膨大書庫利用憲章

Last-modified: 2021-07-27 (火) 07:19:45

第初版 令和3年5月28日制定
第二版 令和3年6月21日改定
第三版 令和3年7月3日改定

前文

 この憲章は、膨大なページ数 Wiki*内の企画の1つ「膨大書庫」(https://wikiwiki.jp/boodai-syoko/)の利用における憲章である。運営者、編集者、利用者はみな、これを確認して同意することが求められる。また、これが制定されて以降、この書庫を使い続けた場合は同意したものと見なす。

 

第一章 名称・定義

  1.  この憲章において「弊書庫」とは、「膨大書庫」のことを指す。
  2.  この憲章において「運営者」とは、現膨大書庫管理人「総拙横好?」を指す。
  3.  この憲章において「編集者」とは、この膨大書庫の編集を行う登録編集者を指す。ただし、コメントをするだけの場合はこれに含まれない。また、運営者については、運営活動をしたところではこれとして扱われず運営者として扱われるが、運営活動以外の編集作業を行ったところでは編集者として扱われる。
  4.  この憲章において「利用者」とは、膨大書庫を開いた者のうち、編集者と、登録せず閲覧するだけの者を指す。
  5.  この憲章において「運営活動」とは次の行為を指す。
    •  FrontPageを始めとするの説明書きを編集する行為
    •  MenuBarのメニューの編集
    •  その他メニューや操作関連の体裁を変更する行為
    •  利用憲章の改定
    •  弊書庫の利用方法など案内のページを作る行為
    •  日本十進分類法による検索のページの検索結果の追加
    •  新書の概要ページの表内「十進分類」という項目への日本十進分類法による分類の追加
    •  編集者登録を済ませたのに膨大書庫の著者一覧に記されていない著者の項目の追加
    •  編集者のページ、作品に対するコメントのうち、「体裁についての助言」「利用憲章・膨大なページ数Wiki利用規約違反の警告」に関するコメント
    •  明確な違法行為のうち、重大なものを即時削除する行為
  6.  この憲章において「総合ページ」は膨大書庫のページ、編集者のページを「編集者ページ」、著者のページを「著者ページ」、本のページ全般を「蔵書ページ」、本の著者、出版日などの概要等を記したページを「概要ページ」、本文のページを「本文ページ」と呼称する。
  7.  文中の番号の名称について、大きい順に「章」、「条」、「款」の順とする。
     

第二章 憲章の有効範囲

  1.  この憲章は、膨大書庫(https://wikiwiki.jp/boodai-syoko)内でのみ効果がある。
     

第三章 弊書庫でできる事

 弊書庫でできる事は、以下の通りである。

  •  自分(達)で書いた作品、案内本、独自の研究成果を発表すること。(①)
  •  自分(達)の主観を大きく含んでおり、膨大なページ数 Wiki*の通常のページとしてはあまり適していないページを本の形式で作ること。(②)
  •  著作権の切れた、著作権に関して許可を得た著書を掲載すること。(③)
  •  ①~③の本を読み、楽しみ、感想を書くこと。
     

第四章 弊書庫でするには推奨されない事

 以下は、弊書庫ですることは禁止していないが推奨されない事である。

  •  書庫に載せなくても、膨大なページ数 Wiki*の通常のページとして載せればよい項目を載せること。
     

第五章 弊書庫ですることを禁止する事

 以下の行為を弊書庫ですることは禁止する。

  1.  噓を書いて不当にある人物、団体を蔑み、その評価を下げるもとになる行為
  2.  ある人物、団体について本当の事を書いているが、暴言を含んでおり攻撃になっている文章を書く行為
  3.  過度な性的表現
    1.  被写体の男女問わず当てはまる。過度な性的表現とは、「裸像」「性交表現」のうち、性慾感情を高騰させるためにかかれた物を指す。ただし、「裸像」で過度な性的表現だと認められる場合は、被写体が人間である場合だけである。「性交表現」については、指向は問わない。「性慾感情を高騰させるためにかかれた」物でないと認められる例は、たとえば医学についての説明である。
  4.  以下の表現
    1.  画像による内臓描写
  5.  次章に規定されている、掲載に断りを入れる必要のある表現を断り無しに掲載すること
  6.  運営者・代管理人以外が運営活動を無断で行うこと
  7.  膨大なページ数 Wiki*の禁止事項にある行為をすること。ただし、第八章によりこの条が無効になる場合がある。
  8. その他、日本の法律の違反行為
  9.  著作権法で認められている引用行為を著作権条項で不当に禁止すること
     

第六章 必要事項

 以下の行為は、該当する編集をする場合においてする必要のある行為である。

  1.  一切の編集を行う(ただし感想・意見をいうことを除く)前に登録を行うこと
    •  編集者ページを作ればこれは達成される。なお、登録をさせる理由は、このWikiは、ひとつひとつの本に著作権のある「本」を集めるところであり、その著作権を明らかにするために編集の際に名前を表示する必要があるからである。匿名で本の編集を行った場合、著作権の所在、また他人に著作権のあるものを編集した際の責任の所在がわかりにくいからである。
  2.  著作者ページ、蔵書ページの必要最低事項の掲載
    •  フォームを用いて作成すれば問題ない。
  3.  著作者のページを新設した際、および編集者登録をした際、その名前のリンクを総合ページの著者一覧に加える事
  4.  以下の表現を含む際、断りを入れる事
     (なお、被写体の男女問わず当てはまる。)
    •  性慾感情を高騰させる為でない場合で「裸像」が出ること
    •  下着の描写
      •  ただし、以下のようなものはただのファッションでしかないため当てはまらない。赤部が対象である。
    •  軽微な下ネタ
    •  血液の画像による描写
  5.  適法かどうか分からないときに確認を取る事
  6.  自著の本の著作権に関する条項を載せること。
      最低でも、以下のことを載せることが求められる。本の一部だけは緩くして、他は厳しくするなどの複雑な規則も、読者に分かりやすい形で説明を行えば著者の裁量で定めて構わない。
    •  この本の転載の可否、転載を可とするときはその条件
    •  この本の紙での、およびインターネット上での配布の可否、配布を可とするときはその条件
    1.  ただし、著作権法で認められた方法による引用は無条件で著者は認めることとする。
    2.  また、この記述の体裁については別途定める。すでに掲載している著者はそれを引き続き使ってかまわない。
  7.  他著の著作物の著作権について、どのような利用で著作物の使用の許可をもらったか明記すること。
    •  問題が起こることを避けるため、なるべく事細かに書く義務を負う。
       

第七章 警告・利用停止

 一編集者が前々章の内容を何度も行い、他利用者に著しき迷惑がかかると判断した場合は、警告を行う。それでも従わない場合、一定の条件が整ったら同人の編集を規制する。

  • 「一定の条件」は別途定める。
     

第八章 膨大なページ数 Wiki*禁止事項との重複

 膨大なページ数Wiki*禁止事項とこの憲章で規定内容が違う場合がある。基本は前者を優先するが、以下の条項については無視する。

  • 3条および5条
     

第九章 運営について

  1.  運営者の事情により運営が困難になった場合は、他の編集者に運営者の肩書を明け渡す場合がある。その場合は、次の手順を踏む。
    1.  運営困難の旨を総合ページに通告する。
    2.  次代運営者の編集者の中からの募集を行う。
    3.  候補が一人の場合、その編集者にすぐ運営者の肩書を明け渡す。二人以上の場合、投票を行う。投票時は、編集者は2票、利用者は1票を有する。不正確認は現運営者が行う。その結果、最多数票を得た者に運営者の肩書を明け渡す。
  2.  運営者が独りでこの書庫を運営することは困難であるため、「代管理者」を3人おく。
    1.  代管理者については運営者にWikiwiki機能「サブ・パスワード」の申請を行うことでこれを志願できる。運営者による審査の上、これを認可するかもしれない。なお、サブ・パスワードを認可された者と、志願者が4人以上現れた場合は、その志願者は公表される。
    2.  サブ・パスワードの申請を行った場合は、膨大なページ数Wikiの方の管理者総拙横好のコテハンページにてその旨をお伝え願う。
    3.  代管理人の募集する日時は別の場所で知らせる。
    4.  代管理人希望者が定数を超えた場合は選挙によって選出する。
    5.  代管理人の権限はサブ・パスワードを取得していてできることであるが、膨大なページ数Wiki利用規約およびこの利用憲章に厳密に従うことが求められる。
    6.  代管理人が両規約・憲章に違反した場合は代管理人の権限を剝奪することがある。
    7.  代管理人の任期は半年である。任期満了日は別所に表示する。任期満了日の3日前までに、代管理人は自らの仕事をつづけるかやめるか運営者に通告する必要がある。なお、任期満了前に辞任することもできる。
       

第十章 責任

  1.  運営者および代管理人は、編集者同志の問題について責任は負わない。当事者同士での解決を原則とする。
  2.  運営者および代管理人は、運営者の関わらない外部との問題について責任は負わない。
  3.  運営者および代管理人は、編集者利用者が弊書庫を利用して起こった損害に対する責任は一切負わない。ただし、運営者に重大な過失のあったないし故意である場合はこの限りでは無い。
  4.  ただし、法律違反など度を超えたものについては、発見し次第すばやく削除する責任をもつ。
     

第十一章 改定

  1.  この憲章は、運営者により改定される場合がある。その際は、施行3日前にSideBarの「報知」で報知する。ただし、言葉の間違いなど軽微なものは勝手に修正する。
  2.  改定してほしい条項、この憲章に対する意見、質問があれば、コメント欄に書けば運営者の応対できるときに応対する。
  3.  ただし、第3版改定に限り1条を無視して改定する。
     

第十二章 解釈

 この憲章は日本法により解釈される。

 

意見質問など

  • 策定時間が 2021-05-28 (金) 22:23:41 なのでこれ以前のことに対してはこの憲章は無効です。(追記:失礼、22:28です) -- 総拙横好 2021-05-28 (金) 22:26:33
  •  第六章「一編集者が前章の内容を何度も行い」は、ここでの前章は「第五章」のことでありおかしいため「一編集者が前章の内容を何度も行い、」に変更 -- 総拙横好 2021-05-28 (金) 22:35:07
  • 5章の4に「動物などを虐待する描写」的なものを追加してほしいです -- あさかはじゅん 2021-05-30 (日) 13:21:01
    •  了解しました。ただ、どのレベルから「虐待」とみなすかが問題ですね。どの程度から虐待といいましょうか。 -- 総拙横好 2021-05-30 (日) 14:18:02
  • ↑しつけ目的ではない、または明らかにしつけ目的ではないと認められ、人間に対しておこなった場合犯罪となるもの(暴行罪,傷害罪...)とか -- あさかはじゅん 2021-07-09 (金) 07:44:47
    •  だいたいいいと思いますが解釈によってはメロスの「犬を蹴り飛ばした」が違反になりそうですね……。 -- 総拙横好 2021-07-22 (木) 13:47:01

累計確認者:?