2021年以降でもAdobeFlashを使う方法/3

Last-modified: 2021-09-26 (日) 11:21:14

ふらっしゅえぁえぐぜ

Windows限定のフリーウェア。
SWFをEXEに変換できる。
Adobe AIRとswfファイルが必要。
なおAdobe AIRは配布は中止されており、Adobe AIRは新しくダウンロード出来ないので注意。

ダウンロードのやり方

このサイトの下の方の
Downloadをクリックしダウンロードする。
ファイルを展開し、開き
対象のswfファイルなどを設定し、実行する。

JswfPlayer

家永稔之氏が制作。
swfをHTML5に変換出来る。
JavaScriptを採用している
この方法は、脆弱性の問題も解決している。

ダウンロード

このサイトからダウンロード。
swf2js.jsと同じフォルダにhtmlファイルを入れる。
htmlファイルに以下の文章を入力。

<html>
<head>
<script type="text/javascript" src="swf2js.js"></script>
</head>
<body>
<script type="text/javascript">
swf2js.load("./ファイルの名前.swf");
</script>
</body>
</html>

保存してブラウザで開く。

ruffle

オープンソースのアプリケーション・ブラウザ拡張機能。
OSでは、WindowsやLinux、マックOS、
ブラウザでは、ChromeやEdgeなどのChromiumベースのブラウザやFirefox、Safariで使える
ウェブアーカイブはRuffleを使いFlashを保存している。

ActionScriptは、1・2はほどんど対応済みだが、3ほほ非対応である

ダウンロードのやり方

デスクトップアプリケーション

公式サイトのDownloadsのLatest Releaseから自分が使っているOSのところを
クリックするとダウンロード出来ます。

Chrome・Edge・Opera

webストアから
他の拡張機能と同じように青色の「chromeに追加」と言うところをクリックすると追加できる。

Chromiumベースのブラウザ*1

公式サイトのDownloadsのLatest Releaseのところの「Chrome / Edge / Safari」リンクをクリック
右上のパズルのピースのクリックします。
1番下の「拡張機能を管理」をクリックする。
デベロッパー モードをonにして、
ダウンロードしたZIPファイルをページにドラッグアンドドロップすると
入れられます。

Firefox

公式サイトのDownloadsのLatest Releaseの「Firefox」のリンクをクリック。
拡張機能をインストールするように要求されるので「インストールを続行」と「追加(A)」をクリックするとダウンロード出来る。

Safari

※Xcode 12+がインストールされている必要がある。
※拡張機能を使用するには、Safari 14+が必要。

公式サイトのDownloadsのLatest Releaseの「Chrome/Edge/Safari」のリンクをクリックして、
ダウンロードしたzipファイルをどこかに解凍します。

「Safari > Preferences > Advanced > Show Develop menu in menu bar」を実行し、「Xcodeで実行する」を実行する

メニューバーで「Safari>Preferences>Advanced>Show Develop menu」を有効にし、
「Develop > Allow Unsigned Extensions」も有効にする。
「Safari」 > 「環境設定」 > 「拡張機能」 でボックスをオンにして、拡張機能を有効にするとダウンロード出来る。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag:


*1 ChromeやEdge、Opera、Vivaldiなど