たわし

Last-modified: 2022-07-06 (水) 00:32:27

概要

たわしとは、洗浄するときなどに使うブラシの一種。植物の繊維を材料としている。

亀の子たわし

亀の子たわしとは椰子の木の繊維を原材料として作られている。椰子の木の繊維を針金につけて楕円形に丸めたものである。この亀の子たわしは傷がつくことが多いため、皿洗いになどは適さない。現在日本に流通しているたわしのほとんどが亀の子たわしである。右のファイルは著作権侵害の可能性があるため、一時的に削除されています:(./images.jpeg.jpg);

スポンジたわし

スポンジたわしはスポンジとたわしの両方の利点をとりいれた、たわしである。スポンジのように柔らかく、たわしのように汚れを落としやすい。キクロンという会社が「キクロンA」というスポンジたわしを販売したのが始まり。

シュロたわし

昭和時代前期以前に使われていたたわし。シュロを原材料として作られていた。現在はシュロの生産が減少したため、ほとんど流通していない。

へちまたわし

完熟したへちま?を原材料として作られている。体を洗うときに使われていた。

コメント

 

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?