Top > Т-72 ウラル


Т-72 ウラル

Last-modified: 2019-08-20 (火) 02:05:29

ABD26E5E-4C4D-4D67-840F-1111004E9341.jpeg
Т-72神とは、戦車界の神にあらせられるお方であります、オブイェークト!





創世記 ~戦車創造~ Edit

~1日目~
初めに、神は地に溝を創り給えり。 塹壕は混沌であって、兵が泥沼の中にあり、 神の霊が屍の山を動いていた。神は言われた。 「無限軌道あれ」 こうして、戦車があった。 神は菱形戦車を見て、よしとされた。 神は敗戦国と戦勝国を分け、 敗戦国をファシストと呼び、戦勝国を資本主義の豚と呼ばれた。 フランスがあり、イギリスがあった。 第一の日である。
~2日目~
神は言われた。「戦車の上に箱あれ。歩兵支援と対装甲火力を分けよ」神は箱を造り、箱の中と車体の中に兵士を分けさせられた。そのようになった。神は箱を砲塔と呼ばれた。回転砲塔があり、ルノーがあった。第二の日である。
~3日目~ 神は言われた。「泥地は黒土地帯に集まれ。整備したところが現れよ」そのようになった。 神は整備したところを道路と呼び、 泥地の集まったところは不整地と呼ばれた。神はこれを見て、よしとされた。神は言われた。「不整地は大口径転輪を発明させよ。大口径少数転輪を持つ戦車と、それぞれの砲を持つ戦車を、ロシアに芽生えさせよ」そのようになった。不整地は大口径転輪を発明させ、 大口径少数転輪を持つ戦車と、それぞれの砲を持つ戦車を、 ロシアに芽生えさせた。神はこれを見て、よしとされた。第三の日である。
~4日目~
神は言われた。「人々の国家にイデオロギーがあって、社会体制を分け、思想のしるし、民族や支配のしるしとなれ。人々の国家に独裁者があって、人々を熱狂させよ」そのようになった。神は二つの大きな共産主義国家と全体主義国家を造り、 大きなほうにロシアを治めさせられ、小さなほうにドイツを治めさせられた。神はそれらを戦車の技術の中心に置いて、戦車を開発させ、 ロシアとドイツを治めさせ、共産主義と全体主義を分けさせられた。 神はこれを見て、よしとされた。ポーランドがあり、宣戦布告があった。第四の日である。
~5日目~
神は言われた。「水は潜水艦の群れ群がるようになれ。戦闘機は地の上、天の大空の面を飛べ」神は水に群がるもの、すなわち大きな艦艇、蠢くものを潜水艦それぞれに、 また、翼ある戦闘機をそれぞれに創造された。神はこれを見て、よしとされた。 神はそれらのものを祝福して言われた。「建造せよ、増えよ、大西洋の水に満ちよ。戦闘機は地の上に増えよ」群狼作戦があり、バトルオブブリテンがあった。 第五の日である。
~6日目~
神は言われた。「地は、その種類にしたがってそれぞれの戦車を生み出せ。戦車、突撃砲、自走砲をそれぞれに生み出せ」そのようになった。 神はそれぞれの地の戦車、 それぞれの突撃砲、 それぞれの自走砲を造られた。神はこれを見て、よしとされた。神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、戦車を造ろう。そして海の船、空の戦闘機、戦車、自走砲、地を這う歩兵すべてを支配させよう」神はご自身にかたどってТ-72を創造された。神にかたどって創造された。Т-72とチハに創造された。神は彼等を祝福して言われた。「製造されよ、増えよ、地に満ちてM1エイブラムスを従わせよ。海の船、空の戦闘機、地を這う歩兵のすべてを支配せよ」神は言われた。「見よ、全地に走る、車輪を持つ装甲車と、戦車砲をもつ砲塔を載せる装甲車両を、すべてあなたたちに与えよう。それがあなたたちの食べ物ターゲットとなる。地の戦車、空の戦闘機、地を這う歩兵など、すべて武装あるものにはあらゆる砲弾を浴びさせよう」そのようになった。神は御造りになったすべてのものを御覧になった。 見よ。それは極めてよかった。東側諸国があり、西側諸国があった。 第六の日である。
~7日目~
Т-72とチハは完成された。 第七の日に、神はM1A2を撃破され、 自分の戦場を離れ、安息(オーバーホール)なさった。 この日に神は全ての創造の仕事を離れ、安息なさったので、 第七の日を神は祝福し、砲撃された。 これが戦車創造の由来である。

 
 
 
 
 
 
 

真面目な概要 Edit

ソ連地上軍の第2世代MBT。
上のコピペは湾岸戦争でM1 エイブラムスに一方的なキルレシオをつけられ、また派手に砲塔が吹っ飛ぶところから「びっくり箱」と米兵にあだ名されたことなどのあまりのネタ性故に作られてしまったものである。
驚くべきことに、現在でもロシア陸軍などで現役であり、2013年には最新型が作られている。こんなのよりТ-90?Т-14?を優先して作れよなんて言ってはいけない。

残念な点 Edit

  • 生存性
    弾薬が戦闘室外のバスルに格納されている西側の第3世代戦車とは異なり、弾頭と装薬が別々に戦闘室直下にむき出しで円状に並べられるというレイアウト。これが誘爆しやすい要因となり、「びっくり箱」たる原因の一つとなった。

コメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ Edit

Tag: 戦車 MBT 第2世代MBT ソ連地上軍 ロシア陸軍