たわごとを食べる

Last-modified: 2022-05-27 (金) 00:56:02

「たわごとを食べる」とは、英語スラングの誤訳である。
海外のユーザーたちがgoogle翻訳などを使って日本語訳をするときによくしてしまう誤訳であり、その事例はかなり多い。
基本的に原文は命令形であることが多いが、翻訳するとなぜか誰かがたわごとを食べることになってしまう。
原文のスラングは「Eat shit」。字面から見る様に「クソ喰らえ」という言葉に近い吐き捨てるような侮蔑的ニュアンスを持ち、また「shit」と口汚い単語を使用する。使用する人の年齢層はあまり高くなく、幅広い年齢層にこのスラングが浸透している様子。
「たわごとを食べる」は英語スラングの翻訳の失敗例としてかなりメジャーなものであり、「たわごと」と入力すると必ず検索候補蘭に「たわごとを食べる」と出てくる。
たわごとを食べるという翻訳が有名になったのは「メガギギギアルY」のネット上での拡散である。
メガギギギアルYを紹介する謎の紙媒体を映した画像内で書かれていた「このたわごとを食べる!」が妙に印象に残りやすく、また前々からたわごとを食べてしまった例は多かったため、その後もガバガバ日本語訳の筆頭として名を挙げるようになった。
普通にミームとして使われる場合、「このたわごとを食べる」「そのたわごとを食べる」のように、「その」や「この」を付ける場合が殆どである。

たわごとを食べてしまった例

  • Google翻訳
    砕けた表現やスラングがあまり対応していないせいで、スラングを日本語に翻訳すると必ず素直に直訳した形へと変換されてしまう。
    完全に社会に通じている砕けた表現や口汚い表現(F言語等)は一部翻訳できるものの、それでもディープな表現はどうしても正確に表現することが出来ない。
    そもそもどうあがいても「shit」を「たわごと」と翻訳してしまうため、shitに通ずる日本語を再翻訳するとやっぱりたわごとをどうこうしてしまう。
  • メガギギギアルY
    ギギギアルのメガシンカという体で拡散されたガセポケである。
    メガギギギアルYを解説した画像で書かれている言葉の中で「このたわごとを食べる!」とメガギギギアルYの画像の隣にデカデカと書かれていた。
    これは実際には海外向けに作られた海外のガセネタだが、たわごとを食べてしまった他、その他の翻訳があまりにもいい加減すぎたため日本でも一時期ミームとして拡散された。

関連項目

コメント

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: スラング 誤訳