うろジョジョ

Last-modified: 2021-09-23 (木) 09:42:25
ジョジョの奇妙な冒険 第3部
\テテーン/
うろジョジョとは、「うろ覚えで振り返る 承太郎の奇妙な冒険」のことである。

概要

名前の通り、ニコニコ動画にてうp主、vanila ice(以下うp主)がジョジョ第3部をうろ覚えで音読する動画である。
また、うp主は極度の噛み症のためあらゆる場面で噛む。
動画上の絵も全てうp主が担当している。うろ覚えの音読を終わった後、絵に取り掛かるというスタイルをとっている。
登場人物も全てうp主が担当している。40超の声を演じることができる。
なお、うろ覚えのためストーリーも滅茶苦茶になる。そのため、いい話ができることもある。

登場人物

注:これはうろジョジョです。うろ覚えのためキャラがかなり変わっている可能性があります。

第3部 スターダストクルセイダース

本編。

空条承太郎
「俺の名前は承太郎 牢屋に捕まっちまったぜ やれやれだぜ」
今作の主人公。また、ここ一番の大事な場面で噛む。噛み率No.1。
「スタープラチナ」と「スタープラチ菜」の二つのスタンドを操る。
ジジイと露骨に仲が良いし、育ちの良さが随所に出る良い子。
だが、さすがにジジイとヴ男のホモの疑惑が出た時には滅茶苦茶よそよそしかった。
「オジイチャンダイスキ(棒)」
母親がやばくなったため、その元凶であるDIOを倒す為エジプトへと向かう。
ジョセフ・ジョースター
「コンコン!コンコン!承太郎いますかー!承太郎いますかー!」
承太郎の祖父。ジジイ。波紋の呼吸で若返る。
スタンドのハーミットパープルは非人型だが、蔦を絡ませる事で人型形態「ジジイフリー」になれる。見た目はロックマン6?に出てくるプラントマンである。
たまにネプチューンマンと化す。
花京院典明
「もし…もしだよ?承太郎の名前がさくらんぼ太郎だったら…僕の名前はチェリー院典明になるのかな?」
チェリーとゲームが生命線の男。チェリーが不足すると挙動がおかしくなる。そのせいで発したセリフが↑これである。
スタンドのハイエロファントグリーンはメロンのようなものだったりメロンだったりする。
極度のゲーム脳で横に来た車をとてつもない横回転で吹っ飛ばすほど。
PSPがハイプリエステス戦で水没したり、DSがゲブ神に破壊されたせいで入院していたが、ついにチェリー不足を克服して帰ってきた。
まあ、即再発したが。
モハメド・アヴドゥル
「まかせてください☆」
ヴ男。
「任せてください」が口癖。いやに自信満々な発言が多い。
スタンドはマジシャンズレッド…だが見た目はどう見てもバシャーモ。だが、一応マジシャンズレッドらしい。
寝る時のいびきがうるさい。首飾りの模様が右耳から モ ハ メ ド ア ヴ ド ゥ ル 。
エジプトでヴァニラ・アイスの攻撃により木端微塵になって死んでしまった。
承太郎によく「ヴ男」と呼ばれているが、大体は何も返さない。1回を除き。
口調は「~ですな。」
ジャン=ピエール・ポルナレフ
「よーし 第七回肩もみGP仏杯シード権獲得初戦敗退の実力見せてやるぜ」
ポルポルくん。シリーズ内で笑いをかっさらっていくコメディリリーフ。
主人公・承太郎よりも活躍してる気がする。
また、肩もみの腕前はエンヤ婆を生き返らせるほど。これが初戦敗退なら優勝はどうなってるんだ?
柱の(様な)男。だがうp主はこれを嫌っているらしく、ジョセフなどが本物の柱の男を紹介するとキレる。
また、シリーズ内でポルナレフは一番噛まないが、これはポルナレフの声が一番地声に近いかららしい。
旅の中で出会った美人にはちゃっかりメルアドを交換しているため、交換するたび視聴者に恨まれている。(=おのれポルナレフ)
柱のような髪は実はとれるらしく、中には財布が入っているらしい。
イギー
「ほらな BOMBER...」
犬。PART25から参加した新たな仲間。
砂のスタンド、「ザ・フール」の使い手。
翼は飾りで、飛ぼうとしてもすぐに落ちてしまう。
人語(少し分かるぐらい)をしゃべり、心の中ではイケボで喋る。
家出少女
飛行機の墜落事故に巻き込まれ、承太郎たちと一緒にシンガポールに漂着した少女。
承太郎たちにとりあえず連れてかれる。
PART30で承太郎に折られた剣(アヌビス神)に触れたことにより、スタンド使いになるがしゃべることが数回しかないため空気化している。
ひじきが苦手。
黄色い奴
いつの間にか承太郎たちの旅についてきた人。なぜかいつも日傘をさしている。初期のころは幼少期のジョルノ・ジョバァーナを連れている。
家出少女と仲が良い。

DIOとDIOの刺客達

DIO
ラスボス。
グレーフライ
PART2で登場。クワガタのスタンド「タワー・オブ・グレー」の使い手。エジプト行きの飛行機に乗り一般客を装って乗客乗務員を皆殺しにしようとするが、承太郎にスタンドをワンパンチで倒されリタイア。しかし、やられる前にパイロットを始末していたため飛行機は墜落し、ジョースター一行はシンガポールのどっかに漂着する。
ただのデーボ呪いのデーボ
「さっき入っていた冷蔵庫、滅茶苦茶寒かった…おのれポルナレフ…」
PART4で登場。恨みのパワーで強くなるスタンド「エボニーデビル」の使い手。
ポルナレフにわざと自分を攻撃させ、超怖くなった(ポルナレフ談)エボニーデビルでポルナレフのアソコを噛み千切ろうとしたが、本体のデーボがスタンドを放置しお茶していたため、戦闘に集中できず逆にポルナレフローリングでスタンドのアソコを噛み千切られる。さらにチャリオッツの連続突きを喰らったため、ダメージが自分に返ってリタイア。「おのれポルナレフ」発祥の人。その後はSPW財団に転職し、新しく人生を始めている。
ラバーソウル
「え?俺の顔になんかついてる?え?ハンサムついてんの?洗えば落ちるかなぁーwww落ちねぇなあwww」
PART6で登場。体中からジャムとかゼリーとかスライムとかをなんかいっぱい出すスタンド、「イエローテンパランス」の使い手。
妙にハンサムを主張してくるナルシスト。
最初は花京院に化けて承太郎に近づき、イエローテンパランスを付着させ、ロープウェイチキンレースで追い詰めるが逆に逆転されてしまい、質問を受け両手が右腕の男について吐いた後用済みとしてオラを喰らい、それでリタイア。デーボ同様その後はSPW財団に転職、ニューシングル「つぶあん☆マーガリン」を出すなど楽しくやっている。
ホル・ホース
「カモォーン!!wwwポルポルくぅーんwww」
「お前だってホルホルくんダロガー!」
ホルホルくん。PART8で登場。銃のスタンド「エンペラー」の使い手。ジョースター一行をJ・ガイルと共に待ち受けていた彼とは協力せず、ポルポルくんに一人で挑む。偶然アヴドゥルを倒すも、花京院の当て身によって気絶し、バックブリーカーでトドメをさされて敗北。挙句に交通事故に巻き込まれ、瀕死の重症まで追い込まれたがどっこい生きてた。
「正義」、「トト神」との戦いでジョースター一行と関わった。あるとき、承太郎たちと寝泊りしていた黄色い奴を暗殺しようとするも、一瞬で背後を取られた上アイマスクを被せられ失敗。
その後もたびたび登場している。
J・ガイル
PART8で登場。光のスタンド「ハングドマン」の使い手。ポルナレフの妹・シェリーを殺した男。
インドのどっかの街角の鏡からポルナレフを挑発し単独行動を誘い、ホルホースに始末させようと襲い掛かるも、ホルホースの敗北により失敗。
そこでポルナレフが交通事故に遭った所を見計らった所を単独で襲い掛かるが、闘技「ポル砂嵐」でスタンドの弱点を突かれ敗走、追い詰められた先でチャリオッツの針串刺しの刑を受け死亡。彼の死により母・エンヤ婆は復讐に燃えることになるが実は死んでおらず、何度かピンピンした姿で登場している。
ブリジットネーナ
PART8で登場。ロジャーの姿をした人面瘡のスタンド「エンプレス」の使い手。
れっきとした男性だがとある事情で女装をしている。一般人の女の子に装いジョースター一行に接近、ジョセフにスタンドを寄生させた。だが、原作がどのような展開なのか思い出せなく、いろいろグダグダやって再起不能にしたが、突如現れた波紋戦士シーザーとジョセフのコンビネーションによりリタイア。言い寄ったポルナレフには男性だとバレたがちゃっかりメルアドを交換していた。
C・F(キャプテン・フォーチュン)
PART12で登場。暴走車のスタンド「ホウォール・オブ・フォーチュン」の使い手。
ジョースター一行が乗る車に道を譲られて追い抜こうとしただけで花京院のものすごい横回転により吹っ飛ばされ崖から突き落とされた。
その後も何も仕掛けていないのにジョースター一行に追いかけてきたので攻撃を開始。
激闘の末、ガソリン弾を撃ち続けたためガス欠になった所を承太郎に殴り飛ばされリタイア。車から叩き出された姿はキャプテンファルコンのそっくりさんであった。
エンヤ婆
PART14で登場。