうになる。」
  • 恋人期間
    • 「今日は、朝から調子が出ないんだ。お前がひざまくらしてくれたら つかれも取れそうな気がするんだけど。」
    • 「(主人公)ってすごいな。声聞いただけで、つかれが取れていく気がするよ。」
      「なあ、わがまま言ってもいいかな?あと少しだけ、オレのそばにいてくれ。」
  • 夫婦期間
    • 「今日は元気が出ないんだ。だから、たくさん(主人公)の笑った顔が見たいな。」--「うん?オレがつかれた顔してるって?…やっぱりそう見えるのか。(主人公)は何でもお見通しだな。」

  • つゆくさの里で倒れた翌日
    • 「(主人公)聞いたぜ。昨日、たおれたんだって?何やってんだか…しっかりしろよ。」
      「お前に何かあったら心配するやつがいるだろ。オレだってそうだし。」
      「とにかく、今日くらいはしっかりとめしを食ってちゃんとゆっくり休めよ。」

Lボタン挨拶 Edit

  • 好調
    • 「ふふ~ふん~ふんふん~♪」
    • 「今夜はいい夢が見られそうだ。」
    • 「今日のオレは絶好調だぜ~♪」
  • 普通
    • 「いそがしそうだな~。」
    • 「おう!ちょっと話そうぜ。」
    • 「元気出して行こうぜ。」
    • 「いつもありがとな。」
    • 「よし、いっちょやるか。」
    • 「あいさつは元気のあかしだな。」
    • 「時間が経つのは早いな。」
    • 「さてと、次はどうするかな。」
    • 「わっ、びっくりした。」
    • 「楽しいこと無いかな?」
  • 不調
    • 「はあ…つかれたなあ。」
    • 「ああ…ゆううつだなあ。」
    • 「あくびが止まんねえな。」
  • 店番中
    • 「ようこそいらっしゃいませ。」
  • 台風
    • 「すごい風と雨だな…。」
  • 大雪
    • 「すごい風と雪だな…。」

会話 Edit

  • 友人期間
    • 久しぶりに話す
      「…最近会ってなかったからちょっと心配してたんだぜ。元気そうで良かったよ。」


    • 「なにかの縁があって こうして知り合ったわけだし気楽に話しかけてくれ。」
      男主人公
      「オレ、人見知りとかしないんだ。だからお前も、気楽に声かけてくれよな!」


    • 「女でここまで話が合うのって初めてだな! 性別を意識しないでしゃべれるよ。」
      男主人公
      「部屋でしばいの練習をするんだけどせりふを読むときは、スモモがいるとやりにくいんだよ。」
      「だからさ、たまにお前の牧場で練習してもいいか?めいわくはかけないからさ!」


    • 「お前の目って、キラキラしてるよな。目標持って、がんばってるからかな?」
      男主人公
      「お前といると、楽しいんだよな。くだらない話でも真面目な話でもお前は、なんでも聞いてくれるから。」


    • 「お前が思ってる以上にオレはお前の力になりたいと思ってるよ。だからこまったことがあったら、一番にオレをたよってくれよな。」
      男主人公
      「しばいのことで落ちこんだ時にお前と話すと、不思議と前向きになれるんだ。」
      「お前が上手くいかない時はオレが力になってやるよ。だから、なんでも言ってくれ。」

    • 黄緑
      「オレにとって、お前は友達よりもずっと深い存在だよ。」
      「ほかのやつとひとくくりになんてできないんだ。つい、特別あつかいしちまうよ。」
      男主人公
      「こんなに心をゆるせる友達ができるなんて、オレは運がいいのかもしれないな。」
      「こしが曲がって歯が抜けたジジイになっても今みたいに仲良くしようぜ。」



    • つぼみ(破局)
      「別れたこと、後悔(こうかい)してないけどお前の恋人だったことも後悔してないぞ。」
      「きっと大丈夫だ。前のような友達にもどれるさ。」
  • 恋人期間
    • 久しぶりに話す
      「久しぶりに顔を合わせたから、うれしくて思わず笑っちまったよ。元気そうだな。」

    • 付き合い始めて1週間以内?
      「(主人公)が笑うだけで、からだがムズムズする…。生きてきて初めての感覚だ。」
      「これが、恋人になったばかりの初々しい気持ちってやつなんだろうな。」

    • 復縁して1週間以内?
      「初めて恋人になれた時よりも、気持ちがうかれてる気がする。」
      「オレ、(主人公)のことずっとあきらめきれなかったんだな。」


    • 「オレ、お前との関係に期待しすぎてたのかもな。…われながら、自分勝手だと思うけど。」


    • 「恋人になったけどオレたち、まだまだこれからだよな。」
      「時間はたくさんあるんだし二人でゆっくり、恋人にふさわしい関係になっていこうぜ。」


    • 「(主人公)のことをひとりじめしたいなって思っちまうことがあるんだ。」
      「なんか、よゆうがなくてかっこ悪いよな。自分がちょっと情けねえよ。」

    • オレンジ
      「今までは、どうしたらもっとオレを好いてくれるかなって考えてたんだ。」
      「でも今は、どうしたら(主人公)が笑ってくれるかなって考えてるよ。」

    • ピンク
      「(主人公)といっしょにいると幸せな気持ちがどんどん増えていくんだ。」
      「きっと、(主人公)がオレのことを恋人として大事にしてくれてて、それをオレが実感できてるからだと思う。」


    • 「オレがほれてる女は、(主人公)だけだ。」
      「オレの一番と特別は、これからもずっと(主人公)のものだよ。」

    • 婚約中
      「…早く、いっしょになりたいな。祝言(しゅうげん)が待ち遠しいよ。」



  • 夫婦期間
    • 久しぶりに話す
      「…同じ屋根の下で暮らしてるのに心だけ、そうじゃねえのかな?」
      「(主人公)があんまりにも話しかけてくれなかったから、途中から意地になったオレも悪いけど…。」
      「(主人公)と話せないのは けっこうキツかった…。こんなことは、もう今回限りにしてくれよ。」

    • 結婚して1週間以内?
      「だんなさまの離れにいた時よりもぐっすりねむれるんだ。(主人公)のとなりは心地いいな。」

    • オレンジ
      「結婚式をあげた日、オレがなんて言ったか覚えてるか?」
      「(主人公)はわすれてるだろうけど オレは覚えてるよ。…これからもずっと、わすれねえよ。」

    • ピンク
      「結婚生活がこんなに楽しいものだとは思ってもみなかったよ。もっと早く求婚すれば良かったな。」


    • 【0~61日目?】
      「毎日幸せなのは、(主人公)がいるおかげだな。いいヨメさんをもらったよ。」

      (更新データ1.3追加)
      【62日目~123日目?】
      「仕事をしてる(主人公)、 料理を作ってる(主人公)、 ねている時の(主人公)…。」
      「全部かわいくて、しょうがないんだ。 どうすりゃいいんだ…。」

      【124日目~185日目?】
      「ユヅキがさ、結婚してからオレのふんいきが変わったって言うんだ。…まあ、自分でもそう思うけど。」
      「店の仕事にしろ、しばいの練習にしろもっとひたむきになった気がするよ。守るものができたからな。」

      【186日目~247日目?】
      「(主人公)との結婚は オレにとっての ごほうびだったのかもな。」
      「いやなことや、つらいことも たくさんあったけど、 それでもおつりがくるくらいだよ。」

      【248日目~?】
      「長い人生を歩む相手にオレを選んでくれて、本当にありがとう。 死ぬまでずっと、幸せにしてやるからな。」

    • 妊娠中
      【妊娠初期会話 0~14日目】
      「オレたちの子ども…か…。ダメだ……。うれしくてつい、ほおがゆるむ…。」


      【妊娠中期会話 15日目~26日目】
      「からだの方はどうだ?つらい時はちゃんと言えよ。ずっとそばにいてやるからな。」


      【妊娠後期会話 27日目以降】
      「今つらくないなら 少しだけ、おなかをさわってもいいか?」
      「…ハハッ、動いてる動いてる。おい、聞こえるか? お前のお父さんだぞ。会えるのを楽しみにしてるぜ。」


      【出産直後】
      「(子供の名前)に指先でふれると 無意識にオレの指をにぎるんだよ。かわいいなあ…!」


      【子供の成長1イベント後】
      「小さいころの弟たちも そりゃあかわいかったけど、やっぱり自分の子が一番だな。」


      【子供の成長2イベント後】
      「小さかった(子どもの名前)がもうあんなに大きくなったのか…。年月がたつのは早いな。」
      「でも、(主人公)は変わらないな!ずっときれいなままだ。」

場所別 Edit

  • はなれ
    • 「オレの荷物の周辺けっこう片付いてるだろ?こう見えて、きれい好きなんだぜ。」

  • 問屋
    • 「おくり物用の品などございましたらどうぞ、私におっしゃってください。真心をこめて、お包みいたしますよ。」
    • 「商売上、私どもはさまざまな品をおすすめしますが最終的に決めるのは、お客さまです。」
      「どうかご自身の気持ちに沿ったものをお買い上げくださいませ。そのお手伝いができれば、私は幸せです。」
    • 「…なんだよ?オレの口調が変だって?店員なんだから、お客様にていねいな言葉を使うのは当然だろ。」
      「うちの店は、たとえ家族や友人でもほかのお客様と区別しない決まりなんだ。仕事中に、私的な関係は持ちこまねえの。」
    • 「店で働いてるせいか、異国のめずらしい物や高価な物は ついつい興味がひかれるんだ。」
    • 「お客さま相手の仕事は気苦労も多いし、毎日へとへとになるけどやりがいがあるよ。」
    • 友人期間
      「ようこそいらっしゃいませ。なにかお探しのときは、えんりょなく声をおかけください。」
    • 恋人期間
      「いらっしゃいませ。 いつもご利用ありがとうございます。 どうぞごゆっくり。」
    • 夫婦期間
      「ようこそおいでくださいました。 本日も、良い品がそろっておりますよ。 どうぞごらんになってください。」

  • ウェスタウン・北(夏)
    • 「仕事がら、この町に来るとお店にならんでる品物を見ちまうんだ。」
      「いい品は、だんなさまにかけあってうちの店にも仕入れるんだ。めずらしい物好きの客に売ってるよ。」
    • 「歩いて来れるくらい近い町なのに オレの町とはふんいきも全然ちがうよな。 何回来ても、新しい発見があるよ。」

  • ウェスタウン・南(夏)
    • 「ん? どうした?」

  • つゆくさの里・北
    • 「このへんは、年中川風が吹くんだ。春や夏はいいんだけど寒い季節になると、ほんとに冷えるぜ。」
    • 「かわには小舟(こぶね)がよく通るんだ。そうそう、うちの店専用の小舟もあるぜ。オレもたまに使ってるよ。」

  • つゆくさの里・南
    • 「イッテツさんの家で飼ってるニワトリの卵とウメキチじいちゃんの米はうちの店からほかの町に出荷してるんだ。」
      「どっちの品も、お客さんからおいしいって大人気でさ。オレまでうれしくなるよ。」
    • 「ここの竹を使ってよく竹細工を作るんだ。」
      「えっ、(主人公)にもなんか作れって? そうだな…。気が向いたら、作ってやるよ。」

  • ルルココ・北(冬)
    • 「この村の人たちって、オレみたいなほかの町から来たヤツにもしきりに声をかけてくるんだ。」
      「友好的で陽気だよな。オレ、この村が好きだよ!」
    • 「この村の人たちって自分の手や耳にかざり物をたくさん身につけてるよな。」
      「特にさ、耳にあなを開けるなんて、オレならおそおしくて泣いちまうよ…!みんな勇気あるよな。」

  • ルルココ・南(冬)
    • 「ん? どうした?」

  • 主人公の自宅(結婚後)
    • 「こっちに住み始めてから台本のせりふ読みがはかどってるよ。」
      「これまでは、だんなさまやスモモからうるさいって言われやしないかってビクビクしながらやってたからさ。」
      「あ、でも(主人公)のじゃまにならないようにってのはもちろん気をつけてるよ。」
    • 「この家、(主人公)がいっしょうけんめい働いた金で建てたんだよな。オレも大事に使うからな!安心しろよ。」

  • 主人公の牧場
    • 「牧場にいる時の(主人公)ってちょっと顔つきが変わるよな。」
      「きっちり仕事と向き合ってるって表情をしてるぜ。うん、かっこいいな!」
    • 「こんな広い土地を1人で使うなんてな。大変そうだけど、うらやましいぜ!」

  • 交差点
    • 「3つの門を見くらべてると自分の里の門も、けっこう変わった形をしてるんだなって思うよ。」
      「ふだん見なれてるから分かりにくいけど ほかの町のやつからしたらオレの里もじゅうぶん異国なんだろうな。」
    • 「そこの小さいわき水で顔を洗うと、サッパリするぜ。足がつかれた時の小休止にぴったりだ。」

天候・季節別 Edit

  • 天候
    • 台風
      • 友人期間恋人期間
        「えっ、(主人公)!? こんな台風の中、ここまで来たのか!? あぶねえだろ!」
        「わざわざ会いに来てくれたのは うれしいけどさ、無茶するなよ。まあ、ゆっくりしてってくれ。」
      • 夫婦期間
        「(主人公)、オレの言いたいことは分かってるよな?」
        「…分かってるなら、いいんだ。牧場のことが心配なんだろ?」
        「気をつけて行ってこいよ。おふろをわかして、待ってるから。」
  • 大雪
    • 友人期間恋人期間
      「えっ、(主人公)!? こんな大雪の中、ここまで来たのか!? あぶねえだろ!」
      「とにかく、あんまり無茶なことするな。みんなお前のことを気にかけてるんだからさ。」
    • 夫婦期間
      「(主人公)、オレの言いたいことは分かってるよな?」
      「…分かってるなら、いいんだ。牧場のことが心配なんだろ?」
      「気をつけて行ってこいよ。おふろをわかして、待ってるから。」
  • 季節
      • つゆくさの里・晴れ
        「この里の春は、本当にきれいだよな。花吹雪が見事だ。うちの兄弟たちにも見せてやりたいぜ。」
      • つゆくさの里・雨
        「雨の中、ここまで来るのは大変だっただろ?つかれてるなら、そのへんで休んでいけよ。」
      • つゆくさの里・晴れ
        「あちーなぁ…。今すぐ川に飛び込んで、水浴びしたい…。(主人公)もやるか?」
      • つゆくさの里・雨
        「オレ、夏の雨は好きなんだ。夏草と雨のにおいが混じった香りは、ふるさとを思い出すよ。」
      • ウェスタウン・晴れ
        「つゆくさの里だろうが、この町だろうがどこにいても暑いもんは暑いな。湯につかって、サッパリしたいぜ。」
      • ウェスタウン・雨
        「今日は、雨で助かったぜ。 さすがにあの日差しの中を ここまで来るのは、少しきついからな。」
      • つゆくさの里・晴れ
        「まさに収穫日和の天気だな~。 (主人公)の牧場の作物も きっと喜んでると思うぜ。」
      • つゆくさの里・雨
        「オレのかみの毛はゴワゴワしてるから雨だとすぐはねるんだよ…。ねぐせを直すのに、一苦労だぜ。」
      • つゆくさの里・晴れ
        「牧場は季節を問わず 水仕事があるから、寒い日は大変だよな。 今日もおつかれさま!」
      • つゆくさの里・雪
        「オレのふるさとはここよりもよく雪がふるんだ。」
        「兄ちゃんたち、かぜをひいてないといいけど…。」
      • ルルココ村・晴れ
        「この村の服は見た目があざやかだよな。ああいう、面白い模様の反物(たんもの)をうちの店にも仕入れてみようかな。」
      • ルルココ村・雪
        「さすがに、このくらいの寒さになるとこの村でも雪がふるんだよな。」
        「それでも、うちの里に比べればずいぶんとあったかいから冬の間はここで暮らしたいくらいだ。」

自分のことについて Edit

  • しばい
    • 「オレ、店で働いてるほかに舞台役者の見習いとしてしばいの練習もしてるんだ。」
      「大黒屋の仕事が終わると、となり町のしばい小屋に出かけて行ってみっちり練習してるよ。」
    • 「しばいの練習って、けっこうきついんだよ。声の音量や、目線、手や足の動かし方…。」
      「ひとつひとつに気が抜けないんだ。で、それをしばいの間ずっと続けるんだ。集中力や体力がないと、すぐたおれちまうよ。」
    • 「役者やってると、数の大小はあれどおっかけみたいな人は現れるんだ。なにをかくそう、オレにもいるんだぜ?」
      「みんな、すげえ野太い声でオレの名前をよんでくれるよ!」
      「…うちのシバイ小屋、大半が女性客なのになあ…。なんで男ばっかりなんだよ。」
    • 「分からない言葉は、辞書を使ってすぐに調べるようにしてるんだ。」
      「役者たるもの、言葉の意味を理解してせりふをしゃべらないと心にひびく演技はできねえよ。」
    • 「抜きにくいクギ、引き抜きにくいクギ クギ抜きで抜くクギ。抜きにくいクギ 引き抜きにくいクギ、クギ抜きで抜くクギ。」
      「ああ、これか…?発音の練習だよ。ずっとやりすぎてくせになってるみたいでな。」
      「仕事中でも思わずつぶやいちまうからこまってるんだけど、どうにも直らないんだよな。」
    • 「オレが役者を目指すキッカケになったのはオミヨさんとユヅキと三人で見に行ったしばいなんだ。」
      「そのしばいが、すげえ面白くてさ。オレもこういうのをやってみたいって思ったんだ。」
    • 「見習いとして通っているしばい小屋はこの業界じゃ、けっこう有名でさ。上演日は毎回大入りだぜ。」
      「オミヨさんやシズさんもうちのしばいが好きでさ。新作の舞台(ぶたい)には、必ず来てるんだ。」
    • 「…目が痛い。台本の読みすぎかな。」
      「おっ、かたをもんでくれるなんて気が利くな。ありがとよ、(主人公)。」
    • 「オレの役者名?そのまま「ヒナタ」でやってるよ。自分の名前、気にいってるからな。」
    • 「しばいのせりふは、紙に書いて覚えるんだ。つぶやきながら何度も書くことで、自然と頭に入ってくるんだよ。」
      「はたから見るとちょっとこわいけどな。昔、スモモがビビってたよ。」
    • 「勉強がてら、役者仲間と しばいを見に行くことも多いんだ。 すげえ刺激(しげき)を受けるよ。」
      「そのおかげで、コウフンしすぎて 夜にねむれなくなっちまうけどな。」
    • 「イッテツさんが オレのあこがれてる役者の絵を かいてくれたんだ。」
      「いや、もう、うれしくってさ。 ずっとお守りに入れて 持ち歩いてるよ。」
      「オレもいつか、こうやって 絵にかいてもらえる役者になるぜ!」

      (更新データ1.3追加)
    • 「しばいのけいこでは、台本の読み合わせだけじゃなくて歌やおどりをやることもあるんだ。」
      「セリフの途中で歌やおどりをはさむような内容の公演の時もあるからな。」

  • 生い立ち・家族
    • 「オレの家族は、じいちゃんばあちゃんにおやじ、おふくろ、兄ちゃん二人、弟二人に、さらに妹一人の大家族なんだ。」
      「くだらないことでしょっちゅうケンカもするけど本当はなかよしだよ。」
    • 「毎月末に給金をもらってるんだ。その金で必ず家族へ仕送りしてるよ。今月は、なにを送ろうかな。」
    • 「オレと兄ちゃんたちは10も年がはなれてたんだ。それもあって、かわいがってもらったよ。」
      「今、うちの里の子どもたちと遊んでるとさあの時、兄ちゃんたちもこんな感じだったのかなって思うんだ。」
      「素直で、キラキラしててくすぐったくて見てられないような見守っていたようなヘンな気分だよ。」
    • 「弟二人や妹とは年が近くてさ、いっしょに悪さをしたりして親にも兄ちゃんにもよくしかられたよ。」
      「今は三人とも、親の仕事を手伝ってるぜ。すげえ助かってるって、おふくろも手紙で言ってたなあ。」
      「元気でりっぱに育ってくれて、オレもうれしい限りだよ。」
    • 「見てくれよ、このお守り。オレの兄弟が合作してくれたんだ。カッコイイだろ?」
      「家をはなれる時にもらったんだ。苦しい時はいつも、これを見てがんばってるよ。」
    • 「子どものころ、近くに住んでたじいさんと仲が良くてさ。オレに読み書きなんかを教えてくれたんだ。」
      「前に話しただろ?だんなさまと親しい人と縁があって、ここへ来たんだって。このじいさんがそうなんだ。」
      「…オレがこっちへ来てすぐに流行り病で亡くなったけどな。でも、オレの一生の先生だよ。」

  • つゆくさの里について
    • 「うちの里のいいところは、景色がきれいなとこだな。」
      「それに、春は桜ふぶき、夏はホタル、秋はモミジと、季節によって見どころが多いのも美点だと思うぜ。」
    • 「大昔はさ、文化や風習の違いから となり町同士で、小さなケンカが ひんぱんに起こってたらしいんだ。」
      「今はそんなこと全然ないぜ。 平和だし、おたがいの町を ちゃんと尊重(そんちょう)してるんだ。」
      「これも、昔の人たちが年月をかけて 努力してきたことが実った結果だ。 感謝しないとな!」

      (更新データ1.2追加)
    • 「つゆくさの里のマークって、 うめが描かれてるけどさ。 なんでうめなんだろうな?」
      「この里なら、サクラとかマツでも しっくりくるような気がするんだけどな。」
    • 「オレの家の横にある蔵は、 船宿だった時代の名残りなんだと。」
      「各地から運ばれてきた物質が あそこにつまれてたんだなーと 思うと、浪漫だよなあ。」
    • 「この里って、実はすげー昔から あるんだってな。 どうりで建物が古いわけだ。」
    • 「つゆくさの里って湿気が多いから、たまにウェスタウンにいくとおどろくんだ。」
      「山一つはさんだだけでこんなにも気候って変わるもんなんだな。」
    • 「つゆくさの里を流れてる川ってすげーきれいだよな。底が見えそうなくらいだ。」
      「そこを泳いでる魚なんだから、そりゃうめえに決まってるよな!」

  • 趣味・好き嫌い
    • 「オレ、釣りが好きなんだ。けっこう上手いんだぜ? 手先の器用さには、自信があるんだ。」
    • 「ユヅキほどじゃねぇけど、甘いものは好きだな。つかれた時はよく食べるんだ。」
    • 「オレの好きな色? うーん…赤とか、みかん色は好きだな。見てて元気が出てくるんだ。」
    • 「オレの苦手なもの?ありきたりなものや、いかにもゴミってものは好きじゃねえな。」
    • 「ひまな時は、家で小物なんかを作ってるぜ。」
      「昔はこづかいかせぎでやってたんだけど、これがけっこう楽しくてさ。釣りと同じくらい、はまってるよ。」
    • 「料理ってむずかしいよな。オレ、魚をさばくのは得意なんだけど、いかんせん味付けが雑なんだ。」

      (更新データ1.2追加)
    • 「『腹八分目』にさ、夏限定でかき氷が出るんだけどさ。」
      「オレ、あれ好きでな!氷が雪みたいにふわふわでうまいんだよなぁ。」
    • 「ここだけの話なんだけど… オレ、虫がちょっとニガテなんだ。」
      「夏の夜に耳元でブーンと飛んでるのが いつまで経っても慣れなくてさ…。」

      (更新データ1.3追加)
    • 「おしゃれに興味があるかって聞かれればそれなりにある方だとは思う。」
      「けど、だからって服をいっぱいもってるかっていうと…そこは、まぁ…先立つものがなー…。」
    • 「華やかな服っていいよな!あと、このあたりじゃあんまり見かけないようなめずらしい服とか!」
      「なんか、そういうのって見てるだけで気分が上がってくるっていうか。元気がもらえる気がするんだ。」
    • 「一番好きな季節についてかぁ…。どの季節もそれぞれいいところがあるけどしいて言うなら、夏かなぁ。」
      「暑いのはイヤだけど、水遊びしたり氷菓子食べたりってのは やっぱ、夏ならではのだいごみたろ!」

      (更新データ1.4追加)
    • 「イヌ派か、ネコ派かならだんぜんイヌ派だな!」
      「…で、イヌの中でも一番好きなのは柴犬!かわいいよな~、柴犬!小さくて元気いっぱいでさ!」
    • 「オレが柴犬以外で特に好きなイヌって言ったらドーベルマンかなぁ。」
      「あと、ボーダーコリーなんかも好きだぜ!あいつら、かっこいいしかわいいし見かけるたび構いたくなるんだ。」
    • 「店がいそがしい日の昼ごはんは、おでんに限るぜ。」
      「あれを食べると、けずれた体力が回復していくような気がするんだ。お前もだまされたと思って試してみろよ!」
    • 「ウマっていいよな!前にお客さんに乗らせてもらったことがあるけど、馬上の景色が最高でさ~!」
      「なんか、殿様気分っていうか。すげー楽しかったからまたいつか乗りたいな!」

  • 大黒屋
    • 「オレの知人がモリヤさんと親しい人でさ。その縁で、ここへ出かせぎに来たんだ。13才の時だったな。」
    • 「今着てるハンテンは だんなさまにもらったものなんだ。毎日着てるよ。」
      「これを着てると、大黒屋の店のものとして はずかしくない行動をしないとって 自然と気をつかうようになるんだ。」
      「…っていうのは建前で、本当は 店の広告代わりにいつでも着とけって だんなさまに命じられたからだけどな!」
    • 「モリヤさんのところで働き始めた当初は、これでもかってくらいしかられたな…。」
      「ああ…今思い出してもゆううつだぜ。」
    • 「うちの店は、店主のモリヤさん、イッテツさん、スモモ、オレの4人が客の相手をしてるんだ。」
      「働いてる人は、ほかにも何人かいるぜ。蔵の整理や品物の仕入れなんかをやってもらってるよ。」
    • 「店の仕事をやってて一番大変なこと?そうだな…。荷運びと、品物の検査(けんさ)かな。」
      「不良品なんかを売っちまったら店の信用にかかわるからな。一番気をつかってるよ。」
    • 「仕事のあとはいつもしばいの練習に行ってるんだ。そのおかげで、毎日仕事をがんばれるよ。」

      (更新データ1.2追加)
    • 「『大黒屋』は売り場が多いからな。注文が一気に来ると、どうしてもアルバイトを頼むことになるんだよなぁ。」

      (更新データ1.3追加)
    • 「大黒屋の従業員のハンテンって人によって、色がちがうだろ。あれ、じつは…」
      「黒・紫・青・緑・黄って、店での立場や勤続年数に応じて濃い色に変わるようになってるんだぜ。」
      「だから、一番えらいだんな様が黒で新米のスモモが黄色なんだ。」

  • その他
    • 「…金、ほしいなあ。大金の入ったふくろとかどっかに落ちてねえかな?」
      「もし拾ったら、絶対に………………持ち主を探しちまうな。」
    • 「なあ、オレって字が下手そうに見えるのかな?」
      「そうか…下手そうに見えるのか。これでも、うちの店の中じゃだんなさまと同じくらい上手いんだぜ…。」
    • 「時は金なり。年をとってくると、この言葉が身にしみてくるよな。」
      「もっと早くこうしておけば、とか色んな物事に、しんけんに取り組めばよかったとかさ…。」
      「ジジイみたいだって?うるせー、オレだってこれでも色々苦労してんだよ。」
    • 「悪いやつってのはどこにでもいるもんだ。でも、いいやつも、どこにでもいる。」
      「だから、自分を好きになってくれるやつもどこにでもいるもんだ。自分なんかって、ヤケになっちゃいけねえ。」
      「…オレの先生がよくそう言ってたんだ。こっちへ来てから、この言葉にたくさん助けられたよ。」
    • 「こないだ釣りをしてたらなんと、だるまを釣り上げたんだ。縁起物を捨てるなんて、ひでえよな!」
      「だるまは、となり町でちゃんと供養(くよう)してもらったよ。」
      「(主人公)も、縁起物を手放す時は気をつけるんだぞ。」
    • 「身長…ほしいなあ。やっぱり背が高いと、立ち回りなんかで迫力(はくりょく)がちがうんだよ。」
      「は…? イナリずしをそなえてご神木においのりしてみろ? なんだそれ?」
      「…まあ、(主人公)がそんなにすすめてくれるなら試しにやってみるよ。」
    • 「前にさ、ご神木にイナリずしそなえてお祈りしてみろって言ったよな。…こないだやってみたんだよ。」
      「そしたらさ、その日の夢で、白いオカッパの少年が現れたんだよ。」
      「そいつ、半泣きで「ごめんなさい、身長はのばせない」ってあやまってたんだ。」
      「…あれ、何だったんだろ?ふしぎな体験だったぜ。」
    • 「物事の両立ってむずかしいけどさ、一度きりの人生なんだからよくばっていいと思うんだ。」
      「ゆずれないことや大切なものがひとつだけじゃないって、幸せなことだろ?」
      「片方がつらい時は、もう片方が絶対に支えになる。オレは、そう信じてるよ。」
    • 「なあ、(主人公)。 幽霊(ゆうれい)や妖怪(ようかい)って 信じるか?」
      「オレは信じてるよ。 …あんな体験をしたら、 信じないわけにはいかないぜ。」

      (更新データ1.2追加)
    • 「そこらにいるすずめに、ずっと 野菜とかをあげてたんだけど、」
      「このあいだ、ヤイチがお米をやったら すげえ食いつきが良くてさ! 好きなものだったのかもな。」

      (更新データ1.4追加)
    • 「この間、店で黄色いきんちゃくの在庫がひとつ足りなくて探してたら…」
      「なぜか、入り口のわきに置かれてたことがあったんだ。…でも、おかしいんだよなぁ。」
      「従業員は、だれもそんなところに置いてないって言うんだよ。じゃあ、一体だれが置いたんだろうな?」
    • 「なんか、ウェインから「おみくじクッキー」ってのをもらってさ。」
      「食べたら、中からアーモンドキャラメルらしきものが…!こう、トロ~ッと…!!」
      「とにかく、すっげーうまかった!!これ、アタリなのかな?気分的には、大アタリだけどな。」
    • 「なんか、ウェインから「おみくじクッキー」をもらったんだけど。食べてみたら、なんと中から…」
      「タコが……!!」
      「なんでクッキーにタコ…?サクッとした後、ぐにょっとしてすげーあせったよ…うぅ…まだ食感が…。」
    • 「だんな様の飼ってるネコのダイコクがどこからか、くりを持って帰って来る時があるんだ。」
      「出所が気になって後をつけたら、どうやら『鳥獣や』の裏手からひろってきてるみたいなんだよな。」
      「けど、なんであんなところにくりが落ちてんだ?だれかが置いていってんのか…?」

誰かについて Edit

  • 主人公
    • 「通りすがりのまじない屋に聞いたんだけど、オレと(主人公)って相性が良いんだとさ。」
      「だからどうしたって話だけど、せっかくこうして出会ったんだからいい縁だって言われるのは、うれしいぜ。」
    • 「…ときどき 仕事や取りくんでる物事を投げ出したくなることってあるよな。」
      「がんばりたい自分と、もうがんばれないって思う自分が戦ってて…苦しいよな。」
      「そういう時は、今の気持ちを口に出すことが大切だ。心が軽くなるぜ。」
      「あとは…そうだな。少しだけ人に寄っかかってみるとか。「少し」ってのがミソだよ。」
      「なんでこんなことを言うかって?……(主人公)の顔を見てたら なんとなくな。」
    • 「(主人公)の出荷したものがとなり町で売られてるところをたまに見かけるぜ。」
      「自分のことじゃねえのになんだか鼻が高いよ。」
  • ウェイン
    • 「住んでる町はちがうけど ウェインとは仲がいいんだよ。」
      「あいつの仕事はゆうびん屋だろ? 配送とかで、よくうちの店に来るんだ。 来るたびに軽口を言い合ってるよ。」
      「ちなみに、あいつは うちの女性客にも大人気だぜ。 かっこいい顔立ちってのは万国共通だな。」
  • フォード
    • 「あー、あー、あー。…うーん、ちょっとノドの調子が変だな。しばいの練習で声を出しすぎたせいかな?早く治したいんだけど…。」
    • 「ノドが治らねえ…! やっぱりユヅキの言うとおり、フォードに見てもらうべきなのか…。」
      「フォードは悪いやつじゃないんだけど、でかいし、こわいんだよな。気が重いぜ…。」
    • 「こないだ医院に行ってフォードにノドを見てもらったんだ。もらった薬を飲んだら、ノドはすぐに回復したよ。」
      「まあ、それは良かったんだけど…。オレの生活習慣(せいかつしゅうかん)が良くなかったらしくてさ。長時間、説教くらったよ…こわかった。」
    • 「聞いてくれよ、(主人公)。フォードから手紙がとどいたんだ。しかも、内容が「健康生活のすゝめ」っていう分厚い手書きの本なんだ。」
      「手書きの本だぜ!? 手書きの本! なんというか…その、おどろいたぜ。とりあえず読んでみるよ。」
    • 「「健康生活のすゝめ」っていうフォード手書きの本、全部読んだぜ。
      「内容?オレの知らない異国の言葉とむずかしい専門用語だらけでぜんっぜん分かんなかったよ…。」
      「けどまあ、あの本を毎日ねる前に読んだおかげですぐにねむくなったから健康的な生活は送れたよ。」
    • 「こないだフォードに会った時、「健康生活のすゝめ」の感想をたずねられたんだ…。」
      「あの本のおかげで、すいみん時間がふえたって話したら喜んでたよ。…うそは言ってないから、いいよな!」
  • カスミ
    • 「カスミさんを見てると、亡くなったオレの先生を思い出すよ。…性格は、全然ちがうけどな。」
  • コマリ
    (更新データ1.2追加)
    • 「オレ、里にいるタヌキをじっと見てると、なぜかコマリに見えることがあるんだ。絶対怒るから、本人には言えないんだけど。」
  • ユヅキ
    • 「ユヅキとは、ここに来てすぐに仲良くなったんだ。オレが落とし物してこまってた時にぐうぜんユヅキが通りかかってさ…。」
      「見つかるまでいっしょに探してくれたんだ。それがきっかけで色々話すようになったんだよ。」
      「やー、なつかしいな。…その落とし物か? せんすだよ。初めてもらった金で買った親へのおくりものだ。」
    • 「昔のユヅキは、ひょろいからだで顔立ちも今よりずっと女っぽかったんだ。」
      「初めて見た時、なんで女が男のかっこしてるんだ?って、思ったよ。」
    • 「ユヅキは、本当の意味で優しいやつだよ。いつでもだれに対しても相手を大切にする心をわすれないんだ。」
  • イッテツ
    • 「イッテツさんって無口だけど仕事もできるし、すげえ優しいんだ。ああいう男ってあこがれるよな。」

      (更新データ1.4で(チヨさんからシズさんに)修正)
    • 「うちの里は、夏になるとあちこちにアジサイがさくんだ。」
      「…で、そのアジサイをイッテツさんは必ず毎年ひとつシズさんにつんで帰るらしい。」
      「アジサイ好きのシズさんをよろこばせたいからなんだってさ。そういうの、すげーいいよな!」
  • シズ
    • 「ここにきた当初は、イッテツさんの家で奥さんのシズさんの作ったご飯をよくごちそうしてもらったよ。」
      「そのせいもあって、シズさんにはすごく感謝してるし頭が上がらないんだ。」
      「ただ、いまだにオレのこと「ヒナタちゃん」って呼ぶのはなあ…。はずかしいから、やめてほしい…。」
  • タツミ
    • 「タツミが小さいころはオレがよくお守りしてやったんだよ。あいつは、昔からあんな感じでさ。」
      「勝手に色んな人の家に上がりこむけど怒られることなく、かわいがられてたよ。」
  • ヤイチ
    • 「ヤイチはたいていの人がビビるだんなさまのどなり声にも表情を変えずにケロッとしてるんだ。」
      「まだ小さいのにすげえよな!大人になったら、きっと大物になるぜ。」
  • モリヤ
    • 「モリヤさんのところで働き始めた当初は、これでもかってくらいしかられたな…。ああ…今思い出してもゆううつだぜ。」
  • スモモ
    • 「スモモは出かせぎ仲間だからな。ふだんから、色々と面倒(めんどう)見てるんだ。」
      「ドジも多いし、すぐ泣くけど弱音は絶対に言わないな。…あいつなりに必死にやってるよ。」
  • ウメキチ
  • オミヨ
  • ギンジロウ
  • ステファニー
    (更新データ1.3追加)
    • 「司会者さんは、時々実家の家族へおくる服を買いに大黒屋に来るんだけど、」
      「この間、だんな様が司会者さんに商品のおまけをしてたのがすげー衝撃的(しょうげきてき)でさ…。」
      「上客だから今回だけだ…とか言ってたけど絶対、司会者さんの家族の話でほだされたんだと、オレは見てるぜ。」
    • 「オレのところもそうだけど司会者さんのところもけっこうな大家族らしいな。」
      「食卓は戦場だとか、洗たくは毎日3回以上とか…わかる!ってすげー共感しちまったよ。」
  • ワンタタン
    (更新データ1.3追加)
    • 「ワンタタンさんの、あの着ぐるみの中ってどうなってんだろ…。気になる…すげー気になる…。」
      「てか、意外とみんな気にしないよな。なんでみんな気にしないんだ?オレがおかしいのか…?」
    • 「ワンタタンさんに、つゆくさの里の神様について教えてほしいって言われたんだだけど…」(原文ママ)
      「キツネの神様って、やっぱ動物に関わる仕事をしてる人からすると気になるもんなのかな。」
  • 仲介人
    (更新データ1.4追加)
    • 「うーん、ナゾってナゾのままの方がいいもんか?(主人公)は、どう思う?」
      「ちまたじゃ、仲介人の名前がナゾだとか言われてるけどさ…オレ、ふつうに知ってるんだよな…。」
      「けど、こういうナゾってみんなで予想しあって楽しんでる部分もあるし。水差すみたいでなぁ…。」
  • ナガノブとヨシヒデ
    (更新データ1.4追加)
    • 「ナガノブさんは、うちの店の上客で新商品が入荷したって手紙を送るとすぐさま買いに来てくれるんだ。」
      「けど、仕事をほったらかして来るみたいで…ヨシヒデさんが青い顔で探しに来た時はちょっと、申し訳ない気持ちになるよ。」
  • その他
    • 主人公の妹(リンネ)について
      「(主人公)の妹が遊びに来てるんだって?仲良いんだな。」
      「オレも兄弟のみんなに会いたいよ。弟や妹なんかは、おどろくくらい成長してるんだろうなー。」
    • 主人公の母親(マリーナ)について
      「(主人公)のおふくろさんが遊びに来てるんだって?良かったな、しっかり親孝行してやれよ。」
    • ダリウスorフランクについて
      「遊び心のある大人って かっこいいよな。 オレ、そういう人にあこがれるんだ。」
      「たとえばお前のおじさんとか! オレもあと20年後には ああいうおじさんになりたいな!」
      「…って、笑うなよ! 似合わないって? うるせー! 絶対に、なってやるからな!」

プレゼント Edit

  • ラッピングしてある場合
    • 好みのラッピング
      「おっ、その柄いいな~。…えっ、オレにくれるのか?」
    • 好み以外のラッピング
      「だれかにおくりものか?…えっ、オレに?」

  • 一番好き
    • 通常
      • 友人期間恋人期間夫婦期間
        「オレの一番好きなものなんだよ。もらっていいのか!?ありがとう、かみしめて食べるよ!」
  • 誕生日プレゼント
    • 友人期間恋人期間夫婦期間
      「誕生日を祝ってくれるだけでもうれしいのに、一番好きなものまで用意してくれるなんて…。」
      「順番なんてつけるものじゃねえけど、まちがいなく、これが今日最高のおくりものだよ!!」
      「ありがとう、(主人公)。オレ幸せだよ!」



  • 大好き
    • 通常
      • 友人期間恋人期間夫婦期間
        「さすが、(主人公)! 大好きなものをくれるなんて、オレのことよく分かってくれてるんだな。」
        「おくり物の目のつけどころも上手いなんて商売の才もあると思うぜ。ありがとう!」
  • 誕生日プレゼント
    • 友人期間恋人期間夫婦期間
      「誕生日を祝ってくれるだけでもうれしいのに、大好きなものまで用意してくれるなんて…!」
      「オレのこと喜ばせてくれてありがとう!(主人公)の気持ち、たしかに伝わったよ!」



  • 好き
    • 通常
      • 友人期間恋人期間夫婦期間
        「これ好きなんだよ。この恩はいつか返すからな!」
      • 巨大作物
        「これ、オレの好きなものなんだ。さすが(主人公)だな!ありがとう!」
        「せっかくこんなに大きいんだから、うちの店のみんなにもおすそわけするよ。」
      • 黄金作物
        「これ、オレの好きなものなんだ。さすが(主人公)だな!ありがとう!」
        「せっかくのめずらしいものだから、うちの店のみんなにもおすそわけするよ。」
  • 誕生日プレゼント
    • 友人期間恋人期間夫婦期間
      「誕生日を祝ってくれるだけでもうれしいのに、好きなものまで用意してくれるなんて…!」
      「(主人公)のおかげでいい誕生日がすごせそうだよ。本当にありがとう。」
    • 巨大作物の場合 追加セリフ
      「それに、こんなにでっかいお祝いは そうそうお目にかかれないからな。 ふるさとの家族に、手紙でじまんするよ。」
    • 黄金作物の場合 追加セリフ
      「それに、こんなにピカピカのお祝いは そうそうお目にかかれないからな。 ふるさとの家族に、手紙でじまんするよ。」



  • 普通
    • 通常
      • 友人期間恋人期間夫婦期間
        「ありがとう(主人公)のやさしさがうれしいよ」
  • 誕生日プレゼント
    • 友人期間恋人期間夫婦期間
      「誕生日を祝ってくれるだけでもうれしいのに、おくりものまで用意してくれるなんて…!」
      「そういう優しい気づかいができるところ、オレ、尊敬(そんけい)してるよ。ありがとう。」



  • 嫌い
    • 通常
      • 友人期間恋人期間夫婦期間
        「うーん…。実はこれ、苦手なんだよな。次もらうなら、別のものがうれしいな。」
  • 誕生日プレゼント
    • 友人期間恋人期間夫婦期間
      「(主人公)だから、ハッキリ言うな。オレの誕生日を祝ってくれるのはうれしいけど…」
      「せっかくならオレの好みもちゃんと調べてくれよ。喜びたいのに、喜べねえよ。」



  • 大嫌い
    • 通常
      • 友人期間恋人期間夫婦期間
        「…。オレにこれをくれるなんて(主人公)はひどいやつだな。」
  • 誕生日プレゼント
    • 友人期間恋人期間夫婦期間
      「(主人公)だから、ハッキリ言うな。オレの誕生日を祝ってくれるのはうれしいけど…」
      「大キライなものを出されちまうとうれしさが半分になっちまうよ。」



  • 一番嫌い
    • 通常
      • 友人期間恋人期間夫婦期間
        「(主人公)はオレのこといじめるつもりかよ?」
        「これ、一番きらいなんだ。甘いサラダはありえないだろ。次はかんべんしてくれよ。」
  • 誕生日プレゼント
    • 友人期間恋人期間夫婦期間
      「(主人公)だから、ハッキリ言うな。オレの誕生日を祝ってくれるのはうれしいけど…」
      「よりによって、なんでコールスローを選ぶんだよ。これだけは、今日はもらいたくなかったよ。」



  • 大好き以上のものをプレゼントして好調になった時(ペット見せて好調になった時も同様)
    • 男主人公
      「ありがとな、(主人公)。なんだか気分が上向いてきたよ。やっぱり、持つべきものは男友達だな!」
    • 友人期間
      「ありがとな。(主人公)!この笑顔はお前のおかげで出せたんだ。今日会えてよかったよ。」
    • 恋人期間
      「…お前と恋人になってから、いやな気分のまま一日を終わることが少なくなったな。」
      「ありがとう、(主人公)。」
    • 夫婦期間
      「(主人公)のおかげで元気が出てきたよ。われながら現金だな…。」
      「まあ、それだけ(主人公)はオレにとって良くも悪くも力をくれる存在ってことだな。」

  • 大嫌い以上のものをプレゼントして不調になった時
    • 男主人公
      「…なんかつかれちまったな。今日はもう元気が出ねえや。」
    • 友人期間
      「…なんかつかれちまったな。 悪いけど、あまり話しかけないでくれ。」
    • 恋人期間
      「うーん…。調子が上がらねえな。今日は早めにねむろう。」
    • 夫婦期間
      「なんだか、どっとつかれが出てきたな。 話すのもおっくうだ。」

  • 翌日(好き以上のプレゼントで☆3以上をあげていた場合)
    • 料理
      「そうそう、昨日の○○、あれ…すげえうまかったよ!!食べて感動した!」
      「あの○○を食べたらもうほかの人が作ったのじゃ満足できねえよ。よかったら、また食べさせてくれよ。」
    • 作物
      「そうそう、昨日の○○、あれ…すげえうまかったよ!!食べて感動した!」
      「あんな○○が作れるなんてすごいな。よかったら、また食べさせてくれよ。」
    • 落ち物(バニラなど)
      「昨日はありがとう。あの○○、うますぎてあっという間に食べちまったよ。」
    • (ブルーローズなど)
      「昨日もらった○○、さっそく部屋に置いてるよ。すげえいい香りだな。」
      「今度だれかにおくりものをすすめる時は(主人公)の作った○○にするぜ。」
    • 香水(あかつきの空の香りのみ?)
      「昨日はありがとう。あの○○、機会があったらさっそく使うな!」


  • お返しがある場合
    • 友人期間
      「で、これは昨日のお礼だ。 たいしたものじゃねえけど 受け取ってくれ。」
    • 恋人期間
      「で、これは昨日のお礼だ。 喜んでくれるといいんだけど…。 よかったら、役立ててくれ。」
    • 夫婦期間
      「で、これは昨日のお礼だ。オレのうれしかった気持ちを少しでもお返しさせてくれ。」

服装について Edit

  • 夏に厚着
    「人の着てる服にいちいち文句をつけたくはねえが…。その服、暑くねえか?」
    「具合でも悪いのかって心配になっちまうよ。」
  • 冬に薄着
    「人の着てる服にいちいち文句をつけたくはねえが…。その服、さむくねえか?」
    「オレは寒くないのかって?中は多少着こんでるから平気だよ。」


    ◆女の子用の服
  • カントリーワンピース
    「おお、その服!見てるだけで明るい気分になるな。すげえいいと思うぜ!」
  • 花柄バルーンスカート
    「面白い形のはかま着てるな~。へえ、ばるーんすかーとって言うのか。確かに、ふわふわして風船みたいだな!」
  • アシンメスカート
    「おっ、動きやすそうな服!…けど、へそとか丸見えだし カゼ引きそうだな。」
    「おしゃれもいいけど、健康第一だぜ。オレのでよければ、上着貸すし。必要になったら、エンリョなく言えよ!」
  • 下町娘スタイル
    「その着物、よく似合ってるな!上手く着こなしてくれる人の元に行けてきっと、その着物もよろこんでるよ。」
  • はっぴーガール+ねじりはちまき
    「あれ、今日ってどっかで祭りとかやってたっけ?…え、ないけど祭り気分で着てみた?」
    「アハハ、なんだそれ!まあでも似合ってるし、いいと思うぜ。そういう発想ってキライじゃないよ。」
  • 和菓子の着物+和菓子帽
    「なんか、今日の(主人公)面白いかっこうしてるな~。…面白いっていうか、おいしそう?」
    「あー、見てたらすげえ和菓子…特にだんごが食べたくなってきた…。…って、もしかして茶屋の回し者か!?」


    ◆男の子用の服
  • エスニックスタイル
    「お前って、いつもおしゃれだよなー。 役者は人に見られるのが仕事だし… 最高の役者になるのを目指す身としては」
    「オレも(主人公)のことを 見習って、もっとおしゃれに 気をつかっていかないとだな!」
  • 南国タンクトップ
    「それ、ルルココ村の服だよな? 動きやすそうでいいな!」
  • 茜色のゆかたボーイ
    「いい色のゆかただな。キレイな茜色が(主人公)によく似合ってる。」
  • 岡っ引き
    「その服、しぶくていいな。よく似合ってて、かっこいいぜ。」
  • かぶきスタイル
    「おっ、かっこいい服着てるなー!オレ、そういうのすげえ好き!」
  • あきんど山吹
    「なんか、商売人って感じの服着てるけど、もしかしてモリヤさんに手伝いでも頼まれてるのか?」
    「なんだ、ちがうのか。(主人公)といっしょに働けるなら楽しそうだと思ったんだけどな。」
  • 忍者スタイル+忍者の頭布
    「おおっ、忍者服!?かっこいいな!よく似合ってるぜ。」
    「…あれ?でもなんでそんなかっこうしてるんだ?忍者に弟子入りでもしたのか?」
  • はっぴーボーイ+ねじりはちまき
    「あれ、今日ってどっかで祭りとかやってたっけ?…え、ないけど祭り気分で着てみた?」
    「アハハ、なんだそれ!まあでも似合ってるし、いいと思うぜ。そういう発想ってキライじゃないよ。」
  • あきんどの服(ヒナタの服)
    「おっ、その服ってもしかしてオレとおそろい?…え、かっこよかったからマネしてみた?」
    「お、おう…なんかてれるな~…。けど、だれかにマネしたいと思ってもらえるのって、うれしいもんだな!」
  • ワイルドロッカー
    「へぇー!その服かっこいいな!色とかすげえ好み!」
    「…けど、オレには似合わないんだろうなあ。なんでも似合う(主人公)がうらやましいぜ。」
  • 西洋甲冑セット
    「うぉっ!?なんだそれ、甲冑!?」
    「すげー、かっけー!!オレも着てみてぇ!!」
  • 和菓子の羽織+和菓子帽
    「なんか、今日の(主人公)面白いかっこうしてるな~。…面白いっていうか、おいしそう?」
    「あー、見てたらすげえ和菓子…特にたいやきが食べたくなってきた…。…って、もしかして茶屋の回し者か!?」


    ◆装飾品
  • 赤のフルフレーム
    「へえ、赤いメガネなんてあるのか。いいな。それ。お前によく似合ってる。」
  • 王冠
    「(主人公)の頭に乗ってるそれって、王冠だよな?」
    「かっこいいなー!そんなのどこで手に入れたんだ?」


    (更新データ1.2追加)
  • カウガール+カウガールハット
    「それってウェスタウンの服だろ?いいじゃん!よく似合ってるよ。」
    「ぼうしの模様がまた良い感じなんだよなー。」
  • ブルーベルウェア
    「なんか、見てたら元気がでてくる感じの服だな!」
    「理由は分からないけど、(主人公)が着てるからかもな。」

  • 抹茶色じんべい
    「よう、(主人公)!いい服着てるじゃねえか。」
    「どこが良いかって?そりゃあお前…」
    「魚だよ。」
  • みの付き旅装束
    「おっ、ミノじゃねえか。それ雨ふってない時って、けっこうじゃまになるんだよな。」
    「知ってるのかって?ああ、しばいの練習で着たんだよ。」

  • 鬼のお面
    「面白いものかぶってるな~。豆投げてやろうか?」
    「…なんてな、じょうだんだよ。そうだ!こんどアイツらと遊ぶ時に使えるかもな…」


    (更新データ1.4追加)
  • 王子の服/姫の服
    「おおっ、なんか異国の貴族っぽい かっこいい服着てんな! そういうの、本で見たことあるぜ。」
    「え、貴族じゃなくて王子/姫の服らしい? そっか、ちょっとおしかったな! まぁ、なんにせよ似合ってるぜ!」
  • ルビーレッドチャイナ
    「おっ、なんかかわいい服着てんな!色もいいし、この刺しゅうとかすげーこってて……」
    「…って、いやいやちょっと待て!!なんかこの服、横側がすげーパカッと開いてんだけど!?」
    「走ってたのか!?こんな服で、あんな走り回ってたのか!?ダメなの?って、ダメだろ絶対…!!」

  • いなせな着物
    「やっぱ、かっこいいなー!その着物、店に入った時から お前が着たら 似合うだろうなって思ってたんだよ。」
    「だから、着てる姿が見られてうれしいぜ!人の服装にオレが礼を言うのも 変な話だけど、ありがとな!」

手紙 Edit

  • プレゼント
    • 一番好きなもの
      • 友人期間
        おくりもの感謝!
        (主人公)、手紙ありがとうな!
        オレのお気に入りの便せんだったから
        ちょっとびっくりしたぜ。
        送ってくれたものなんだけど、
        オレ、あれが一番好きなんだ。
        おふくろの味ってやっぱりいいよな。
        お前からのおくりもの、うれしかったぜ。
        これからもよろしくな!
                       ヒナタ】
        ◆好みの便せんでない場合
        おくりもの感謝!
        (主人公)、手紙ありがとうな!
        最初は兄ちゃんからだと思ったから
        差出人を見てびっくりしたよ。
        送ってくれたものなんだけど、
        オレ、あれが一番好きなんだ。
        おふくろの味ってやっぱりいいよな。
        お前からのおくりもの、うれしかったぜ。
        これからもよろしくな!
                        ヒナタ】
        ◆誕生日の場合
        おくりもの感謝!
        (主人公)、手紙ありがとうな!
        誕生日に手紙って
        なんかくすぐったい感じがしたよ。
        送ってくれたものなんだけど、
        オレ、あれが一番好きなんだ。
        おふくろの味ってやっぱりいいよな。
        おかげで最高の誕生日だったぜ。
        来年もヨロシク! な~んてな!
                       ヒナタ】

      • 恋人期間
        おくりもの感謝!
        (主人公)、手紙ありがとう!
        オレのお気に入りの便せん、
        覚えててくれたんだな。
        送ってくれたものなんだけど、
        オレ、あれが一番好きなんだ。
        おふくろの味ってやっぱりいいよな。
        ホント、お前はオレを喜ばせる天才だな。
        よかったら今日も会いに来てくれよ。
                           ヒナタ】
        ◆好みの便せんでない場合
        おくりもの感謝!
        (主人公)、手紙ありがとうな!
        恋文みたいで照れるけど
        がんばって書くぜ。
        送ってくれたものなんだけど、
        オレ、あれが一番好きなんだ。
        おふくろの味ってやっぱりいいよな。
        ホント、お前はオレを喜ばせる天才だな。
        よかったら今日も会いに来てくれよ。
                           ヒナタ】
        ◆誕生日の場合
        おくりもの感謝!
        (主人公)、手紙ありがとうな!
        誕生日にお前から手紙をもらうのって
        ちょっとてれるな。
        送ってくれたものなんだけど、
        オレ、あれが一番好きなんだ。
        おふくろの味ってやっぱりいいよな。
        おかげで最高の誕生日だったぜ。
        やさしい恋人がいて、オレは幸せ者だよ。
                        ヒナタ】

    • 大好きなもの
      • 友人期間
        おくりもの感謝!
        (主人公)、手紙ありがとうな!
        オレのお気に入りの便せんだったから
        ちょっとびっくりしたぜ。
        送ってくれたものなんだけど、
        すごい目のつけどころだったと思うぜ!
        商売の才能もあるんじゃないか?
        お前からのおくりもの、うれしかったぜ。
        これからもよろしくな!
                       ヒナタ】
        ◆好みの便せんでない場合
        おくりもの感謝!
        (主人公)、手紙ありがとうな!
        最初は兄ちゃんからだと思ったから
        差出人を見てびっくりしたよ。
        送ってくれたものなんだけど、
        すごい目のつけどころだったと思うぜ!
        商売の才能もあるんじゃないか?
        お前からのおくりもの、うれしかったぜ。
        これからもよろしくな!
                        ヒナタ】
        ◆誕生日の場合
        おくりもの感謝!
        (主人公)、手紙ありがとうな!
        誕生日に手紙って
        なんかくすぐったい感じがしたよ。
        送ってくれたものなんだけど、
        すごい目のつけどころだったと思うぜ!
        商売の才能もあるんじゃないか?
        おかげで幸せな誕生日だったぜ。
        来年もヨロシク! な~んてな!
                       ヒナタ】
      • 恋人期間
        ◆好みの便せんでない場合

    • 好きなもの
      • 友人期間
        おくりもの感謝!
        (主人公)、手紙ありがとうな!
        オレのお気に入りの便せんだったから
        ちょっとびっくりしたぜ。
        送ってくれたものなんだけど、
        オレの好きなものだったから
        かなりうれしかったぜ。
        お前からのおくりもの、うれしかったぜ。
        これからもよろしくな!
                       ヒナタ】
        ◆好みの便せんでない場合
        おくりもの感謝!
        (主人公)、手紙ありがとうな!
        最初は兄ちゃんからだと思ったから
        差出人を見てびっくりしたよ。
        送ってくれたものなんだけど、
        オレの好きなものだったから
        かなりうれしかったぜ。
        お前からのおくりもの、うれしかったぜ。
        これからもよろしくな!
                        ヒナタ】
      • 恋人期間
        ◆好みの便せんでない場合


  • 普通なもの
    • 友人期間
      おくりもの感謝!
      (主人公)、手紙ありがとうな!
      オレのお気に入りの便せんだったから
      ちょっとびっくりしたぜ。
      送ってくれたものなんだけど、
      お前の気づかいが感じられる
      いいものだったぜ。
      おくりもの、ありがとうな。
      これからもよろしくたのむぜ!
                      ヒナタ】
      ◆誕生日の場合
      おくりもの感謝!
      (主人公)、手紙ありがとうな!
      誕生日に手紙って
      なんかくすぐったい感じがしたよ。
      送ってくれたものなんだけど、
      お前の気づかいが感じられる
      いいものだったぜ。
      おかげでいい誕生日だったぜ。
      来年もヨロシク! な~んてな!
                      ヒナタ】
    • 恋人期間
      ◆誕生日の場合
      おくりもの感謝!
      (主人公)、手紙ありがとうな!
      誕生日にお前から手紙をもらうのって
      ちょっとてれるな。
      送ってくれたものなんだけど、
      お前の気づかいが感じられる
      いいものだったぜ。
      おかげでいい誕生日だったぜ。
      やさしい恋人がいて、オレは幸せ者だよ。
                      ヒナタ】
  • 嫌いなもの
    • 恋人期間
      おくりもの感謝!
      (主人公)、手紙ありがとう!
      オレのお気に入りの便せん、
      覚えててくれたんだな。
      送ってくれたものなんだけど、
      ちょっと苦手なものだったんだ。
      次は別のだとうれしい。
      ってことで、しょんぼりしてるから
      なぐさめに来いよな。
                      ヒナタ】

  • 大嫌いなもの
    • 恋人期間
      ◆誕生日の場合
      おくりもの感謝!
      (主人公)、手紙ありがとうな!
      誕生日にお前から手紙をもらうのって
      ちょっとてれるな。
      送ってくれたものなんだけど、
      オレ、あれは大きらいなんだ。
      ちょっとげんなりしたよ。
      誕生日だからこそ、フクザツだったぞ。
      おわびに、今日顔を見せに来いよな。
                      ヒナタ】

  • 一番嫌いなもの
    • 友人期間
      おくりもの感謝!
      (主人公)、手紙ありがとうな!
      オレのお気に入りの便せんだったから
      ちょっとびっくりしたぜ。
      送ってくれたものなんだけど、
      一番きらいなんだ。
      甘いものとサラダは合わせちゃだめだろ。
      これからもよろしくな!
      次は別のにしてほしい…なんてな!
                      ヒナタ】
      ◆誕生日の場合
      おくりもの感謝!
      (主人公)、手紙ありがとうな!
      誕生日に手紙って
      なんかくすぐったい感じがしたよ。
      送ってくれたものなんだけど、
      一番きらいなんだ。
      甘いものとサラダは合わせちゃだめだろ。
      誕生日だからこそ、フクザツだったぞ。
      次は好きなものでよろしく! な~んてな!
                      ヒナタ】



  • 誕生日お祝い
    • 友人期間
      祝ってくれて、ありがとうな!
       (主人公)、手紙ありがとうな!
       誕生日に手紙って
       なんかくすぐったい感じがしたよ。

       やっぱり誕生日っていいな!
       祝ってくれてうれしかったぜ!

       また近くに来たら店にも寄れよな!
                    ヒナタ】
    • 恋人期間
      祝ってくれて、ありがとうな!
       (主人公)、手紙ありがとうな!
       誕生日にお前から手紙がもらえるなんて
       ちょっと照れるけど、うれしい。

       大事に文箱に入れて、
       1日に1回は見るようにしようかな?

       でも、やっぱり顔を見たくなるな。
       今日はオレのところに来いよ。約束な。
                      ヒナタ】

  • 男主人公、誕生日
    • 誕生日、おめでとう!
      誕生日おめでとう!
      いや~、めでたいな!!

      もし時間があるなら、
      つゆくさの里にも来いよ。
      直に顔みてお祝いするからさ。

      せっかくの誕生日、楽しい1日を
      過ごせるように願ってるよ。
                   ヒナタ】

  • 新商品入荷
    • 新商品入荷 ~大黒屋~
      こんにちは、(主人公)。
      『大黒屋・雑貨売り場』に
      新しい商品が入荷いたしました!

      当店じまんの商品ですので、
      近くに来られた際は
      ぜひ、大黒屋にお立ち寄りください。
                    ヒナタ】

その他 Edit

一緒にごはん Edit

  • 食事中(誘われない)
    「はあ…うめえ。うまいもの食べてる時ってなんでこんなに幸せなんだろうな。」

  • 友人期間
    「はあ…うめえ。うまいもの食べてる時ってなんでこんなに幸せなんだろうな。」
    「そうだ、良かったらお前もいっしょにどうだ?」
    「ほら、食事は人数が多いほうが楽しいだろ。(料理名)でよければ食べていけよ。」

    • 食べる
      「そうこなくっちゃな! さあ、そこにすわれよ。」
    • 今日はやめておく
      「そっか、残念だな。今度はいっしょに食べようぜ。」
  • 恋人期間
    「ご飯食べてる時にこうして(主人公)と話してると、なんか…いっしょに生活してるみたいだな。」
    「そうだ。ご飯まだなら、いっしょに食べないか?(料理名)で良ければだけど。」
    「せっかく会ったのに、これっきりっていうのも物足りないし。」

    • 食べる
      「ありがとう、(主人公)。ほら、座れよ。」
    • 今日はやめておく
      「そうか、それじゃまたの機会に。楽しみにしてるよ。」



家族でごはん Edit

  • 夫婦期間
    • 自分が作る
      ◆リクエスト
      「なあ、(主人公)。今日のごはんってなににする予定なんだ?」
      「もし決まってないなら、オレ(料理名)が食べたいなーなんて。」


      ◆できあがり
      「いただきます!」

      • 限界突破(赤星)
        「うわっ、すっげえうまいっ!!眠気やつかれも一気にふっとんじまう、うまさだな!」
      • ☆4~☆5
        「この料理、素材の味がすげえ活きてるって感じだ。最高にうまいよ!」
      • ☆1.5~☆3.5
        「やっぱ、(主人公)のメシはうまいな!」
      • ~☆1.5 or手抜き料理
        「…(無言)」
      • 好きなもの
        「おっ、オレの好きな(料理名)だ!やったー♪」
      • リクエストに答えた
        「これって、オレが食べたいって言ってた料理じゃん!うわっ、すげえうれしい!」



    • ヒナタに作ってもらう
      ◆リクエスト
      「うーん、なににするかなあ。(主人公)はなにか食べたいものとかあるか?」
      (三択)
      「よし、じゃあそれにするか!(主人公)のために心をこめて作るからな♪」


      ◆調理前(リクエストを聞かれた時はない)
      「そんじゃ、食事の準備にとりかかるとしますか!」
      ◆できあがり
      「これで全部だな。それじゃ、食べようぜ!いただきます!」
      「いただきま~す!」(子どもが成長したら追加される)


  • ◆雑談
    • 「(主人公)って本当にうまそうに食うよな。同じもの食べてるはずなのにそっちの方がうまそうに見えてくるぜ。」
      「試しにひと口そっちの皿もらっていいか? はい、あーん… ……って、ええっ!?」
      「ふつうにつられちまったけど なんだそれ、不意打ちすぎるだろ…。いや…いいけどさ…。」

    • 「…なあ、(主人公)。そんなにじっと見つめられるとてれるんだけど…。え、先にじっと見てたのはオレの方?」
      「…………あれっ? そ、そういえば……。うまそうに食べてる姿がかわいいなーって思って見てた…かも…うわ、完全に無意識だった…悪い…っ」

    • 「自分がそこそこ料理のできる人間でよかったなって思うよ。」
      「だってオレの料理が下手くそだったら、お前にばっか負担をかけることになってただろ?」
      「台所に立つのは女の仕事とかいうヤツもいるみたいだけど…」
      「オレは夫婦なら、できるだけ対等でいたいって思うからさ!」

    • 「はっくしゅん…っ!うー、悪い…なんかいきなり鼻がむずむずして…だれかがウワサでもしてんのか?」

    • 「オレの実家じゃ、兄弟も多いし 大なべ料理が定番だったんだ。」
      「家を出るまでは、下のやつらの分は 大体オレがよそってやったりしてたけど…」
      「あいつら、今はちゃんと好ききらいせず 自分でよそえてんのかな。」
      「オレがいないのをいいことに 親の目をぬすんで、自分が 好きなもんばっかり入れてそうだなあ…。」


      ◆リクエストした
      「これが食べたい、って言ってもらえるのってうれしいしやる気になるよな~!」
      「…ってわけで、気合いいれて作ったけど もし味で気になるところがあったらエンリョなく言ってくれよ!」

  • 家族期間
    ※ヒナタに作ってもらった時のみの雑談
    • 娘の場合
      娘の台詞はこの色
      • …それへえ、ひょう ほんなほとがあって…!
        「こらー、口の中にものを入れたまましゃべるのは ぎょうぎ悪いぞ!」
        ……もぐもぐもぐ、ごっくん。
        はーい、パパ。ごめんなさい~…。
        「ん、ちゃんと言うこと聞けて(子どもの名前)は、えらいなー!よしよし!」
        エヘヘ~♪

      • わたしは、好きなものは最後に食べたいなって思うんだけど…パパは?最初と最後どっち?
        「ん~、最初かなあ。熱々の料理ならできたてが一番だろうし好きなら一番おいしい状態で食べたいしな。」
        そっか、なるほどねー!

      • 「(子どもの名前)、ほおに食べかす。ほらここ、ついてるぞ。」
        ありがとう。パパ!
        「どういたしまして…って、ん?(主人公)も、ついてるぞ。」
        「そっちじゃなくて、こっち。…よし、とれた!さすが親子。ソックリだな~。」

      • 「(子どもの名前)、好ききらいしてないか?ちゃんと食べないと大きくなれないんだぞ!」
        だいじょうぶだよ!わたしね、たくさん食べて早く大きくなって それでね、パパとけっこんするの~♪
        「お~、そっか!モテモテだなあ、オレ!両手に花ってやつだな!」

      • パパ、はいあーん。
        「おっ、なんだ?食べさせてくれんのか?ありがとな。あーん。」
        じゃあ、つぎはパパがママにしてあげてね!
        「ええっ?んじゃ、まあ…(主人公)。はい、あーん。」
        「………って、なんだこれ。すげーてれるんですけど。」
        パパもママも顔まっかよ!タコさんみたい。変なのー!



    • 息子の場合
      息子の台詞はこの色
      • 「…それへえ、ひょうほんなほとがあって…!」
        「こらー、口の中にものを入れたまましゃべるのはぎょうぎ悪いぞ!」
        「……もぐもぐもぐ、ごっくん。」
        「はーい、パパ。ごめんなさい~…。」
        「ん、ちゃんと言うこと聞けて(子どもの名前)は、えらいなー!よしよし!」
        「エヘヘ~♪」

      • 「ボク、好きなものは最後に食べたいんだ~♪パパは?最初と最後どっち?」
        「ん~、最初かなあ。熱々の料理ならできたてが一番だろうし好きなら一番おいしい状態で食べたいしな。」
        「そっか、なるほどー!」

      • 「(子どもの名前)、ほおに食べかす。ほらここ、ついてるぞ。」
        「ありがとう。パパ!」
        「どういたしまして…って、ん?(主人公)も、ついてるぞ。」
        「そっちじゃなくて、こっち。…よし、とれた!さすが親子。ソックリだな~。」

      • 「(子どもの名前)、好ききらいしてないか?ちゃんと食べないと大きくなれないんだぞ!」
        「だいじょうぶだよ!ボクね、たくさん食べて早く大きくなって それでね、ママとけっこんするんだ~♪」
        「お~、そっか!(主人公)、モテモテだなあ!」
        「それじゃ、オレも(主人公)をとられないよう(子どもの名前)よりもいっぱい食べないとな!」
        「えー!?追いつけなくなっちゃうからパパはそれ以上大きくなっちゃダメー!」

      • 「パパ、はいあーん。」
        「おっ、なんだ?食べさせてくれんのか?ありがとな。あーん。」
        「じゃあ、つぎはパパがママにしてあげてー!」
        「ええっ?んじゃ、まあ…(主人公)。はい、あーん。」
        「………って、なんだこれ。すげーてれるんですけど。」
        「パパもママも顔まっかだ!タコさんみたい。変なのー!」



    • 食後
      • 共通部分
        「ごちそうさまー!」
        「ごちそうさま~♪」(子どもが成長したら追加される)

      • 「これからまたすぐ仕事か?いってらっしゃい、気をつけてな。オレもがんばってくるよ。」

      • 「よーし、午後も眠気に負けないように元気にがんばろうぜ!」

      • 「今日もおつかれさん!仕事が一段落したなら、夜はいっしょにのんびり過ごそうぜ。」

コミュランク Edit


  • 「橋のことは、ずっとウメキチさんたちのためにも早くなんとかできたらって思ってたんだよな。」
    「ああして、ちゃんと修理する機会ができて本当によかったよ。これで、もう危なくないな!」

  • 湯屋
    「やっぱ、湯屋があると全然ちがうよなー。大きなお風呂で、仕事のつかれも あっという間にふきとぶぜ!」
    「…え、オヤジくさい? そりゃねえよ、(主人公)…。」

  • どらやき
    「そうそう、お前とコマリで協力して作ったっていう例のどらやき、食ったぜ。」
    「すっげえうまかったよ!オレ、どらやきって元々好物なんだけど あれはなんていうか…どらやきの王様?」
    「あっ、こら笑うな!仕方ねえだろ!あのうまさを表現できるいい言葉がほかに思いつかねーんだから!」

  • いこいの場
    「いこいの場、かなり居心地がよくなったよな~。」
    「今まで見た目で休むのをためらってた人も気軽に休めるようになったみたいだしがんばって直したかいがあったな!」

  • かんざし
    「(主人公)がユヅキと作ったかんざし、かなりの売れ行きだぜ。」
    「まあ、材料の質もそれを生かす技術にも文句なしの最強の2人が組んだわけだから、当然の結果だけどな!」


  • 特上の湯
    「お前と湯屋が協力して作ったっていう風呂に入ったんだけどさ。」
    「なんか、あれだな。風呂なのに食欲がわくっていうか…うまそうなにおいだった。面白いなあれ!」

  • イナリちゃまのほこら
    「(主人公)、オレさ… すげー変な夢見たんだ。」
    「耳の生えた子どもにやたらと感謝される夢なんだけど… うーん、なんであんな夢見たんだろうな?」

主人公への誕生祝い Edit

  • 友人期間
    • ハートが二個以下(プレゼント貰えない)
      「誕生日おめでとう! 産んでくれた両親にも ちゃんとお礼を言っておけよ。」
      男主人公
      「誕生日おめでとう!またひとつ、オッサンに近づいたな。今日くらいは、ゆっくり休めよ。」

    • ハートが二個以上
      「誕生日おめでとう!今日は(主人公)にとって一番大切な日だろ?」
      「ってことで、誕生日祝いだ。よかったら使ってくれ。ほかのやつにも、しっかり祝ってもらえよ!」
      男主人公
      「誕生日おめでとう! って、なにおどろいてんだよ。 友達の誕生日をわすれるわけないだろ!」
      「はい、これお祝いな。 いい誕生日をすごせよ。」

      カバンの中がいっぱい
      「…って、今は持ち物が多すぎて カバンに入らないみたいだな。」
      「良かったら、またあとで来てくれよ。 待ってる。」

      カバンに空きを作った
      「持ち物を整理したみたいだな。 それじゃあ、あらためてわたすよ。 誕生日おめでとう!」

  • 恋人期間
    「誕生日おめでとう。ちゃんとお祝いしたいから、今夜は予定を空けておけよ。」
    19:00になったら(主人公)の家で待っててくれ。」
    ※イベントは通常イベントにあります

  • 夫婦期間
    「誕生日おめでとう。今日のために色々と計画してたんだ。あとでいっしょにお祝いしような。」
    19:00になったらで待っててくれ。」
    ※イベントは結婚イベントにあります

  • とつぜんのサプライズ お誘い
    「そういえば、茶屋のギンジロウさんが 大事な話があるって言ってたぜ。」
    13:00になったら 茶屋に来てくれだとさ。 じゃ、たしかに伝えたぜ。」

ペットについて Edit

※ペットを散歩中に会話

  • 柴犬
    「かわいいやつだなあ、よしよし!へへっ、オレすげえ柴犬好きなんだよ。やっぱいいよな~、柴犬は!」
  • トラネコ
    「トラネコって、名前の通りネコなのにトラみたいな しま模様が、かっこいいよな!」
  • 白ネコ
    「大黒屋で飼ってる黒ネコのダイコクの毛は、ツヤツヤしてて絹糸って感じだけど…」
    「こいつの毛は、フワフワしてて綿毛って感じだな。さわり心地がよくてついなで回したくなっちまうよ」
  • ハム太郎
    「へぇ、まだら模様のネズミなんて変わってるな~!」
    「え、ハムスター?ネズミとはちがうのか?うーん…ちがいがわかんねえ…。」

(更新データ1.2追加)

  • ドーベルマン
    「おお、かっこいいイヌだな!なんか、イヌっていうかオオカミみたいだ。すげー速く走れそうっていうか。」
    「あ、やっぱそうなのか!すごいなお前、かっこいいぜ!よしよし!」
  • バーニーズ
    「その犬って、子守りもできるって聞いたことがあるんだけど…本当か?」
    「そうなんだ、すげえよ!あれは本当に大変なんだよな~。」
  • ボーダーコリー
    「おお、かしこそうなイヌだな!え、実際かしこい?」
    「へえ~、全部のイヌの中でいちばんかしこいって言われてるのか!お前、すごいイヌなんだな!」
  • アメショー
    「このネコ、やんちゃそうなヤツだなぁ。すげーいたずらっこって顔してるぜ。」
    「でもそういうやつほどかまいたくなるのがオレなんだよなー!よーしよーし!」
  • カピバラ
    「そいつってカピバラだよな!風呂が好きって話を聞いたことがあるんだけど…。」
    「やっぱりそうなのか。一緒に入ったりしたら、すげえ楽しいだろうな。」

動物について Edit

※動物を抱っこして会話

  • キジ
    「前に、しばいで きびだんごにつられてオニ退治のお供をするキジの役を任されたんだ。」
    「それで、来る日も来る日もずっとキジを観察してたら、いつの間にか愛着がわいちゃってさ。」
    「そのキジの縁起が良かったってほめられたのもあって、動物の中では一番好きだな。」
  • たぬき
    「おっ、タヌキだ。えっと、なんかエサになるようなもの…うーん…なんもないな…。」
    「うおっ、そんなかなしそうな顔すんなよ!わかった、また今度用意しとくから…!」
    「…うう、笑うなよ(主人公)。お前だってこんなうるうるの目で見られたら、絶対同じ反応になるぞ!」

  • ニワトリ・ヒヨコ
    「お前と動物がいっしょにいるのってなんか、しっくりくるよな!」
  • ニワトリ(大)
    「でっかく育ったなー!それだけ、かわいがられてるんだな。まあ、実際かわいいもんな!」

告白・プロポーズ Edit

  • 「ペンダント」を見せる
    • 条件未達成
      「ええ!?これって…え…?まさかオレにじゃないよな?」
      「そ、そうだよな…いろんな意味でどう返事するべきかって、いっしゅん真剣(しんけん)になやんじまったよ…。」
    • 恋人期間
      「告白の時に見せてくれたお前の笑顔、すげえかわいかった。オレ、一生忘れないよ。」
    • 恋人期間中に他の人に見せる
      「…あのなあ、(主人公)。ほかの男にペンダントを見せるなんて、どういうつもりだ?」
      「言っとくけど、オレはお前と別れねえからな!ぜっっったいに、別れねえぞ!!」
      「…はあ!?ただのカンちがい?」
      「………ごめん!ゴカイして悪かった。たのむから、さっきの発言はわすれてくれ。」
    • 結婚後
      「なつかしいな、あの告白…。オレ本当にうれしかったんだ。気持ちのまま だきしめそうになるのをすげえ必死にガマンしたよ。」
    • 結婚後に他の人に見せる
      「…あのなあ、(主人公)。ほかの男にペンダントを 見せるなんて、どういうつもりだ?」
      「お前とオレは、そういうヤワな関係じゃねえって信じてるけど…あんまり不安にさせないでくれ。」

  • 「えにしのくし」を見せる
    • 条件未達成
      「…あのな、(主人公)。オレにもケジメと準備が必要なんだ。だから、もう少し待っててくれ。」
    • 他の花婿候補と交際中又は結婚後
      「結婚かぁ…。恋人すらいないオレにとってはまだ遠い世界の話だな。」
    • 恋人期間中に他の人に見せる
      「…あのなあ、(主人公)。ほかの男にプロポーズするなんてどういうつもりだ?」
      「言っとくけど、オレはお前と別れねえからな!ぜっっったいに、別れねえぞ!!」
      「…はあ!?ただのカンちがい?」
      「……ごめん! ゴカイして悪かった。たのむから、さっきの発言はわすれてくれ。」
    • 婚約中
      「もうすぐだな、オレたちの式…。恋人気分を味わえるのもあと少しか。」
      「オレ、本当に お前と出会えてよかった。…ありがとう。」
    • 結婚後
      「もう一度、式あげたいな。今度は二人きりでさ。(主人公)の花ヨメすがた ひとりじめさせてくれ。」
    • 結婚後に他の人に見せる
      「…あのなあ、(主人公)。ほかの男にプロポーズするなんてどういうつもりだ?」
      「お前とオレは、そういうヤワな関係じゃねえって信じてるけど…あんまり不安にさせないでくれ。」

  • 逆告白を断ってすぐ / 破局イベントの翌日
    「あれくらいのことでからだを悪くするなんて…………。………情けねえ。」
    「(主人公)、悪いけど用件はまた明日にしてくれ。」
  • 逆プロポーズを断ってすぐ
    「今日はからだが…………言うことをきかねえんだ。お前の相手はできそうにない。」

お祝いの言葉 Edit

  • ユヅキと交際した
    「…ついにユヅキとくっついたんだな。おめでとう、(主人公)。オレもうれしいよ。」
    「ユヅキは良くも悪くも自分のことには、にぶいからさ。その分、お前が大切にしてやってくれ。」
  • ユヅキと婚約した
    「実はユヅキから、そろそろお前といっしょになりたいって聞いてたんだ。」
    「おめでとう、(主人公)。オレも式には参加させてもらうよ。」
  • ユヅキと結婚した
    「…いい祝言だったな。ユヅキのあんなうれしそうな笑顔、初めて見たよ。」
    「ユヅキは、オレの一番の友達だ。…いい家庭を持たせてやってくれ。末永く、お幸せに。」
    「それと、これはオレからの結婚祝いだ。たいしたものじゃねえが、良かったら使ってくれ。」
  • ユヅキとの子どもを出産した
    「子ども生まれたんだって?おめでとう、(主人公)。」
    「二人そろって親バカになるのが目にうかぶよ。大変だろうけど、これからがんばれよ。」
    「それと、これはささやかだけど、オレからのお祝いだ。受け取ってくれ。」

  • カスミと交際した
    「へえ、ついにくっついたのか!良かったな。おめでとう!!」
    「お前の気持ちにはすぐに気付いたよ。これでもかげながら応援(おうえん)してたんだぜ。」
    「これからも見守ってるからな。がんばれよ。」
  • カスミと婚約した
    「祝言の話、聞いたぜ。おめでとう!オレも式には参加させてもらうよ。」
    「本音を言うと、先をこされてすげえくやしいけどな!オレも早くいい人見つけて結婚したいな…。」
  • カスミと結婚した
    「あらためて、結婚おめでとう。 …いい祝言だったな。」
    「二人の関係を恋人になる前から 観察していたオレとしても 胸にくるものがあったよ。」
    「一家の大黒柱として 奥さんのこと、ちゃんと守ってやれよ。」
    「それと、これはオレからの結婚祝いだ。 たいしたものじゃねえが、 良かったら使ってくれ。」
  • カスミとの子どもを出産した
    「子ども生まれたんだって?おめでとう、(主人公)。奥さんにも、そう伝えてくれ。」
    「…にしても、さっきから本当に幸せそうな顔してるな。オレまでうれしくなっちまうよ。」
    「それと、これはささやかだけど、オレからのお祝いだ。受け取ってくれ。」

  • コマリと交際した
    「へえ、ついにくっついたのか!良かったな。おめでとう!!」
    「お前の気持ちには、すぐに気づいたよ。これでもかげながら応援(おうえん)してたんだぜ。」
    「これからも見守ってるからな。がんばれよ。」
  • コマリと婚約した
    「祝言の話、聞いたぜ。おめでとう!オレも式には参加させてもらうよ。」
    「本音を言うと、先をこされてすげえくやしいけどな!オレも早くいい人見つけて結婚したいな…。」
  • コマリと結婚した
    「あらためて、結婚おめでとう。…いい祝言だったな。」
    
「二人の関係を恋人になる前から観察していたオレとしても胸にくるものがあったよ。」
    
「一家の大黒柱として奥さんのこと、ちゃんと守ってやれよ。」
    
「それと、これはオレからの結婚祝いだ。たいしたものじゃねえが、良かったら使ってくれ。」
  • コマリとの子どもを出産した
    「子ども生まれたんだって?おめでとう、(主人公)。奥さんにも、そう伝えてくれ。」
    「…にしても、さっきから本当に幸せそうな顔してるな。オレまでうれしくなっちまうよ。」
    「それと、これはささやかだけど、オレからのお祝いだ。受け取ってくれ。」

  • 他の村の結婚候補と交際した
    「聞いたぜ、(主人公)。となり町に恋人ができたらしいな。今度会わせてくれよ。」
  • 他の村の結婚候補と婚約した
    「聞いたぜ、(主人公)。ついに結婚するらしいな。おめでとう!!」
    「オレは式には参加できないからその分、後日に式の感想をたっぷり聞かせてもらうからな。」
  • 他の村の結婚候補と結婚した
    「(主人公)、約束通り式の感想を聞かせてもらうぜ。どうだった?」
    「…ふむふむ。……ほうほう。………へえー、なるほどね。」
    「幸せな式になったみたいでなによりだ。あらためておめでとう。ほかのみんなにも、のろけろよ!」
    「それと、これはオレからの結婚祝いだ。たいしたものじゃねえが、良かったら使ってくれ。」
  • 他の村の結婚候補との子どもを出産した
    「子ども生まれたんだって?おめでとう、(主人公)。今度オレにも見せてくれよな。」
    「それと、これはささやかだけど、オレからのお祝いだ。受け取ってくれ。」

お手伝い(結婚後) Edit

「あっ、(主人公)。今日は落ち物拾いの手伝いとか必要だったりするか?」

  • お手伝いを頼む
    「うし、まかせとけ。なんか集めておくぜ。18:00ごろには終わってると思うからまた話しかけてくれよ!」

  • お手伝いを頼まない
    「そっか、いらないならいいんだ。じゃ、また今度な!」

  • お手伝い完了(結婚後)
    「そうだ。お手伝い、やっといたぜ!」
    ○○、○個だ。カバンに入れといたからな。」
  • カバンの中がいっぱい
    「…あれ?カバンがいっぱいみたいだな。整理してこいよ。」

アルバイト Edit

  • 品物配達
    「おっ、オレに配達物か。 そろそろ来るころだと 思ってたんだよな!」
    (受け取る)
    「届けてくれて、ありがとな。 アルバイトがんばれよ~。」

差し入れ Edit

  • 恋人期間
    • 「男でも女でも腹がへっては仕事はできぬ!これでも食べて元気だせよ!」
    • 「つかれて元気のない(主人公)をはげますのは恋人のオレの特権だよな。」
      「ってことで、これは差し入れ。いつもおつかれさま!」
    • 「オレが(主人公)のためにできることは、これくらいだからな。つかれた時はオレに会いに来いよ。」
  • 夫婦期間
    • 「オレは夫だからな。(主人公)がつかれてることくらい ちゃんと見れば分かるよ。」
      「ほら、おべんとう。これでも食べて、ひと休みしろよ。」
    • 「はい、おべんとう。楽しく作業ができなくなったら、もう今日の仕事は切り上げろよ。」
    • 「はい、これおべんとう。あんだけ働いてたら、きっとご飯だけじゃ足りないよな。」
      「オレの手作りだから味はイマイチかもしれないけど…。よかったら食べてくれ。」

寝言 Edit

  • 友人期間
    「やったよ…兄ちゃんたち………。オレ………主役やるんだ…。」
  • 恋人期間
    「そいつに…手を……出すな…………。(主人公)は……………… …………オレの…女だ…。」
  • 夫婦期間
    「大丈夫だ……………。……オレが守るぞ。」

コメント Edit

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • 南無大師遍照金剛 -- 天上天下唯我独尊? 2019-10-21 (月) 07:44:46
  • 行数オーバーのため天候、プレゼントで同じ台詞のものをまとめています。 -- 2017-09-14 (木) 21:40:07
  • 家族期間愛情度最大、朝会話済、夜帰宅後話しかけた時「ユヅキがさ、結婚してからオレのふんいきが変わったって言うんだ。…まあ、自分でもそう思うけど。」「店の仕事にしろ、しばいの練習にしろもっとひたむきになった気がするよ。守るものができたからな。」 -- 2016-12-14 (水) 16:48:36
    • ↑すいません、翌日朝話しかけた時もありました。 -- 2016-12-14 (水) 22:16:47
  • 抹茶色じんべい「よう、(主人公)!いい服着てるじゃねえか。」「どこが良いかって?そりゃあお前…」「魚だよ。」 -- 2016-12-13 (火) 23:34:37
  • カウガール+カウガールハット「それってウェスタウンの服だろ?いいじゃん!よく似合ってるよ。」「ぼうしの模様がまた良い感じなんだよなー。」 -- 2016-10-19 (水) 21:31:06
  • 1.2追加通常会話「そこらにいるすずめに、ずっと 野菜とかをあげてたんだけど、」「このあいだ、ヤイチがお米をやったら すげえ食いつきが良くてさ! 好きなものだったのかもな。」 -- 2016-10-16 (日) 23:28:38
  • 更新追加セリフ みの付き旅装束「おっ、ミノじゃねえか。それ雨ふってない時って、けっこうじゃまになるんだよな。」 「知ってるのかって?ああ、しばいの練習で着たんだよ。」 -- 2016-10-02 (日) 11:32:18
  • 通常会話「つゆくさの里のマークって、 うめが描かれてるけどさ。 なんでうめなんだろうな?」「この里なら、サクラとかマツでも しっくりくるような気がするんだけどな。」 -- 2016-09-23 (金) 18:00:07
  • 通常会話「『大黒屋』は売り場が多いからな。 注文が一気に来ると、どうしても アルバイトを頼むことになるんだよなぁ。」 -- 2016-09-23 (金) 17:58:56
  • 大変な1日の翌日話したとき「遊び心のある大人って かっこいいよな。 オレ、そういう人にあこがれるんだ。」「たとえばお前のおじさんとか! オレもあと20年後には ああいうおじさんになりたいな!」「…って、笑うなよ! 似合わないって? うるせー! 絶対に、なってやるからな!」 -- 2016-09-21 (水) 22:39:24
    • 大変な1日の翌日じゃなくてもその会話が出たので、通常会話だと思われます。 -- おひたし? 2019-02-11 (月) 13:33:22
  • 通常会話「ん? どうした?」 -- 2016-08-27 (土) 23:56:22 -- 2016-09-16 (金) 20:32:19
    • 反映されていないまま削除されているコメントがあったのでバックアップからコピーして戻しました。分類が分からないのですがどなたか反映をお願いできますでしょうか。 -- 2016-09-16 (金) 20:36:17
      • 出荷箱回収担当でウェスタウン南を通っている間のみこのセリフが確認できたため、とりあえず場所別のとこに追加しておきました。 -- 2016-09-17 (土) 17:14:11
    • ルルココ・南で何度か話してたら言いました。場所別会話が用意されなかった所でのセリフかも? -- 2016-09-26 (月) 23:34:03

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照